社会福祉法人カリヨン子どもセンター

子どもシェルター、自立援助ホーム、法人型ファミリーホームを運営しています。

子ども虐待フォーラムin1東京のご案内

2011年09月27日 | Weblog
カリヨン子どもセンターの活動に賛同、ご協力くださっていうSBI子ども希望財団が、日本医師会と共に主催するイベントをご紹介いたします。


◆ 子ども虐待防止フォーラムin東京プログラム ◆
 ~ゼロ歳児からの子ども虐待防止を目指して~

児童虐待の現状は依然として増加傾向が続き、大きな社会問題となっております。
特に死亡児の年齢が低年齢児、中でも0歳児に集中していることが明らかになり、虐待による子どもの死亡を予防するためには、従来の早期発見・早期対応に加え、その発生を予防する取り組みが必要です。
そのためには、妊娠に悩む女性への具体的対応も含め、社会全体で取り組むべき問題です。
次世代の健全な育成という視点から、一般市民等を対象としたフォーラムを開催し、児童虐待防止に向けた啓発活動、情報提供を行います。

日時 2011年10月1日(土)午後2時~5時
会場 日本医師会館
    (〒113-8621 東京都文京区本駒込2-28-16
     TEL:03-3942-8181/FAX:03-3946-2684)
参加費 無料

(申込み方法)
参加希望者の方は、リーフレット裏面の申込書に記入の上、日本医師会地域医療第3課宛にお申し込みください。
(リーフレットはこちらからダウンロードできます)


(内容詳細)
1.開 会(14:00) 司会:東京都医師会理事 角田 徹
2.挨 拶(14:00~14:10)     日本医師会長 原中 勝征
                東京都医師会長 野中 博       
3.シンポジウム(14:10~16:00)

 座長:東京都医師会副会長 近藤 太郎
    日本医師会常任理事 今村 定臣

 (1)丸山 浩一(東京都児童相談センター所長)
 (2)水主川 純(国立国際医療研究センター病院産婦人科)
 (3)秋山千枝子(あきやま子どもクリニック院長)
 (4)加賀美尤祥(全国児童養護施設協議会会長)
 (5)西澤  哲(山梨県立大学人間福祉学部教授)

4.討 議(16:00~16:55)
5.閉 会(16:55~17:00) SBI子ども希望財団理事長 田淵 義久


主催(共催) 社団法人 日本医師会、公益財団法人 SBI子ども希望財団、社団法人 東京都医師会
後援 厚生労働省、日本産婦人科医会、日本小児科医会、東京都歯科医師会、東京小児科医会、東京産婦人科医会、東京都薬剤師会、東京都看護協会、全国児童養護施設協議会、全国母子生活支援施設協議会、全国乳児福祉協議会

この記事をはてなブックマークに追加

児童養護施設退所者のアンケート結果が公開されました

2011年09月14日 | Weblog
東京都にて、児童養護施設などを退所した方に対するアンケート調査が初めて実施されました。
今日の厳しい社会経済状況の中、施設などで育った子供の社会的自立の困難さが指摘されていますが、施設退所後の生活状況や就労状況などの実態に関する調査は、これまで全国的にもほとんど行われていませんでした。
アンケートに寄せられた声は、カリヨン子どもセンターのシェルター、自立援助ホームを利用される方たちの状況とも通じる点が多くあります。
東京都では、今後、この調査結果を踏まえ、施設や養育家庭における自立に向けた取組に活かしていく方針とのことです。


◆調査対象
東京都所管の児童養護施設、自立援助ホーム、児童自立支援施設、養育家庭を退所後1年から10年経過した方(3,920人)のうち、施設などが連絡先を把握している方(1,778人)。回答者数は673人。

◆調査結果のポイント
•正規雇用の割合は、男性が約56.5%、女性が33.9%。
 平成22年度労働力調査(15~24歳)では、「正規の職員・従業員」は、男性が75.3%、女性が64.1%。
•最終学歴は、中学卒が約23%、大学卒等は約15%。
 平成22年度学校基本調査(総務局)では、高等学校等への進学率は98.0%、大学等への進学率は65.4%。
•施設を退所した直後に「まず困ったこと」は、「孤独感、孤立感」、「金銭管理」、「生活費」が多い。
•施設を退所した直後の困ったときの相談相手は、「施設職員」が最も多く、次いで、「誰にも相談しなかった」が多い。


こちらから、報告書(PDF)がご覧いただけます。
http://www.metro.tokyo.jp/INET/CHOUSA/2011/08/60l8u200.htm

この記事をはてなブックマークに追加

福岡「NPO法人そだちの樹」開設記念シンポジウムのご案内

2011年09月14日 | Weblog
福岡県にて、子どもシェルター設立にむけて法人が設立されました!
カリヨン子どもセンター理事長の坪井節子がお話をさせていただきます。

『特定非営利活動法人そだちの樹』設立記念シンポジウム
日時:2011年11月3日(木)13:00~
場所:福岡ビル9階大ホール
   福岡市中央区天神1丁目11番17号
入場無料・事前申し込み不要
問合せ先 
「そだちの樹」事務局 092(725)0030

今回のシンポジウムでは、子どものシェルターの概要やそだちの樹の活動予定の発表があるとのことです。
また、坪井より、シェルター活動の現状をお話させていただきます。

「子どものシェルター」が全国に広がりつつあります。
どうぞ引き続き、みなさんのご理解とご協力を賜りますようよろしくお願いいたします。

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/262565

この記事をはてなブックマークに追加