砂時計/老い楽の詩

老いは砂時計を楽しむ。砂時計は砂一粒の落下から始まり、最後の砂一粒が下の空間に、静かに着地したとき、星の砂となって輝く。

#237;似た者同士

2017-07-12 04:56:01 | 春夏秋冬

似た者同士

蝸牛の殻
蝸牛の殻をとると
ナメクジになる
それ、本当!

羊を数えても
眠れないときは
山羊を数えると
眠れるよ

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« #236;巣立ちと空蝉 | トップ | #238;シャボン玉飛んだ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

春夏秋冬」カテゴリの最新記事