社会福祉法人カリヨン子どもセンター

子どもシェルター、自立援助ホーム、法人型ファミリーホームを運営しています。

もがれた翼⑰『雨の記憶』

2010年06月28日 | Weblog

東京弁護士会子どもの人権と少年法に関する委員会
「子どもたちと弁護士がつくるお芝居『もがれた翼パート17』」

『雨の記憶』

2010年8月21日(土)
所 豊島公会堂
時間 開場午後4時30分 開演午後5時00分

東京弁護士会「子どもの人権110番」に寄せられるたくさんの相談・・・「もがれた翼」は、こうした子どもたちの声から創られるお芝居です。「もがれた翼」をきっかけに、カリヨン子どもセンターが設立されました。

今年のお芝居では、性的虐待の被害を受けた子どもたちの苦しみを描きます。

○性的虐待の実態
1998年に日本で初めて行われた大規模ま調査では、18歳未満の女子の39.4%、男児の10%が性的な被害を受けていると報告されました。
多くは怪我を負わせるものではなく、また、虐待を受けた子ども自身が自分を責めて本当のことを話せなかったり、家族が沈黙を守ろうとするなどの事情があるために、なかなか表面かすることがありません。(「子どもへの性的虐待」森田ゆり著より)

性的虐待は、子どもたちの心と体に、いつまでも癒えない、深刻なダメージを与えます。

傷つき、苦しむ子どもたちのために、私たちは一体何ができるのでしょうか。
皆さまとご一緒に考える機会となれば幸いです。


入場無料、全席自由、予約は不要です。
どうぞお誘い合わせの上、お越しください。


主催 東京弁護士会
共済 豊島区
協力 社会福祉法人カリヨン子どもセンター
    東海大学付属望星高等学校

お問い合わせ 東京弁護士会人権課 03-3581-2205
詳しくはこちら 
http://www.toben.or.jp/news/event/20100821.html


この記事をはてなブックマークに追加