社会福祉法人カリヨン子どもセンター

子どもシェルター、自立援助ホーム、法人型ファミリーホームを運営しています。

もがれた翼18『私のあした』

2011年07月28日 | Weblog
東京弁護士会子どもの人権と少年法に関する委員会
「子どもたちと弁護士がつくるお芝居『もがれた翼パート18』」

~陽だまりの中のあなた 暗闇の中のあなた どちらもあなた 大切なあなた~
『私のあした』

今年も「もがれた翼」の季節がやってきました!
東京弁護士会「子どもの人権110番」に寄せられるたくさんの相談・・・「もがれた翼」は、こうした子どもたちの声から創られるお芝居です。
「もがれた翼」をきっかけに、カリヨン子どもセンターが設立されました。

2010年8月20日(土)
場所 豊島公会堂(定員700名)
時間 昼の部:開場14時30分 開演15時00分
   夜の部:開場18時00分 開演18時30分

今年のお芝居は、長期間にわたり虐待を受け続け、自傷行為を繰り返したり、精神不安に陥るなど、精神科や診療内科への受診まで必要とされる子どもたちの苦しみと、その子どもたちをケアし、自立支援に奔走するおとなたちの物語です。

精神的な問題を抱え、働きたくても働けず、親の下にも帰れない子どもたちにはどのような居場所が必要なのでしょうか。
入院が必要な子どもでも、退院後の行き先がなければ入院を断られてしまうこともあります。
精神的な問題を抱えた子どもたちに対する支援体制は、大人に比べて極めてぜい弱であると言わざるを得ません。
児童福祉行政の盲点とも言うべきこの問題は看過できない重要な問題です。
もがれた翼パート18「私のあした」、皆さまとご一緒に考える機会となれば幸いです。

入場無料、全席自由、予約は不要です。
どうぞお誘い合わせの上、お越しください。

(あらすじ)
「このままじゃだめだ...」明日香は、精神を患った母親に振り回される毎日、ゴミだらけの家​から飛び出した。
SNSで知り合った七海が、電話相談できる​東京弁護士会「子どもの人権110番」を教えてくれました。

弁護士の坂口は、明日香の電話相談を受け、社会福祉法人カリヨ​ン子どもセンターの「シェルター」へ明日香を案内します。
衣食住​の心配をせず、これからのことをゆっくり考えられる「シェルター」で、明日香は母親とは別れて自立していこうと決意します。

ところが、『自立援助ホーム』での新しい生活、人間関係に、明​日香はなかなか馴染むことができません。
やっと採用されたアルバ​イトでは、いつまでたっても仕事が覚えられず、怒鳴られる毎日。
眠れない。食べられない。何も面白いと感じない。体が動かない...​。
悲しみ、自分自身を追い詰めてしまう明日香に、坂口は戸惑います。

現在の日本には、家庭や社会で居場所を失い、精神的に不調を患った子どもたちの支援の手立てが十分ではありません。
働くことも、就学することも困難な子どもは、どこへ行けばいいのか。
虐待を受けた過去、立ち上がれない自分に苦しむ子どもたちを前​に、支援する大人たちは悩み、「療養型グループホーム」を作ろうと考え始めます。

そして、明日香の、本当の思いが明らかになっていきます...。


主催 東京弁護士会
共済 豊島区
協力 社会福祉法人カリヨン子どもセンター

お問い合わせ 東京弁護士会人権課 03-3581-2205
詳しくはこちら http://www.toben.or.jp/know/iinkai/children/tsubasa/

ニュースレター「Carillon News No.7」

2011年07月26日 | Weblog
カリヨン子どもセンターのニュースレター「News Carillon」No.7についてお知らせです!
子どものシェルター全国ネットワーク会議や、2010年度の運営報告を掲載しています。
また、各ホームからの近況報告の連載もさまざまな視点から執筆していますので、お楽しみに!

カリヨン子どもセンターのホームページでPDFで公開しています。
どうぞご覧ください。



なお、郵送によるご購読を希望される方は、下記のとおりお申し込みください。
ホームページでの公開は発行後1~2か月後となりますので、郵送によるお届けのほうがより最新の情報をご覧いただけます!

【ご購読の方法】
①カリヨンサポーターの方
サポーター期間中はNLを毎号、イベントのご案内などをお送りいたします。
②一般寄付の方
ご寄付いただいた時点から5回分のNL、イベントのご案内などをお送りいたします。
③上記以外の方
返信用封筒(90円切手貼付)を同封の上、カリヨン事務局までお申込ください。
最新号をお送りいたします。(部数には限りがありますので、在庫がなくなり次第、配布は終了とさせていただきます)


編集・発行 社会福祉法人カリヨン子どもセンター
〒112-0014 東京都文京区関口2-4-6関口台ヴィレッジB-2

カリヨン子どもセンター『夏のコンサート』

2011年07月11日 | Weblog
厳しい暑さが続いています。
皆さま、お元気でいらっしゃいますでしょうか。

東北大震災、福島原子力発電所事故被災地の方々の平安と日常生活の回復を祈り、私たちが何をしなければならないのかを問い続ける日々です。
そのような中カリヨンでは、皆さまのご支援を受けて、家庭に居場所を失った子どもたちの命と生活を守るための活動が続いています。

さて、今年もカリヨンでは、皆様への活動のご報告と、ご一緒に音楽を楽しむひとときをご準備させていただきました。
下記のとおり、カリヨン子どもセンター夏のカリヨンコンサートを開催いたします。
どうぞ足をお運びくださいますようお願いいたします。



社会福祉法人カリヨン子どもセンター 主催
『夏のカリヨンコンサート』
日時 2011年7月17日(日) 13:30開場 14:00開演
会場 杉並区方南会館(最寄駅:東京メトロ丸の内線方南町・徒歩5分)
入場無料・予約不要

第1部 カリヨンガールズバンド「Madder Cherish」演奏映像の放映&トークショー
カリヨン子どもセンターを卒業し、社会で頑張っている女の子たちと、カリヨンのボランティアスタッフで結成されたバンド「Madder(茜・夕焼け) Cherish(信頼)」による演奏作品と、トークショーをご覧いただきます。
(生演奏はありません)

第2部 「深津純子インターナショナルトリオ」によるジャズライブ
フルートジャス演奏者 深津純子さん率いるジャズトリオ(フルート、ピアノ、パーカッション)によるジャズライブをお楽しみください!
暑い季節も陽気に楽しみましょう!



<お問い合わせ>
社会福祉法人カリヨン子どもセンター事務局
〒112-0014 東京都文京区関口2-4-6関口台ヴィレッジB-2
TEL  03(5981)5581
FAX  03(5981)5582