図工室へいらっしゃい!(3年生)その11

2019年06月14日 13時55分44秒 | 2019-3年生

B組の様子です。

 

墨汁と割りばしペンの下描きを終えました。

ペンで描くよりも集中して楽しんでいる感じがしました。

 

今回は陶芸電気がまをモチーフにした作品を3つだけ紹介いたします。

コメント

図工室へいらっしゃい!(3年生)その10

2019年06月14日 13時23分01秒 | 2019-3年生

A組の様子です。

 

本格的に絵の具を使い始めました。

まずは肌の色から着色してみました。

下描きが大きな作品が多いので、自然と立って活動を始めている人もいました。

 

髪の毛を描き始めたところで片付けの時間となりました。

コメント

だんだんダンゴムシ(1年生)

2019年06月11日 11時58分58秒 | 2019-1年生

A組の様子です。

 

ダンゴムシをえがく学習です。

 

ダンゴムシを児童玄関前のプランターへ採取に行きました。

喜ぶ人もいれば、近づきたくもないという人もいました。

触れる人や興味ある人だけでいいよ、と伝えて図工室へ連れて帰りました。

 

小さいむしなので虫眼鏡で観察しました。

この頃になるといつの間にか触ったり、手にはわせたり…、嫌がっていた人のほとんどが触って楽しんでいました。

 

「あー!」と、突然、学校中に響き渡るような声がしました。

「先生!赤ちゃんが生まれた!ダンゴムシの赤ちゃん!白い小さい!」

あっという間に人だかりができました。

わたしも初めて見ました。小さいけどちゃんとダンゴムシの形をしていました。

(※苦手な方もいらっしゃると思うので画像はこのページの最後の方に掲載いたします。レンズの限界ではっきりとは撮影できていませんが…)

そんな大イベントもあり観察はたいへん盛り上がりました。

 

今年度は線ではなく、色の塊で捉えていくことを目標にしています。

スポンジを使ってざっくりとダンゴムシをえがきました。

子供たちから黄色の点々がダンゴムシに見える、という発見がありました。

一見、真っ黒にしか見えない小さな虫。子供たちの目から見ると様々な要素がひしめいているようです!

 

乾燥棚に絵をしまい、使った道具を整理して大興奮の時間が終わりました。

 

では、ダンゴムシの赤ちゃんです。興味がある方はスクロールさせて確認されてください。

まだ大きくしてみます。

興味がある方はスクロールさせて確認されてください。

ね!小さいけどダンゴムシでしょ!

コメント

図工室へいらっしゃい!(3年生)その9

2019年06月07日 18時11分03秒 | 2019-3年生

A組の様子です。

 

割りばしペンでの下描きを終え、絵の具セットの使い方を学ぶ時間でした。

今回の学習は色から形を捉える学習でした。

線で細かく描いていった結果、思い通りの形では無い部分もでてきました。

そこで色を消すことから始めていました。

修正液のように白の絵の具を使うことを避けるために最初にしました。

「わあすごい!消えていく!」と驚いていました。

 

 

 

コメント

I am まめMe.(Grade1)その16

2019年06月07日 16時10分49秒 | 2019-1年生

C組の様子です。

 

最後の仕上げをしました。

 

まずはお顔をえがきました。

豆Meの顔は丸く、凸凹しています。普段使っている紙や画用紙のようにはいかないため、まずは練習をしました。

少しでもお花紙の材質に近づくよう、紙をくしゃくしゃにしました。

「あぁ先生、紙がなんか柔らかくなったよ!」「お花紙に近づいてきた!」と声があがりました。

 

その紙に練習しました。

それでも不安な人は豆Meの顔にこの紙をあてて試し描きをしました。

 

顔をえがいたら、ポーズをつけました。

腕に針金が入っているので気に入ったポーズで固定できます。

1年生が曲げるには少し力と要領がいるため、私(教師)が曲げました。

その際に、豆eにとらせたいポーズをしてもらい、それを見ながら曲げました。

 

今にも動き出しそうな豆Meたちができあがりました!

 

コメント