あるがままに徒然雑記

日々の雑感を、時に任せて・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

大多摩 湯めぐり スタンプラリー達成

2013-12-08 | 温泉めぐり
六つの名湯めぐりを達成したプレゼントとして、
6施設から好きな温泉に無料で入湯が出来るとのことで、
秋川渓谷の瀬音の湯に行ってきました。
前回より紅葉も進み、大勢の方が訪れていて、
内湯、露天風呂も混んでいました。
内湯では入った瞬間に肌がつるつるしてきます。
露天風呂から眺める景色に癒されリフレッシュしてきました。

大多摩湯めぐり


達成スタンプ


瀬音の湯


入り口


入り口周辺


足湯


賑わい


館内へ
 

広い物産販売所では地元農家の方が育てた新鮮野菜の販売。
地酒、名物おやきなど多数販売されていました。
その中に特産品の大好きな燻製チーズがあり購入。
 




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

大多摩 湯めぐり スタンプラリー➅

2013-12-07 | 温泉めぐり
大多摩湯めぐりスタンプラリー六つの名湯めぐり達成しました。
6番目は奥多摩温泉「もえぎの湯
JR奥多摩駅から徒歩10分
湯量たっぷりの源泉100%の温泉
効能は、神経痛、筋肉痛、疲労回復、健康増進とあって、
行った日は登山や団体のお客さんでいっぱい。
込み合っているので2階の休憩室でしばらく休んでいて下さいといわれ、
食堂兼休憩室でしばらく休み、
浴室へ行きましたがまだ込んでいる状態でした。
内風呂、露天風呂、足湯とあり、
多摩川の流れなど自然を楽しむ人たちで人気があるのでしょう。

もえぎの湯

休憩室への階段を上る

足湯


周りの風景





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大多摩 湯めぐり スタンプラリー⑤

2013-12-06 | 温泉めぐり
スタンプラリー5番目は山梨県小菅村の小菅の湯
小菅の湯は多摩源流の源泉は、
女性に嬉しいお肌つるつる・・・美人の湯といわれています。
効能は、筋肉痛、関節痛、慢性消化器病ほか、
疲労回復健康増進といいこと尽くめで、
美人の湯として評判高く美肌効果もあります。
お風呂の種類も豊富で、露天風呂、打たせ湯、イベント湯、
大風呂、寝湯、五右衛門風呂、ジャグジー、サウナ、源泉水風呂とあり、
他に地獄極楽ロードとして、足つぼを刺激して気分爽快に。
イベント湯は週代わりでハーブ風呂や薬草風呂となります。
水風呂やサウナは入りませんでしたが、
後は全部入ってきました。
アメニティグッズも豊富に取り揃えてあり、
手ぶらで気軽にくつろぎの時を過ごすことが出来ます。
食事何処や宴会場、休憩ルーム、エステルーム、ギャラリーなど、
施設も多彩にあり、都会の喧騒を離れ多摩源流の清流につつまれ、
9つの湯と地元特産品を豊富に使った料理を楽しむのもいいものです。

紅葉は見事でした


入り口案内


施設内の紅葉


小菅の湯






ロビーも広々


真っ赤な暖簾


食事
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大多摩 湯めぐり スタンプラリー④

2013-12-05 | 温泉めぐり
スタンプラリー4番目は丹波山温泉のめこい湯
秩父多摩甲斐国立公園・山梨県丹波山村村営で、「のめっこい」とは
丹波山村の方言で「ツルツル」「スベスベ」というほめ言葉
豊富な湯量が自慢の、のめこい湯は毎分160リットルの湧出する源泉で、
神経痛、筋肉痛、疲労回復などの効果に加えて、
美肌効果があり、お肌がツルツル、スベスベになるという。
浴場もローマ浴場と檜風呂の和風浴場が日替わりで入れ替わり、
露天風呂も山を眺めながら浴槽には紅葉が浮かび風情たっぷり。
露天風呂の続きにある打たせ湯を楽しんだり、
旅情豊かな秘湯の湯、のめこい湯でした。

奥多摩湖で一休み






案内板




下る


橋を渡る


ふれあい橋


のめこい湯


玄関ホール


広々とした脱衣場













コメント
この記事をはてなブックマークに追加

温泉めぐり スタンプラリー ❸

2013-11-22 | 温泉めぐり
温泉めぐり第3湯
日の出町・生涯青春の湯「つるつる温泉」
東京都西多摩郡日の出町大久野4718
TEL042-597-1126
交通 自動車:八王子I.Cから五日市街道経由約40分
       圏央道日の出I.Cから約20分
   電 車:JR五日市駅~つるつる温泉行き路線バス約20分

ハイキングコースとして御岳神社を参拝して日の出山に登り、
下山したらつるつる温泉でのんびり入浴して、
肌もつるつるになりハイキングの疲れも癒されるとあって、
ハイカーにとっては人気のある温泉です。
行った日も土曜日だったので登山客でいっぱいでした。
脱衣室もリュック姿の方々がぞくぞくと入ってきました。

お湯はアルカリ性の湯で、そのつるつるとした感触から、
「つるつる温泉」と名づけられました。
効能は神経痛・筋肉痛・うちみ他・疲労回復・健康増進とあり、
腰痛・ひざ痛・肩こり他の持病を持つ我身にはうってつけの温泉でした。
浴槽は「美人の湯」と「青春の湯」があり、
奇数・偶数日で男女交代になります。
露天風呂は広々と和風造りでゆったり出来ました。

広々とした館内の設備は充実し、
いたる所に町内産の杉やヒノキが使われていて、
一日ゆっくりと静養がてら過ごすにはもってこいの温泉。
山里の自然の中の源泉かけ流しの天然温泉、
つるつる温泉は本当に肌がつるつるになり、
腰の痛みも軽減し、日ごろの疲れが取れ元気になってきました。
これでひとまず、檜原・あきる野・日の出エリアは達成しました。

つるつる温泉入り口


全景


つるつる橋を渡っていきます


ガードレールに案内があります


温泉に行く途中の景色
柿や柚子が鈴なりで紅葉も綺麗でした










       
コメント
この記事をはてなブックマークに追加