AManTo天然芸術研究所

大地のため、時代のため、消費されないアートを求めて…
EART(天然芸術)の今を紹介するブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

インディーズムービーフェスティバル5位入賞!

2006年08月26日 | 天然映像芸術 <天影公司>
結果発表!
天人でお客さんに声かけて作った映画ハローホライズンは応募総数366中
全国五位になりました!
吉川監督おめでとう!
そして応援してくださった皆さんありがとうございました!

思えば1年前、ベスト20位に選ばれ、そこから1年間戦い続けてきたインフェス
全国の皆さんのおかげであちこちで宣伝活動をさせてもらい、旅をしました。

映画作りのあたらしい方法論として、「CAFEに集う人に声かけて撮る」という手法が全国にどれだけ通用するかというチャレンジだった今回の企画…

これは他人の夢は僕の夢、僕の夢はあなたの夢という
「この指とまれ方式=天人」を具体的な形にしたものでした。

互いのかかわりの中で上下関係のない相互の学びあい(響育)は、見事にハロホラチームにも無意識的に影響し、驚くほどアットホームで、
それでいて規律のとれた仲間を生みました。

それしてそんな必然で生まれたグループに全国の多くの人が共感し、上映会を開いていただいて本当に感謝です。

このシステムは教育の学校。物づくりの現場、仕事。そして消費と経済が
有機的につながり混在したシステムなのです。
昔、日本は丁稚奉公で働く事が学校だった。
読み書きを地域の寄り合い所で町内の仕事に関わる場所、寺子屋で学んだ
消費や、経済はその土地にすこぶるエコだった。
そこで生きる人は粋で美しいかった。


このシステムを現代風によみがえらせようとするのが天然芸術研究所の様々な取り組みです。

そして今回は「ハロホラ」一年(製作から数えると2年)の活動は
この「天然芸術」は、個人の意識から無意識、潜在意識を繋ぎ、現象を動かすアートなのだという事を発見させてもらった
大きな実験でした。

天然芸術の定義や研究は天然の芸術が太古からあって
あまりに伝統的で取り立てて意識化する事が難しかったレベルの意識構造だったため現代までほとんど手をつけられずにいたように思います。

つまり芸術を意識化する科学であるので
世界で一番、当たり前で、なおかつ、
もっとも解明させていないアートであるといえるのです。

天然芸術はエコでロハス、スローなアートであるのは当然で、
我々の立場からすれば
逆にもともとあった天然なる生き方がアート以外の何者でもなく、
それがバラバラになってしまった現代、
もう一度それを軌道修正し統合しようとする人の無意識が
処方箋(またはキーワード)として生み出したのが
「エコロジー」であり「ロハス」、「スロー」という言葉なのだといえるのです。

WEB2.0の技術革新は我々に、物づくり、流通、循環社会のあり方に
様々な可能性を示してくれています。
が、それを使う人の意識(EART=天然芸術)の研究開発は
手つかずの状態…

オープンソースやSNSという考え方自体が、
人と人の脳みそが繋がっていく事なので、
僕らはその繋がり方にもっと敬意払って、注目しなくてはいけません。
(ある意味、安易に繋がらないように)

科学幾ら進化しても我々がウエブネットワーク以上に
深く大きな地球生態系ネットワークとの関わりを開発しなければ、
我々の存在は地球にとって、さらに加速度的にこの星の生態系を
乱す可能性のある両刃の剣なのです。

我々がこの星の次世代神経ネットワークになるために、
個人の夢(言い換えると欲望)の消化、昇華の仕方を学ばなければなりません。

天然芸術として、ある意味最もエゴティックな映画づくりはに取り組む事は
挑戦であり、必然です。
我々も、まだまだ研究開発途上であり、これに関わった人々が認められていく事で社会に物づくりのソフトで美しいやり方を提案、啓蒙していこうと思います。

そしてこのプロジェクトに関わった人がそれぞれのジャンルで相互に学び、
天然の芸術家と言われるような次世代のアーティストになれるよう
そのために少しでもお役にとれるように僕はがんばっていきます。

全国に共感してくださった皆さん本当にありがとうございました!
そしてこれからもどうぞ
よろしくお願いします!(^^)
コメント   トラックバック (6)

「或る探偵の証明」のHPつくり

2006年07月11日 | 天然映像芸術 <天影公司>
大阪の下町
中崎町、浮田町の有志が集まって作られた
映画「或る探偵の証明」…
浮田町にある「和み屋さん」のマスター山口監督作品だ。
苦労の末撮影が終わり、只今編集真っ最中…

そこで宣伝のためのHPを中心とした告知を
なんの因果か僕が担当する事になった。
(僕はありがたくも主演の直江白男役で出演中)

確かに半端でなく思いいれのある作品なのだが
責任重大!

是非、多くの素晴らしい監督に出会えるこの町で
この作品も世に広めて行きたい!
僕は中崎町を日本の下町ハリウッドにしようと企んでいるの
だけど、今回、この両方の町の人間がガッチリ手を組んだのは
とても素晴らしい!
そして今年この2つの町の中間にプラネット+1という会員制の映画館が
引っ越してきた。
これもこのムーブメントの大いに確信が持てる事実だ!
代表の安井さんは以前から中崎周辺に引越し場所をさがされていた。
何度も物件を一緒にみにいったが木造が多いこの近辺は映画のフィルムには
大敵だ。安井さんは大重潤一郎監督の紹介で色々ご一緒させてもらった日本有数の
フィルムコレクター。そしてその右腕である富岡さんは日本の若手映像作家を
海外に紹介されている日本屈指の映像キュレーター…。

これに僕ら庶民の映像作家たちがこの町で世界に通用する文化を発信できれば…
きっと下手な開発の手もストップさせる有効な力になるに違いないと考えている。
商業ベースにならざるをえない映像芸術とこの町にある大阪駅から徒歩圏内なのに
昔のしきたりや祭りが焼け残っている不思議な地区の不思議な「天然芸術」を
うまくプロヂュースする事で、下手な町おこしで商業的に成功し、文化的には
敗北する多くの町おこしとは違うオルタナティブな道を提案できたら
それこそ天人らしいと考えています。
そのためにはやったことないウエブにも恐れず挑戦しよう!
がんばるぞ!


是非、監督一家、山口組の皆さんにお役にたてるよう努力してみます!
コメント   トラックバック (11)

映画と下町のいい関係(中崎町の場合)

2006年06月20日 | 天然映像芸術 <天影公司>
いろんな人が集まる大阪の下町中崎町
空襲で焼け残ったこの町は大阪駅から徒歩圏内にも
関わらず、祭りや隣組がのこる神話のある町。

この下町で天然芸術のコンセプトは完成され
研究所が生まれました。
当然、今をときめく映像文化と天然芸術、そして中崎町の関係は
切っても切れない仲なのですが、

そのグループで中崎を訪れている通りすがりの人に声をかけて
作られた映画「Hello Horizon」が又新たに映画祭に入選、
ノミネートされました。


ここでは
先日締め切られた第8回インディーズムービーフェスティバルで
「Hello Horizon」に投票してくださった多くの方にお礼とご報告をかねて
中崎と映画について書かせてもらいます。

最初にハロホラに投票していただいた皆さん
本当にありがとうございました!!

結果発表は2006年8月25日。
最終ランキングでは第2位だったハロホラに
奇跡の逆転を信じつつ皆さんと吉報を待ちたいと
考えています。

現在新たにノミネートされたのは
SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2006コンペティション部門
です。http://www.skipcity-dcf.jp/
僕は埼玉の映画祭にいってきます。
又詳しく報告させてもらいますね(^^)

 中崎町はアート関連の専門学校もある事も手伝って
実は、毎年かなりの自主映画が製作されているエリアです。
(知ってました?^^)
テアトル梅田も近く、何より、「太陽の塔」さんの移転に伴って、堂山町の知る人ぞ知る会員制映画館「プラネット+1」さんが中崎に引っ越して来られました。名実ともに「映画館のある
下町」になることができました!

この動きは何時ごろから始まったのでしょう?
学校もカフェもほとんど少なかった今を去ること5年前、
限りなく住宅街だった中崎に
「子供をつくるように作品を作ろう」というコンセプトで始まった天人(AManTo)のシネ天人周期上映会というものがあり、28日ごとに無審査で作品を上映するこの企画が中崎の映画ムーブメントのきっかけになったことは間違いないでしょう。

2年ほどまえ小津安次郎生誕100年のとき
映像作家ホウ・シャオシェン監督が、敬愛する小津安二郎監督へのオマージュとして「珈琲時光」という映画が作られたのですが上映していたテアトル梅田さんは中崎町との連動企画を実施、中崎町スタンプラリーを開催しました。数十店舗が協力し「珈琲時光」というオリジナルブレンドまで開発され(ダイヤモンド珈琲)、ジャムポットさんや、いとへんさん、天人で販売されました。

そして
この面白い人たちが集まって皆で何かできないか?
そうだ「映画」を作ろう!
(映画は総合芸術なので皆が参加できる)
と思い立った人達がいます。
映像制作お手伝い集団「天影公司」というグループです。
「Hello Horizon」…「ナポリタンデイス」(吉川信幸監督作品)などの作品を生み出し今年は浮田町と中崎町の有志の募ってほとんどこの近辺だけで撮影され作られた映画も登場!(浮田町、和み屋の山口監督作品「ある探偵の証明」)


十三の「第七芸術劇場」の復活を記念して同じく下町から世界へのコンセプトで作られた映画も一部中崎がロケに使われています…(怪しい漢方薬局の店がでてくるのですがそれが閉店した旧陽炎座です…)


約5年前から仕掛けられたこの水面下のムーブメントは
いよいよ水面から顔を出し始めたようですね。

下町から世界へのコンセプトにご協力いただいた
多くの皆さん、そして今回、実は「下町ハリウッド」
として静かに動き出している事をしった皆さん!
是非これからも映像関係の連中の事を
暖かく見守ってやってください!

そしてもし面白いなと思った貴方!
映像作品の制作、上映に参加してみませんか?


コメント   トラックバック (11)

「或る探偵の証明」撮影終了!

2006年06月09日 | 天然映像芸術 <天影公司>
天然芸術研究所でセットを組んで取り組んだ
映画「或る探偵の証明」がクランクアップした!
約4ヶ月かかったわけだが連日の稽古の中で
実際の撮影日はたったの6日で撮り終えたのだ
自主映画の言葉の意味はこの中崎町でかわり始めている…


ツヅキ…http://junjugem.jugem.jp/?day=20060609
コメント   トラックバック (12)

探偵物語(仮称)配役決定!

2006年03月20日 | 天然映像芸術 <天影公司>
ついに「探偵物語(仮称)」のオーディション結果発表があった。
結果は…なんと主演男優に決定!

以下はその配役…



■白男役 JUN      



■灰人役 安藤匡史(グレース)     



■エリ役  あだち理絵子(松竹芸能)


■目黒役   鈴木ただし ただっぴ   


■アイコ役 上田愛子


■キョウコ役  染谷有香   


■カケル役  元並貴文  芸名 葛原瑞穂 静寂優





■コック役  大庭 高志


■模型店店長役  本名 仲原勲   


■キャサリン役  竹雪ピカソ  


■ マドンナ役  川添公二   


■竜子役   一明一人


■マリーン役  浅野好邦 



■源さん  未定 


かなりの人数だったのでどうなることかと思ったけど
選んでいただいた審査員の方ありがとうございます!

全力でがんばります!
発表がかなり遅れたのも審査がとても難航したと聞いてます。

映画は残るものなので、取り直しがきかない世界。
そのときの自分を監督、演出家の期待する理想をやれるように
大勢の人間が本当に力をあわせてベストを尽くす世界。

特に山口監督は、これでもかというくらい稽古と演出を繰り返し
徹底的につくりこんでカメラをまわす人だから
本当に気合が入る!!

撮影は5月後半から…それまでの稽古で、役作りと体をすべて私立探偵「白男」
にもっていきたい!

願わくばこの映画のテーマ「カルマの克服」のとおり
この僕も白男のカルマを克服して彼になりきれますように!

僕が主演になった事で大幅にアクションも増やしてもらえるという事だから
ガンアクション、格闘技、殺陣など専門の方々がみてもウーンと唸るような
それでいて作品としても、しっかり芸術性の高いものになるよう
僕の役割をベストでこなします!

そして他のスタッフにお役に立てるよう(芸暦だけは長いですから…笑)
自分を捧げていこうと思います!

下町から世界に通じる映画を…という事でプロデュース側でがんばってきたのが
憧れの探偵ものという事でオーディションを受けてしまった今回の企画、
主演参加できるこのチャンスを天に感謝します!

いやあ!あきらめずに続けていれば夢は叶うものですなあ(^’)V

みなさん応援してくださいね!
コメント (1)   トラックバック (1)

探偵物語(仮称)オーディション!

2006年02月28日 | 天然映像芸術 <天影公司>
今日、探偵物語(山口雅和監督作品)のオーディションがあった…。

http://junjugem.jugem.jp/?day=20060228
コメント   トラックバック (8)

映画「探偵物語(仮称)」製作スタート 

2006年02月20日 | 天然映像芸術 <天影公司>
現在、インディーズムービーフェスで人気投票中の
われ等が天影公司の作品ハローホライズン(全国ツタヤ好評レンタル中)
に続いて、今お手伝いさせてもらっているのは、

同じ御近所CAFE「和み屋」のオーナーで
映画監督の山口雅和監督の作品「探偵物語」だ。

僕は普通に配役のオーディションに参加するつもりだったのだか
色々話している内に、ささやかながら配役、ロケ地候補などの
協力させてもらっている。(ありがたや!ありがたや!)
天人はそれこそ無尽蔵に未来に夢見る金の卵たちが集まる場所!
その人全てに少しでもお役に立てるのなら、
それは天人の至上の幸せなのだ(^^)

僕自身オーディションを受けるのはズバリ主役の探偵役「シロー」なんだけど、
主演候補は数十人に及ぶ激戦区となっている。
自主制作映画としては大変な競争率だ。
(実際かなり難しいだろう…)

役者オーディションの日が2月28日に決定!


場所は、大阪府大阪市北区浮田1-1-16、和み屋2階にて
(交通 天神橋筋6丁目駅13番出口上がって右手すぐの町屋)
内容は
①本人のプロフィール、今までの出演作品(コピー)など
できるだけご自身を表現しているものをご持参

②持ち時間は5分間。簡単な台詞あわせ、
 特技をお持ちの方はそれを披露

③発表は約一週間後メールにて

④オーディションに合格したら5月末から6月頭までの土日、4日間前後
 撮影に参加でき3、4月のほぼ毎週夜9時以降に、
 和み屋2階で稽古が出来る人


オーディションは監督、照明監督他数名の前で演技する…

さあ張切ってがんばろう!
あまりの激戦なので、合格するのは難しいだろうけれど、

どんな結果になろうともこの作品に関しては
色々な形でお手伝いさせてもらおうと思っている。
僕の紹介で7人以上の知人友人がこのオーディションに参加する…

映像は総合芸術、天然芸術をもっとも世界に広める可能性のたかいメディア…
日々の忙しさに揉まれながらも

ヤルゾ!

新たなる挑戦!




コメント   トラックバック (1)

新風館で「 Hello Horizon 」上映会

2005年06月23日 | 天然映像芸術 <天影公司>
「 Hello Horizon 」上映会史上最大もっとも大きな会場
京都「新風館」の日がやってきた。
前日まで東京でのダンスパフォーマンスと未塾WSを終え、この日、早朝からバスに
ゆられて京都いり、会場設営とリハーサルをお手伝いする。
会場準備をしていると
ひさしびりに出演者、製作者、スタッフの顔が次々揃ってくる。
本当に嬉しいものだ。

監督のヨッシーこと、吉川監督も心なしか緊張気味、それもそのはず、
舞台挨拶といっしょに監督役者のトークショーもある。
そしてスペシャルゲストとして
東京から挿入歌を歌っている「マーガレットズロース」の平井君も駆けつけて
ライブをやってくれる。

結局、この日新風館には
100人以上のお客さんが集まってくれて大盛況!

当日会場を手伝ってくれた天人メンバー、スタッフ、見に来てくれたみなさん!感謝です!

自主映画の場合、作った後の上映会や作品を見てもらうための展開をどうするか
そこが一番の課題!

実際作った所で燃え尽きてお蔵入りする名作は数多い!

その点、この映画の製作担当としての僕としては、やはり
「作品は見てもらってなんぼ」という所があるので、ここを大切にしたい!
監督、助監ともこの所は同じ考えで今回の企画も実現に漕ぎ着けた。

これからも全国での上映会の展開を考えていくつもり、
この作品を見て自分の街でも上映したいと思われた方!
是非ご連絡くださいね(^^)
コメント (1)   トラックバック (7)

映画という神話(ドラマ)実話という伝説(ドキュメンタリー)

2005年06月02日 | 天然映像芸術 <天影公司>


天人に関わる人たちが化学反応を起こして自然発生する芸術作品も当然天然芸術である。

だから、シネ天人という28日周期の自主映画上映会から生まれた映像製作グループ
「天影公司(tenei-konsu)」も当然、天然芸術の一部だ。

ここに関わる人達がそれぞれの道で天下人になってほしい…そんな思いでつくられた天人
映画という総合芸術は、あらゆるジャンルの人々の協力なしでは考えられない。
すなわち、天人に集うすべてのジャンルの人が絡める媒体が映画制作だという事だ。

あえて僕が映像製作部を作る理由もそこにある。
(こんな素晴らしい人たちを、もっと世間にしってほしい!)

今回、天影公司(tenei-konsu)が前面的にお手伝いさせてもらったのは
吉川監督の
「Hello Horizon」だ。

突然今日、監督のよっしーから電話があった。

彼がこの映画制作に当たって一番始めに目標にしていた映画祭、あの

「JUNちゃん!インディーズムービーフェスティバルに入賞したよ!!」



「Hello Horizon」が、第8回インディーズムービーフェスティバルで
全国の応募総数364作品の中から本戦に出場する『入選対象作品』となったのだ!
(第1回のグランプリは「あずみ」や「ゴジラファイナルウォーズ」の北村龍平)
ひゃー!!!

秋からこの「Hello Horizon」全国のTSUTAYAに並び、
ケーブルテレビ、BSデジタルなどで放送され
皆さんにもお見せする事が可能となりました!
その後、一般のネットによる観客投票により
グランプリが決まるのです!

みなさんの一票によって、この映画の行く末が決まります。
ぜひ僕らの自信作「Hello Horizon」をお見逃しなく(^^)

結果を動機として目標がむしゃらに進むのではなく
本当にもうそれをするしかない内側からあふれる想い

それが形になったとき、結果よりないより、生きるという事が芸術作品になる。
それはどんな作風でいこうとか、世間でなにが受けているのかいうマーケティングリサーチも存在しない。

監督がもう僕にはこれしか作れないと思えるものを作った時
そこに作風も個性も自ずから入ってくるしにじみ出る。

そこにリアルに生きる生を感じる時人は感動する…
まさしく吉川監督は天然芸術家だといえる。

その作品がちょっとづつ世間に認められていく事は本当に天人をやっててよかったと思う!

おめでとうヨッシー!
まだまだこれからが本番だ!気合を入れようぜ!!
コメント (1)   トラックバック (1)

映画という神話(ドラマ)、実話という伝説(ドキュメンタリー)

2004年11月12日 | 天然映像芸術 <天影公司>
天影公司(Ten-ei kon-su = 自主映画支援グループ)の、
お手伝い作品第2弾、吉川監督の次回作 「Hello horizon 」(仮題)の制作打ち合わせ


つづきを読む 


JUNの日記[JUNgem]


人気blogランキング
 
コメント   トラックバック (1)