Recipientとして生きる

肝移植をうけて10年が過ぎました。
ボーイスカウト札幌第9団団委員長として活動を続けています。
健診の日々です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

肝臓移植を受けて10年が過ぎました。

2018-04-07 10:41:46 | 生体肝移植
 平成30年4月15日で、生体肝移植を受けて10年になります。肝臓癌の再発もなく、拒絶反応も強いものはなく、日常生活を送れることがとてもありがたいです。しかし、昨年は春先から調子が悪く、けがで運動ができなくなったことが始まりで、体力がどんどん落ちていくのがわかりました。少し良くなったところで再度同じところを故障し、また動けなくなりました。幸いに昨年4月から非常勤となり、また乳癌検診での触診がなくなったことにより、仕事の量が少なくなったので、何とか乗り切ることができました。
 肝臓移植後の合併症である胆汁排泄障害による皮膚のかゆみと、免疫抑制剤の影響と思われる皮膚炎が一緒になった全身のかゆみがだんだん耐え難くなり、睡眠不足、不整脈発作など、10月11月が最悪の状態でした。切羽詰まって漢方に詳しい先輩に相談し、漢方薬のアドバイスをもらいました。その中で、当帰飲子と消風散の組み合わせにより、少しかゆみが取れてきました。完全に収まったわけではありませんが、夜寝られる程度には効いています。
 この冬は、またスキーに挑戦しようと思っていましたので、スクールの玉越校長から推薦されて、新しいHEADのスキーを買いました。滑ってみてびっくり!滑りとキレが全然違います。正月に手稲で滑って転びまくり、あわててヘルメットを着用することにしました。昨年よりスクールの回数は増えたのですが、基礎的な筋力がすっかり落ちていて全然上達しません。新しいスキーに慣れるだけのシーズンでしたが、来シーズンへの良いモチベーションになりました。
 スカウト活動は続けています。昨年4月にビーバー隊が復活してほっとしました。今年度も札幌地区の登録人数は減少し、団も一つなくなってしまいました。地区協議会長も務める身としては寂しい限りです。そんな状況で登録料を値上げしようとする日本連盟が信じられません。公益財団法人なのに赤字決算とは何事でしょうか。理事会が無能であったとしか言いようがありません。値上げするとまた登録者が確実に減ることになります。少なくとも、現理事会は辞職するべきでしょう。とはいえ、スカウト活動が素晴らしいことには変わらないなので、今後も地道に活動していこうと思っています。写真は団スキーレクでスカウトとコーチのリーダーと撮ったものです。

 この4月から札幌複十字健診センターで乳腺の超音波検診が始まります。準備から3年かかりました。先日、日本乳腺甲状腺超音波学会に参加しましたが、知識と経験の不足を痛感しました。今年は超音波検診の精度を上げることに努力したいと思っています。
 あっという間に4月になりました。体力、気力とも徐々に戻っているので、ブログもできる限り更新していくつもりです。よろしくお願いいたします。
コメント

春の旅行

2017-03-27 15:33:19 | 旅行
 3泊4日の旅行に行ってきました。幸い好天に恵まれ、多少寒かったものの、各名所を巡ってきました。初日は以前から念願であった姫路城を訪れました。やはりその大きさと色の白さに圧倒されます。平日夕方であったため観光客が少なく、順調に回ることができました。桜の季節には少々早かったのが残念です。やはりお城には桜が似合います。

 2日目は、足立美術館、出雲大社、松江市と回りました。足立美術館の庭は有名なだけあってさすがにすごいものです。日本画を中心とした絵画も素晴らしいもので、四季ごとに展示が変わるとのこと。庭園も四季折々に変化するようで、また来てみたい美術館です。
出雲大社と松江市は30年以上前に学会で来ているのですが、ほとんど覚えていません。それなりに楽しむことができました。
 3日目は鳥取砂丘、出石町、天橋立と回りました。砂丘と出石町は初めてで、砂丘の広大さには圧倒されました。出石町は名前も読み方も知りませんでしたが、こじんまりとした城下町でした。天橋立も30年以上前に来たのですが、リフトに乗った記憶がありません。天気も良く風もなかったので、リフトで降りるときの景色が一番でした。

 最終日は天空の城として有名な竹田城址に登ってきました。想像したより規模が大きく、立派な石垣、すごい景色にびっくりしました。ただ雲海に浮かぶのを見るのは観光では無理というのもよくわかりました。
 札幌に帰ってきて雪が積もっているのにびっくり。さすが札幌です。桜を見るのには4月が良いのですが、4月1日からびっしり大学の健診が続きます。今の職場にいる限りは無理でしょう。
 肝臓に入っている内外瘻チューブを太いもの2本にしてから、肝機能などは落ち着いてきましたが、全身の皮膚のかゆみは収まりません。免疫力の低下からアミロイド苔癬になっており、ステロイドの外用もあまり効きません。いろいろ工夫しながら生活しているものの体力の衰えはかなりのもので、4月からはちょうど年齢的にも区切りが良かったので常勤から非常勤になり、休日が増えることとなりました。確実に週休2日であることがうれしい。なんとか少しずつ体力を戻してブログも頻回に更新したいものです。

コメント

ご無沙汰しております。

2016-10-30 21:11:14 | 日記
ご無沙汰しました。
今年はずっと体調が悪く、勤務やボーイスカウトの活動を無難にこなすのがやっとでした。夏には松本での学会に参加し、その後飛騨高山、金沢と回りましたが、その後なかなか体調が戻らず、ブログを更新する気力がわきませんでした。

体調が戻らない最大の原因は全身のかゆみです。肝機能の低下から全身掻痒となり、その後は皮膚そのものが苔癬のように変化して常時かゆみが続き、時に睡眠不足になるくらいでした。同期の皮膚科医のアドバイスで軟膏を調整してもらい、入浴時の体の洗い方も変更して少しずつ改善してきました。10月にドレナージチューブを少し太いものに変更してからさらに良くなって、やっとブログを更新する気力が出てきました。また少しずつ書いていきます。
コメント

四国旅行

2016-04-12 14:06:59 | 旅行
3月中旬、初めて四国に旅行に行きました。正確には40年以上前に呉から松山に渡って数時間で帰ってきたことがありますが、実質的には初めてです。
高松空港に降り立ち、バスで松山・道後温泉に向かいました。途中石鎚山が頂上まできれいに見えて感激しました。道後温泉で1泊して足摺岬に向かい、そこで1泊して四万十川を経由して高知市に入ります。高知城や桂浜を見学して1泊。大歩危・小歩危を経由して金毘羅さんに参拝し、徳島・渦潮の鳴門で1泊したあと、栗林公園などを見て高松空港から帰りました。
このように書いてみると、大体のところは行っています。お遍路が目的ならいろいろ面白いのでしょうが、観光としてはもう十分な気がします。比較的天気に恵まれ、食事はどこもおいしく、柑橘類はどれも甘くて美味でした。

コメント

3.11

2016-03-12 11:55:27 | 日記
5年前の3月11日のことはよく覚えています。北大第一外科(当時)の医局で、同門会の仕事をしている最中にぐらぐらっと揺れました。テレビで流れた津波の映像に愕然としたものです。災害、事故、病気やけが、いつどこでどのようになるか、まったくわかりません。今の時点で、北朝鮮が米韓合同軍事演習に対して「先制攻撃」も辞さないと警告しています。数日のうちに戦争が始まるかもしれません。
もうすぐ肝移植を受けて8年になります。ここまで生き延びられるとは思いませんでしたが、幸運にも仕事ができ、ボーイスカウトの活動もでき、たまに旅行まですることができています。ただ、ここ数か月、体調がかなり落ちているのを自覚しています。かゆみも強くて熟睡できる日はまったくありません。いろいろな原因でいつどうなるかわからない。ボーイスカウトのモットーは「備えよ常に」で、これはもちろんポジティブなものです。種々のことに対していろいろな意味で備えておいて、ことが起きた時に最善を尽くせるようにしよう、というものです。しかし、私にとっては、いつ死んでもよいように常に準備をし、やり残しがないように努力しましょう、という意味です。

今年もスキーレクが無事終了しました。年々少なくなる参加者、スカウト、リーダーですが楽しく過ごせました。来年度はビーバー隊に続いてカブ隊まで登録不能になってしまいました。すべて団委員長である私の責任ですが、だからと言って責任とってやめますとはいかない。それこそビーバー隊、カブ隊の復活と増員が責務であり、それが果たせないうちは死ねない、との思いです。そのほかにも仕事上やり残していることが2,3あります。何とか成し遂げようと、少々焦っているのかもしれません。やるだけやって結果は天におまかせという心境に早くなりたいものです。
コメント