家族の応援歌

相談活動・短歌・シャンソン

離婚と子ども

2018-08-09 11:03:49 | 子育て・夫婦・カウンセリング
ひとり親家庭は日々緊張感がありますね。

ひとりの親御さんはどうしても忙しいので

お子さんが遠慮しがちになるかもしれません。

母子でがんばっている場合はお母さんが稼ぎ手
として大黒柱になるので

お母さんの役割をしてくれる立場の方がいると
いいのですが・・たとえばおばあちゃん。

いない場合はお母さんたいへんでしょうが、

がんばって「おかあさん」の時間を工夫してあげ
てほしいです。

父子の場合は文字通りお母さん役の二役たいへん
なことでしょう。

かと言って、忙しすぎるんだよ!!と言われて
しまいそう。

そこで、先日の「傾聴」です。とくに大きい子
には今更スキンシップもしにくいでしょうから、

話を聴いてあげることが、そのかわりになります。

5分でもいいから、今日あったことに耳を傾けて
あげましょう。

黙って聴くだけでいいのです。

うんうん、そうかそうか、そうだったのか。

子は聴いてもらえれば、自分で答えを見つけるも
のです。子を信じましょう。

それは甘やかしとは違います。
悪いことは悪いとビシッと言わなければなりませんが

そうせざるをえなかったなりゆき気持ちを汲み取って
やること、わかってくれるひとが家にいることが大切
だと思います。

 夏休み、この暑さの中、一日お留守番してくれて
 いたお子さんをねぎらいましょう。
 ただいまあ、またちらかしてえ!
 ではなく、一日ありがとね。です。
 だれかピンポンと来るたび、ビクッとして過ごして
 うちを守っていたのですから。

   涼しい百合をあなたに
     
コメント

不登校と夏休み

2018-08-07 22:36:05 | 子育て・夫婦・カウンセリング
毎年夏休みには、不登校のお子さんへの
夏休み対策について述べていますが

今日は、傾聴について。

不登校というのは、本人もなぜそうなった
のか、わからない部分があると思います。

でも、なぜか学校へ行く元気がでないわけ
です。

それにはいろいろ見えない理由が潜んでい
るのでしょうが、

1つだけ言えることは、エネルギー切れが
あるのではないかということです。

元来、学校とは、そんなに楽しいところで
ないこともあります。

行けばいやなことはたくさんあるでしょう。

でも、みんながんばってせっせと行くのは
それを乗り越えるだけのエネルギーをもて
ているからと思います。

そのエネルギーとは、一般的には、家庭で
蓄えられるものではないでしょうか。

食べるものと、寝る場所が保障され、安心
して居ることができ、

そうして話を聴いてもらえるなら、最高の
居場所です。

話を聴いてもらえるとは、まず今日の不安
などを「うん・うん・そうだったのか」
と、聴いてもらえるということです。

そうすると、子は自分の悩みは自分で解決
していく力はあるので、なんとか明日を乗
り越えていくエネルギーをもらえるわけです。

せっかくの夏休み。おうちにいる子の話に
黙って耳を傾け、今 その子がどんなところ
に立っているのか、見守ってあげましょう。

夏にしっかりエネルギーを蓄えれば、9月は
飛び立っていけます。

傾聴のコツはブログに載せてもいいですが、
カモミール相談室では勉強会もしております。
コメント

DVの治療

2018-07-19 18:42:27 | 子育て・夫婦・カウンセリング
わがカウンセリングカモミールでも、公の相談でも

DVの伴侶とどう向き合うかまではなんとかたどり

つくのですが、

そのDVの伴侶は自分がそうだということには気が
つきにくいですし、本人が来談することはまず少ない
です。

伴侶がDVでも離婚せずなんとかやっていきたい場合

その伴侶に気づいてもらい治療に通っていただける所
や手段がないものでしょうか。

気づいてもらえればご本人が直そうと思ってくれれば
ご本人が心療内科などを受診していけばいいのかもし
れません。

気づいてもらうのがまずハードル高いです。

カウンセリングで力をつけてがんばって言いますか!?

「あなたのやっていることはDVです!!!」

大切な伴侶や子どものために気づいてほしいです。
あなたを大切に思っているから心配し、辛くてもそばに
いるのだから。


かく言うワタシめも伴侶への言葉遣いに気をつけよう。
もしかして傷つけているかもしれない・・・・・
コメント

当世離婚事情

2018-07-08 15:00:15 | 子育て・夫婦・カウンセリング
離婚に関わるカウンセリングや公の相談業務をしております。

離婚になるか修復なるか、その見極めや、今がそのときか、

など大事な判断が必要です。

今までは、長年のご夫婦の間のやりとりのすれ違いや、エスカ
レートしてしまったおふたりのもめごとが相談の争点だった事

が多かったですが、当世、伴侶の異常ぶりを、長らく辛抱して
きた方が、ついに離婚を決意することになったケースが多い様

に感じます。

確かに子どもたちにも、個性の強い子が増えてきているのを感
じていましたが、そういうおとなが増えていれば、伴侶はたい
へん疲れることでしょう。

若いうちは、うまくやれない自分が至らないのだ、と考え我慢
しがちですが、だんだん供に暮らすのが憂鬱になり自分が限界

になって、相談というわけです。

「変わった」伴侶には中には天才的な面白さをもつ方もいて、
それを包み込めるなら、またよいカップルにもなりえますが、

相手を理解し、自分がどこまでやっていけるかの判断が必要で
しょう。

また、無理だとしても、離婚のタイミングはいつが賢明なのか、
をともに考えていくのが伴走カウンセラーとしての役目です。

決めるのは本人ですので、生活や法律のあらゆる情報を提供
するのも、当カウンセリングカモミールの援助としています。

それらの援助をお守りに、相談者が強くなり、エネルギーを蓄
えて、自己解決するまでを、お支えしております。
              
      現状の中でどう青空を見えるか。

カウンセリング・カモミール 事務局 080-2003-1556
                  (9時~17時)
           
スタッフ
   家族相談士  顧問臨床心理士 調停委員
              教育カウンセラー
              教師           弁護士さんも紹介いたします。         
                  
 



コメント

プリマリタルカウンセリング

2018-05-03 22:00:50 | 子育て・夫婦・カウンセリング


プリマリタルカウンセリングのページの閲覧有り難うございます。

関心もっていただいて嬉しいです。

カウンセリングカモミールと家族相談士兼弁護士とで、KTユニットというチームを結成し、婚前講座を開いております。

離婚の御相談にのるうちに、婚前からおふたりが、こういうことで話し合っておいたらよかったのにな、と思うこと沢山あったからです。

不満の伝え方、家事、お金👛、実家、などなど、結婚とは、価値観のすりあわせの毎日です。

婚前でも、新婚さんでもオッケー😉🆗✨
です。

講座を受けてみませんか?

詳しくは、カウンセリング<カモミール>
まで。
事務局080ー2003ー1556
9時~17時まで。

コメント