Recipientとして生きる

肝移植をうけて13年が過ぎました。
ボーイスカウト札幌第9団団委員長として活動を続けています。
健診の日々です。

団キャンプ・71回目の誕生日

2022-09-19 11:00:37 | ボーイスカウト
 
令和4年9月10日・11日に真狩野営場で、3年ぶりに団キャンプを行いました。今までにない晴天に恵まれ、特に初日は360度雲のない全くの快晴で、羊蹄山がこれほどきれいに見えたことはありませんでした。「収穫の秋」を堪能したキャンプでしたが、夜に私と副団委員長の北野和さんの71回目の誕生日祝いを行ってもらいました。ケーキに「71」のろうそくを立てて吹き消しました。何とかこの年まで生き延びてキャンプができるというのはありがたいことですが、少々面はゆい気分です。最近はあまり体調がよくなく、キャンプ後も疲れて1日中寝ていました。ただ、新しいスカウトも加入し、何とか来年2月のスキーレクには行けるよう、体調を整えていきたいと思います。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

第18回日本スカウトジャンボリー

2022-09-04 11:01:53 | ボーイスカウト
 令和4年8月5日から10日まで、第18回日本スカウトジャンボリーが開催されました。新型コロナウィルス感染の影響で、今回は全国の地区での分散開催となりました。北海道・東北ブロックの北海道会場は真狩野営場で、約100名のスカウトと100名の指導者が参加しました。私は救護班員として7日まで参加しました。久しぶりの大会奉仕で、正直なところかなり疲れました。体力、気力の低下を実感した大会でした。過去の大会と違い、救護班の最大の任務は新型コロナへの対策でした。持ち込まない、移らない、移さないが基本で、慎重に準備しました。それでも最終日、または帰宅後2-3人の感染が確認されたようです。
 密を避けるため、集まっての炊事や飲食は制限され少々味気ないキャンプでしたが、2-3年ぶりのキャンプ大会であり、楽しいキャンプを経験できたと思います。私個人としては、体力的にもこれが最後の奉仕と思い定めました。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

久しぶりの沖縄

2022-04-22 10:59:04 | 旅行
 令和4年3月に沖縄に行ってきました。沖縄県立南部病院に勤務していたのが40年前、前回の沖縄訪問は20年前でしたので、那覇空港がまったく新しくなっていたのと、モノレールを含めて那覇市内が大きく変わっていたのにはびっくりしました。レンタカーで海洋博記念公園から南部の御嶽までぐるりとめぐってきました。一日雨に降られた日がありましたが概ね晴天で、温かい沖縄を満喫しました。ただ、南部病院は統廃合で既になく、住んでいた糸満市も昔の面影はありませんでしたが、明らかに大きく発展していました。元気なうちにもう少しゆっくり滞在したいものです。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

素晴らしいカムイスキーリンクス

2022-01-24 13:28:39 | 旅行
 1月17日、稚内市に車で向かいました。同日中川町に宿泊し、18日は北大農学部研修林内の施設で検診を行いました。17日から18日にかけては降雪が激しく、しばしばホワイトアウト状態で恐ろしい思いをしましたが、中川町と稚内市のホテル宿泊中に温泉でのんびりすることができました。19日に稚内市での住民健診ののち旭川に向かいました。この日は幸いに晴天で快調に旭川まで運転しました。そのまま札幌に帰らず、旭川に宿泊することにしていました。もし状況が良ければカムイスキーリンクスでスキーをしようと思っていたからです。以前、玉越スキースクールの校長にお勧めのスキー場を聞いたところ、即座にカムイスキーリンクスの名が上がりました。カナダのスキー場の雰囲気によく似ておりとても良いスキー場だとほめていました。今回の検診の日程を見て、少々体力的にはきついがチャンスはもうないと思い、とりあえずスキー用具を持っていくことにしたものです。
 旭川パークホテルに宿泊し、おいしい夕食と朝食を堪能して天気を見ると快晴です。約30分ほどでカムイスキーリンクスの着きました。平日の午前中でガラガラです。ゴンドラで頂上に登り、ゴールドコースを滑ってみてびっくりしました。コースがとても広くて長い。すべて圧雪されており斜度30度が全く怖くない。まるで自分がうまくなったと錯覚する滑りやすさです。ゴンドラの他のリフトも適切に配置されていて、コースも初級から上級まで堪能できます。けがが一番怖いので圧雪されていない上級コースにはいきませんでしたが、第5リフトのダイナミックコースはさらに斜度がきついのにとても爽快でした。頂上から大雪山連邦がはっきり見える晴天、無風、雪質抜群、人はまばらでコースは広々、言うことはありません。ついつい調子に乗って滑りすぎて足に負担がかかってきたので、もう少し滑りたいと思ったところで札幌に帰りました。
 撮った写真では、コースのダイナミックさを伝えることはできませんが、私にとっては、ニセコ、ルスツ、富良野より面白いと思いました。そばに宿泊施設がなく札幌からだと遠いのが難点ですが、もっとスキーヤーが増えてもよいコースだと思います。

 この写真は上からゴールドコースを見たものです。ハードな検診の出張でしたが、最後にご褒美をいただいた気分です。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2021年12月25日

2021-12-25 09:03:35 | 日記
 今年も新型コロナウィルス感染の影響が続き、開催に賛否はありましたが「東京オリンピック・パラリンピック」が開催され、日本人の新しいメダリストが多数誕生しました。私が特に印象に残ったのは女子バスケットボールチームです。身長差を激しいでフェンスと素早い攻撃、外角のシュートを皆で狙う姿勢はとても小気味が良かったです。ただデイフェンスの技術と速さ、どこからでも打てるミドルシュートの技術と精度、それを支える体力は、どれだけ練習したのか見当もつきません。チーム全体の意思統一がまったくぶれることなく一貫していました。監督と選手たち、スタッフに敬意を表します。
 その後、なぜか急速にコロナ感染者が減少し、久しぶりにボーイスカウト9団の団行事、年末集会を行うことができました。やはり皆でつくつきたてのおもちと雑煮、大福はとてもおいしかったです。

 今年の8月に札医大に入院して心房細動に対するカテーテル手術を行いました。高々4-5日間の入院なのに、意外に体力・気力が落ちてしまい、回復に時間がかかりました。やはり70歳という年齢は正直です。しかし、今年も玉越プロスキースクールでレッスンを受け、2月にはボーイスカウトの団集会として、ニセコアンヌプリ国際スキー場でスキーレクを行う予定で、とても楽しみにしています。
 それではみなさん、よいお年をお迎えください。弥栄!!!
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする