ブログ アピカ西脇

アピカ西脇・レントン通りの周辺情報を発信します

萌黄色

2012-05-08 10:03:00 | 日記

レントン通りのケヤキ並木が 一変しました。

連休前には、木々によって装いの速さが異なっていましたが、

ここにきて、 並木すべてが萌黄色で覆われました。

これから本格的に植物の生命維持のための光合成が営まれるのでしょう。

光合成は、植物の葉を舞台として水を分解し、酸素を放出し、二酸化炭素から糖を合成する行為をいいます。

光合成(こうごうせい、英: photosynthesis)は、主にや植物や植物プランクトン、藻類など光合成色素をもつ生物が行う、光エネルギーを化学エネルギーに変換する生化学反応のことをいいます。光合成生物は光エネルギーを使って水と空気中の二酸化炭素から炭水化物を合成します。また、光合成は水を分解する過程で生じた酸素を大気中に供給することで、環境にも貢献しています。

 

光合成」ということばを初めて使ったのはアメリカの植物学者チャールズ・バーネス(1893年)で、かつては炭酸同化作用(たんさんどうかさよう)とも呼ばれていましたが、現在はあまり使われないようです。
 
萌黄色の葉もこれからグ~ンと濃い緑に変化していき、癒しとなり、木陰を提供してくれます。

    

コメント (1)