東北アルパインスキー日誌 ブログ

東北南部の山での山スキー、山歩き、山釣りなどと共に、田舎暮らしなどの話を交えながら綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今年の冬は暖冬か?

2010年01月12日 | 田舎の話
先日の連休は月山狙いで準備を整えていたが、田舎に立ち寄ったところがもうどうしようもない大雪で、屋根に降り積もった雪はもちろん、落ちてきた雪が今にも窓を塞ぎそうな有様だった。

1日で雪を片付けてさっさと山スキーへという目論見は崩れ、結局2日間、朝から晩までスコップを振り続ける事になってしまった。田舎の年寄りを放っておく訳にも出来ず、11日(月)の晴天を羨みながら雪との戦いに明け暮れる。
この土地では週末の休みなど無く、何処の家でも若い衆(と言っても50~65歳)は週末の雪かきも仕事の内が当たり前。つまり、自分の様に山スキーで遊び呆けている奴は、親不孝者で脳天気な非国民と言われる。ちなみにお隣は2週連続で土浦の勤務先から駆け付け、往復9時間の運転で自宅帰着は深夜になるらしい。雪国育ちの人の根気と粘りはここで養われるのだろう。

都合の悪い事に頼りの除雪機は湿雪の為駆動ベルトを焼き切ってしまい、翌日の早朝に出張修理を頼んだが雪かきは追い付かない。結局直った物の肝心の雪を飛ばす羽のユニットがすり減っていると言われ、若いあんちゃんは修理の見積も出さずに、すかさず新車のカタログを取り出すのを忘れない。お前はいったい何のつもりだ?

今シーズンは暖冬のはずがこの大雪の有様で、すっかり予報が外れたと思いがちだが・・・・。
しかし、雪の量が多い割には気温が意外と高めで、日中は湿った雪で除雪機の雪も思う様に飛ばない。実際、毎年の最低気温はこの時期-14℃位にもなるが-5~8℃位で推移している。
そう、この地は標高450m程有り、内心では飯豊の温身平より高いのが自慢なのだ。
機械屋に話を聞いてみても今年は正月から除雪機のトラブルが多く、湿った雪が原因だろうと言っていた。結局暖冬なのだろう。

今年の積雪


12月頃には・・・。

コメント

蔵王連峰東面の雪崩コース  東北 山スキー

2010年01月08日 | 雪崩

今シーズンの初めには暖冬傾向とされてましたが、蓋を開けてみれば年末年始からの寒気が流入して北陸・東北では大雪となり、快適なパウダースキーを目論んだ山スキーやテレマーカーはすっかり予定が狂ってしまった。

雪不足の年末年始と比べればまだましな方だが、山の玄関口で登山を中止して派手な新年会になった方も多いのではないでしょうか?シーズン最初としては出鼻を挫かれた感じでしょう。

北アルプスと比べて標高が低く、北海道より緯度が低い南東北の山は極上パウダーに恵まれるチャンスは少なく、12月末から2月上旬位がベストシーズンと思える。
しかし、日本海側の月山・鳥海山・飯豊・朝日連峰はもちろん、ジェット気流の中心部が通り易いといわれる蔵王連峰は毎度の悪天候に見舞われ、中々そのチャンスは巡ってこない。

最近はこの付き合いきれない悪天候愛想をつかし、蔵王連峰東面の北屏風東壁や南屏風のコガ沢は足が遠のいてしまった。特に風の強さは半端なものではなく、全く情け容赦のない仕打ちに自ずと月山に足が向いてしまう。月山だったら諦めてツリーランで気を紛らせる事もできる。

しかし、蔵王東面のルンゼも好天に恵まれれば素晴らしいパウダーコースとなり、エクストリーム的な要素を持った南東北を代表するエリアとなる。比較的アプローチにも恵まれ、最近はボーダー・テレマーカーの皆さんも訪れている。

しかし、忘れてならないのが雪崩への警戒心であり、雪崩の通過コースの事前認識も怠ってはならない。最近はビーコン・スコップ・プローブの携帯が常識となっていますが、道具は使いこなしてこそ初めて機能し、机上講習と訓練を積み重ねたと言って実践で即役に立つとは限らない。実体験だけは御免こうむりたいので訓練には限度があり、また、自然の脅威は人間の理解を超える事も有りえる。

自分では幸い本格的な雪崩に遭遇した事はないが、雪崩についての十分な知識を持ち合わせている訳でもない。むしろ初心にかえって基礎から学びたい気持ちもある。雪崩と天候に関する正しい知識と観察力、そして人間の力の及ばない自然の脅威と時の運が全てを支配する。

また、講習とか訓練は重要だがそれ自体が目的化し、活動の範囲を自ら狭めて山行計画が萎縮したり、必要以上にただ恐れる事態も避けたい。大切な事は知識や観察力の習得と共に、フィールドでの実体験と経験を積み重ねる事だと思う。天候や雪の状況判断などは他人任せで決して身に付くものではなく、自分で努力しないと成果は上がらないだろう。


【蔵王東面の雪崩エリアの一部について】

通い慣れた蔵王の東面で観察された画像ですが、今後このエリアを訪れる方には参考にして頂きたいと思います。但し、天候・積雪量によって状況は多様に変化すると思われますので、画像は全体の一コマであり全てでは有りません。


①2005年3月6日 蔵王連峰東面 北屏風東壁の雪崩れ

北屏風(屏風山)に突き上げる雪稜の両側のルンゼが雪崩れ、左側の斜面(コース02)は東壁の基部までデブリが達しています。また、右の斜面(コース01)は山頂付近から雪崩が発生したという報告が有ります。


②2006年1月29日 蔵王連峰東面 コガ沢の雪崩れ 

南屏風から北屏風にかけての鞍部には1月頃に大きな雪庇が発達し易く、大きく成長して重さに耐えかね時、毎年1月下旬から2月上旬にかけてコガ沢に大きく崩壊している。デブリはコガ沢まで達する大規模な雪崩で、これによってコガ沢の滝壺が埋まります。


③2009年2月11日 蔵王連峰東面 お釜斜面の雪崩

五色岳山頂から馬の背稜線側の斜面を撮影した画像ですが、稜線直下から全面雪崩が発生し、基部にデブリが堆積しています。通常馬の背を歩いている時は見る事は出来ませんが、降雪直後には時々雪崩が発生している可能性が有り、お釜斜面を滑る際には慎重な判断が必要です。


④2009年1月16日 蔵王連峰 丸山沢ボール斜面のノドの部分

熊野岳山頂から滑り込んだ最初の斜面カラ滝付近。早い時期に大きな雪崩が発生していると思われます。


【番外編】



⑤2010年2月24日 朝日連峰 石見堂岳に至る南東尾根斜面(1120m付近)で発生。

2012年12月30日 湯殿山東斜面の雪崩

2012年12月30日 湯殿山東斜面山頂付近の雪崩



なお、冬山を目指す方スキーヤー・登山者は雪崩跡を目撃するケースが有り、雪崩の画像又は情報が有れば積極的に公開して頂きたいと思います。より多くのデーターを集約して情報を共有し、積極的に活用する事でリスクの低減を図り、事故防止へと繋がれば何よりと思います。


【関連サイト】   東北アルパインスキー日誌>
   http://alpaineski.sakura.ne.jp/

コメント