あるがままに徒然雑記

日々の雑感を、時に任せて・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

銭湯お遍路12

2010-05-26 | 日記
小金井市 1番 ぬくい湯

場所は小金井市貫井北町、新小金井街道を北に向かって
西に東京学芸大学を確認しつつ、東に進むと煙突が見えてくる。
武蔵小金井駅から歩くと15分位のところ。

自分は自転車でひたすら北上して東側の煙突を目指した。
実はお隣さんの市なのである。

ぬくい湯は一見銭湯とは見えない。
玄関周りがなにやら工務店のようだった。
下足入れもちょっと奥で戸惑いながらみわたすと、
左側に大きな水槽があり、金魚等がたくさん泳いでいた。

中に入り昔ながらの古さに懐かしさを感じた。
番台には風格のあるおかみさんがしっかりと座られていて
おなじみのお客さんとは会話を楽しんでおられた。

脱衣場にも水槽が置いてあり、応接セットが真ん中に置いてある。

浴室は特に設備はなく、湯船が2つあるが両方とも同じ深さで、
温度も同じ、だが、このぬくい湯は他の銭湯と違い木の湯船なのである。
木の湯船は珍しい、しかもこの木は青森ヒバなのだそうです。

触ってみるとしっかりと木のやわ肌を感じる。
足底も木である。ぬるぬる感もなく、清潔そのもので、
ここまで腐らすこともなく維持管理をするには、
相当な努力をされているのでは。

この日は5の日で本来は休日だが、子供の日で祝日のため、
開業していた。しかも菖蒲湯の日で、2つの浴槽に、
菖蒲がいっぱい束ねられて浮かんでいた。

青森ヒバの温かみと菖蒲の香り、
近場にこんなに温もりを感じる銭湯がある。
しかも古き良き時代をしのばせる銭湯。
いつまでも残っていてほしい銭湯である。

浴槽につかりながら隣の浴槽の方に、
ぬくい湯の良さをとうとうと語られた。
ちなみに、この日は銭湯お遍路87番目で、
88番目は浅草の蛇骨湯さんへ行くそうである。

自分はまだまだ駆け出し、いつ達成するやら・・・

コメント (2)

銭湯お遍路11

2010-05-24 | 日記
八王子2番 松の湯

JR八王子駅北口バス乗り場8番で乗車、
「織物組合前」で下車、一つ目の交差点を左折、
2分くらい歩いて行くと途中から「露天風呂」と書かれた
煙突が見えてきました。

PM2時から開業。受け付けはフロント形式
脱衣場は広く、内湯と露天風呂の間にあります。
休憩室が2階にもありました。
テレビがあちこちに備え付けてあります。

浴室は白で統一されていて明るく、左側の壁にはヨットの絵、
右側には二人の絵師が描かれた富士山の絵が貼ってありました。

立ちシャワーが3基、水風呂、浴槽は2種類。
浅湯のほうは泡風呂で真っ白、深湯のほうでスーパージェット風呂の
スイッチを押すと、ジェット噴射が勢いよく背中や腰にあたり飛ばされそう。
こんなに強いジェットバスは初めてだが身体は心地よくほぐれ、
露天風呂へと移動する。露天風呂は日替わりの薬湯で、
この日は日曜日だったのでいろいろな種類の漢方が袋に入っていて、
ツムラの漢方薬に似た香りがしていました。

ロビーで沢山の飲料が並んでいる中でコーヒー牛乳を選び、
例のポーズで立ちのみ。瓶は少し小さめだったが味は懐かしかった。

他のお客さんとフロントの方としばし歓談。
そのお客さんも銭湯お遍路を始めると言って、
スタンプ帳をもらって帰って行かれました。

フロントの奥にも第2回銭湯スタンプラリーで、
プレゼントされるような赤富士の絵が額に入っていました。

露天風呂は岩風呂でしかも薬湯、銭湯で温泉気分を味わってきました。

帰りはのんびりと駅まで歩き、駅近くなると古本市や、
お土産屋さんがたくさん並び、名物のふくろう最中、
都まんじゅう等を買って駅に到着。
寄り道しなければだいたい15分位の道のりです。



コメント

銭湯お遍路10

2010-05-08 | 日記
調布9番 寿湯

柴崎駅南口に降りて、品川通りを少し入ったところにあった。
ここは広大な土地の中に広々とした空間をもち、
駐車場も広く建物も威風堂々としていた。
煙突も黄色で遠くからでも目立った。

日曜日は1時間早く、2時からなので早めに着いたが
すでに大勢の人が開店を待っていた。

浴槽は、座湯、ハイパージェット、エステ風呂、泡風呂、サウナと
いろいろあり、電気は少しきつかった。
露天風呂には、水風呂が横についていて、
サウナが近くなので水風呂は丁度よい配置なのだろう。

番台ではなくフロント形式だが、とにかく脱衣場も広いし、
ロビーも広々としている。
面白いのはどこにでもテレビがあること。
浴場はもちろん露天風呂にもある。
ロビーのテレビは大画面。
日曜日で競馬中継をしていた。

フロントのおかみさんも気さくで、お客さんも地元の常連さんが多いようだ。
帰りがけ話し込んでいたお客さんからまたいらっしゃいねと声をかけられた。

この日はもう一軒行くので広いロビーで十分休憩をとった。
飲み物も豊富だし、手ぶらで来ても何の不自由もしないぐらい
銭湯グッズがそろっていた。

昔ながらの天井も非常に高く少し隙間をあけてあり、
本当のお風呂に出合い満足して次に向かった。

コメント (5)

銭湯お遍路9

2010-05-07 | 日記
調布8番 神代湯

京王線柴崎駅北口下車1分
煙突を目指していったが煙突はなく
マンションの1階にお風呂があった。
清潔感あふれる明るく非常にきれいな銭湯でした。

のれんも一味違った兎画の染付の暖簾をくぐって
中に入ると多様な浴槽が待っていた。

寝湯、座湯、ボディマッサージ、ハイパージェット、
エステバス、電気風呂、
底に小石が埋め込まれた足つぼ湯。

露天風呂は空が少し見える。
日替わり薬湯が人気があるそうで、
日替わりメニューが貼ってあり、
日曜日は記載がなく空白だったが、
丁度その日はヨモギ湯だった。
電気風呂が優しい刺激となって痛い所を癒してくれた。

この日は銭湯のはしごをしたので小腹が空き、
駅前の喫茶店「さくらんぼ」にて
早めの夕食をとり家路についた。


コメント