FUN MUSIC STUDIO 笑顔になれる音楽教室

東京都文京区ベビーからシニアまでの音楽教室です。
お教室のこと、各レッスンのこと、音楽について




広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

体験レッスン

2012-02-19 22:53:37 | レッスン

年度切り替えの時期ということもあり、最近、体験に来てくださる方が多くて新しい出会いを嬉しく思っています。

リトミックに参加された小さいお子様は、最初は知らないところで多少緊張した様子でもレッスンが終わるころには、満面の笑顔で帰ります。ピアノの体験レッスンに来たお子様は、終わると必ず「楽しかった~」と言って帰ります。

習い始めは何でも楽しいです。でもいつか壁にぶつかって迷ったりやる気が失せたりするときが来るかもしれません。そんな時、ご家庭のお母様のぶれない態度が重要です。楽器を習うことは、その技術の習得だけではなく、多少辛くてもやりぬくこと、一つのことをやり続けることの重要さを身をもって学びます。それは今後の人生にも大いに役立つことでしょう。お母様が時には厳しく、時にはやさしく見守って、お子様の言動に左右されないで欲しいと思います。

いつまでも最初の「楽しかった~」という気持ちを忘れないように、そして忘れさせないようにするためには・・・・・指導者の力ですね。がんばります。

コメント

鍵盤ハーモニカ

2012-02-07 00:34:04 | リトミック

年少クラスで鍵盤ハーモニカを使い始めました。

ピッカピカの鍵盤ハーモニカを持ってきて、早く使いたくてしょうがないみんな。

最初はクラクション。2本の指で「プップー」それからドの音をトランポリンのように何度も飛んで、少し慣れてきたらドレミを弾いてみました。

今までブームワッカーで音階の練習をしてきたので、ドレミが身近になっています。この時期に始めるのが最適で吸収します。この後、音階をハンドサインでして歌う練習をします。「ドレミファソラシド」「ドシラソファミレド」を何度も歌う練習をすると、音が早く理解できるのでふよみがスムースになります。

ピアノは押せば音が鳴るけれど鍵盤ハーモニカは吹かないと音がしません。鍵盤楽器の導入のために使いますが、吹くためにはタイミングをあわせなくてはいけないので、リトミックの練習にもなります。

 

レッスン後、隣のクリーニング店に寄ったら、「いつも楽しそうで、子供たちはすごくいい顔してるね~。」と言っていました。

そうなんです。子供たちのあの表情を見てしまったら嬉しくってやめられません

コメント