猫と旅のアルバム

マンチカンの圭佑との日々
ヨーロッパをひとり旅

それらの写真を
ここに残していきたいと思います

グレンゴイン蒸留所!撮影出来るのはここだけ?

2014-11-23 11:11:11 | スコットランド観光(エジンバラ他)




PVを観ながら試飲用のグラスも配られ
蒸留所の歴史などを勉強(英語が分からない私にはチンプンカンプン

映像が終わると、先程来た道を戻って製造棟の中へ





残念ながら内部の撮影は
木製のウォッシュバックとステンレスのマッシュタンなどの設備と蒸留中のウィスキー等50分程かけての見学

ツアーの終盤「ここからなら写真撮影はいいですよでやっと撮影です





初留1基に再留2基の変則組み合わせだそうです
右手前にあるのがマッシュタン
左手の白い四角いのがレシーバー
一番左のが初留釜で横の再留釜の方は背も小さい


実は私にはよく分からないのですが

このきれいな蒸留所は
イギリス人ライターのマイケル・ジャクソン(KING OF HOP)氏も
「もっとも訪れる価値のある美しい蒸留所」
と表しているとのことらしいです






乾燥塔(キルン塔)や道路を横切った向こう側のウェアハウスや広く施設が点在しています



緑豊かな美しい自然の中にある白い蒸留所は青空に映えますね



映画『天使の分け前』のロケ地として使われた蒸留所のひとつ

写真NGなので訪ねてみることをオススメの蒸留所です


駐車場に戻ってドライバーさんを撮影



笑顔が可愛いドライバーさんもタータンチェックのスコットランドスタイル

これでツアー行程は終わったので
晴れて来た青空の下のスコットランドの車窓を楽しみます






スコットランドでは灰色の雲が迫って来ると
晴れてる場所と曇りの場所が区切られる風景を度々見ます




ツアーバスはエジンバラに向かって高速道路へ





ヨーロッパに来ると高速道路は無料なのに渋滞はほとんど無いのが日本人には不思議ですね

エジンバラ郊外の住宅



バスはエジンバラの市街地に入って来ました



朝、乗車したロイヤルマイルの聖ジャイルズ大聖堂近くで終了です



ドライバーさんにはチップを渡して、
一緒に食事などをしてくださったインドのカルカッタから来た女性にもお礼を伝えます

今回の旅行で一番不安だった英語のツアーは無事に楽しむことが出来てホッとした私です




「スカウスハウス」さんのメルマガでリヴァプール・マンチェスターの旅が配信され始めました
ホームページから読んで頂けます
「クリスマスはリヴァプールで!」7回目NLWライブラリーNo.597で読んで頂けます

第13話《パリシャルルドゴール空港が苦手な2つの理由》
第14話《あんなに調べたマンチェスターピカデリーの乗り換えは?》
パリの空港の乗り継ぎはいつだって不安一杯


写真はこちらから見ることが出来ます



撮影がNGでちょっぴりガッカリなブロガーにポチッと





『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント (17)   この記事についてブログを書く
« 日差しが気持ちいい季節がや... | トップ | 実は僕はこんなに痩せてるん... »
最近の画像もっと見る

17 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ウイスキー (kitcat)
2014-11-23 22:35:09
 ウイスキーを蒸留するポットスチルが鶴の首みたいで風情があります。しかも磨かれた銅が光っていて、歴史を感じさせます。
 蒸留したてのものと、長年寝かせたものの違いはいかがでしたでしょう…。
 すばらしい景色の中で呑むと、味もひときわ冴えるのでは… 
 街中も歴史を感じさせるし、どうも日本はガチャガチャしているように思えて、いったいどこが違うのか…
                <ののちゃんより>
Unknown (sora)
2014-11-23 22:47:57
自然に恵まれたいい所ですね。
エジンバラの家並みも素敵ですね。
ツアーバスの運転手さんの笑顔、最高!
Unknown (CAT.)
2014-11-23 23:47:57
雰囲気のある蒸留所や田園風景、なんとも素敵ですね~☆
Unknown (点々子)
2014-11-24 09:02:20
田園風景がすてきで、素晴らしくいいところですねえ~。
ウィスキーはほとんど飲めなくてわからないけど、機会があれば訪れたくなりました。
ツアーバスのドライバーさんのキルト!
すごくお似合いですね。やっぱりこの方くらい上背があって
(って勝手に決めてるけど、そう見えます!)恰幅もあると
はえますね~。
Unknown (あめぶら)
2014-11-24 12:22:35
お~、ドライバーさんも民族衣装!
スコットランドの心意気が感じられます~~~♪
Unknown (あんずミャミャ)
2014-11-24 12:25:53
一番気になる内部は
やはり、撮影NGでしたか…

バスの運転手さんも
伝統的なスコットランドの
服を着ているんですね~!
Unknown (ガオの飼い主)
2014-11-24 17:34:19
民族衣装なのは分かってるけど、やっぱりやっぱり、こんなおじさんがタータンチェックのスカート!っていうギャップにちょっと驚き&笑いを誘われるw
Unknown (amesyo)
2014-11-24 19:30:26
わかります・・その気持ち(笑)
ツア-のガイドさんが英語のみなら必死で単語を(笑)聞き拾いますが正直チンプンカンプンだは~
私は御酒類は全く飲めない・・
ドイツに行ってもビ-ルを飲めないので{??ドイツでビールを飲まないで何しに来た?」と小馬鹿にされました
勿論パンとソ-セ-ジを食べにと・・
フランスのワイン工房ではおいしいブドウジュ-スを頂きました。お酒駄目でも楽し~
Unknown (hana)
2014-11-24 22:15:00
本場のウイスキーが飲めたら、どんなに美味しいでしょうね
歴史ある蒸留所に綺麗な景色
素敵な旅になりましたね
運転手さんのスタイルが、英国風で素敵です☆
タータンチェック (デブと某医)
2014-11-25 00:32:26
「タータン」と言えばスコットランド、
そして「タータンチェック」と言えばザ・ピーナッツですね。

ザ・ピーナッツ「振り向かないで」
https://www.youtube.com/watch?v=7BicqEAn4gE

コメントを投稿

スコットランド観光(エジンバラ他)」カテゴリの最新記事