神戸市西区のピアノ教室「音楽広場Sound-Scape」

ピアノを弾き、歌をうたい、時には鍵盤ハーモニカやリコーダーまで
個性豊かな生徒たちとの日常をつぶやいています

緊急事態宣言下での生活発表会を無事に終えました (^。^)y-.。o○

2021-02-20 22:45:08 | 幼稚園の音楽指導



これまで以上に、感慨深く思い出に残る
素晴らしい生活発表会が無事に終わりました 

緊急事態宣言下での生活発表会の開催については
色々な不安が払拭できない中で、先生方が何度も何度も会議を重ねながら
ギリギリまで大きなホールでの開催を願っておられたようですが
ホールでの開催は諦め、園内のお遊戯室での開催が決まりました 

中止になる園も多い中での開催決定には
園長先生や主任の先生だけでなく、全ての先生方や職員の皆様の
園児たちに対する熱い思いが詰まって実現した事だと思います  

いつもは全クラスのステージを堪能させていただき
同じステージにも立たせて頂き、感動の嵐で終える生活発表会  

今年は開催が出来ても、私はご一緒させて頂く事は無理だと思っていましたが
「 先生と子供たちのこの一年の絆をご家族の方にも見て頂きたい  」
とのお話があり、12月の音楽会では果たせなかった思いが叶いました 

お子様の最後のステージにご両親でさえ、お一人しか参加できないところ
子供たちと一緒にステージに立たせて頂けたことには感謝しかありません 


演奏曲の  紅蓮華  も 初回のレッスンから
通算5回のレッスンで仕上げた子供たちです 

毎回時間延長になり、90分近くになるレッスンでしたが
いつも目はキラキラ、笑顔で楽しそうにピアニカに触れていた子供たち 

ステージでは通常、年長児全員で演奏するピアニカ合奏ですが
今年度はクラスごとの演奏になり、半分の人数になるため
「一人で2人分の音を出せるよう頑張ろうね  」
って声かけをしながらのレッスンでしたが
本当に2人分の音を出してくれているかのようなしっかりした音で
テンポもゆっくりで良いと思っていた私の思いとは別に
作成したCDやYoutubeにアップした動画の速さで仕上げ
ノリノリで演奏する姿が頼もしく、すでに新1年生の貫禄でした 

マスクで覆われて、私の目だけしか見えない中でも
指揮をする私の手と目を食い入るように見つめてくれて
一生懸命に演奏する姿に心が熱くなり
一体感を感じたステージは感動で震えました 
サイコーに愛おしく可愛い子供たちです 


そしてもうひとつ、感慨深かったのは
私のピアノ教室の生徒が年少クラスの先生として
生活発表会のステージを無事に終えた事です 

4年前に幼稚園の先生になりたいと教室へ来てくれた R ちゃんが
年少児クラスの担任として、同じ幼稚園に今年度から勤めていたんです 
就職が決まった時には
「 幼稚園でも会えるね  」
って、すごく楽しみでもありましたが
コロナ禍での始まりとなり、通常時の就職とは違う気使いや不安もある中で
明るく前向きに一生懸命に頑張る姿を見守りつつ応援していました 

ピアノ経験がなく、大学入学と同時に始めたピアノだったので
音楽会や生活発表会では、大変な事も多かったと思いますが
真面目で努力家の R ちゃんは、幼稚園のお仕事を終えてから
毎週欠かさずレッスンにも通い続けて、頑張って来た一年でした 

今回の生活発表会でも、先生として動いている姿を見ていると
自分の事のように嬉しく、一生忘れられない思い出になりそうです 
 
毎年思いますが
生徒たちから感動のシャワーを浴び、成長も楽しませてもらえるという
本当に良いお仕事をさせて頂いているなぁ。。。
って感謝  感謝   有難いです 

生徒たちに新たなパワーをもらって、生涯現役で頑張りま~す 




教室のHPはこちらです。 遊びに来て下さいね  
http://www.eonet.ne.jp/~sound-scape/


教室のFaceBookページです  
https://www.facebook.com/toyoko.okazaki


公式ライン
友だち追加
公式LINE始めました。
ご登録いただき スタンプを送って下されば
1対1のトークが出来ます。
質問やお問合せなど お気軽にお話下さいね  
コメント