“渋谷の父 ”ハリー田西の占い研究所

自身のことを含め世の中の森羅万象を占い師・運命学研究家の立場からつづります。

【算命学私論】天中殺の中で亡くなられたダチョウ倶楽部の上島竜兵さんについての考察

2022年05月11日 16時43分29秒 | Weblog
寅卯天中殺の渡辺裕之さんに続き、お笑いのダチョウ倶楽部の上島竜兵さんが縊死されました。

ダチョウ倶楽部の3人の中でも大ボケ担当で
ハチャメチャに明るいあの上島さんがなぜ?――と誰もがそう思ってしまいます。

実は、上島さんもいま渡辺さんと同じく年運天中殺の中にある寅卯天中殺なのです。

こちらが上島さんの命式です。

  上島竜兵(1961年1月20日生まれ)
◇ 癸 己 庚        玉堂星 天禄星
寅 丑 丑 子    車騎星 車騎星 貫索星
卯 ―――――――   天南星 車騎星 天南星
天 己 己 癸
中 癸 癸
殺 辛 辛

上の命式を見る限りでは、
意外にも上島さんはお笑いタレントには見えません。

陽占の中央は車騎星で、上島さんは正直で裏表のない行動的なタイプ。
むしろスポーツ選手にいそうな命式です。
その車騎星が西にもあるので夜でも行動している人。
さらに南にも車騎星があり、車騎星が3つ。
車騎星3つは思ったらすぐ行動するような瞬発力がある人。

東には貫索星があり頑固でマイペース。
本来ならグループで活動するよりはソロで活動をしているような人です。

また、北にある玉堂星はお母さん。
上島さんは陰占に父の干がないお母さん子で、肉親愛、母性愛の強い人。

精神領域にのみ精神星の玉堂星がある〈西天運〉なので、
考えるべき時はしっかり考え、行動すべき時は迷いなく行動でき、
加えて、従星が天禄星+天南星2つの身強タイプなので、
現実世界をたくましく突っ走っていけるある面理想的なタイプの人といえます。

さらに前回渡辺裕之のところでも書いたように、
上島さんも渡辺さんも六種ある天中殺の中では一番運が強い寅卯天中殺。

とそこまで積み重ねて見ると…
そんな上島さんがまさか自死するとは…と誰もが思ってしまいます。
なのに、なぜ? どうして?

しかし、実はそれが天中殺の怖さなのかもしれません。
さすがの寅卯天中殺でも精神的に不安定になりやすくなります。

とりわけ今年は年運に石門星が回っている石門星天中殺なので、
もしかすると人間関係などでの悩みや疲れがあったのかもしれません。
ふだんはどんなに親しい仲間とつるんでわいわいやるのが好きだという人でも
石門星天中殺の中ではつきあいがつらくなったり、鬱陶しくなったりします。
とはいえ、逆に一人でいると孤独感が増したりするのです。
それがきっかけで、刹那的に衝動的に自分を傷つけてしまうことになるわけです。

また上島さんのような車騎星の人間は、常に動いているので、
天中殺の中では燃料切れを起こして疲れてしまい、
それが人との争いごとを引き起こしてしまうのです。
ですから天中殺に入った時は、人との争いごとを避け、おだやかに過ごす。
たまにはのんびり休むことも必要なのだと思います。

改めて、好漢・上島竜兵さんのご冥福をお祈りいたします。


さて、『渋谷の父ハリー』では、通常の対面鑑定、メール鑑定のほか、
skype、zoom、Facrbook、LINEなどによるオンライン鑑定も承っております。
いずれの鑑定を希望される方もお気軽に下記のホームページからお問い合わせください。

☆お問い合わせはこちらからどうぞ!
渋谷の父  ハリー田西  “渋谷占い”

【算命学私論】天中殺の中で亡くなられた俳優・渡辺裕之さんについての考察

2022年05月10日 20時47分59秒 | Weblog
「リポビタンD」のCMなどで知られる俳優の渡辺裕之さんが
今月3日に自宅のトレーニングルームで縊死されていたところを発見されました。

渡辺さんは66歳。
若い頃は精悍なかっこいいアクション俳優という感じでしたが、
齢を重ねてからはそのかっこよさに年相応の渋さが加わって
また一段と魅力的になった役者さんでした。

また私生活では女優の原日出子さんというよきパートナーに恵まれ、
これといったスキャンダルに見舞われることもなく幸せな家庭を築いてきた人でした。

あの渡辺さんがなぜ自らの命を絶つことに?

10日に営まれた葬儀の後、渡辺さんの所属事務所から、
『「何故・・・」は、きっと誰にもわからないと思います。
 ただ、コロナの最初の自粛の頃から、
 人一倍家族思いで心配性な夫は、先行きの不安を口に出すようになり、
 考え込むことが多くなりました。
 何事にもストイックで、一生懸命で、手を抜くことをしない人でした。
 「眠れない」と体調の変化を訴えるようになり、
 自律神経失調症と診断され、一時はお薬を服用していました』
という原さんのコメントが発表されました。

実は、渡辺さんはいま天中殺。


  渡辺裕之(1955年1月9日生まれ)
◇ 甲 戊 乙        石門星 天庫星
寅 辰 子 未    石門星 玉堂星 調舒星
卯 ―――――――  天堂星 禄存星 天恍星
天 乙 癸 丁
中 癸   乙
殺 戊   己

陽占の中央に玉堂星。
玉堂星を中央に持つ人は元来美男美女といわれ、
それに魅力星の禄存星や調舒星、天恍星が加わっているのですから、
渡辺さんは二枚目俳優の条件はすべて持っている方です。

また玉堂星を持つ人はまじめでストイックで思慮深い頭の良い人でもあります。
東方には調舒星があるので繊細でナィーブで何事にも完璧を期すこだわりの人、
役者として仕事の面では自分にも他人にも厳しい人間といえます。

しかし、仕事の場ではそういうストイックで神経質な面を持つ反面、
プライベートでは石門星や禄存星があるので、気さくでやさしい男性といえます。

そして、玉堂星の持つ家族愛の強さ…

そんな渡辺さんがなぜ? 自律神経失調症のしわざ?
いえ、それは自殺の要因の一つではあっても、それがすべてではないと思います。

では、なぜ?
まずは天中殺だからというしかありません。

元来、六種ある天中殺の中では一番強い、強運の持ち主といわれる寅卯天中殺の人でも、
年運の天中殺に入ると精神的にはやや不安定になります。

そんな天中殺の中で、今年は渡辺さんの年運に変化の星・龍高星が回っているのです。

2022年 壬寅 龍高星・天禄星 △  △  △

一般に天中殺の中で精神星である鳳閣星、調舒星、龍高星、玉堂星が回ると、
精神的にかなり不安定になります。
とりわけ調舒星、龍高星が回っている時はノイローゼに陥ったり、
衝動的になにかをしやすいので注意が必要です。

謹んで渡辺さんのご冥福をお祈りいたします。


さて、『渋谷の父ハリー』では、通常の対面鑑定、メール鑑定のほか、
skype、zoom、Facrbook、LINEなどによるオンライン鑑定も承っております。
いずれの鑑定を希望される方もお気軽に下記のホームページからお問い合わせください。

☆お問い合わせはこちらからどうぞ!
渋谷の父  ハリー田西  “渋谷占い”

【5月の指針】自らの可能性を伸ばすためにつきあいの輪を広げていこう!

2022年05月01日 03時51分04秒 | Weblog
5月になりました。
すでにゴールデンウィークが始まっています。
コロナによる行動制限が解け、
今年のゴールデンウィークはかなり多くの人が旅行やレジャーに出かけることでしょう。

そんな中ついに恐れていたことが起きてしまいました!
知床半島の観光遊覧船の沈没事故です。

私が昨年末のセミナーや今年1月1日のブログ、
同じく旧暦の年初にあたる2月1日のブログで
「今年2022年、「壬寅」の年は日本を取り巻く海に関連した災害、
海の上での事故、事件、トラブルなどが頻発する」
と予知、予言してきたことが現実になってしまいました!

謹んで亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。
まだ安否の確認がとれていない方々が一刻も早く発見されることを心より願う次第です。

その上で、もう一度声を大にしてお伝えします!

日本は四方を海に囲まれた島国です。
ゆえに、「壬寅」の今年は日本を取り巻く海の事故、事件、トラブル、自然災害などが頻発します。
今回の事故はまだまだその端緒、始まりに過ぎません。
これで終わりではない。
もっと多くのことが起きる可能性があります。
どうかくれぐれもご注意ください。

また、これも昨年10月26日のブログで綴った眞子さんの夫の小室圭さんですが、
やはり2月より突入した天中殺の中で受験したニューヨーク州の弁護士試験で
どうやら5点足らず(らしいですが)に不合格になってしまいました。
7月に3回目のチャレンジをするとのことですが、
これも先行きが非常に心配です。
というよりも、天中殺の中で西方天剋地冲の今年は、
そのもっと後に起こりうることを憂慮するばかりです。

さて、今月は「乙巳」の月です。

十干の「乙」は陰の木性で、
意味は草花。草は柔らかくしなやか、雑草のたくましさ、
はじめは1本でもどんどん数を増やし横に広がっていくところから、
柔軟性や協調性、社交性などを意味します。

十二支の「巳」は陰の火性で、明るさ、暖かさを意味し、
炎のゆらぎで周りを照らし温めていくと様子をイメージします。
また、「巳」は頭と体ができかけた胎児の姿を表し、
このことから胎児が持つ限りない可能性を意味しています。

このことから「乙」と「巳」が組み合わさった「乙巳」の今月は、
“自らの可能性を伸ばすために人づきあいの輪を広げていこう”と読みます。

それから…
このところロシアによるウクライナ侵攻についての予見を頼まれますが、
この先、6月にウクライナ情勢は重大な局面を迎えるはずです。
ロシアのプーチン大統領にとってもウクライナのゼレンスキー大統領にとっても
6月は大きな意味を持つ月になります。

なお、このゴールデンウィーク中も休まずに渋谷で鑑定していますので、
もしちょっと見てもらいたいというかたはご連絡ください。

さて、『渋谷の父ハリー』では、通常の対面鑑定、メール鑑定のほか、
skype、zoom、Facrbook、LINEなどによるオンライン鑑定も承っております。
いずれの鑑定を希望される方もお気軽に下記のホームページからお問い合わせください。

☆お問い合わせはこちらからどうぞ!
渋谷の父  ハリー田西  “渋谷占い”

頑張れ! 寅の年に虎軍団を率いて奮闘する寅卯天中殺の阪神タイガース・矢野監督!

2022年04月24日 17時46分00秒 | Weblog
プロ野球のペナントレースが開幕して1か月。
セリーグは読売ジャイアンツが好調で、
昨年の2位から今年は優勝を期待された阪神タイガースが
4月23日時点で13.5ゲーム離されて断トツの最下位に沈んでいます。

阪神低迷の原因については投手陣の不調や打撃陣の不振などいろいろ指摘されていますが、
運命学的に見ると阪神低迷の原因は
チームを率いる矢野燿大監督が天中殺に入ってしまったからだといえます。
寅の年に寅軍団を率いる寅卯天中殺の矢野監督が天中殺に突入してしまった…
まったくシャレにもなりません。

ちなみに手っ取り早く野球チームのような集団の運気を見るときは、
まずその集団のトップの運気を見ます。
あえていうと、それにプラスして主力選手の運気を見ればよいといえますが、
小さな集団から大きな集団までその集団を率いるトップの人間の運気、
たとえば東京都ならば小池都知事、日本国ならば岸田総理の運気を見るのが基本です。
もちろんトップの天中殺だけですべてを判断するわけではありませんが…

阪神の場合、チームの指揮を執る矢野監督が天中殺に入ってしまったために
指揮系統に狂いが生じていると見ます。

矢野燿大監督(1968年12月6日生まれ)
◇ 庚 癸 戊      龍高星 天禄星
寅 戌 亥 申  龍高星 鳳閣星 貫索星
卯 ―――――――  天堂星 調舒星 天胡星
天 戊 壬 庚
中 辛 甲 戊
殺 丁   壬

2022年 鳳閣星・天馳星 半会 支合 天剋地冲

矢野監督は天中殺の中で年運に鳳閣星が巡っているので、
このままチームの状態が上向かないで借金を増やすと、
やがては健康上の理由で休養に入り、
東方天剋地冲ですからそのまま退任ということになるでしょう。

では、天中殺中の矢野監督にまったく失地回復の見込みがないのか?
現状を打破するためにはどうしたらよいのかというと…

①《鳳閣星はバランス感覚の良い自然体を意味する星なので》
 天中殺の年といえども6月半ばから運気は持ち直し7月、8月は良くなるので、
 そこまではなんとか五分五分でよいというつもりでネガティブにならずにいのいでいく。
②《鳳閣星は伝達本能なので》
 コーチ、選手たちとしっかり意見交換をしてコミュニケーションをはかり、
 他人の意見にも耳を傾ける。
③《鳳閣星は健康の星なので》
 飲みすぎ食べ過ぎに気をつけ体調管理に努める。

以上、野球の面でのアドバイスは出来ませんが、私からのご提言です。
とにかく頑張ってください!矢野監督!

ちなみにセリーグ球団の現在の監督と天中殺の一覧です。

巨人(原辰徳監督/辰巳天中殺)
広島(佐々岡真二/子丑天中殺)
中日(立浪和義/戌亥天中殺)
ヤクルト(高津臣吾/辰巳天中殺)
DeNA(三浦大輔/辰巳天中殺)
阪神(矢野燿大/寅卯天中殺)

運気的には今年は辰巳天中殺がよく、次に戌亥天中殺、
そして、天中殺が明けたばかりの子丑天中殺と続きます。


さて、『渋谷の父ハリー』では、通常の対面鑑定、メール鑑定のほか、
skype、zoom、Facrbook、LINEなどによるオンライン鑑定も承っております。
いずれの鑑定を希望される方もお気軽に下記のホームページからお問い合わせください。

☆お問い合わせはこちらからどうぞ!
渋谷の父  ハリー田西  “渋谷占い”

俳優・木下ほうかの性加害と西方納音の年についての考察(後編)

2022年04月20日 17時08分47秒 | Weblog
俳優として自らの知名度やコネクションを餌に
無名の女優さんたちに対し長年に渡って性加害を繰り返してきた(といわれる)
俳優の木下ほうか氏のハレンチな行動が週刊誌等で報道され、
木下氏は芸能活動の無期限休止、事実上芸能界から追放という事態になっています。

前編ではその木下ほうか氏が今年は60年に一度、過去――これまでの人生が壊れる
《西方納音》の年にあたっているというお話をしました。

今日はその《西方納音》の説明とその解釈についてお話したいと思います。

《西方納音》について説明するためにはまず干支についてお話ししなくてはいけません。
一般に干支というと、
今年2022年は寅年だというふうに理解していると思いますが、これは間違いです。
そもそも干支というのは、〈空間〉を表す〈十干〉という10種類の文字

〈十干〉甲、乙、丙、丁、戊、己、庚、辛、壬、癸

〈時間〉を表す〈十二支〉という12種類の文字

〈十二支〉子、丑、寅、辰、巳、午、未、戌、亥

この〈十干〉と〈十二支〉の組み合わせをいいます。
すなわち〈十干〉の〈干〉と〈十二支〉の〈支〉を合わせて〈干支〉というのです。

ですから今年の〈干支〉はというと、
単に〈十二支〉の「寅」だけではなく、
〈十干〉の「壬」と〈十二支〉の「寅」が組み合わさった
「壬寅」というのが今年の《干支》なのです。

ちなみに、この〈十干〉と〈十二支〉、〈干支〉の組み合わせは全部で60種類あり、
60種類の組み合わせが60年でひと回りすることを「還暦」というわけです。

一方、人の生年月日はその人の生まれた年、
生まれた月、生まれた日の3つの〈干支〉によって表すことができますが、
今年2022年の《干支》「壬寅」は木下氏の生まれた日の〈干支〉「壬申」と
60種類ある〈干支〉のちょうど正反対の位置関係になる干支で、
このような〈干支〉同士の状態を《納音》というのです。
算命学的には十干が同じで、十二支が対冲になった関係です。

             壬申  ⇔  壬寅
                 対極

このように自分の生年月日を構成する3つの〈干支〉が
その年の〈干支〉と《納音》の関係になるのはそれぞれ60年に一度のことですが、
このうち生年(生まれた年)の〈干支〉がその年の〈干支〉と《納音》になるのは
ほとんどの人は自分が30歳になる年、
それから60年後の90歳になる年になります。

しかし、生まれた月や生まれた日の干支が
その年の干支と《納音》になるのは何歳の時と決まっておらず、
人によってそれぞれ違うのですが、
いずれにしても《納音》は60年に一度の重大な変化の年になるわけです。

そして、前回もお話ししたように中でも《西方納音》の年は、
今までやってきたことにブレーキがかかり過去が壊れる、
状況が180度ひっくり返る年となります。
まさに木下ほうか氏が芸能活動の無期限中止となったは
まさしくこの《西方納音》そのままの出来事といえると思います。

さて、ここでくれぐれもご注意申し上げたいことがあります。
2回にわたり《西方納音》の年に起こる状況についていろいろお話してきましたが、
だからといって《西方納音》をいたずらに恐怖し、
先行きをネガティブに悲観してはいけないということです。

というのは、《西方納音》は考え方一つで、
それを逆に活かすこともできるのです。
算命学には「納音が来ないと自分を壊せない」という言葉があります。
どういう意味かというと、
もしポジティブにとらえるならば、
《西方納音》を一つのきっかけに、
これまでの悪習や悪い状態から脱却して、
良い方向へ向けリスタートすることができるということです。

これまで私が鑑定した人の中には、
西方納音の年に先の見えない不倫関係に終止符を打って婚活を始めた人や
大学入学で上京して以来20年暮らした東京での生活をやめ
故郷に帰って第二の人生を送った人などがいます。

また、今年は「壬寅」の年ですから
木下ほうか氏のように生日干支が「壬申」の人が〈西方納音〉になりますが、
今年、私のところに鑑定に見えた〈西方納音〉の例でいうと…

☆この春大学を卒業したものの希望する職種に就職が叶わなかったことから、
 ワーキングホリデーを使って海外留学をする。
☆熟年の男性が入院手術を機に定年後していたWワークの仕事をきっぱりと辞め、
 この春から幼稚園の用務員さんとして再就職した。
といった方がいます。

ですから過去が壊れる《西方納音》の年といっても決して恐れることはないのです。
たとえば木下ほうか氏の場合もこれが生まれ変われるチャンスになれるということです。

こんなふうに、西方納音は考え方ひとつで、
これまでの流れを良い方向へ変えることにもなるんだということを覚えておいてください。


さて、『渋谷の父ハリー』では、通常の対面鑑定、メール鑑定のほか、
skype、zoom、Facrbook、LINEなどによるオンライン鑑定も承っております。
いずれの鑑定を希望される方もお気軽に下記のホームページからお問い合わせください。

☆お問い合わせはこちらからどうぞ!
渋谷の父  ハリー田西  “渋谷占い”

俳優・木下ほうかの性加害と西方納音の年についての考察(前編)

2022年04月10日 17時34分01秒 | Weblog
映画監督兼俳優の榊英雄氏を皮切りに俳優の木下ほうか氏、
さらには『冷たい熱帯魚』などの作品で国際的にも評価が高い園子温監督、
園監督の右腕ともいえるプロデューサーの梅川治男氏など
芸能関係者による性行為強要の報道が相次いでいます。

中でも、個性派の俳優として注目していた木下ほうか氏の場合は個人的にショックでした。
なぜなら私も構成作家として芸能界の片隅に身を置いてきたこともあり、
昔から監督やプロデューサーがその立場を使って
無名の女優たちに性行為を強いるという話を耳にしたことがあります。
しかし木下氏の場合は役者として自ら下積みも経験してきたであろうだけに、
仕事を餌に後輩の女優たちを自らの性欲のはけ口にするというのは
それが事実だとしたら許しがたいものがあります。

木下氏は今回の報道を受けて芸能活動の無期限休止を発表、
所属事務所も木下さんとの契約の解除、すなわち解雇を発表しました。

以下が木下氏の宿命の命式です。


木下ほうか(1964年1月24日生まれ)

◇ 壬 乙 癸       石門星 天極星
戌 申 丑 卯   龍高星 牽牛星 調舒星
亥 ―――――――   天貴星 調舒星 天堂星
天 庚 己 乙
中 戊 癸
殺 壬 辛

木下氏の中央の星は牽牛星。本来生真面目でプライドの高い人。
プライドが高いだけに自分に対する世間の評価や評判を非常に気にする性格。
人から悪く言われると傷ついてしまいます。
ゆえに今回のスキャンダルの発覚は木下氏のプライドをズタズタにしたことでしょう。

また、木下氏の場合、この牽牛星を調舒星や龍高星が取り巻いているの気になります。
牽牛星が傷つくことで精神的にかなり強いショックを受け、
衝動的な行動に走ったりすることがあるからです。

ここで、木下氏の年運を見てみましょう。
                   
2022年(壬寅) 貫索星・天胡星  納音  △  △

実は、今年は木下氏にとって年運の位相法で西方が《納音》になる年です。
西方が《納音》になる年は過去が壊れる年といいます。
過去が壊れるということは、それまで続いてきた、
あるいはこれまで積み上げてきた人生がここで衝撃的に終わる、
変わるということを意味しています。

過去が終わる、変わる…
それは夫婦が離婚をする、不倫関係が終わる、
盟友と決別する、自己破産するなどといったことから、
かつてない大転換という意味からすると…
たとえば、暴力団の組長だった人間が引退して出家するとか、
トランスジェンダーの男性がカミングアウトをして性転換手術を受けてしまうとかなど、
ふつうでは考えられなくくらいの人生上の大きな変化があるということを意味しています。

それゆえに、木下氏にとってはこれまで40年以上にわたって実績を築いてきた俳優人生を
すべて水の泡にしてしまう年になるかもしれないということにもなるわけです。

こうした西方が《納音》になる年は誰しもそれぞれの人生のどこかで60年に1回やってきます。
60年に1回ということは、ある意味人生に一度回ってくるかどうかの一大転換期です。
怖いでしょう?怖いですよね。
では、もし目の前に《納音》の年が迫ってきたとしたらどうすればよいのでしょう?

次回、この西方が《納音》になる年についての解釈と考察について、さらにつっこんでお話をします。

さて、『渋谷の父ハリー』では、通常の対面鑑定、メール鑑定のほか、
skype、zoom、Facrbook、LINEなどによるオンライン鑑定も承っております。
いずれの鑑定を希望される方もお気軽に下記のホームページからお問い合わせください。

☆お問い合わせはこちらからどうぞ!
渋谷の父  ハリー田西  “渋谷占い”

【4月の指針】周囲の動きに惑わされることなくにしっかり足元を固めて伸びていこう!

2022年04月01日 14時40分20秒 | Weblog
4月になりました。
新学期、新年度のスタートです。

和風月名では4月は卯月、卯の花の咲く月という意味です。
唱歌の「夏は来ぬ」では、
♪卯の花の 匂う垣根に 時鳥(ほととぎす) 早も来鳴きて
忍音(しのびね)もらす 夏は来ぬ と歌われていますが、
旧暦では夏は5月、立夏からになります。

ロシアのウクライナ侵攻から1か月、
ウクライナ国民の抵抗の前にロシアは思ったようには攻め込めず、
戦いは膠着化しています。

今月は月運に龍高星が回る午未天中殺のロシアのプーチン大統領は
ここへきて大幅な戦略の転換を迫られることになると思われます。
暗殺を恐れ自分の居場所をあちこち転々と移していくんじゃないでしょうか。
その一方でロシア内部での対立も深刻化します。
プーチンさんも頭が痛い?!

さて、今月は「甲辰月」です。

十干の「甲」は陽の木性で、意味は「樹木」、
それも神社の境内に聳えているような太くて高い大木のこと。
樹木はまず根を張り根を伸ばし、
年ごとに年輪を刻みながら少しずつ太くなり、
空に向かって伸びていきます。
すなわち足元をしっかり固め成長していくことが大事です。

十二支の「辰」は木性と水性を含んだ陽の土性、
辰は手へんをつけると「振」また上に雨がつくと「震」という字になります。
すなわち今月は世の中が揺れ動き変化が起きる月。

このことから「甲」と「辰」の組み合わさった「甲辰月」は、
“周囲の動きに惑わされることなくしっかり足元を固めて伸びていこう”と読みます。

そして、岸田総理はじめ辰巳天中殺の人は今月の5日から月運天中殺に入ります。
国内的には参議院選挙を控えての自公連立の問題や
第七波の到来が懸念されるコロナ対策、
対外的にはウクライナ情勢、尹政権がスタートするお隣韓国との外交問題など
頭の痛い問題が山積みの岸田さん、
どうか月運天中殺の中でも決断と実行の政治姿勢を貫いてほしいと思います。

さて、『渋谷の父ハリー』では、通常の対面鑑定、メール鑑定のほか、
skype、zoom、Facrbook、LINEなどによるオンライン鑑定も承っております。
いずれの鑑定を希望される方もお気軽に下記のホームページからお問い合わせください。

☆お問い合わせはこちらからどうぞ!
渋谷の父  ハリー田西  “渋谷占い”

秋篠宮悠仁様の進学問題に関する算命学的考察(後編)

2022年03月12日 15時45分13秒 | Weblog
秋篠宮悠仁様はこの春筑波大附属高校(略して筑附)に進学されますが、
伝えられているところでは、秋篠宮ご夫妻のたってのご希望もあり、
3年後の東大進学を目指しておられるとのこと。

筑波大附属高校は2021年のデータによれば、
生徒数230名のうち現役で29名が東大に合格しています。
ということは、単純に考えれば230名中の上位30位までに入っていれば
東大に現役で合格できるということになります。

果たして悠仁様は希望通り現役で東大に合格できるのでしょうか?

実は悠仁様の大学進学に関していうとここに極めて重大な問題があるのです。
以下に掲げた悠仁様の命式とこの先の年運をご覧ください。


秋篠宮悠仁親王(2006年9月6日生まれ/15歳)

◇ 戊 丙 丙      龍高星 天庫星
辰 戌 申 戌  貫索星 鳳閣星 貫索星
巳 ―――――――  天庫星 龍高星 天胡星
天 戊 庚 戊
中 辛 戊 辛
殺 丁 壬 丁


2022年 壬寅(高1) 禄存星・天貴星  半会 天剋地冲 半会
2023年 癸卯(高2) 司禄星・天恍星  支合   △   支合
2024年 甲辰(高3) 車騎星・天南星 天剋地冲 半会 天剋地冲
2025年 乙巳(受験) 牽牛星・天禄星   △  合刑破  △ 

実は、辰巳天中殺の悠仁様は2024年から天中殺に入るのです!

ということは、悠仁様は天中殺の真っ只中で大学受験に臨むことになるのです。

天中殺の中での受験ってそんなに大変なの?――と思うかもしれませんが、
これはただでさえかなりの影響があるといえます。
しかも、その目標が天下の東大であるならば、
天中殺入り以前からかなり計画的に集中的に受験勉強をしなくては
東大の現役合格は難しいと考えなくてはいけないでしょう。

その点でクローズアップされるのが、
今回お茶の水女子大附属中学から筑波大附属に進学された時のような
特別枠による東大への推薦入学です。

実は東大は「学校推薦型選抜」という推薦入学制度を実施しており、
毎年100名ほどが推薦入学者がいます。

そして、2021年度は筑波大附属高校からも1名の合格者が出ています。

そこで、悠仁様はこの「学校推薦型選抜」の制度を利用して
東大にお入りになるということも視野に入れているものと思われます。

しかし、東大の推薦入学ともなると、
まず進学校である筑波大附属高校内においても
かなり最上位の成績にいないと学内での競争が激しくて、
かなりハードルの高いチャレンジになるといわざるをえません。

なぜならもし他の生徒をさしおいて無競争で悠仁様を推薦合格してしまうと、
必ずそこになんらかの意図的な操作があったのではないかという疑いが出て
問題化してしまう可能性があるからです。

要は悠仁様がこれからの3年間でそういう
疑問の余地を残らないような断トツ圧倒的な成績をあげればよいということになります。

その点においては、
おそらくこれからも東大教授クラスの家庭教師が悠仁様につきっきりで
勉強のサポートするという態勢が敷かれると思うので、
悠仁様の築附での3年間は文字通り“東大一直線”になるのではないでしょうか。

また、とにかく東大に入ることを目標とするならば、
悠仁様が東大のどの「類」を受験するのかによっても入学の可能性に差が出てくると思います。

現在の憲法下においては皇族が法学や政治学を学ぶことはなく
東大の文化一類を目指すことはないと考えられます。

伝えられているところでは
悠仁様はお父上の秋篠宮殿下のように生物学にご興味を持っているといわれていますし、
中学生の作文コンクールでの文才ぶりを見ると文学などの素養もあると思います。

そこで、数理法を使って悠仁様の学部選びの目安となる宿命的な適性を見てみました。

悠仁様の

  戌 申 戌 計 数 合計
甲 × × × × × ×
乙 × × × × × × 
丙 5 4 5 14 2 28
丁 6 7 6 19 2 38
戊 5 4 5 14 4 56
己 × × × × × ×
庚 8 11 8 27 1 27
辛 10 12 10 32 2 64
壬 10 9 10 29 1  29
癸 ×  × × × × ×

《縦線》水性(29)+火性(66)>《横線》木性(0)+金性(91)
・・・学問・研究に強いタイプ。創作活動、芸術活動などクリエイティブな領域でも力を発揮。

《西北》金性(91)+水性(29)>《東南》木性(0)+火性(66)
・・・国公立大向き

最も点数の高い干は辛金。
日干(戊土)×辛金=調舒星・・・哲学、心理学
または、陽占の中央の星は鳳閣星・・・マスコミ関係の学問、栄養学

数理法によれば、私立よりも国公立大学に行き、
研究や芸術関係の学科の専攻をされるのに向いています。
つまり、ちょっと意外ですが、
生物学など理系の学科よりも文系・芸術系の学科ほうが向いているということになります。

そして、ここで私から一つだけ提案があります。
もし悠仁様が純粋にご興味のある学問について学び、
その才能を伸ばしていくとしたら、
もちろん東大進学が最良の道だとしても、
東大にこだわることなく筑波大でも東京海洋大学でも農工大でも
ご自身が望まれる大学に進み学ばれるのがよいと思います。

さて、『渋谷の父ハリー』では、通常の対面鑑定、メール鑑定のほか、
skype、zoom、Facrbook、LINEなどによるオンライン鑑定も承っております。
いずれの鑑定を希望される方もお気軽に下記のホームページからお問い合わせください。

☆お問い合わせはこちらからどうぞ!
渋谷の父  ハリー田西  “渋谷占い”

秋篠宮悠仁様の進学問題に関する算命学的考察(前編)

2022年03月04日 17時20分46秒 | Weblog
秋篠宮悠仁親王がこの春お茶の水女子大学附属中学を卒業され、
4月から筑波大学附属高校に進学されます。

悠仁様は幼稚園入園時から皇室とかかわりが強く
ご両親の秋篠宮ご夫妻の母校でもある学習院ではなく、
国立のお茶の水女子大附属の幼稚園、小学校、中学校と進まれました。

しかし、お茶の水女子大附属の高校は女子のみのため、
男子である悠仁様は別の高校へ進学せざるをえず、
高校からは学習院の高等科に進まれるのではないかという見方もありましたが、
今回「提携校進学制度」という特別な推薦制度によって
筑波大附属高校への進学が決まったわけです。

こうした中、今回の「提携校進学制度」による筑波大付属高校への進学は
悠仁様のために特別に設けられた進学制度ではないかという声が出ているようです。
たしかに2017年に5年間の限定で試験的に儲けられたこの制度も
悠仁様を最後に今年限りで廃止になると聞けば、
いくら宮内庁が否定してもそういうこともあろうかという気もします。

とはいえ、これをもって悠仁様が
実際の成績以上の特別待遇を受けたということにはなりません。

なぜならもともとお茶の水女子大付属中学校の男子の生徒数は1学年30人程度で、
中学受験時の偏差値も女子が72であるのに対して男子はなんと53なのです。
つまりお茶の水女子大付属中学の男子の偏差値レベルは女子に比べて20も低いのです。

また、そのことを裏付けるかのように、
悠仁様のようにお茶の水女子大附属中学を卒業する男子の進学先を見ると、
トップの数人を除いた男子の進学先の多くは偏差値60以下、いや50以下の高校なのです。
これは都内の区立中学のレベルとほとんど変わらないといってもいいでしょう。

ですからこの偏差値レベルの学校の中で、
おそらく東大教授クラスの家庭教師がついていると思われる
悠仁様がトップにいることにはそれほど疑問の余地もなく、
悠仁様が「提携校進学制度」の枠を利用して筑波大附属高校に進学することに関しても
学内から異論など出るはずがないといえます。

そんな悠仁様の宿命命式を見てみましょう。


秋篠宮悠仁親王(2006年9月6日生まれ/15歳)

◇ 戊 丙 丙      龍高星 天庫星
辰 戌 申 戌  貫索星 鳳閣星 貫索星
巳 ―――――――  天庫星 龍高星 天胡星
天 戊 庚 戊
中 辛 戊 辛
殺 丁 壬 丁


悠仁様は〈はみだし運〉の辰巳天中殺です。
ということは、六種天中殺の意味からすると、
悠仁様は天皇としての跡継ぎになりえないということになります。
(学習院コースを歩まれなかったことが辰巳天中殺という言い方もできますが…)

 裕仁天皇(申酉天中殺)跡継ぎ運
   ↓
 明仁天皇(子丑天中殺)初代運
   ↓
 徳仁今上天皇(申酉天中殺)跡継ぎ運
   ↓
 秋篠宮文仁親王(午未天中殺)しめくくり運
   ×
 悠仁様(辰巳天中殺)はみだし運
   
日干支〈戊戌〉はなんと従姉の敬宮愛子様の日干支と同じ、すなわち《律音》。
年干支〈丙戌〉は伯母にあたる雅子皇后陛下の日干支と同じ。
こういう偶然は皇室ならではの不思議なご縁を感じます。

ちなみに日干支の〈戊戌〉と年干支の〈丙戌〉はどちらも学歴・教養に関する《異常干支》で、
この干支を持つ人は知的レベルの高い人ですが、
異常性を出さないためにはむしろ庶民的な生き方をしたほうがよいとされます。

六親法でいうと、日干・戊土の悠仁様にとって、
月干と年干にある丙火はお母さまの紀子様にあたります。
すなわち悠仁様にとって紀子様の影響力が非常に強いことがわかります。

また、悠仁様の大運を見ても、初旬に玉堂星が回っているので、
お母さまの愛情を一身に受けて育っていることがうかがえます。

《大運》
1歳~丁酉 玉堂星・・・紀子様の愛情を一身に受けて勉強に励む10年
11歳~戊戌 貫索星・・・日干支と大運干支が〈律音〉となり、
            本人に自立心が芽生え自己主張が強くなる10年
21歳~己亥 石門星・・・人と和していく10年
31歳~庚子 鳳閣星・・・のんびりおおらかに過ごす10年

さて、こういう若年期の環境の中で
悠仁様はこの春から筑波大学附属高校に進まれるわけですが、
3年後の2025年、悠仁様はどこの大学に進学されるのか?
――これが目下の最大の問題です。

伝えられているところによれば、
悠仁様の大学進学に関しては上記のように悠仁様にとって多大な影響力を持つ
お母さまの紀子様の「悠仁様を東大に進ませたい」というお考えが強く反映され、
そのことが筑波大学附属高校へ進学させる決め手となったといいます。

たしかに大学選びに関して
ご両親と同じ学習院大学でよいと考えていたのならば、
高校から学習院の高等科へ進めばよかったわけですが、
それをせずに筑波大附属高校に進まれるということは、
やはり東大への進学を目指し
将来的に初の東大出の天皇となることを目標にしているのでありましょう。

ところが、悠仁様の大学進学に関してここで極めて重大な問題があるのです。
それはなにか?(後編に続く)


さて、『渋谷の父ハリー』では、通常の対面鑑定、メール鑑定のほか、
skype、zoom、Facrbook、LINEなどによるオンライン鑑定も承っております。
いずれの鑑定を希望される方もお気軽に下記のホームページからお問い合わせください。

☆お問い合わせはこちらからどうぞ!
渋谷の父  ハリー田西  “渋谷占い”

【3月の指針】温故知新、過去の事例を参考に未来を拓いていこう!

2022年03月01日 07時38分40秒 | Weblog
3月になりました。

旧暦の年明けとなる2月は大変な月になりました。
北京冬季オリンピックの閉幕を待ってロシアがウクライナに侵攻を開始。
プーチン大統領の蛮行のおかげで、東西の冷戦時代が蘇ったかのような状態です。

午未天中殺のプーチン大統領(1952年10月7日生まれ)は
12年のサイクルの中でいうと、今年は最も勢いのある時であり、
年運には陽の攻撃本能である車騎星が回っているので
強気のイケイケの姿勢を崩しません。

それゆえプーチン大統領は自軍の軍隊をウクライナに軍事侵攻させたばかりではなく、
ウクライナのゼレンスキー大統領ら23人の要人を暗殺するために
アフリカから400人もの傭兵部隊を雇い入れ、首都キエフに送り込んだともいわれます。
さすが元KGBだけに怖いですねぇ。

一方、ウクライナのゼレンスキー大統領(1978年1月25日生まれ)は
首都キエフに残って最後まで戦う姿勢を見せています。
実はゼレンスキー大統領も午未天中殺で、
今年は年運に名誉の星・牽牛星が回っています。
それゆえにあくまでも大統領の名にかけて名誉、誇りのために戦うということでしょう。

実はプーチン大統領の日干支は丙戌、ゼレンスキー大統領の日干支は丁亥、
丙戌と丁亥はそれぞれ干支番号23と24という
いわゆる《準律音》という隣り合わせの干支同士、
つまり同じ目標に向かって進む時は仲良く協力して進むことができますが、
一度関係が悪化すると仲の悪い隣人になってしまうといえます。

現在の戦況は攻勢を強めるロシア軍に対し、
国土を守るために勇敢に立ち向かい抵抗する
ウクライナ軍の均衡状態が続いているわけですが、
ウクライナの人々はゼレンスキー大統領だけでなく非常に勇気ある国民だと思います。
なにしろゼレンスキー大統領にとどまらず「徹底抗戦」を宣言している
首都キエフ市のビタリ・クリチコ市長はなんとボクシングの元世界ヘビー級王者!
またボクシングの元3団体統一ライト級王者のワシル・ロマチェンコや
現3団体統一ヘビー級王者オルクサンドル・ウシクも
祖国を守るために軍隊に入って戦うという姿勢を見せています。
みなボクシングの世界チャンピオンですからね。非常に頼もしいです。

こういう国民的なヒーローたちが先頭に立って抵抗をするぞという心意気を見せることが
どれだけウクライナの国民の士気を高め勇気づけづけることか…
さらにその思いが平和を願う世界の人の心にも届き、
やがてその願いの波が世界の国々を動かす力につながると信じたいです。

ただしウクライナはNATOの一員でもEUの一員でもないので、
西側諸国の軍隊もうかつには国境を越えて
ウクライナ軍に加勢することはできないのでしょうが、
せめて首都キエフに各国の大使および大使館員が残っているうちは
ロシアもキエフの市街に対してやみくもに無差別攻撃をしかけることはないと思います。

つけ加えれば、2022年はまだ始まったばかり…
今回の軍事侵攻はまだ2022年の始まりの出来事に過ぎません。

たとえば、今回のウクライナに対するロシアの軍事侵攻は
北京オリンピック&パラリンピックが終わった後の中国の行動にも影響があると思います。
国の内外の動きに今後も十分に注視ていきましょう

さて、今月は「癸卯月」です。

十干の「癸」は印の水性で、雨や小川など小さな水を意味します。
水は命を育み、命を守ります。
また、水は習得本能で「癸」は古典・伝統など正当な学びを意味します。

十二支の「卯」は印の木性で、草花を意味します。
また文字の形から門が開くことを意味します。

このことから今月は「未来を拓くきっかけは過去から学ぼう」と読みます。
何事も“温故知新”、過去の事例を思い出し、
知恵を出し合って解決策を探り、未来を拓いていきましょう。


さて、『渋谷の父ハリー』では、通常の対面鑑定、メール鑑定のほか、
skype、zoom、Facrbook、LINEなどによるオンライン鑑定も承っております。
いずれの鑑定を希望される方もお気軽に下記のホームページからお問い合わせください。

☆お問い合わせはこちらからどうぞ!
渋谷の父  ハリー田西  “渋谷占い”