「困った時はお互い様」    

NPO法人「ドネーションシップわかちあい」事務局ブログです

ガザ緊急支援2021(食糧と生活用品の支援)

2021-05-26 06:15:59 | 情報・イベント紹介
「パレスチナ子どものキャンペーン」のHPからご紹介させていただきます。

****************************

◆ガザ緊急支援2021(食糧と生活用品の支援)

ガザでは、2021年5月10日から続く爆撃の下、市民は恐怖で一晩中眠ることができず、住宅地への爆撃で多くの人たちが家を失い、あるいは損害を受け 、多くの犠牲者が出ています。
イスラエルのネタニヤフ首相は攻撃を継続すると表明していますが、これ以上の武力行使は、双方の市民の犠牲を増やすこととなり 、 2014年の戦争 がもたらした事態 (パレスチナ人民間人 1,462 人 を含む 2,251 人 が死亡し、 1万1千人 以上 が負傷。イスラエル側も 67 人の兵士を含む 73 人が死亡)の再現につながります。
ガザ地区は 350 平方キロほどの細長い狭い地域で、イスラエルによる 封鎖下に 暮らす約 200 万 の 人々はここに閉じ込められ、外へ逃げ出すことはできないからです。

◆ガザの障がい者や乳幼児のいる世帯への食糧と生活用品の支援◆
当団体が設立から支援を続けている「アトファルナろう学校」ではすでに、102世帯(うち84%が障がい者家庭)へのアセスメントを開始しています。
現時点(5月18日)で、37%の家族が家から避難し、8%は家の深刻な被害、38%が軽い被害を受けており、4%は家族が負傷しています。18%は爆撃がひどくて家から出られない(身動きできない)と答えています。
また、いま必要なものとしては、「食糧支援」「衛生用品支援」「補装具や補聴器」などということです。
昨晩、ガザのシファ病院の外科医の話を聞きましたが、ひどい負傷をしている子どもが多く、障がい者支援をまた拡大する必要がありそうです。
停戦後すぐに、「ガザの障がい者や乳幼児のいる世帯(300~500世帯)への食糧と生活用品の支援」を行うための準備を開始いたします。
つきましては、ご無理のない範囲で「ガザ緊急支援募金」へご協力をぜひどうぞよろしくお願いいたします。

****************************

★全文と寄付のページはこちから→ 
https://ccp-ngo.jp/project/gaza-emergency-2014/2021.html



「パレスチナ子どものキャンペーン」は「認定NPO法人」です。
年間2,000円以上のご寄付は税金控除の対象になります。
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 移民・難民の排除ではなく共生を | トップ | ひまわり2500本!~福島ひま... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

情報・イベント紹介」カテゴリの最新記事