0010110 足は大地に、理想は高く、心には愛を!

ここに記す「高次元からのメッセージ」、情報開示は、「あなたの生活に役立つかどうか」がすべてです。直感で判断して下さい!

温っためるんだからあ ♪

2015-04-27 08:44:09 | 愛と感謝
おはようございます。


水は、冷やすと凝固して重くなり、固まります。
温めれば、蒸発して軽くなり、拡散します。

そう考えると、僕らの住むこの世界、既成概念・固定観念で凝り固まり、なにに
つけ重く、荒く、雑な事象で構成されているように見えるこの3~4次元は、
まさにすべてが 「凍りついた世界」 と言えます。

この世界ではすべての事象は、重く固く、固定していて、ましてやそれらを自由
に変化させることなんて、考えるまでもなく、一切不可能なのだと思い込んで
います。

「こういう原因があるから、こういう結果になる」 と、その意識はガッチリと固定
しており、そこには 「緩み」 がない。


・・・・じゃあ、物事を柔軟に考え、実際にいろんな事象を 「軽く」 そして
「柔らかく」 し、思いのままに変化させるにはどうしたらいいでしょう?


水は、温めれば軽くなり、蒸発します。


・・・・ならば、僕らの目の前に在るすべての事象も、僕らの意識や思考を
「温めれば」 変化するのでは?


ではいったい、どう「温める」・・・・?


万物の 「熱」 は、振動することで発生します。 ということは、



「あなたのこころが、震えればいい」  んじゃない!!



あなたのこころが、感動で打ち震えれば、それだけあなたのこころは温まり、
振動数が上がり、あなた自身(の波動) は、水蒸気のように軽くなっていく・・・!


つまりこれが、 「気分は現実化」 し、「思考は現実化」 する、ということです。


アタマで理屈で、冷静に事象を分析するばかりでは、こころは重く、冷えたまま。
だからあなたの現実はいま、重く、冷たく感じる。

そして真にこころを振るわせるためには、「愛」と「感謝」 が必要不可欠です。

いつもなにかに 「愛」 を感じ、感謝し続けることが出来れば、あなた(の波動)は、
どんどん温まり、ますます「軽く」 なっていく。

そうなれば、あなたの思考そのものである 「あなたの現実」 も、温められ、まるで
「湯気」のようにカタチがなくなってゆく。

そしてあなたは、あなたの思考、そして気分のとおりに、その「湯気」をカタチ作り
始める・・・!


気付ければ、実に簡単な理屈です。
きっと、もっともっと高次のひとたちは、いま僕らが感じられないほど 「軽い」 の
でしょう。

だから、「愛」と「感謝」 が 「アタリマエ」 であり、それゆえ 「やりたいことが、
出来る」 ということもまた、日常であり、真の意味で 「アタリマエ」 なんでしょうね^^



今日もありがとうございます。
コメント

地球少女アルジュナ

2015-04-24 18:20:08 | 愛と感謝
「歯医者さんに褒められる歯を目指そう」
って。

あなたは人生を、いったい誰の目線・価値観で生きてるの・・・・・?


こんにちは。

先日、いつもどおり(笑)なんとなくスピ系の検索をしていますと、
表題の「地球少女アルジュナ」 というアニメ作品の紹介に行き当たり
ました。

タイトルだけ聞くと、なんかイタい美少女アニメ? な第一印象を
受けるかもしれませんが、これがなんと素晴らしい作品でした。

おそらく、いま気付きの途上にあるすべてのひと、そして「いま」という
時空にピッタリのシンクロ作品でしょう。

2001年作品のようですが、「早すぎた名作」などと評されたりして
います。
決して早すぎることはないんだけどね。


いまだ寝ながら生きている人にとっては、ナニコレ?怪しい宗教?
(この時点でアタマの回路がねじれている) 
危険な方向に扇動しようとしている怪しいアニメ・・・・と、受け止められる
かもしれません。

でも、気付き始めたひとにとっては、この作品が最終的に行きつく
メッセージ(結論)に、「!!」 もしくは、やはりそうか、と感心し、そして、
こういう作品が「実在」していること、現代社会の「いま」「ここ」に 
「在った」 ということに、胸を打たれることでしょう。


とある少年に、超常的な力を覚醒させられた主人公でしたが、戦うたびに


「なぜ戦う」


「なぜ殺す」


「愚かな・・・・」


と、その少年に、最後の最後まで、繰り返し、繰り返し、言われ続けます。


しかも、作品のなかでは 「戦う」ことは脇に置かれ、もっと大事なこと、
この世界の現状、地球に住む我々の現状、というところばかりにスポットが
当てられます。
こんなプロット自体が、非常に稀です。

なので実際、ほとんど戦いません。
変身して戦う・・・・?そういうアニメの体に見えたけど、そういうアニメじゃ
なかった。

まあ、感想は気付き始めたひとにとってもそれぞれでしょうが、少なくとも僕は、
この作品に辿り着けた (導かれた)ことが、とても嬉しかった。

ピンとくるかどうかは、良い悪いではなく、単にあなた次第。

今日もありがとうございます^^
コメント

宇宙人反応

2015-04-22 10:49:34 | 愛と感謝
おはようございます。


僕らは誰でも、基本的にはどこかの星から来た「宇宙人」と
言えます。
まあ、近くは火星、それ以前となるとマルデックあたり。

でももっと遠くから来て、この地球には初めてか、あまり経験の
少ないであろう魂、というのはけっこう分かりやすいものです。

彼(彼女)らは、僕らほど、この地球の社会の、「常識」
にどっぷりハマってません。
なので、なんか、

「ちょっと変わっている」

と感じる人は、おそらくそんな方だと思います。
でも彼ら(彼女ら)は、見ていて、相対して、決して不愉快には
なりません。

なのに、僕らの「常識」から外れているように見えることで、
僕らの方が勝手に不安を覚え、怖れの気持ちに火が付くと、
とたんに愚かにも、その「圧倒的多数」の「常識」を振りかざして、
その方をバカにしたりして、数で自分を守ろうとする。

「自分を守らなきゃ」 という幻想にしがみつくわけです。
自分が相手に対して、どれほど暴力を振るっているかさえ顧みずに。



そうやって「自分は正常だ」 と思い込み、安心しようとするわけ
ですが、その頼りにしている「常識」こそが、この宇宙から見ると
とっても狭い視野で構築された、ごくごく「幼稚」なものでしか
ないことを忘れているんです。

本当に「変わって見える」ひとの行動や言動は、よーく見ると決して
不愉快には感じません。
そこにはにじみ出る愛があるから。

でも、
無意識かどうかは知りませんが、わざと「変わっているように見せる」
ひとのそれらは、不愉快に感じることがある。
そこには愛がなく、自分だけをよくしよう、守ろうとするエゴのみが
見えるから。
そう思います。


そして、僕らと同じく、いま、この地球に、そういう方が居ると
認識すると、本当に嬉しくなります。
彼ら(彼女ら)は、明らかに、高い意識をともなって、この時期の
地球に貢献するために、僕らとともに居てくれるために、強く決心
してやってきてくれたんだ、と知ったから。


そんな彼ら(彼女ら) は、誹謗中傷を受けても、こう答えます。


Q・ (オマエは)〇○○○か?

A・ あなたがそう思うのなら、そうかもしれません。
   あなたから見た私は、あなたが決める事です。
   私からお答えは出来ません。


・・・・・完全にスターピープルの返答です!


そして、匿名でこういう質問とも言えない暴力を振るうのは、上に
記したようなひと。



僕もこの地球で相当転生してきたように思います。もうドップリだった
ようです。
高次の助けのおかげで、ようやく気付き始めたのが40歳越えてました
からね。

でも、そうであっても、自分は気付けてよかったと、そうか、この
社会の制度たる、受験戦争や営業成績では落ちこぼれだったけど、僕は
宇宙目線では、真のエリートなのかもしれない・・・・・!笑

と、自分を褒め讃えられるようになりました^^


こう書くと、ホント、バカじゃないか?と思うでしょ。
まあ、ほんと、ズレてますよ。
そして、バカって思われていいんです。
いまの社会の常識の中でバカだって思われる方が、よっぽどましなんだ
と思います。

この引っくり返ってる社会のなかでバカ扱いされるひとって、
実は・・・・・でしょう?



愛のあるバカは、愛おしい。

愛のないバカは、実は常識にまみれた人なのかもしれない。

ズレてるひとのほうが、断然オモシロイ。

常識人なんて、まったくつまらない。



押しつけでもなんでもなく、単に、僕がそう思っただけのことです^^


今日もありがとうございます。
コメント

常に操作されています。

2015-04-21 09:03:34 | 愛と感謝
おはようございます。


この世界には、世界規模に広がるような大きい事件、というものが起こるときがある。
でもそれは、大きい=たいへんな事が起きた、と感じてしまうだけなのかもしれません。

実は、そんなにたいしたことないのに、わざわざ タイヘンなことが起きた!ひとには
どうしようもないことが起きた!人間は無力だ・・・
という方向に誘導しているように・・・ほんの数年前よりも、強く感じます。

そういった、一見大きく見えるような事件、つまり誰かがわざと起こしたような事象だけでなく、
そういう方向性は、身近なところでも常にある。

そして僕らは、誘導されるのが日常になってしまっているのに、あたかも基本的にはなんでも
自分自身で考え、判断して話したり行動している、と思い込んでいるんです。



たとえば、あなたがその件について知らない誰かに 「これってこうなんだよ!」 としたり顔で、
ちょっといい気持ちになって話していることは、


今朝TVでキャスターが喋っていたことの、「受け売り」 じゃないだろうか・・・?



経済に詳しかったり、その道何年、というようなひとが、指示棒などを振ってあれこれ、それは、
こう考えます、なんて話してたら、その内容に関して他のソースを調べることもなく、そのひとの
発言を、自分の発言として置き換えてませんか?

眉間にシワを寄せて、「~しなければなりません」 とか言うひとは、あなたに強い固定観念を
植え付ける。


でも、その人自身が意図的にそうやっているとも限らない。
無自覚に、そのキャスターだって、そういう振る舞いをして、結局忙しくて考える時間を奪われた
多くの人々を扇動しているのかもしれない。(けれど、やっぱり意図的かも知れない!)

もちろん、意図的に大きく操作されているものもあります。
というか、



この世界、この社会で起きる大きな事件は、すべてが誰かの意図で動かされています。



そんなこと、ひとの力で出来るわけがない、それは自然災害だ、人間にそんな力はない・・・
と、いままで思っていたようなことさえ、実は出来るとしたら?

世界的な報道が、本当は加工され、都合の悪いところは隠され、マイナスな強い印象ばかりが
残るように、意図的に流されているとしたら?



ほら、



そういうこと言うと、また陰謀論だろ!いい加減、現実を見ろよ!ホント、アタマのオカシイやつ
だぜ、
なんて言うんでしょうけど、


僕からすると、どうしていまだに 「陰謀論」 なんて思えるんだろう? 

こんなの、どっからどう見ても、完全に 「陰謀」 にしか見えないのに。。。。と感じます。


・・逆にアンタら、どれだけ「のんき」なんだよ!


これだけ毎日痛めつけられ、縛られているのに、その不愉快さや痛さが麻痺している。
と、いうことにさえ気づかない。

いまだにこれらの、あからさまな 「陰謀」 なのに、わざわざ 「論」 を付けてバカにし続ける
ほうが、気がしれないわ。


アンタ、どこまで無自覚なんだよ。


いつまで、寝たまま生きているんだよ・・・・


瞼を開ければ、それに気付けるのに。

もちろん、抜け出てみたものの、やはりマトリックスの世界が落ち着く、と、あえて戻るひとも
居るみたいだけどね。

もちろん、それぞれのひとには「気付き」のタイミングが在るのは分かるけど、最近は本当に、
これまで想像していた以上に、非情に狡猾に、世界中のひとびとは奴隷としていいように
扱われ、あしらわれているんだなあ・・・
と、強く認識します。

そんななかでも、見下す気持ちや怒りを向けるのではなく、
いまの幸せに感謝しながら、人生がいかに不自由に制限されているかを自覚する・・・・
相反するようですが、結局、全ては同じ根っこから伸びているんです。




Aか、Bか、じゃなく、Aでもあり、Bでもある。



そして、AもBも両方とも (自分自身だった)





というのがこの世界、宇宙の原則だから。

結局いつも、すべては僕らしだい、ということに戻ってきます。




今日もありがとうございます^^
コメント

またUFOを見た。

2015-04-18 08:59:20 | 愛と感謝


今近づいてきている可能性(評議会・・・2015年4月13日)



あなた方が「極端なスポーツ(スリル?)」と呼んでいるもの、
多くの人達はアドレナリンが溢れるのを楽しんでいる事と
思います。

あなた方は高い場所から降下するか、山の斜面を滑り降りるか、
で楽しんでいるかもしれません。
崖の淵に立っているのか、スキーの滑降を始めるのか・・・・

あなた方は、(いま)この時点での、人間の進化のポイントに
相当する場所に立っています。

あなた方がいま、経験している事に関して、あなた方は「とりわけ
何も起きていない」と感じさせるペースでしかないように
思われるでしょう。

しかし、これが いつもそうであるとはかぎりません。


今、あなた方が悲鳴を上げるほど喜べるような、時には息を飲む
ような変化が始まる、と申し上げましょう!


あなた方が大好きな言葉、「(出来ることなら)やってほしいね!」
が、本当かどうか、幾度と無く尋ねたことがあります。
しかし将来は、このようなことを尋ねる必要が無くなるでしょう。
私たちは、あなた方を驚かせる積もりはありません。

実際には、あなた方に今近づいている「可能性」に、大いに
わくわくして欲しいのです!


この「変化」を促進させるツールの効果を高めるコントロールを、
「いま」始めて下さい。

それは、あなた方の「想像、意図、集中、意志」です。
他のあらゆる事は今まで通り、これらのことによって推進されます。



多く見られるように、変化は「いま」起きていて、他の人達が逆の
事を言っていたとしても、あなたは「ポジティブな可能性」を、見る
ようにしていて下さい。

あなた方が夢見ていた「新しい地球」を、いつも心の中に抱いていて
下さい。

昨日のあなた方よりも、あなた方が望んでいる人になって下さい!

自己に対する無念と審判を捨て、意図にのみ集中して下さい。



これが、あなた方の力になります。

それをいま、自分のものにして下さい。


あなた方が道に迷って、今しばらく立ち止まっているのは分かって
います。
自分の突進が始まるまで、そのエネルギーを蓄え、備えていて下さい。

注意深さと備えを、怠りなくしていてください。

間もなく、「面白いこと」が始まるでしょう!



ああ、そうだ。

バッグにたくさん詰め込んでありますか?

・・・そんなものは、ほっときなさい!




(以上、WEBより改定)
・・・・・・・・・・・・・・・




なんと爽快なメッセージでしょう!

そして上記の文章を読んだ数時間後、僕は久しぶりにUFOを
見ました。

お昼2時過ぎ。

布団を取り込もうとベランダに出て南の空を見ると、三角のような
鳥のような、白いモノがチラチラと光を反射し、空を横切って行き
ました。

なんだろう?と見つめていると、それはやがて速度を落とし、
ゆっくりカーブを描いて、コチラの上空へ近づいてきました。

このとき、その物体は丸く見えました。

そしてそのまま、その位置にしばらく留まり、じーっと滞空していま
した。

何分ぐらいだろう?それから、ゆ~っくり上昇していったんですが、
僕はその「スターシップ」に向かって、

「来てくれてありがとう!せっかくだから、そのまま消えないで、
 最後はビュッ!と 飛び去ってほしい!」

と頼んでみました(笑)
前回、冬の夜空、中空に浮かんでいたオレンジの光も、ビュッ!と
尾を引いて飛び(消え)去ったので、今回もぜひ!と思っていたら、
ずーっと高空で、最後にビュッ!と飛び去ってくれたように
見えました^^



うーん、スゴイ。



もう、まさに、「宇宙時代」は始まっているんだな、と思いました。
この数分間、向こうからもコチラを見ていることを感じました。

本当に、ドキドキ、そしてワクワクしました。
しかしこころのなかの「未知に対する恐れ」も、少し感じました。

なのでこの「僕とUFOとの距離」は、本格的なコンタクトまでの
距離を表わしていると思います。

僕が、アミとぺドリートのように「やあ!」と出会えるまでには、
まだ何度かの遭遇を経験し、だんだんとこの「恐れ」が小さくなり、
そうやって距離を縮めて行くんだろうなあ、と思います。





最近は、いま目の前に見ている、澄み切ったこの青空に浮かぶ雲の
かたち、そしてこの光景は、「いま」「ここ」でしか見られない、
唯一、無二の景色なんだ・・・
これこそ「奇跡」。
宇宙の奇跡なんだよな、と思うようになりました。

UFOもすごいけれど、実はそれ以上に、今見ているこの景色の
美しさは、本当に奇跡なんだ・・・と感じるようになりました。


たぶんこういう心境になれば、UFOもその姿を見せてくれるの
かも?


縄文時代もですが、この先の愛に満ちた世界では、そういう乗り物
は、ごくフツーに見られることでしょう。
なのでやはり、いまだけしか見られない景色こそが、奇跡であり
感動なのです。



こころから思います。

宇宙は、地球は、自然は、本当に美しい!

UFOさん、ありがとう。

今回遭遇してくれた、高次のあなたは誰なのか?
それがわかる日を、楽しみにしています^^


コメント

常に気付きを得ようとすることは大事です。

2015-04-17 08:54:16 | 愛と感謝
おはようございます。



昨年は家族が体調を崩し、それにともなって生活そのものが
大きく変わった半年間でした。

これを経て、また「気付き」に関して1段階アップしたというか、
そんなふうに感じています。
・・・なんて書いてますが、僕にとって確実な変化が起きた、と
明らかな認識に至りました。



ワクワクして、明るくいい気分で生活を送る・・・これに尽きる
ことを理解していたつもりだったのですが、それに伴い、それまで
まさに隙あらば、という感じで「情報」を得ようとしていた「熱」が
だんだん冷めていました。

しかしこの半年間の日々を過ごし、

「ワクワクも、もちろん大事だけど、同時に、もっともっと、気付きに
 関しての知識を得『続けて』いくこと」

こそが、(いまの僕には)・・・重要なことだったんだな、と思い出し
ました。



なので最近は、長いこと途切れていたブログ更新も再開し(相変わらず
途切れ途切れだけど)

そして、これまでとは違う情報源とも出会えたり、という現状です。



もちろん、これまでともに在ってくれたバシャール、アミ、
エイブラハム、そしてカミサマ・・・!

彼らも、これからも、常に「共に在ってくれている」ことを、再度認識
しました。

「すべてはひとつだった」

分かった気になって、またそういった「再度の認識」を迫られる機会が
ないよう、今後は生きようと思います^^;




そしてこれまた、改めてページを開いた「神へ帰る」(N.D.ウォルシュ著)
この本は、本当に、人生を一変させる本です。

人生を一変させる、大きな要因のひとつ、それは間違いなく
「死への恐れ」が無くなること、だと思います。

そういう意味で、まさにオオゲサなことじゃなく、この世界で、こういう
記述があるのは、おそらくこの本だけではないでしょうか。

この世界は、すべて僕らの意識の上に在る。

すべては僕ら、あなた次第。

それを理解したうえで伝えられる、いや「思い出させてくれる」最重要
な智慧・・・!



そして「死への恐れ」が「待ち遠しい喜び」に変わると同時に思う
のは、

この、たった一度の人生を、その瞬間・瞬間を、いま・ここ、を、

思い切り、徹底的に楽しく!徹底的に愛に満ちて!全うしよう・・・!! 

ということでした。



今日もありがとうございます。
コメント

生きる、真の目的!

2015-04-03 21:38:23 | 愛と感謝
こんばんは。



僕らはこの時代、まさに、いま、ここ、に、なぜ生まれてきたの
でしょう?

重く、視界の悪い潜水服を着て、なんでわざわざ真っ暗な深海に
降り立ったのでしょうか?
それは、この世界に構築されたこの社会に馴染み、つらい思いをして
働き、修行し、成長するため・・・・?



そんなわけない。



そんなわけないんです!



僕らは、分かってて、この地に降り立った。
それぞれが、どれほどのハンディを背負って経験するかを選択し、
いまここに居る。



その目的は唯一、



この真っ暗な深海を、明るく照らすため・・・!



ここには、「こうしなきゃならない」は、実はないんです。
この社会を、明るく照らす、というのは、ただただ、



明るく、いい気分で、あらゆるものへの感謝とともに、ワクワクと
こころが踊ることを、ただ「実行する」!ということです。



転生するときに、一旦すべての記憶が封印される、という危険を
分かっていながら、僕らはいまここに居ます。
だからそれを思い出すまでに、



その寒さを分からなければ、暖かさへの感謝が出来ない

その寂しさを知らなければ、誰かと繋がることの感謝を実感できない

その心配を経験しなければ、本当の安心を理解できない・・・・



そんな、いろいろな経験が必要なことを承知の上で、いまここに
居ます。
そしてこの経験もまた、もちろん魂の成長です。

でも、その「成長」は、本当の目的の元では副次的なことかも
知れません。

そして同時に、必要なこと。



ここに降り立ち、そうやって紆余曲折を得て、ようやく、ここで本当に
することを、なんとか思い出せた以上、

もう、「やりたいことではなく、出来ることをやれ!」といった常識
を受け入れる必要はない。

「食うためには、稼がねばならない」 も、受け入れる意味はない。

相手の顔色を伺い、調子を合わせて「貧乏ヒマなしだよね・・」 
なんて自分を低く抑える必要もない!

それらの常識は、あなたのなかで、なんの意味も持たなくなる。



ただただ、



あなたは、その輝きを発揮し、めい一杯、人生を楽しめばいい!



誰かに、なにかを押し付ける必要も、ない。
わざわざ見せつける必要も、ない。
光り輝くあなたに、周囲のひとは勝手に注目します。そしてそのうち、


「・・・そんな生き方もあるんだな。」

「そういう生き方をしたいな」

「そういう生き方が、出来るかもしれない」

「・・・そういう生き方をやってみよう!」



となるんです。
それが、わざわざこの真っ暗な深海に、大きなおもりを抱えて降りて
きた目的です。

あなたのワクワクを、寝る間も惜しむほどに打ち込める、あなただけの
ワクワクを急いで見つけ出して、思い出して、

めい一杯!ワクワクの行動を起こしましょう!





今日もありがとうございます。

愛しています。



コメント

加齢を止めるという認識

2015-04-01 09:46:44 | 愛と感謝
こんにちは。



僕はいま44歳ですが、4年前の風貌は、30代前半くらいでした。

このとき、引き寄せの法則を始め、宇宙の法則を知って以降、宇宙の知識の断片に少しづつ触れる

ようになり、時間というものも、本人の捉え方次第で伸び縮みするものだと知りました。



僕らは、あらゆる「瞬間」を経験するために、「成り行く過程」 を経験するために、「時間」という

概念を共有していますが、その流れの中に「在る」ということは許容していますが、その「早さ」を

どう認識し、また許容するのかは、実は自由なのです。



もちろん、これまでの「常識」 に沿って、「~歳には、こうなっておきたい」「~歳だから、こうあらねば

ならない」 という集合的概念に従うことも自由ですし、これもまた、良いとか悪いとかではありません。



でも、この時間を認識することについての「知識」を、知っているかどうか、というのは非常に大事だと

思います。



話を戻しますと、僕は4年前、40歳の時点で、加齢を止めました。

どうやったか?



単に、「そう意識しただけ」 です^^



なに言ってるんだ?そんなこと不可能だろう?バカバカしい!というのが、まずは「世間の常識」

でしょう。



最近出来た友人たちは、僕の年齢を聞くと、口を揃えて 「(いい気分さん)、お若いですね!」 と

驚きます。

そのとき僕は冗談っぽく 「ああ、35歳で、歳をとることをやめたんですよ!」 と言いますが、みな

きょとんとして、数秒戸惑い、そして「・・・・またまた!冗談言って!」という感じで笑います。



そう、あなたたちの知り合い、友人のなかで、こんなこと言うひとは居ないからでしょう?

誰も言わないような答えが返ってくると、ひとはこういう風に戸惑うんだ・・・・と、いつも面白く相手の

表情を見ています^^



もちろん、「加齢を止める」 と意識した頃は、いまに比べると振動もやや重く、荒かったでしょうから、

急には止まってなかったと思います。

いまでも、少しは進んでいるかもしれませんが、4年前の比ではないでしょう。

どんどん軽くなってるのが感じられるからです。



証拠、というのもヘンですが、僕の家系の風貌からすると、今現在、この年齢で、すでに逸脱しています。

そう思うとまさに「突然変異」です(笑)



そういう事も含め、僕は80歳でもこの風貌で居る!と宣言しました。

そして100歳になっても!



いまのところは、300歳くらいまでは若いままこの人生を楽しもうと思っていますし、これからの

広い、新しい世界とのコンタクトの時代を、思い切り満喫しようと思っています。



逆に多少知識があるひとは、空気も食べ物も、こんなに汚されているだから無理だ!しょうもないこと

書くな!と言うでしょう。

もちろん、いつまでも若く「在る」ことが正解じゃないし、あなたの真実じゃなくても当然です。



でも思い出してください。



出来るか、出来ないか、じゃないんです。



「選択」



大事なのは常に 「選択すること」 です。



あなたはなにを 「選択するか」



それが、僕のと違っても、なんの問題もない。



僕が今思っている以上に真剣になり、今以上にハイヤーセルフとシンクロ出来れば、さらに的確な

情報が得られ、そして実践していくことになるからです。



ちなみに僕の奥さんはいまだ 「年相応で居たい」 と言ってますが、明らかに僕(の振動)に引っ張ら

れています(笑)

このまま、お互いどう年齢を重ねていくのか??

ということも、僕らの人生の楽しみのひとつです。



なにをせずとも、人類の可能性を示したい、などと書くとタイソウかもしれませんが・・・・

何かを目指し、偉業を成す!のはタイヘンですからね。

人生でやりたいこといっぱいなので、ひとつのことに集中しているヒマがない(笑)



でもね、50年もすれば、な~んにも特別じゃなく、僕みたいな人はいっぱい居ると思います。







今日もありがとうございます^^

コメント