“渋谷の父 ”ハリー田西の占い研究所

自身のことを含め世の中の森羅万象を占い師・運命学研究家の立場からつづります。

【11月の指針】小さな努力を続けることで次なる時代で大きな結果を残す!

2018年11月01日 17時56分31秒 | Weblog
11月になりました。
このところ比較的過ごしやすい秋晴れの天気が続いていますが、
後半は冷たい雨がちの天気になるかもしれません。

なぜならば、今月は「癸亥(きがい/みずのとい)」の月だからです。

十干の「癸」は陰の水性で、雨、霧、川のせせらぎなど小さな水の意味。
“雨だれ石を穿つ”のたとえのように、
小さい水は時間をかけ積み重ねによって結果を残していきます。

十二支の「亥」は陰の水性で、努力、学びを意味します。

また、亥は木へんをつけると「核」、
うちにそれだけ爆発的なエネルギーを秘めているともいえます。

実は「癸亥」は60ある干支の組み合わせのうち一番最後の組み合わせ。

その「癸亥」は陰が極まって地中に微かな陽気が兆してきたので、
これまで残してきた宿題をすべてやり終え、
新しい計画を立ててそれを具体化していくこと、
新しい段階に進むことを表しています。

たとえていうならば…

あの“鬼門通過”の東日本大震災から7年たちました。
その間、どうでしょう。
地震、津波で被災した地域によっても復興の度合いに大きな差があり、
地域によっては十分な復興がなされているとはいえません。

中でも原発事故(核の事故)に見舞われた福島の浜通り地方、
そこにはいまだに人の姿はなく、復興の槌音は響かず、
雑草(木)が繁茂しイノシシ(亥)が跋扈するという現状があります。

しかし、いつまでもこういう状態を放置してくことはできません。

来年は新たな天皇が即位して新たな元号による時代がスタートします。

そして、その向こうには東京オリンピックが控えています。

その新たな時代、段階を迎えるためにも、
いまこそやり終えるべき課題はしっかりやり終え、
次なる発展をはかるべきだと考えます。

そこで、今月は“小さな努力を続けることで、次なる時代で大きな結果を残す”と読みます。


さて、今年も恒例の『大予言セミナー』を開催します。

来年は新元号による新時代に突入!
その2019年の日本はどうなるか?
来年のあなたの運勢は? 

今回は来年の日本を読むと同時に、
ずばり平成と次なる時代を比較しての予言を行います。


渋谷の父ハリーが今年もまた2019年を緊急大予言!
『渋谷の父ハリー 大予言セミナー2019』

激動の時代を生き抜く法を語ります!


期日:11月17日(土)
   11月18日(日)
   11月24日(土)
   11月25日(日)
   12月1日(土)
   12月2日(日)
   12月8日(土)
   12月9日(日)
   12月15日(土)
   12月16日(日)

時間:13時30分~15時30分(受付13時~)

※いずれも内容は同じですので、ご都合のよい日にお越し下さい。

会場:サンモール道玄坂エントランスホール(予定)

参加費:1万円

※天中殺別の運勢診断シートつき

※参加人数によって会場が変更になったり中止になることがあります。

☆大予言セミナーの参加申し込みは、電話(03-6416-9045)かメール(harry@tanishi.jp)で!

☆対面鑑定、メール鑑定のご予約はこちらからどうぞ!

渋谷の父  ハリー田西  “渋谷占い”

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 内田裕也&樹木希林夫婦が離... | トップ | 戌年の今年は「忠犬ハチ公」... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (亡命希望者)
2018-11-03 14:09:17
>しかし、いつまでもこういう状態を放置してくことはできません。その新たな時代、段階を迎えるためにも、いまこそやり終えるべき課題はしっかりやり終え、次なる発展をはかるべきだと考えます。

その通りですね。がしかし残念ながら全体的に新時代の逆に向かって突進しているように思われます。東北復興をオリンピック誘致の為のネタにしただけで実際は日本全国原発再稼働の流れを裁判所も強力に後押ししているのですから。日本で安全な場所などない事は誰でも分かる事なのに大丈夫!大丈夫!の楽観バイアスに憑りつかれてますよね。国民全体が。国家による株価や外国為替相場の操縦が幻想を現実と勘違いする根本原因でありそれこそが独裁者の狙いで。トリクルダウン=トリックダウンなのが分からないのでしょうか?マジで小悪だけでなく巨悪が裁かれるまともな国になって欲しいですけど。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事