ブログ アピカ西脇

アピカ西脇・レントン通りの周辺情報を発信します

植栽の虫食い部を補植

2015-07-15 13:47:23 | 日記

        補植しました!

 西脇ロイヤルホテル側と三井住友銀行側にそれぞれアピカ中央通を隔てるように低木の植え込みがあるのをご存じだと思います。レントン通りのけやき並木同様、毎年緑の葉で多くの人たちの眼を癒して来た植栽の姫クチナシが、昨年当りから所どころ虫食い状態になっていました。

 原因は、カイガラムシによる被害です。幹の所々に白く張り付いたカイガラムシが樹液を吸い、枝の表皮は黒く変色していました。何度か消毒液を散布するのですが、一網打尽にという訳に行きません。黒く変色し、枯れた姫クチナシの植栽を虫食い状態のまま放置する訳にいかず、昨日(7月14日)補植しました。

 しばらくは、幹も太く、青々をしている木の中で少し見劣りがするかも知れませんが、立派に育ち、また皆さんの目を癒してくれるよう育てていきたいと思います。通りがかりに気が付かれたら、「元気に育てよ~!」と声を掛けてやってください。

                     

                              

コメント

社会を明るくする運動

2015-07-10 11:44:12 | 日記

           第65回社会を明るくする運動

 今年も、“社会を明るくする運動”のもも太郎旗が、レントン通りに立てられました。

 各旗には『犯罪や非行を阻止し 立ち直りを支える 地域のチカラ』という

 スローガンが掲げられています。この旗は、西脇市、多可町内の各所に立てられ

 ています。

 社会を明るくする運動は、今年で第65回目を迎え、法務省が主唱する事業です。

 特に、7月を強調月間として、全国各地で様々な行事が展開されます。

 この運動は、昭和24年7月1日に施行された「犯罪者予防更生法」により、新しくスタート

 した更生保護制度の実践活動として、戦後の荒廃した中にあって、かねてから街にあふ

 れた子供たちの将来を危惧していた東京・銀座の商店街の有志が、保護少年のための

 サマースクールの開設資金の造成などを目的に、自発的に同年7月13日から1週間に

 わたって「犯罪者予防更生法実施記念フェアー(銀座フェアー)」を開催したことにはじ

 まります。 

 西脇多可でも、保護司会が中心になって、犯罪を犯した人たちの更生、社会復帰を支援

 する活動が日々行われています。

 

 

コメント