猫と旅のアルバム

マンチカンの圭佑との日々
ヨーロッパをひとり旅

それらの写真を
ここに残していきたいと思います

★9月29日ホームページ「With Anne」の更新のお知らせ!

☆速報☆ 2018年9月29日Memory「観光」の「ナショナルダービーの観戦」「クリスマスをポートサンライトで!」を見て頂けるようになりました。
With Anne

Anne's Pocheからお知らせ!

Anne's pocheがイングランド旅行で見つけた猫雑貨
Anne'  Poche

ドイツ「ケルン大聖堂(Kölner Dom)」のステンドグラス色々!

2018-11-18 12:12:12 | ドイツ観光・サッカー観戦




前回は「ケルン大聖堂(Kölner Dom)」
代表的な「バイエルン窓(Bavarian windows )」と呼ばれるステンドグラスと
「ゲルハルト・リヒター作の格子柄」のステンドグラスを紹介しました!
(今回の写真は「バイエルン窓(Bavarian windows )」の説明と写真は違うものです)





「バイエルン窓(Bavarian windows )」は
1842年9月4日にバイエルン王ルートヴィヒ1世から寄贈されたモノ。










バイエルン王ルートヴィヒ1世とは
あの有名な「ノイシュヴァンシュタイン城(Schloss Neuschwanstein)」を建てたルートヴィヒ二世の祖父!


今回は
「バイエルン窓(Bavarian windows )」以外にも多くの素晴らしいステンドグラスの数々を見て頂こうと思います。







フランスのアミアン大聖堂を模範として造られた内部は、
無数のステンドグラスが壁面を飾っています!





それは息をのむ美しさです!



分解すると↓









カトリック教会では光を神ととらえているので
この聖堂でも壮麗なステンドグラスが堂の内部に神の恵みのように光が注ぎ込まれているのですね!




美しいステンドグラスは色鮮やかな光を道内に導いています!





側壁の高部は「クリアストリー」と呼ばれる採光用の高窓が並んでいます。















低い部分には装飾の多いステンドグラスがはめこまれて
その下には「トリフォリウム」という丸いアーチの段があります!









世界でも一級の美しさのステンドグラスは当時のドイツの画家の芸術性が感じられますね!



世界でも一級の美しさを持つステンドグラスがある大聖堂にポチッと





コメント (3)

ドイツ「ケルン大聖堂(Kölner Dom)」のステンドグラス「バイエルン窓」と「ゲルハルト・リヒター」!

2018-11-11 12:12:12 | ドイツ観光・サッカー観戦



大聖堂と言ったらステンドグラスですが
「ケルン大聖堂(Kölner Dom)」のステンドグラスは有名です!

「バイエルン窓」から紹介です!

「荒野で説教する洗礼者ヨハネ」



荒野で悔い改めるよう説教しているヨハネが描かれているそうです!



「キリストの誕生、東方の三博士の礼拝」



東方の三博士とはイエスの誕生を祝福した占星術学者たちです!
(上部から分割して見て行きます)










「イエス・キリストの十字架降架」



十字架から降ろされたキリストの遺体を聖母マリアが膝の上に乗せて死を悲しむという場面だそうです!
(上部から分割して見て行きます)









「ペンテコステ(聖霊降臨)」



キリストの復活後50日目、昇天日の10日後の日曜日だそうです!
(上部から分割して見て行きます)









「聖ステファヌスに対する投石の刑」



聖ステファノはキリスト教における最初の殉教者と言われているそうです!



「パウロの回心」



遠目ではよく分からない窓が見えています!



この窓は
現代絵画の巨匠ゲルハルト・リヒター作、
72色からなる現代的で抽象的なモザイクのステンドグラスなんだそうです!






    元のステンドグラスが第2次世界大戦で破壊されてしまった為に
    ケルン在住の現代アートの第一人者「ゲアハルト・リヒター/Gerhard Richter氏」に制作を依頼。
    この作品は2007年8月25日にお披露目になったそうです!






    違和感があるのかもしれませんが1枚だけあることが凄いですね!

    宗教色の強いステンドグラス群に囲まれた大聖堂の中に
    これを作った作者の精神力が想像を超えています(゜o゜)
    権威の権化のような大聖堂にこの作品を持ち込むことが出来たなんて!



2007年にお披露目された現代アートのステンドグラスがある大聖堂にポチッと





コメント (9)

ドイツ「ケルン大聖堂(Kölner Dom)」の天井や床も見逃せない美しさ!

2018-11-04 12:12:12 | ドイツ観光・サッカー観戦



堂内に入ると



リブ・ボールトの円天井と跳び梁や尖頭アーチが施されたゴシック様式特有の開放感を感じます!



大聖堂は神の国と考えられ、天高く聳え立つべきと考えられていたからだそうです!







周歩廊の足元も美しい!



ステンドグラスを見ていると床の美しさを見逃してしまいそうです!







もちろんパイプオルガンも↓





2つ目のパイプオルガンもありました!



トランセプト(北側)です!





十字架



椅子の彫刻





横臥像の1つ



キリスト埋葬の像





東方三博士の聖遺物箱(内陣)



三連祭壇画



堂内も紹介しきれないほど見ごたえがあります!



周歩廊では天井も聖遺物も祭壇も床までも美しい大聖堂にポチッと





コメント (7)

ドイツ「ケルン大聖堂(Kölner Dom)」メインの入口となる扉口から中へ!

2018-10-28 12:12:12 | ドイツ観光・サッカー観戦



ケルン大聖堂のメインの入口「西中央扉口」の紹介です!



ケルン大聖堂西中央扉口のタンパン







この扉口だけは「何々の扉口」と言う扉名が付いているとか・・・





「聖母子」



ケルン大聖堂西中央扉口の向かって右側は
「ナザレのヨセフ」「アンナ (マリアの母)」「エリシャ」「ソロモン」



ケルン大聖堂西中央扉口の向かって左側は
「ダビデ」「エリヤ」「ヨアキム」「洗礼者ヨハネ」



「コンスタンティヌス1世」と「カール大帝」



「ハインリヒ2世」と「イシュトヴァーン1世」



この「西側の中央扉口」から堂内に入ることが出来ます!


西側の中央扉口から堂内に入ってきました!



平面図



大聖堂内部の大きさは外からの想像を全く裏切らない空間です!
全長144M、翼廊の幅86M、中廊の高さ43Mもあるのだそうです!

身廊(内陣方向)にはミラノから運ばれてきた東方三博士の聖遺物の聖棺があるとか!



近くまで来ましたが向こう側らしいです!



列柱には像があります!







幼いキリストを背負った聖クリストフォロスの像です↑



「周歩廊」を歩きます!



ケルン大司教シュピーゲルのお墓があるようです!



次回はケルン大聖堂の天井やモザイク装飾の床、パイプオルガン等を見て行きたいと思います!



外からの想像を全く裏切らない驚きの空間にポチッと





コメント (5)

ドイツ「ケルン大聖堂(Kölner Dom)」の南側ファサードに!

2018-10-21 12:12:12 | ドイツ観光・サッカー観戦




「ケルン大聖堂(Kölner Dom)」の北側から南側ファサードに回って来ました!







南側の塔に上ることができますが最上部までは533段の階段をひたすら上っていきます。
もちろんエレベーターなどはありません!
(私が行った日は風が強く入口は閉じられていました)





「ケルン大聖堂(Kölner Dom)」
高さ157m、奥行き114m、幅86mもあり、40階のビルに匹敵するのだそうです!














「南面の翼廊入口」



大聖堂のメインの入口のある西側に回って来ました!

「ペテロの扉口」



この扉は大聖堂で「唯一中世のオリジナル」なんだそうです!



ペテロの扉口の向かって右の聖人像(パウロ 使徒ヨハネ トマス バルトロマイ ヤコブ)



ペテロの扉口の向かって左の聖人像の2体だけ(熱心党のシモン ピリポ)

「ペテロの扉口」の大きな柱を飾る聖人像(バルナバ)↓



見上げると本当に高い!





次回はメインの入口となる扉口を見て中に入って行きます!



唯一中世のオリジナルの扉がある南側のファサードにポチッと








コメント (7)