FUN MUSIC STUDIO 笑顔になれる音楽教室

東京都文京区ベビーからシニアまでの音楽教室です。
お教室のこと、各レッスンのこと、音楽について




広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

大掃除

2012-12-27 23:32:22 | その他

アシスタントの先生2人に来ていただいてスタジオはピカピカになりました。作ったクリスマスツリーは、周りを全部外してダンボールだけにして片付けました。来年は別の飾りで登場するかもしれません。

このスタジオを使い始めて約1年。私の思いが一杯詰まっているので大事に使っていきたい

 

今年の仕事が終わったので次は家の掃除です。今日は一番気になっていた物置状態のパントリーの片付けとカーテンの洗濯。パントリーはこの家に引っ越して以来の片付けなので、恥ずかしながら3年10ヶ月ぶりです。どんどん捨ててゴミ袋10出ました。

いつも時間に追われているけれど、料理は好きで夜8時過ぎに帰って疲れていてもそれから料理をします。でも最近はストックしているものなどをチェックする余裕がなく、その都度必要な食材を買ってしまいます。それでパントリーを見ると古くなって使えない物がいっぱい泣く泣く、食べたかったのに~と思いながら捨てました

でも物を捨てるってスカッとします。体が少しずつ軽くなるような(?)気がしました

 まったりなわんこたち

リビングのカーテンを外すために窓のそばに椅子をおいていたら、いつの間にかラヴィがのって日向ぼっこしていました。

 

コメント

ZIPANG PUNK 劇団新感線

2012-12-26 11:46:32 | その他

東急シアターオーブでの公演、ヒカリエにも初めて入りました。

素敵なところでしたが、劇場が広すぎて少し見にくかった・・・・・ でもさすが、音響はとても良くて生バンドが入っての音楽劇にはよかったです。

ZIPANG PUNKは五右衛門ロックシリーズの第3作で、歌、踊り、殺陣がある、いわば「痛快音楽活劇」です。

主な出演者は、五右衛門(古田新太)、名探偵侍(三浦春馬)、女ねずみ小僧(蒼井優)、堺の豪商(村井国夫)、豊臣秀吉(麿赤兒)、石田三成(粟根まこと)、シャルル王太子(浦井健治)です。

歌がとても多かったので、滑舌がはっきりしないところや若い人の歌唱力が今一つの気はしましたが、前半は若い人のエネルギーを感じ、後半は麿赤兒さんの演技が渋くてお芝居全体を引き締めていたように思いました。

ロックのビートが気持ちよく体に響いて、いつも通りのお気楽さと変なゴージャス感(?)が面白く、素直に楽しめました。新感線でよくある、くだらない下ネタがないのも良かったです

コメント

忘れました

2012-12-25 10:39:12 | ピアノレッスン

クリスマスコンサートのビデオをゆっくり見ました。一人ずつ自分の名前と曲名を言ってから弾きました。幼稚園生の可愛くて慌てて立ち去る様子や頑張ったみんなの様子などは何度見ても楽しいです。

16日のリトミックのクリスマス会では20分しかビデオが撮れていなかったので今回は全部のファイルを消してちゃんと撮ることができました。バッチリと思っていたけれど、そういえば・・・・・・・・・・・全員で写真を撮らなかったことに気づきました。

途中で帰る方もいて、その都度プレゼントとお菓子、ジュースを渡したりしてバタバタしていました。写真のことをすっかり忘れていました

素敵なドレスやスーツを着てくれていたのに・・・・・・・残念です。ごめんなさい

 

コメント

2012 ピアノ クリスマスコンサート

2012-12-23 21:57:37 | レッスン

クリスマスコンサートはホールで行いたかったのですが、抽選で取れなかったため、会場はいつもレッスンをしているスタジオになってしまいました。でも椅子を設置すると普段と違う感じがします。

学年ごとに端の席にスタンバイしてもらったので、とてもスピーディに進み、幼児から小1までは予想していたより早く、あっという間に終わりました。

いつもと同じように弾けた子やいつもは間違えないところをミスした子など、いろいろですが、いろいろあるのが本番です。失敗してもしなくてもみんなの前で堂々と弾いたことは、貴重な経験です。そして人前で弾く経験をたくさん持つことにより成長していきます。

ピアノと客席との距離が近いのでかなりの緊張感はありました。でも逆に狭いので客席側は静かに熱心に聴いていただけたように思います。

私は最後に「クリスマスソング」というメル・トーメの曲と「赤鼻のトナカイ」(ジャズバージョン)を生徒さんのパパにカホン(ドラムの音がする楽器)をしていただいて弾きました。先週のリトミックのクリスマス会と同じように気持ちよく楽しく演奏できました。

発表の後は、恒例のビンゴ大会。そして音楽かるた大会と大騒ぎ。

クリスマスコンサートは発表はもちろんですが、生徒さん同士のコミュニケーションを計り仲良くするという目的もあります。発表会ではお話できなかったお友達や新しいお友達とも仲良くしてみんなで前進していきたいと思います。

いつもご家庭で支えてくださっているお母様やお父様、本日お手伝いしてくださったお母様方、ありがとうございました。皆様方のご理解、ご協力により本日のコンサートが実現いたしました。心よりお礼申し上げます。

当たり前ですが、私は音楽が大好きで、音楽とともに過ごす時間の素晴らしさや幸せな時間をできるだけ多くの皆さんに伝えて喜びを感じてもらいたいと思っています。このようなイベントを通じて少しでも皆様に伝えられたら嬉しいです。

コメント

2012 リトミッククリスマス会 

2012-12-20 22:51:55 | レッスン

今年のクリスマス会は「トナカイさんのさがしもの」という私が作った簡単なお話をもとに活動しました。トナカイさんが無くした赤くて大事なものを探しに出かけます。

紙コップにフェルトを貼って作りました。

 

1歳クラスは北の国の雪の精になって雪玉を作ったり、ふわふわの雪(スカーフ)で遊びました。2歳クラスはお山に行ってトナカイさんのお鼻を探します。いろいろな動物に会って動物の好きなものをクラップ&ステップしたり、母の木の後ろに隠れて一人ずつお返事して出てきました。

3歳クラスは海でトナカイさんのお鼻を探します。ワッカーを使っての音階や音符カードを選んでリズム唱・リズム動作、まねっこリズム、チェーンリズムなどをしました。このクラスは始めて子供達だけで活動しましたが、とっても頑張りました。大きな成長を感じました。

4、5歳クラスは、2、3、4拍子を混ぜた課題で、2人組で手合わせやケンパー、フープのダンス、スカーフ回しをしました。鍵盤ハーモニカで「喜びの歌」、ピアノで「おほしがひかる」を弾いた後はワッカーでビートをきざみながら欲しいプレゼントを一人ずつリズムに合わせて大きな声で言いました。長く続けてくれている子供たちが多いので、その内容は濃くて課題をしっかりこなしました。

私と他3人のアシスタントの先生と一緒にトーンチャイムで「きよしこの夜」を演奏して、最後は「赤鼻のトナカイ」を鍵盤ハーモニカ2台とピアノ、カホン(ドラムのような音が出る箱形の楽器)でアンサンブルをしました。

「赤鼻のトナカイ」のアンサンブルは、やればやるほど欲が出て、というか楽しくなってアレンジにどんどん熱が入り、直前まで何度も変更し、唾を垂らしながら鍵盤ハーモニカを吹きました。楽しくてとっても気持ちよかった

リトミック発表の後は3歳以上の子供達でオーナメント作りをしました。紙コップを切って星型などにして模様を書いて鈴をつけました。

 クリスマスツリーはダンボールを切ってポリ袋とスズランテープで巻きました。

 

リトミックの発表は、企画から準備までたくさんの労力と時間を費やしますが、子供たちが生き生きと楽しく動いている姿を見るとやりがいを感じ、今後の力になります。でもこれは私だけの力ではできません。アシタントの皆さんやお母様がたのご協力あってのことと心から感謝しています。

コメント