はるはるお花紙の絵(1年生)その2

2013年11月29日 16時11分06秒 | 1年生

B組の様子と作品です。

 

① お花紙はいつもお花にさせられてお花以外のものにあこが

 れている。→お花はつくらない。

② 音に注目してつくろう。

③ できあがったら作品の中のお話をしてみよう。

の3つを提示して活動しました。

たくさんのお花紙にみんな夢中です。

「しゃかしゃか…」

などとお花紙を加工する時に音を口にしながら活動しました。

 

 お花紙は薄くて軽いので、重ねてあったものがめくれること

がよくあります。自主的に整えてくれる人もいました。

Tさん、ありがとう!

 

最後に交流活動をしました。

 

T.N.さんの作品 『にじおつきさま。』

 交流活動のコメントから

 なんだかお日様にも見えるよ。迷路にも見えるよ。

                                S.Y.より

 

T.R.さんの作品 『のはらの、みち』

交流活動のコメントから

 町にもお家にも見えてきてきれいです。

                                 O.K.より

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

福岡雙葉をデザインしよう(6年生)その6

2013年11月29日 08時30分00秒 | 6年生

A組の作品です。

 

S.M.さんの作品 『輝け雙葉』

作品解説

交流活動のコメントから

 80年間の思いが緑や花で飾られていますね。雙葉の輝かしさ

が描かれている気がします。FUTABAの花園をイメージしたので

すか?これからも花園に花を増やしていきましょう。

                                   I.R.より

 

 

K.K.さんの作品 『自然な学園』

作品解説

交流活動のコメントから

 緑が多い学園ですよね。緑に囲まれていることを感じることが

できました。さわやかなイメージを抱いたので、見ていて優しい

気持ちになれました。これからもさわやかに一緒に笑いあいま

しょう!

                                 M.M.より

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

はるはるお花紙の絵(1年生)

2013年11月28日 19時00分00秒 | 1年生

A組の様子です。

 

 お花紙は『五色鶴』という商品名で実は20色もあります。

そのお花紙の特性を生かした絵を描く題材です。

 「これを考えた人、頭いいよね、」

「おもしろい、これ楽しい。」

お花紙の感触や色を楽しみながら活動していました。

 

「色が変身した。」

「なんかかわいい!」

 表現された色や形に思い思いの感想を述べながら活動してい

ました。

 

残念ながら時間切れで中途で終わってしましました。

作品は次週以降に紹介いたします。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ぱっくぱく(4年生)その3

2013年11月28日 15時00分00秒 | 4年生

C組の作品を紹介します。

 

 細部まで作りこんだ作品が多く、動きもおもしろいですが見た

目も楽しめるものばかりでした。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

木版画(5年生)その3

2013年11月28日 08時30分00秒 | 5年生

C組の様子です。

 

刷りの活動ではいろいろな道具を使います。

一人ひとりが十分に活動できるように工夫をしています。

 その1つに大きなバットを使わずに2つのトレイを使用してい

ます。

 2つに分けることでインクの練り具合や量を調節しやすくして

います。

 また、小さいので片手で持ちながら作業ができます。

インクと版木の距離を近づけることができるので活動時間を

短縮できます。

 

刷りの(バレンなどでこする)活動の際は重ねて机上スペース

の節約もできます。

 

 二人で1組の道具を使い、協力して活動します。

 

 この方法でだいたい40分くらいで全員が1枚刷り上げます。

 

半紙をめくった時に現れる作品。

この瞬間が版画の活動の一番の楽しみです。

 この楽しみがいろんな約束事や制約で半減しないよう授業工

夫を重ねることも専科教員の楽しみのひとつです。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする