のんちゃんの気ままな日記

日々の出来事をメモっています。

マイブログのブックマークを手直した。

2015-03-30 01:34:35 | 日記

3月30日(月曜日)  只今午前1時30分也。

午前1時現在の松江の気温8.5℃。

只今、らじる★らじるの 「昭和史を味わう」と言う特集を聞きながら、マイブログのブックマークを点検していたらリンクしていない所が見つかった。言い訳になるのだが、チェックしてくれる人がいないと間違いに気付かない。

今夜は、左サイドのブックマークをいじった。(このサイドバーはタブレットやスマホでは表示しない。パソコンのみ表示する)

コメント

ドジョウ

2015-03-29 18:05:10 | 日記

3月29日(日曜日)  晴れ

今日の松江の最高気温18.7℃。  最低気温11.3℃。

先ず、昨日の送別会での私のビデオメッセージについて、複数の方から、「大受けしたとか、良かった」と言う知らせを受け、安心したのと同時に、Y相談役がこれから先、在籍しておられないと思うと寂しくにもなった。

今日はポカポカ陽気で絶好な農作業日だ。ウグイスやキジの鳴き声を聞き、澄み切った空気を吸いながら農作業をするのは、この上ない贅沢。

       

畑の脇を流れている水路の土を上げていたら、ドジョウが2匹出てきた。

最近は昔の様にキツイ農薬を使わないので、徐々に小動物が増えてきた。この水路で時によっては少数の川エビも見る。

コメント

佐白(さじろ)温泉。

2015-03-28 20:17:31 | 日記

3月28日(土曜日)  快晴

午後から家内と温泉グッヅを持って、出雲市へコーヒー豆を買いに行き、奥出雲市の佐白温泉、長者の湯で入浴して帰った。

我が家を出発したのが14時。コーヒー店へ着いたのが15時ジャスト。出雲市から奥出雲へ行く途中、早春の斐伊川土手を走ったが、川幅の広い土手を走るのは気持ち良い。

16時10分、長者の湯に到着。

17時にロビーで待ち合わせする事にして、風呂に入った。

待ち合わせ時間が長かったので、ゆっくりと首まで内風呂で浸かり、今度は露天風呂に入ろうと外に出たら、気温差が大きくて、外に出た途端目まいがした。直ぐに治ったが、老人には、高温の長湯と気温差には、くれぐれも気を付けないといけないと思った。

17時、長者の湯を出発⇒大東町阿用⇒海潮温泉⇒忌部⇒乃木⇒自宅17時50分トウチャコ。

楽しい午後だった。

ここをクリックすると行程が分かります。

コメント

ビデオメッセージ。

2015-03-28 19:04:05 | 日記

3月28日(土曜日)  快晴

今日の松江の最高気温19.6℃。  最低気温6.1℃。

実は1週間前の3月21日、彼岸の中日、実家の墓参りに行く途中携帯が鳴った。

私が運転していてので、家内に出てもらった。

久しぶりに、鳥取の森田さんからだった。今、運転中なので、5分以内に掛け直す事を伝え、近くのシェルのガソリンスタンドへ入り電話をした。

用件は、28日(本日)夕方から、Y相談役の送別会がホテルニュー広電で行われる。

その時、「(サプライズで)私のビデオメッセージを流す」と言う内容だった。

先ず、この企画をしてくれた人々に厚く感謝したい。

「松江の岡村さんが、自宅までビデオ撮影に行くので、都合はどうか?」と言ってもらったが、職場が忙しいのは百も承知している。

私の為に、元、勤めていた会社の人に迷惑を掛けたくなかったので、自分撮りをしてメモリーカードを渡す事にした。

本日28日(土)13時過ぎに、福山の坂本さんから送別会について聞いたが、このビデオメッセージについては、悪いと思ったけど、サプライズにしておきたかったので話さなかった。

坂本さんゴメン。

コメント

農作業日和。

2015-03-28 13:58:41 | 日記

3月28日(土曜日)  快晴

午前中、農園へ行くと珍しく広い駐車場が車で埋まっていた。

駐車場で、見知らぬ人に「おはよう御座います」と言うと、「時々、見かけますね」と言われた。

自分が分かっていなくても、他人に印象を与えているのか、と思った。

私は、出会う人には、誰でも声を掛ける様にしている。

沢山の人が農作業に来ていた。  広い菜園の数か所で、草刈機のエンジン音が響いていた。

ポカポカ陽気で、誰もが、はつらつと動いている姿を見ると気持ち良い。

今日は、気候が良くて農作業日だ。

コメント

イチョウ芋の苗床

2015-03-26 04:23:56 | 日記

3月26日(木曜日)  只今午前4時15分也。

午前4時現在の松江の気温1.2℃。

今朝は午前2時半に目が覚めた。それからビデオを再生して現在に至る。

床に入っても直ぐに起きなければならないので、ブログでも更新して朝を待とうと思う。

昨日植えたイチョウ芋の苗床。

以前、この場所は草の捨て場所で、一帯が草で山が出来ていた。

その草山を移し替えして、雑草の根が一つも残らないほどに深く掘り下げ、この木枠の中に、鶏糞20キロ、牛糞1袋、腐葉土1袋、花と野菜の土9袋投入し、上に、もみ殻を撒いた。

ただ問題なのは、種芋が昨年収穫して残ったクズ芋。  クズ芋でも捨てるのが勿体ない。ダメ元で植えて見た。最悪のパターンでもムカゴ位は収穫できると思う。

コメント

13年目。

2015-03-25 18:32:03 | 日記

3月24日(水曜日)  晴れ

今日の松江の最高気温12.4℃。  最低気温2.7℃。

昔勤めていた職場に用事が有り、9時過ぎに出掛けたら、事務所隣の地主さんご夫婦が、偶然にも私の姿を見つけられ、お茶をご馳走になった。

地主さんご夫婦、しっかりと私の事を覚えておられて、話が弾んだ。

私は忘れていたが、現在の場所に移転してから13年になると言われた。

転勤で松江を離れ、その後退職してから何年も経っていたのに、お茶までご馳走になり嬉しかった。

コメント

イチョウ芋の植え付け

2015-03-24 18:17:30 | 日記

3月24日(火曜日)  曇り

今日の松江の最高気温10.5℃。  最低気温2.7℃。

寒気団が入っていて、風が冷たい。

2日間、ブログを飛ばしたが、毎日農作業をしていた。連日、変化が無かったので更新しなかった。

今日は、雑草置場を移動して、雑草の根が無くなるまで深く掘り、そこへ鶏糞、牛糞、腐葉土、野菜の土3袋を投入して、イチョウ芋を植えた。(資材料4,000円弱)

先ほど風呂の中で考えていたが、土が少ない気がする。そこで、明日、今日植えた芋を掘り起こして、野菜の土を6袋ほど追加して植え直そうと思っている。

コメント

彼岸

2015-03-21 19:46:34 | 日記

3月21日(土曜日)  晴れ  春分の日

今日の松江の最高気温19.6℃。  最低気温5.7℃。

朝8時ごろ、家内が作った「おはぎ」を、孫に届けに行った。

午前中、ゴボウの種を蒔いた。 昼前から、家内と二人で、実家と実家の墓参り。

家内の両親の墓参りは、お墓が市内寺町にあり、彼岸のこの日は、いつも駐車場が込み合うので、明日お参りする事にした。

夕方は、人参の種蒔き。  これで当分の間、畑仕事はお休み。

だが、当分の間、毎日、芽が出るまで、水撒きだけには行かなくてはならない。

コメント

何事も元手が必要。

2015-03-20 18:43:38 | 日記

3月20日(金曜日)  曇り

今日の松江の最高気温12.5℃。  最低気温10.1℃。

「畑へ行けば、お金を使わなくて良いだろう」と言う考えは、1世紀前の人力だけで作っていた過去の話。

現在は、苗は勿論、高価な苗。その上、土壌改良に必要な資材。 肥料、農薬、除草剤。その他諸々。

絶え間なく、つぎ込まねばならない。今までに、いくら投資した事やら。  考えれば恐ろしくなる。

今日は、2メートルの座板4枚と松杭18本を購入し、シルバー割引をしてもらい3,277円支払った。

何事も元手が必要、無一文では過ごせない。

コメント

サルビアの種蒔き

2015-03-18 18:39:02 | 日記

3月18日(水曜日)   曇りのち雨

今日の松江の最高気温14.9℃。  最低気温8.6℃。

午前中は、まだ雨が降っていなかったので、市民農園と古志の畑へ追肥に行った。

お昼頃から雨が降り出したので、昨年11月22日の斐川シクラメン祭りの時、ダーツゲームの外れで、参加賞で頂いたサルビアの種を中型ビニールポット9個に撒いた。

本来向光性植物だが、芽が出るまでは暗くした方が良い。そこで、古新聞を水に浸してから、空気が通う様にポットの上の方に穴を開けてやった。

今年は、事前に肥料をタップリと入れて準備をして、赤々とした鮮やかな花を咲かせたい。

コメント

ぶらり~鳥取県をドライブ。

2015-03-17 22:27:57 | 日記

3月17日(火曜日)  快晴

久しぶりの快晴で、何処かへドライブに行きたくなった。

下着と温泉セットを準備して、我が家を8時30分にスタートした。勿論、ポットにホットコーヒーとお菓子を持参。

9時40分にお台場の道の駅に到着。我が家から81.8キロ。ここで、ナガイモの「ねばりっこ」を数袋と21日の彼岸に作る「おはぎ」の餡子にする小豆と少しの地場野菜を購入した。ここの道の駅は、何時来てもお客さんが満員。今日も沢山の人で店が賑わっていた。

鳥取の道路を走っていて感じた事は、島根県に比べ道路が整備されている。代議士が働いていると思った。

11時10分、岩井温泉着。  ここまで144.7キロ

http://link.maps.goo.ne.jp/map.php?MAP=E134.21.53.890N35.33.8.570&ZM=3

(地図を拡大すれば、ピンポイントで「ゆかむり館」の場所が特定できます)

男湯には、熱い湯船と温い湯船が有り、熱い方は源泉掛け流しとなっていた。  料金一人310円也。石鹸、シャンプーの備付なし。

12時10分に岩井温泉を出発。

家内が「浦富の海が見たい」と言うので、浦富へ12時17分着。  ここまで151キロ。

12時25分、浦富を出発。

昼食は賀露で海の幸が食べたいと言うので、賀露へ行った。  13時ジャスト到着。ここまでの道程、我が家から171.4キロ。

賀露には沢山の料理店があったが、我々は、「かろいち」の中にあったリーズナブルな料金の食堂に入った。我々二人とも860円の海鮮丼。

「かろいち」の中には、食堂、農産物、海産物、寿司屋が入り乱れて入っていた。

兎に角、水産物が安いと感じた。例えば、5キロ前後のぶりが2,800円。ホタルイカが一盛り500円。ホタルイカを買って帰り、酢味噌で食べたかったけど、家内が「こんなに多くあっても食べれない」と言うので、心残りはしたが見送った。

隣りの敷地に建っていた「かにっこ館」は生憎、火曜日が定休日となっていた。

広い駐車場に停まっている車の大半が、関西地方のナンバーを付けていた。鳥取と関西は交通の便が良いと思った。

右上の写真は、賀露公園でタブレットで景色を写している家内の後姿。

13時30分、賀露港を出発。

「直帰しては味気ない。鹿野温泉を見たい」と言うものだから、鹿野経由三徳山~三朝温泉~倉吉~北栄町のコースを走った。

峠に差し掛かると、まだ残雪が50センチ程度あった。

北栄町からバイパスに乗り琴浦パーキングに3時45分到着。ここまで249キロ。

ここで、又買い物。水産物販売所で、20㎝~25㎝の大きいイワシ一盛り(9匹)500円。店員さんに「松江まで持って帰るので、氷を多く入れて下さい」と言うと、氷とビニール袋をもう一組くれた。

4時05分琴浦パーキングを出発17時07分、我が家にトウチャコ。  本日の走行キロ数320.3キロ也。

 今日の行程はここをクリックして下さい

コメント

タイヤ交換。

2015-03-15 20:23:52 | 日記

3月15日(日曜日)  晴れ

今日の松江の最高気温16.5℃。  最低気温1.9℃。

予定外の勤務が終わり、14時半頃帰宅した。

昼食後直ぐに市民農園へ行くと、大切に育てていた「あすっこ」をひよどり君が食べ尽くして、芯だけにしていた。明日、釣りのテグスを回りへ張ってやろうと思っている。

その惨状を見ていた隣の区画の人が、「あすっこ」と「カブ」を裾分けしてくれた。

16時頃市民農園から帰り、パゼミニのタイヤ交換をした。

HRVは通年普通タイヤで乗っていたので、今年は1台の交換だけで済んだ。

 

コメント

回転寿司。

2015-03-14 20:30:19 | 日記

3月14日(土曜日)  曇り

今日の松江の最高気温11.3℃。  最低気温4.8℃。

午前中珍しく、長男から電話が掛かってきた。  今夜、「夕食を食べに出ないか?」と言う話だった。

18時過ぎ、テレビでの相撲観戦が終わった頃に迎えに来てもらい、平田の回転寿司へ行った。

ここなら安心。腹いっぱいに飲み食いしても一万円を超える事はない。安心して食べれる。

100円、160円、200円、300円と皿が有るのだが、ビール二杯、家内へのニギリの土産、それに我々二人、好きな物を腹いっぱい食べて尚且つ、飲み代合わせて計5,250円也。

偶には、子供に説教して、聞かせるのも良いものだ。  子供は、迷惑しているだろうけど。。。。

帰り際、「私が病気になっても延命処置をするな! 墓もいらない。 日本海へでも散骨してくれ」とだけは、伝えておいた。

コメント

あすっこ?

2015-03-12 17:00:12 | 日記

3月12日(木曜日)  晴れ

今日の松江の最高気温8.9℃。  最低気温4.4℃。

恥ずかしい話なのだが、自分が育てた野菜の名前が分からない。

高菜にも似ている様だし、ブロッコリーにも似ているようで、近くにいる人に「恥ずかしい事だが、自分が育てた野菜の名前が分かりません。見ていただけないでしょうか?」とお願いした。

その人曰く。

「あすっこ」じゃぁ~ないでしょうか?。

「あすっこ」と言えば、島根県農業試験場が「ビタミン菜」と「ブロッコリー」を交配し、平成15年に誕生した島根県オリジナルの野菜で、門外不出の野菜苗のはずだったが、何方に頂いたのか分からない。

兎に角、もう少し大きくなったら収穫して食べて見様と思う。

コメント