のんちゃんの気ままな日記

日々の出来事をメモっています。

今年初めての釣り

2010-01-31 19:49:42 | 日記・エッセイ・コラム

1月31日(日曜日)

今日の松江の最高気温11.4℃。最低気温5.4℃。

P1010923 15時から、今年初めて釣りに出かけた。寒かったので、指先の無い釣り用の手袋に合羽を着て釣った。指先は冷たくマヒしていた.釣り人は50~60人いた。大半の人はボーズだったが、私は17時15分の納竿までに、小アジ22匹釣り上げた。

帰宅中、車を運転していて、もっと他に熱中するものが無いかと空しい気持ちになった。

コメント

釣りバカ

2010-01-31 19:36:00 | インポート
15時から釣りに出かけた。釣果はアジ子22匹だった。
コメント

ダメだ!

2010-01-30 20:31:05 | 日記・エッセイ・コラム

1月30日(土曜日)

今日の松江の最高気温10.1℃。最低気温5.9℃。

出雲のセピアコーヒーへコーヒー豆を買いに行く途中、懲りもせず、飛行機を写しに空港へ立ち寄った。:\結果は大失敗。冷たい風が強く、外でカメラを構えて居られない。マイクには風の音や、雑音ばかり入り、肝心要の飛行機が何処へ行ったやら、カメラで追う事が出来なかった。P1010922_2 コーヒーを買って、ただ単に帰るだけでは、つまらない。そこで出雲文化伝承館と島根ワイナリーへ立ち寄り、ワインと少々の買い物をし、一畑口にある゛よふきや゛で昼食に海鮮丼を食べて帰った。

夕方16時から、釣りの下見に海へ行った。外海は時化ていた。釣り人は約40名。こんなに寒い日に、沢山の釣り人が居て驚いた。秋までは沢山の常連の釣り人が居たけれど、今日は常連の釣り人を一人だけしか見かけなかった。あとは新顔ばかり。その、顔見知りの常連の釣り人から情報を入手した。最近ハマチが釣れていると言っていたが、今日のところは全員不漁だった。

コメント

機械は融通が効かない

2010-01-28 20:04:22 | 日記・エッセイ・コラム

1月28日(木曜日)

今日の松江の最高気温12℃。最低気温7.3℃。日の出7時11分。一番遅い時間が7時17分だったので、日の出が少し早くなった。

今日も10時頃出発して、川本町へ行き、15時頃事務所へ帰った。今日で、今月3回も川本へ行った。

夜、家内が「確定申告に行くので、源泉徴収票をコピーして欲しい」と言った。複合機に変えてから、使っていない。使い方をマスターしていない。その上、ベロベロに酔っ払っているので、用紙の設定が上手く出来ない。何回も失敗してとうとう取扱説明書を出し、ようやくコピー出来た。一度覚えれば簡単なものだが、機械は融通が効かなくて困る。

コメント

久しぶりの快晴

2010-01-27 14:12:19 | 日記・エッセイ・コラム

1月27日(水曜日)

今日の松江の最高気温11.8℃。最低気温-2.3℃。

以前からA300の飛び立つ映像を撮ろうと思っていた。今日は久しぶりの快晴だ。毎日、発着の様子は、仕事をしながら、近くで見ているけれど、勤務中に私用で職場を離れる訳にもいかない。そこで、公休日の今日がチャンスだ。9時55分発に間に合う様に、滑走路の東側(宍道湖沿い)のフェンスの近くでカメラを構えた。飛び立つ姿と爆音を動画に撮りたかったけど、見事に失敗した。P1000014P1000015  帰宅途中、一畑口から大山がくっきりと見えた。秋鹿町からも、免許センター付近からも美しい姿が見えた。満願寺から写そうと思って立ち寄ったけど、南平台に遮られて見えない。

この写真は1月27日(水曜日)

2枚共に13時19分に、しんじこ温泉゛てんてん手毬゛の前から写したものだ。左の写真を拡大すると宍道湖に水鳥の姿と、中央に小さく大山が見える。

コメント

日の出が待ち遠しい

2010-01-26 21:12:00 | インポート
今朝の日の出が7時12分。僕の出勤時間が6時57分。まだライトを点けて出なければならない。
コメント

何事も下準備が必要

2010-01-26 20:59:45 | 日記・エッセイ・コラム

1月26日(火曜日)

今日の松江の最高気温9.4℃。最低気温3.3℃。

昨日は、赤名町へ行き、今日の午前中は米子空港へ。今日の午後から、大田市⇒石見銀山⇒川本町⇒断魚渓経由で邑南町へ行った。出発する時もっと詳しく調べて行けばよかったのに、2~3回邑南町へ行った事があるので、軽い気持ちで調べもせず出たのが間違いの元だった。途中3~4回尋ねて、ようやく目的地に着いた。もっと下調べしてから出れば良かった。

コメント

一畑電車

2010-01-24 16:11:29 | 日記・エッセイ・コラム

1月24日(日曜日)

今日の松江の最高気温11.2℃。最低気温-0.1℃。

午前中山へ行ったが、まだ山菜は出ていなかった。

寒風の中、一畑電車を撮りに出掛けた。三脚を使わなかったので、上手く撮れなかった。それにしても寒かった。

コメント

ツイッター

2010-01-23 21:27:38 | 日記・エッセイ・コラム

1月23日(土曜日)

今日の松江の最高気温6.7℃。最低気温2.6℃。

風が強くて、体感温度はもっと低く感じた。午前中ディーーへ行きマイカーのオイル交換をした。途中、カメラ専門店へ立ち寄り、先日取り寄せてもらったフィルターを取りに行った序でに、カメラクリーニング5点セット(ジャンボブロアー、クリーニングクロス、クリーニングスプレー、クリーニングペーパー、クリーニングブラシ)を買った。

昨夜勤務を終え、18時30分頃、帰宅途中NHKの、私も一言夕方ニュースを聞いていたら、ツイッターの話題が流れていた。今日、午後からネットでツイッターを検索したけど、僕の様な筆不精には、相に合わないと思った。僕には、自由気ままに綴るブログの方が良い。

コメント

今朝も早出

2010-01-22 05:01:56 | 日記・エッセイ・コラム

1月22日(金曜日)

昨日は6時に我が家を出た。朝6時30分頃出雲空港の気温は+13℃だったが気温が次第に下がり、午後から夕方まで6℃だった。今朝3時40分頃起床。モーニングを食べながら朝刊を読んだところだ。5時になったら家内を起こし弁当を作ってもらわなければならない。

コメント

大寒なのに!

2010-01-20 19:59:17 | 日記・エッセイ・コラム

1月20日(水曜日)のち

P1000008 14時45分我が家を出発して高速で大山へ行った。先ず、何時もの通り、゛どんぐり村゛で農産物の買い物をした。家内が゛どんぐり村゛の水汲み場で水を飲んだ時、あまりにも冷たくて、「口の中のチューインガムが一瞬硬くなってしまった」、と言った。大寒なのに先日からの天候で雪が解けたのだろう、大山寺の路面には圧雪が無かった。大山寺の駐車場は何処もガラガラなのに高い駐車料金を払わねばならなかったので、ケチな僕は、大山寺をパスして枡水原へ行った。この写真は、枡水原の無料駐車場からスキー場を写したものだ。帰路は枡水から溝口に下り、溝口から高速に乗り18時無事我が家に帰宅した。

コメント

ふきのとう

2010-01-20 14:15:28 | 日記・エッセイ・コラム

1月20日(水曜日)のち

今日の松江の最高気温15.8℃。最低気温1.7℃。

P1000007 今年の最高気温だ。ポカポカと気持ち良かったので、二人で山へ山菜を取りに行った。期待に反し、これしか無かった。山で家内が「ポットを持ってくれば良かった」と言ったが、僕もそう思った。昨年のブログを開くと21日にフキノトウを採っているが、今年は少し遅れている様だ。

コメント

川本へ行った

2010-01-18 20:13:12 | 日記・エッセイ・コラム

1月18日(月曜日)

今日の松江の最高気温12.2℃。最低気温-1.8℃。

今朝7時過ぎ、平田の灘橋と出雲空港の直線道路の表示板は共に-3℃だった。

9時半から、往路は仁摩町経由で川本町へ行った。山間部へ入ると路肩に残雪があり、道路の側線は、泥水で黒くなった雪の塊で隠れていた。田や畑、屋根までが雪で覆われて、一面白一色の世界だった。川本の街中へ入ると、一部分残雪があったが、雪は殆ど解けていた。12時に川本町を出発して、復路は石見銀山経由⇒大田市へ出た。途中、多伎の道の駅の道路を挟んで向かい側に、地場の特産物の販売所がある。そこで西浜芋を4袋(250円×3袋、150円×1袋)購入。14時に事務所へ帰った。

コメント

深谷温泉

2010-01-17 16:05:15 | 日記・エッセイ・コラム

1月17日(日曜日)

P1000003 辰也と11時過ぎから、高速に乗って三刀屋の深谷温泉へ行った。施設の周りには雪が残っていた。温泉は我々親子二人きり。ゆっくりと入った。風呂から上がり、昼食を食べようと思ったが、昼食を食べれる様な食事処が見つからない。宍道の゛はしもと゛へ13時30分頃行ったが満席でパス⇒波積屋も満席でパス⇒よふきや⇒山里波いずれも満席だったので、とうとう秋鹿の道の駅の2階の食堂へ入った。15時ごろ帰宅。3人で火鉢を囲みお抹茶。ゆっくりとした一時だった。

コメント

白鳥の食事

2010-01-16 11:20:48 | 日記・エッセイ・コラム

1月16日(土曜日)

9時51分に写した。白鳥の捕食。ボリュームを上げるとピチャピチャと音が聞こえる。近づいても逃げない。安住の地なのだ。昨年ローカル版で見たけど、田んぼの水位を、白鳥の捕食に合わせて調節しておられる事を知った。こんな、思いやりがあればこそ白鳥が毎年来るのだ。

コメント