社会福祉法人カリヨン子どもセンター

子どもシェルター、自立援助ホーム、法人型ファミリーホームを運営しています。

広島でシェルター設立のためのイベントが開催されます!

2010年04月15日 | Weblog
2010年4月現在、広島県で子どものためのシェルターをつくる準備が進められています。
この呼びかけのためのイベントが開催されます。
当法人の理事 一場順子がお話をさせていただく他、カリヨン子どもセンター設立のきっかけとなった「東京弁護士会『もがれた翼』」の舞台がリメイク上演されます。

子どもの日記念シンポジューム
『子どものためのシェルターを作ろう!
 ~行き場のに子どもたちのために~』

私たちの周りには,親からの虐待や家族内の不和,貧困,病気など様々な理由で帰る家をなくし,行き場を失った子どもたちがいます。
これらの子どもたちを保護する施設としては,現在,児童相談所の一時保護所等の公的施設がありますが,これらの施設には子どもの年齢や条件等の制約があるため,助けが必要な子どもたちを十分に保護することができておりません。
広島弁護士会ではそのような子どもたちを受け入れる場所として,「子どものためのシェルター」を広島に設立すべく取り組んでいます。
そこで,多くの方に子どもたちの置かれた現状や当会の活動を知っていただく機会として,シンポジュームを開催することとなりました。
当日は,演劇(「はばたけ!ピピオ」 原作:東京弁護士会もがれた翼 Part11『響け、カリヨン』)の上演や,「子どもの自立支援とシェルターの挑戦」と題しての講演,パネルディスカッションを行う予定です。

日時 2010年4月25日(日) 午後1時30分~午後5時
会場 広島YMCA国際文化ホール(広島市中区八丁堀7番11号)
参加費無料・予約不要

第1部 演劇「はばたけ!ピピオ」
        (原作:東京弁護士会もがれた翼Part11『響け、カリヨン』)
     出演:広島市立舟入高校演劇部,弁護士ら

第2部 基調講演
    「子どもの自立支援とシェルターの挑戦
     ~権利基盤型社会的擁護をめざして~」
     講師:一場順子 弁護士(東京弁護士会)
                カリヨン子どもセンター理事
第3部 パネルディスカッション
    「子どものためのシェルターを作ろう!」
    [出演] 一場順子/東隆司/部谷耕治/平谷優子
         東隆司   弁護士(岡山県弁護士会)
                子どもシェルターモモ理事長
         部谷耕治 広島文化学園大学教授
                元福山(現広島県東部)こども家庭センター所長
         平谷優子 弁護士(広島弁護士会)
                広島弁護士会子どもの権利委員会副委員長

主催・問い合わせ 広島県弁護士会(℡ 082-228-0230)
後援 広島県、広島市、広島県教育委員会、広島市教育委員会

この記事をはてなブックマークに追加

非行少年立ち直り支援 講演・シンポジウム「少年非行の背景を考える 居場所を求める少年たち」

2010年04月15日 | Weblog
当法人の理事長 坪井節子の講演をご案内します。

非行少年立ち直り支援 講演・シンポジウム
『少年非行の背景を考える 居場所を求める少年たち』

非行に陥った少年の中には、立ち直ることを志しても、悩みを相談する適切な相手がいない、安心して過ごせる居場所がないなど、その機会に恵まれず、孤立を深めた結果、更に非行を重ねてしまう少年がいます。
このような少年の立ち直り支援を進めるため、少年たちに直接接してその立ち直りを支援しているさまざまな現場から参加しての講演とシンポジウムです。
支援現場の現状、体験談などについてのお話を聴き、少年非行の背景、地域社会でできる支援について考えましょう。

日時 2010年4月17日(土)
   午後1時30分から午後4時まで

場所 東京都庁都民ホール(東京都議会議事堂1階:新宿区西新宿2-8-1)
定員250名(入場無料)

内容
第1部 講演「子どもたちに寄り添う」
講師:坪井節子氏(社会福祉法人カリヨン子どもセンター理事長、弁護士)
カリヨン子どもセンターが運営する「シェルター」、「自立援助ホーム」では、非行を始め様々な問題を抱え家庭に帰ることができない子どもを保護しています。
これらの少年が抱える問題の背景、問題解決のための支援方法について講演を行います。

第2部 シンポジウム「非行に陥った少年やその家族の実情」
様々な問題を抱えて非行に陥った少年の立ち直りを支援している方々が、現場で起きている実情を紹介し、非行に陥った少年やその家族への支援方法について語り合います。
 登壇者
  井内清満氏(NPO法人ユース・サポート・センター・友懇塾理事長)
  寺出壽美子氏(NPO法人日本子どもソーシャルワーク協会理事長)
  藤原志帆子氏【コーディネーター】(NPO法人ポラリスプロジェクト代表)
  坪井節子氏(第1部参照)

主催  東京都
共催  社会福祉法人カリヨン子どもセンター
    NPO法人ユース・サポート・センター
    NPO法人日本子どもソーシャルワーク協会
    NPO法人ポラリスプロジェクト
問合せ 青少年・治安対策本部青少年課(℡ 03-5388-3172)

http://www.metro.tokyo.jp/INET/BOSHU/2010/03/22k34100.htm

この記事をはてなブックマークに追加