雙葉スケッチ(6年生)その3

2020年09月15日 12時35分58秒 | 2020-6年生

A組の様子です。

 

着色もかなり進んできました。

今は細かな部分や色味の調整などそれぞれのペースで進めていました。

教室の後ろに絵を掲げることができるコーナーをつくりました。

「パンダコーナー」

パンダが持つ画版に絵を載せて客観的に自分の絵を見ることができるようにしました。

ここで数名の人が塗り残しや色のバランスなどを確認していました。

 

それぞれの伝えたいことを明確にしていったり、色味の発見を楽しんだり、集中して取り組んでいました。

 

同じ場所でも表し方が異なりました。

お祈りの部屋のステンドグラスもそれぞれです。

 

おもしろいのは、その場を知っている人しか見られない(気づかない)表現をしている作品です。

 

学校校舎に限らず、光源はたくさんあります。

LEDや太陽光がほとんどですが、窓の位置などでも複数の場所から光が差します。

影が知識とは違う向きに見えるようなこともあります。

 

ホールや廊下などの床は光沢があります。

独特の反射の仕方があり、光の模様のように見える場所もあります。

「あー確かにこんな感じ!」と言いたくなります。

 

児童玄関まわりの表現もそれぞれです。

石膏ボードの壁やコンクリートの柱なども含めて雰囲気が出てます。

 

下駄箱もどこに視点をあてるかで色使いもかわります。

深い色の中に鮮やかな色彩が美しいですね。

 

細やかな部分にまで考えや思いがこもっているのが分る、授業していて先生は楽しいです。

仕上がりが楽しみです!

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

雙葉スケッチ(6年生)その2

2020年09月11日 17時19分11秒 | 2020-6年生

A組の様子です。

 

私の指導の良くないところの1つに、基礎基本を繰り返し過ぎるところがあります。

説明の中で制作過程の順序や理をついつい繰り返してしまう傾向があります。

私自身が絵は好きだけどなかなか認めてもらえなかった経験があり、大人になって、今までの自分が基礎基本や理を蔑ろにしてきてしまったことを悟った経験からです。

 

子どもたちは熱心に意欲を持って描いているのだけれども、表現が大人しい感じがしました。

そこで最初に様々な作家のいろんな技法や表現を使った作品を鑑賞しました。

これが功を奏したのか、表現に思い切ってチャレンジする人が増えました。

葉の間から向こうを覗く感じを出すのだそうです。

いいですね!

 

思い切って様々な色を置くことで深みやおもしろさが出ています。

これは…校舎の中から外を見ているのですね!色味の違いでそれを表しています!

 

立ち上がって描く人たちもいました!

 

上の方に絵の具のチューブがあるのでこの部分の小ささが伝わると思います。

こんな細かな部分にまで工夫をこらしています。

 

みんな集中して描いていました。

どこか楽しそうで、表現を試したり、色合いを工夫したり、自分なりに考えて進めてることが分かりました。

 

グレーに色味が加わりとても美しいですね!

時間をかけて色の組み合わせやバランスを考えていることまで伝わってきます!

 

この大胆な色の置き方が廊下を印象的にみせてくれます。

色を置く密度まで考えて陰影を表現しようとしていることが分かります。

 

道具の使い方や動かし方を工夫し、新たな表現を生み出そうとしている人もいました。

なかなか良い感じに仕上がっていたようですが、本人的にはまだまだらしいです。

頭の中のイメージを具現化して、先生も見てみたいです!次も頑張ってください!

 

10月の中旬をめどに仕上げをがんばっています。

どんな校内風景ができるのか楽しみです!!

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

雙葉スケッチ(6年生)

2020年09月10日 20時07分07秒 | 2020-6年生

B組の様子です。

 

1学期にしていたスケッチに着色をしています。

校舎で気に入った場所を、そこでの思い出を交えて表しています。

建物だけではなく、そこを使っている人たちも描くようにしています。

絵を眺めているといろんなことを想像できます。

絵の中の人たちの会話が聞こえてくるような絵。

子どもたちはそんな表現を目指して頑張っています。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

I am the Mame Me!(Grade6)

2020年08月26日 16時34分33秒 | 2020-6年生

C組の様子です。

 

2学期最初の図工は、豆Meをしました。

豆Meというのは、自分に似せて人形を制作する題材です。

すべての学年で実施します。

扱う材料が学年によって違います。6年生は「紙」です。

 

本日は、その”豆Meのもと”をつくりました。

新聞紙にペーパーを巻いていきます。

3年生の時に「休みの日のサンタクロース」という題材で同じ材料で活動をしています。

その題材をヒントに豆Meが誕生しました。

手慣れた様子であっという間に”豆Meのもと”ができあがりました。

テーマは「興味のある国の民族衣装」です。

この真っ白な豆”Meのもと”がどのようになっていくのか楽しみです!

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

1学期をふりかえり(6年生)その2

2020年08月07日 12時22分11秒 | 2020-6年生

「雙葉スケッチ」と題し、校舎の中をスケッチしました。

 

スケッチする場所は自分で決めます。

そして、この題材を描く時のめあてもクラスで決めました。

3クラスとも少しずつ違います。

 

様々な視点で描かれる校舎。

そこにいろんな思いがこめられています。

授業がある部屋は入れないので廊下から描くことになります。

大雨の緊急下校や休校が続いたため、続きは2学期です。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする