社会福祉法人カリヨン子どもセンター

子どもシェルター、自立援助ホーム、法人型ファミリーホームを運営しています。

NPO法人子どもセンターてんぽ シンポジウムのご案内

2016年03月30日 | Weblog
子どもセンターてんぽからシンポジウムのご案内です!


人はどうやって大人になるか
~成人年齢を考える~


<内容>
てんぽ及びみずきの家の活動報告

<基調講演>
子どもの成長発達について

・講演者
金井 剛(横浜市中央児童相談所長・医師)

<パネルディスカッション>
・コーディネーター
影山 秀人(弁護士・てんぽ理事長)

・パネリスト
金井 剛(横浜市中央児童相談所長・医師)
相川 裕(弁護士・日弁連子どもの権利委員会事務局長)
福本 啓介(あすなろサポートステーション専任スタッフ)

平成28年5月21日(土曜)13:30~16:30(開場 13:00)

会場:男女共同参画センター横浜
244-0816
横浜市戸塚区上倉田町435-1
http://www.women.city.yokohama.jp/find-from-c/c-yokohama/
[交通・アクセス]JR・横浜市営地下鉄ブルーライン 戸塚駅下車、徒歩5分

先着380人   参加費無料


主催:特定非営利活動法人子どもセンターてんぽ



お問い合わせ:045-473-1959(月~金 9:30~17:30)


たくさんのご参加お待ちしております。







法人型ファミリーホーム「カリヨンあしたの家」開設!

2016年03月02日 | Weblog
2016年3月1日、法人型ファミリーホーム「カリヨンあしたの家」が運営をスタートしました。
カリヨン子どもセンターが、足掛け4年半、検討を重ねてきた「ハーフウェイホーム」の夢がいよいよ結実しました。

「カリヨンあしたの家」は、定員5名、女の子の法人型ファミリーホームとして、東京都から認可を受けました。
精神に不調を抱え、就労・就学にむかうまでに心理・精神医療的なケアや療養が必要な高齢児童を受け入れ、子どもたちがそれぞれの課題に対し取組み、健康な自分の人生を取り戻し、自立のための一歩が踏み出せるようになるまで、多くの機関と連携しながら、家庭的な生活を提供します。
カリヨンのこれまでのホーム同様に、ひとりひとりの子どもに担当弁護士を選任し、子どもの権利保障を基軸として活動していきます。

皆さまに多くのご理解、ご支援をいただき、感謝申し上げます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。