ブログ アピカ西脇

アピカ西脇・レントン通りの周辺情報を発信します

蝉の合奏

2012-07-26 09:57:15 | 日記

 2匹のアンサンブル

いよいよセミの本格的な合奏がはじまりました。

特に午前中は、合奏というよりも交響曲を奏でていいるかのようです。

静かに1匹が奏ではじめると、2匹目、3匹目と続き、木々にとまっているセミたちが続き

大きな響き・・・・・、やがて、耳をつんざくような最終章へ、

そして、一瞬、周囲が静寂に包まれます。

実に上手いものです。

 個性

よお~く見ていると、とまった枝に先客のあることが判り、

遠慮?し、自ら居場所を求めて飛び立つセミ

陣地争いをしかけ、先住者を追い出すセミ

同じ枝にじ~と動かないセミ、

同じ所にとどまらず、次から次へと移動するセミ

それぞれ個性があることが判ります。

 コントラスト

ケヤキの最上部枝の浅黄色の葉が目につきました。

深い緑の葉で覆われた中で、新緑の枝が伸びて

そのコントラストがほほえましく思えます。

 清 掃

30度を超える日中、レントン通り並木の根元の清掃をしていただいていました。

梅雨の雨で蓄えられた十分な養分で、雑草が大きく成長していました。

このような状況にでくわすのは稀ですが、

定期的管理によって、まちの景観、景色は維持されているのですね・・・・

 

コメント

梅雨明け

2012-07-20 13:42:21 | 日記

     梅雨明け と 蝉

 

 7月17日の梅雨明け宣言を待ちかねたかのように                                                

 レントン通り並木からいっせいに蝉が鳴き始めました。

 地面から2mぐらいのところで脱皮した幼虫の殻が

 あちらこちらで見かけられます。

 これから、毎日、セミたちの鳴き声が周囲に響き渡ります。時として、

 セミたちの鳴き声は、日常の話し声を上回る大合唱となります。

 それほど大きな大合唱も不思議なことに、ストレスにならず

 耳にやさしく癒される気持ちになるのが、実に不思議です。

 

コメント

影絵

2012-07-10 10:18:03 | 日記

    影  絵

  アピカ西、レントン通りのケヤキ並木と西陽があやなす影絵    

  アピカ北棟西側の2階への階段の道路側壁面

  くっきりと描き出された葉の一枚一枚

  並木の涼やかな木陰の下で見る壁面は                                          、

  まるで大きな壁画を見ているようです。

  また、時間とともに変化し、風に揺れる影絵の様

  壁面最上部にとまっている1羽の動きが

  まるで壁面に映し出された動画を見ているようです。

   

    しだれケヤキ

  風にゆらゆら揺れる長く伸びた枝は、

  しだれ柳ならぬ しだれケヤキとでもいうのでしょうか・・・・

  思わず見とれてしまいます。

コメント