「困った時はお互い様」    

NPO法人「ドネーションシップわかちあい」事務局ブログです

関電幹部に3億2千万円

2019-10-01 08:58:32 | 原発・放射能
※情報紹介です
関電役員、ゴールドも受領 断ると「俺の顔つぶす気か」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191001-00000008-asahi-soci

受け取ったけど中身は知らなかったとか
一時的に預かってただけ、とか
言い訳にもなってないです
こんな人たちが利権となれ合いで
原発を動かしていることが恐ろしいです!
(さき)

───[拡散歓迎]─────────
緊急抗議声明
黒い原発マネーにまみれた関西電力
関電は原発の運転を即刻停止し、原子力から撤退せよ
───────────────────────
 関電の岩根社長、八木会長を含む20名の経営陣と社員に、高浜町の元助役から3億2千万円もの巨額の資金が渡されていたことが明らかになった。私たちは、黒い原発マネーにまみれた関電に強く抗議する。

このスキャンダルが報道された9月27日に、関電の岩根社長は記者会見を開いた。しかしそこでは、金品の内容や返却時期等、具体的なことは一切答えていない。八木会長に至っては「個人的なことについては一切答えない」と報道陣に告げている。さらに、社長をはじめ経営陣の辞任についても否定している。今回の事件は、関電による原発工事の発注による原発マネーの還流の可能性もあり、責任の放棄は許されない。

 3億2千万円もの金品授受は、福島原発事故後の2011年からはじまり、高浜原発の再稼働後の2018年まで続いていた。7年間もこの事実をひた隠しにしてきたのだ。今回の事件は、原発に逆風が吹く中で、地元推進派と癒着を強め、再稼働を推し進めてきたことを示している。
関電は、全ての原発で大規模な「特重施設」工事(テロ対策等施設工事)と、高浜1・2号、美浜3号では老朽原発の寿命延長のための工事を行っている。これらの巨額の工事について、同様の金品授受等はないのか。これらも明らかにすべきだ。

黒い原発マネーにまみれた関電には、もはや原発を運転する資格はない。原発の運転を即刻停止し、原子力から撤退すべきだ。
 監督官庁の経済産業大臣は、「徹底解明し厳正に処する」と述べている。言葉通りに、全容を解明し、関電の原発運転資格を取り消すべきだ。

2019年9月27日
ふるさとを守る高浜・おおいの会
アジェンダ・プロジェクト
おおい原発止めよう裁判の会事務局
グリーン・アクション
原発なしで暮らしたい丹波の会
子どもたちに未来をわたしたい・大阪の会
脱原発はりまアクション
脱原発へ!関電株主行動の会
七番めの星
避難計画を案ずる関西連絡会
美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会(美浜の会)

連絡先団体
ふるさとを守る高浜・おおいの会
グリーン・アクション 
美浜の会 
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 東電刑事裁判 動かぬ証拠と原... | トップ | 10/19 ゆらり癒しの交流会&... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2019-10-03 23:42:32
関電の原発マネー徹底究明と原子力からの撤退を求める緊急署名  (ネット署名)

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSd9mZWNTW_tGTZjROruhiKa9HBlLvMSh-0UawrVElujw75LSw/viewform

署名締め切り 2019年10月15日

コメントを投稿

原発・放射能」カテゴリの最新記事