FUN MUSIC STUDIO 笑顔になれる音楽教室

東京都文京区ベビーからシニアまでの音楽教室です。
お教室のこと、各レッスンのこと、音楽について




広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ダルクローズ特別講習会

2013-09-21 20:08:52 | 勉強

今日から3日間、カナダのルイーズ・マテュ先生をお迎えしたリトミック講習会が始まりました。午前3時間、午後3時間の5時半までの講習です。

家からは徒歩圏の場所での開催でラッキーですが、かなりハードです。でも音楽に耳を傾け、5感を研ぎ澄ませて動く・・・こういう時間は貴重です。

周りの優秀な先生方からたくさんの刺激を受けて、自分のための勉強時間を大事にします。

充実した初日でした

あと2日間、楽しみながら頑張ります

 

コメント

女性限定 日経Wセミナー

2013-09-20 19:19:01 | 勉強

日経ホールは2度目です。引き出し式の机と大きなスクリーン、座りやすい椅子は快適でした。昨日(9/19)は3時間でたくさんの学びがありました。しかも無料(^_^)

第1部 短い時間でしっかり情報収集~日本経済新聞の読み方レッスン

第2部 1億売る女の8つの習慣~1年後の自分をもっとかがやかせるために今すべきこと(太田 彩子氏)

第3部 ハッピーキャリアの法則~仕事も家庭もしなやかに自分らしく(麓 幸子氏)

1部の日経新聞の読み方は、見出し、リードを読んで興味のある記事から読んでいく、といういつも私もやっている方式で特に新しいことはなかったですが、2部と3部の両氏のお話は、とっても素晴らしく勉強になりました。

2部の講師 太田さんはたくさんの著書も出しているバリバリの営業ウーマンですが、、「どうすれば1年後の自分を輝かせることができるか」のお話は、わかりやすくて8つの習慣をすぐに実践しようと思います。

 

良い習慣を重ねることで幸せはいくらでも作れる。

成長の伸びしろは自分自身で作る。

 

3部の講師 麓さんは、日経ウーマン発行人で長い間編集者としてキャリアを積んできた方です。子育ても終わり今は大学院に入り自分のために勉強されているお話を聞いて、私と歳が近いこともあり大いに励まされました。

キャリアというのは、仕事に限らず個人の人生と生き方そのもの、という麓さんのハッピーキャリアのために必要なこと6項目をしっかり頭に入れました。

 

人生には遅すぎるということはない。人間の発達は死ぬその日まで変化し、発達する。

チャンスを掴むのは自分の主体性である。

 

 

コメント

今週はセミナー週間

2013-09-18 12:02:09 | レッスン

今週のお休みはたくさんのセミナー参加予定なので楽しみです。昨日(9/17)は鈴木敬先生によるギロック指導法セミナーに行きました。

前半は子供のやる気を引き出す方法、指導者としてのあり方について、とてもいいお話を聞かせていただきました。指導者が心の状態を整えるには未来を見る時間を増やす、というお話は、迷いの多い私の心に響きました。

後半はギロックの弾き方、教え方について。曲の分析や和声などの充実した内容はとても参考になりました。これからの指導にいかしていきます。「いい演奏は解決が美しい」「カデンツで呼吸する」などの言葉が心に残りました。

鈴木先生のお話は、論理的でわかりやすく、あっという間の2時間半でした。もっとお話を聞きたかったです

 

覚えておきたいキーワード

心の安定×行動=成果

「明日」を作ると「今日」がよくなる

すべての仕事は「志事」に変えられる

 

 

 

コメント

発表会後のアンケート

2013-09-15 15:28:02 | ピアノレッスン

保護者の方にお配りしたアンケートが少し戻ってきました。嬉しい感想に加え、中には厳しいご指摘もあっていろいろと考えさせられました。

ソロの選曲については、私は本人の意思を重視して決めているのでジャンルは様々です。が、クラシックのみを演奏するべきという意見やいろいろな曲があって飽きずに楽しめた、との意見もあり、毎回の悩みどころです。

また、ピアノの発表会に合奏は必要ない、との意見もあったので、事前にアンサンブルの重要さや個人のレベルアップにつながる理由を説明すべきだったと反省しました。

今回は22名が初参加にもかかわらず、全員を公平にソロ、連弾、合奏という3出演にしたことにも無理があったかもしれません。そのほか気になったことやこうした方がよかったのではないか、というご意見などは検討して次回にいかします。

私自身たくさんの反省がありますが、発表会後の生徒さんたちは、全員やる気に溢れています。このモチベーションを維持できるように各自への指導法を再考し、新たな気持ちで取り組みます

来年にはもっとレベルの高い発表会が開けるように・・・頑張ります

 

 

 

 

コメント