Fit in fits

たまに富士山を撮影しています。「富士山と乗り物のコラボ」を撮ることが多いです。他のネタはほんの少し。

2020/5/7の富士山

2020-05-14 18:17:46 | 今日の(?)富士山

 5/7はその名の通り五月晴れ…と言いたいところですが、「五月晴れ」の本来の意味は「梅雨の合間に見られる晴れ間」のことで、5月の晴れた日のことではないそうです。うっかり使いそうですね( ゚Д゚)

 この日は空気も澄んで富士山もクッキリ見え…と言いたいところですが、この日は強風でもあり、やはり富士山周辺に雲が発生してしまい富士山全部がクッキリというわけにはいきませんでした(*_*;


 最初に目立ったのはこの船。ちょうど岸壁を離れて出航するところでしたが、この船ってROROみたいだけどそうなのかなあ?気になるところでしたがこの日使っていたレンズではこれ以上迫ることができませんでした(*´ω`)



  海も港内なのに白波が立っていて荒れているのがわかります。



 
 もう少し稜線が見えてほしかったなあ~(*´ω`*)




























コメント

2020/04/30の富士山は日本平から

2020-05-14 15:23:07 | 今日の(?)富士山

 4/30の富士山は日本平の茶畑から、用事で外に出たついでに撮ってみました。不要不急の外出はダメとか言われてましたが、他に誰もいないとわかっている場所ならまあいいでしょうと。


 さて、この場所はけっこうテレビなどでも映される場所です。特に新茶が出てくるこの季節ではよく登場します。新茶の明るい緑と青い海越しに白い雪を抱いた富士山が一度に見れるこの場所は人気です。


 ただ、以前にも書きましたがこの茶畑は横の道路の改良とその上の公園整備に関係あったのか、一部からお茶の木が撤去されて「一面の茶畑」の感じが少し削がれてしまいました。
 そうなると構図がけっこう難しくなってしまい、写真を撮るのにちょっと苦労することになりました(>_<) 上の2枚でも、ちょうどいいところに電柱が来てしまい、いろいろ少しずつ場所を移動しながらいいところを探さなければなりませんでした。


 なんとか電柱を避けてこんな感じになりました。ちょっと茶畑の割合が少ないなあと思うけれどもこれより手前はただ雑草が生えてるだけなんですよね。



 さらにもう少し富士山を大きく強調してこんな感じになりました。本来なら撮影した次の日が今年の「八十八夜」でしたが、次の日には富士山が見えなかったので霞んでいたとはいえ撮っておいてよかったなと思います(^^;)

 なお、上にできた公園からも撮ってみましたが構図的には全然ダメでした。写真を撮るのではなくただ眺めるならいい場所ですけどね。

 で、その公園ではシロツメクサがたくさん咲いてまして、ミツバチもたくさんブンブンと飛んでいたので近くにきた奴を撮ってみました(^^;)


コメント

2020/4/26の富士山

2020-05-14 14:54:16 | 今日の(?)富士山

 前記事から1ヶ月も飛んで4/26となりました(^^;) この日も清水港からの富士山。穏やかな日でした(^_^)



 ポカポカで風も弱く暖かな日でした。




 富士山は春の日らしく霞んでしまいました(>_<)




 確かこの3日前にこちらでは弱い雨がありましたが、富士山はその時に積もった雪がまだしっかり残っていてキレイなはず・・・でしたが、霞んでしまったのは残念でした(>_<)


 宝永山の下まで積もってますもんね。澄んだ空気で見たかったです(^_^)



 タグボートが戻ってきました。コロナウィルスの関係なのか港でもコンテナ船が少ない気がします。クレーンも動いてないですもんね。


コメント

2020/3/25の富士山

2020-05-14 14:08:00 | 今日の(?)富士山

 また更新サボってたら3月の写真がまだ整理されてなくて残ってました(^^;)

 3/25はお休み。我が街清水出身の広瀬すずちゃんが初コメディ主演の映画「一度死んでみた」をドリプラの映画館で、料金が安い朝イチで観て(「モーニングファーストショー」だと¥1,400.-)、映画を見終わったあとすぐそばの日の出埠頭へとやってきました(^_^)/


 ちょうど名古屋税関清水支所の監視艇「はごろも」が出て行くところでした。以前は友人がこの船の船長をしていましたが今はもう異動になったかな?




 税関の船ですから時には取り締まりで他船を追いかけたりするわけですから、おそらくかなりの高出力で速いのでしょう。最後尾の排気筒の配列からなんかそんな感じが漂います(^^;) 富士山バックでパチリ(^_^)/



  
 ここからはいつもの構図。日の出埠頭から海越しの富士山を望みます(^_^)




 この日は富士山周辺で漂う雲がちょっと多めでしたね。中腹の稜線が隠されてしまいました。


 港ではやはり行き交う船がある方が絵になりますね(^_^)/




 『清水港から望む富士山』としては定番構図のこの写真ですが、向こうの方から“ぐわぁ~~~~~”とやってくる船が見えますね。




 近づいてきたのを見たら清水港湾事務所の船の「まさき」でした。現場の足として、また測量業務を行っている船なんだそうです。こっちに曲がってくるところを撮ろうとしたら、そのまま折戸方面へ行ってしまってタイミング逃しましたが、まあこれはこれで“清水港らしい”絵になったのでよしとしましょう(笑


 この日は公船というか民間でなくいろんな行政機関の船をたくさん見ましたね。こちらは海上保安庁の「みほかぜ」




 こちらも富士山バックでパチリ(^_^)v 

コメント

2020/3/18 静鉄新型A3000形最新編成続き

2020-04-21 15:52:51 | 乗り物いろいろ(鉄分多し)

 さて、前記事で静鉄新型A3000形最新編成を載せましたが、その日はピンク色のA3007編成が運行していなかったため撮影ができませんでした。

 なのでお休みだった3/18にあらためて撮影することにしました(^_^)/ お天気も良かったのはラッキーでしたね。


 試し撮りなど準備をしている時に向こう側のJR東海道線を通ったのがEF66 122号機が牽く、福山通運「福山レールエクスプレス」。


 途中を撮ると緑のコンテナがキレイに揃います(^_^) 一部仕様が違うコンテナがありますが(^^;)




 そのすぐ後にまたEF66に(号機は確認できず(>_<))牽かれて通過したのが西濃運輸の貨物列車でした。こちらは一応西濃運輸専用貨物列車ということらしいのですが、最後尾の何両かはコンテナが違うものがいつもあるので完全な貸し切りというか、「専用」ではないのかもしれません。ちょっと調べたところ「カンガルーライナーSS60」という名前があるらしいですが自分はまだ確証を得られていません(^^;)



 こちらも途中を撮るとコンテナが揃います(^_^)/


 さて、準備が出来たところでお目当ての列車がやってくる時間になりました。

 先に来たのが前回も撮影したA3008編成(^^)/




 そして次にやってきたのが初撮影のA3007編成でした(*^O^*)





 その次にやってきたのが1000形では最後に配備された1012編成「午後の紅茶」編成でした。撮影したのは午前でしたが(笑

 これでA3000の横からの姿は今のところの全編成の撮影ができました(*^O^*) ここで一旦、清水駅まで行ってこの日の富士山を撮影。




 いつものiPhone6sと違って解像度は良かったですが、明るさはちょっと暗かったですね(^^;) スマホのカメラってそこらへんの調整が上手いですよね。自分のような下手くその一眼レフよりいい場合があります(^^;)


 午後はこれまたいつもの巴川の親水公園にある四阿から。ここ、一応富士山が見えることは見えるんだけど・・・



 ・・・マンションが邪魔をしてこれくらいしか見えません(>_<)


 ま、それはいいとしてお目当ての列車を・・・
 先に来たのがやはりA3008編成(午前と同じ順なのは当たり前(^^;)) わさびモチーフのライトグリーンが映えますね(^_^)/ 



 そしてその次にやってきたのが桜えびモチーフのピンク色のA3007編成でした(^^♪ これで今のところのA3000形全編成が撮影出来ました('ω')ノ

 この場所での撮影、線路の方向の関係でわりと夕方に近くならないとお日様が回らなくて側面が影になって色が出にくくなるんですよね( ゚Д゚) この時もまだ太陽が回りきってない状態でしたけどあまり夕方近くになるのも嫌だったので少し明るめに撮って誤魔化しました(笑)

  そしてこれで静鉄新型A3000の「rainbow trains」プロジェクトも完成で、残り4編成がどんな感じで登場するのかそちらも楽しみです。
 おそらくステンレス地のままで登場し、広告ラッピングが施されるのだと思いますがまず最初が(A3006が「静鉄100周年ラッピング」でしたがまあそれは”社内”のものなので)何の広告ラッピングなのか心待ちにしようと思います('ω')ノ






コメント