新イタリアの誘惑

ヨーロッパ・イタリアを中心とした芸術、風景。時々日本。

心ふるえる風景 イタリア編㊵ 大聖堂の屋上では 136の聖人が街を見守り続けている

2024-04-09 | 心ふるえる風景・イタリア編

 ミラノ大聖堂の天井まで昇った

 高さ100mを越す高さだけに 見晴らしは満点だ

 

 ローマ・サンピエトロ大聖堂に次ぐ 世界的な大聖堂をという

 ミラノ領主ビスコンティ家の 壮大な夢で始められた建築

 屋根の中央に通路があり そこを歩きながら左右を見渡す

 

 南側には モード・ファッションの街であるとともに

 先進的な建築物が並ぶ 現代イタリアの姿が広がる

 一方北側には 緑豊かな湖水地方の自然に加えて

 スイスから北方ヨーロッパに続く 雄大なアルプスの山並みを見渡せる

 

 そんな風景を見つめるのは 我々人間だけではないのに気付いた

 屋根の両側に ずらりと尖塔が並び そのすべての塔の先に

 キリスト教の歴史を紡いできた幾多の聖人像が 取り付けられていたのだ

 その数 実に136体

 聖人たちはこうして ミラノ市民 イタリア国民の安寧と繁栄のために

 常に眼下の人々の暮らしを見守り支えるという 役割を果たしているのだ

 

 ミラノ大聖堂が ただ単に堂内での祈りの場であるだけでなく

 堂外からも 尊厳の思いで見上げられるのも

 こうしたトータルな意味を 持ち続けているせいなのかも知れない

 

 

 


コメント (2)    この記事についてブログを書く
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 心ふるえる風景 イタリア編... | トップ | 心ふるえる風景 イタリア編... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unkown (油屋種吉)
2024-04-09 19:26:07
こんばんは。こうしてあなたのブログに接していると、ローマのことをあまりに知らないわたしが恥ずかしくなります。ローマは一日にしてならず、とか。ああそうそう、子どもの時、ローマ字をいくども書かされましたね。長靴のような形をした国土。地震が多い。日本に似たところがあるように思えます。これから勉強します。
イタリア (gloriosa)
2024-04-09 20:31:22
種吉様

イタリアに関しては、仕事の余裕が出来て旅行に行けるようになる前から関心があり、いろいろなイタリア関係の本を読みながら「疑似旅行」をしていました。
そんななかで、現地に行って見て初めて知る新しい情報に興味を持ち、もう1度関連を調べてみるなども、よくしていました。
興味のあるものは、飽きずに続けられるものですよね。

コメントを投稿

心ふるえる風景・イタリア編」カテゴリの最新記事