『名も無く豊かに元気で面白く』

読んだ本、ニュース、新聞、雑誌の論点整理、備忘録として始めました。浅学非才の身ながら、お役に立てれば幸いです。

藤井王将vs菅井八段  王将戦第1局「駒交換もない異例の展開」 2日目へ

2024-01-08 06:04:30 | 日記
 藤井聡太王将(21)に菅井竜也八段(31)が挑む将棋の第73期王将戦7番勝負は7日、栃木県大田原市のホテルで1日目が始まり、戦型は三間飛車になった。振り駒の結果、先手は菅井になり、振り飛車党の菅井が5手目で戦型を明示。相穴熊へ進むと、午後は千日手を巡る駆け引きが起き、菅井が53手目を封じた。2日目は8日午前9時から指し継がれる。 
藤井聡太王将は、後手番での第1局は苦戦する。20年棋聖戦以降、19度のタイトル戦全勝を誇るが、3勝2敗。デビュー以来170勝47敗(未放映のテレビ対局を除く)・783の勝率がある藤井の後手番。2割近く劣る数字はサンプル数こそ少ないとはいえ、死角と言えた。
「駒が一度ぶつかってしまえば激しくなります。慎重に考える必要がある局面です」
 封じ手まで駒はぶつからず、交換もない異例の展開。千日手の可能性は依然消えない。勝率上、若干劣る後手番の藤井は千日手を受け入れやすいが、視線は敵陣の突破へ向くのかもしれない。封じ手開封から局面が動く可能性はある。
昼食は2人とも「手打ち蕎麦(天ぷら付き)」でせいろ又は温かい蕎麦から温かい蕎麦を選んでいます。駆け引きが続き、終盤にかけ早指し将棋決着になりそうです。

コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« いつまで上司づらしてんだよ…... | トップ | 倒産続々…庶民の味方ラーメン... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事