社会福祉法人カリヨン子どもセンター

子どもシェルター、自立援助ホーム、法人型ファミリーホームを運営しています。

もがれた翼⑯『あの橋をわたって』

2009年07月28日 | Weblog

東京弁護士会子どもの人権と少年法に関する委員会
子どもの権利条約採択20周年記念
「子どもと弁護士で創るお芝居『もがれた翼』Part.16

『あの橋をわたって』

2009年8月30日(日)
場所 全労済ホール スペーズ・ゼロ
昼の部 開場15時00分 開演15時30分
夜の部 開場18時00分 開演18時30分


「もがれた翼」は、東京弁護士会の主催により、1994年から毎年上演を重ねている子どもの人権啓発のための、お芝居シリーズです。
2001年のPart.9「こちら、カリヨン子どもセンター」は、子どものシェルター事業のきっかけとなりました。

今年は、子どもの権利条約が日本で採択されてから20周年目にあたります。
子どもの権利条約は、子どもがひとりの人間として自由に生き、成長し、意見を言い、親に育ててもらうなどの基本的な人権を認め、守っていくことを定めたものです。

その節目の年を記念する本作では、少年の非行問題を取り上げます。非行に走る子どもたちの抱える孤独とは。そして、少年事件の被害者の人権保障とは。
少年法「改正」後の少年審判の変容の中で、少年、家族、被害者、弁護士のありのままの姿を描きます。


取り返しのつかない事件、解決の見えない苦しみ
それでも、少年も、被害者も、生きていかなければならない・・・


この難しい現実を、是非皆様に知っていただき、またご一緒に考える機会となれば幸いです。

入場無料、予約可能です。(往復はがきを送付。詳しい予約方法は下記東京弁護士会のURL]からご参照ください)

どうぞお誘い合わせの上、おこしください。
(過去の作品のビデオ、DVDは弁護士会ブックセンターにて販売しています)

主催 東京弁護士会
後援 全労済
協力 子どもの権利条約総合研究所
    東海大学付属望星高等学校
    社会福祉法人カリヨン子どもセンター
お問合せ 東京弁護士会人権課 ℡ 03-3581-2205

詳細はこちら↓
http://www.toben.or.jp/news/event/20090830.html