東北アルパインスキー日誌 ブログ

東北南部の山での山スキー、山歩き、山釣りなどと共に、田舎暮らしなどの話を交えながら綴っています。

仙台市 野草園・資福寺の紫陽花 2020.07.05

2020年07月05日 | その他

あまりパットしない天気に午後からは仕事が入って身動きがが取れない1日。家の中にいるのも鬱陶しいので近所の野草園と紫陽花寺で有名な北山の資福寺へ。
野草園は訪れる人もまばらで静かだったが、資福寺の紫陽花は今が見頃なのか大勢の人が押し寄せ、駐車場に至る車1台が通れる程度の狭い道路は渋滞で、団体さんらしき方々もいてもう大変でした。

【関連サイト】 

東北アルパインスキー日誌

 

 

コメント

余り有難くないお客 2020.06.14

2020年06月14日 | 田舎の話

この時期は田舎の家の周りの草刈りに追われて山登りどころではない日々が続く。午前中で何も作って無い畑と家や車庫周りの草刈りが終了すると午後からは雨。

一服していると窓のカーテンにはやたらと大きい蜂が一匹。4.0cm近くありそうな黒い蜂は黄色スズメ蜂の様だが、近づいても逃げず攻撃してくる気配もない。女王蜂にしては時期が遅すぎる気がするが、どうやら久しぶりに家の換気のため窓を開けておいた時に入ったのだろう。

スズメ蜂は中学生のころから50年以上のお付き合いで、山の下刈りや山登り・イワナ釣りでさんざんやられて経験は豊富。中学生の時は竹ざおで巣を突いたら激しい逆襲に会い、全身にひどい湿疹が出来て悪寒が止まなかった。無謀でヤバかったです。

悪い奴でもおとなしくしていれば何処か可愛げも有りそうで、今日は大甘判決で無罪放免としお引き取り願った。かつて作業小屋の軒先に巣を作られた事も有ったが、今度巣を見つけた時は容赦しません。

 

コメント

姥沢~月山山頂 2020.05.31

2020年06月01日 | 山歩き

今日はフライミング気味ではあるが好天に誘われて月山へ。
姥沢駐車場についてみると50台前後の車が有り、数少ない県外ナンバーもチラホラという感じで結構賑わっている。
リフトは運転しており、Tバーリフトも9:00AM頃から動いてスキー場はオープンの状態だった。
但し、月山山頂方面の木道はすべて雪に埋まっており、一般の登山者にはちょっと早い感じがする。先行した8人パーティーの後を追って進んで行くと既に山頂から下山する登山者もいた。
鈍った体の馴らし運転のつもりだったが、やはり鍛冶小屋跡下の辺りで息が上がってしまい、1回の休憩を入れて山頂に立つと先行者が4人程いた。
山スキーを除いて7ヶ月ぶりの山歩きとなると脚力の低下は明らかで、あと2回位は歩かないと戻らないだろう。
駐車場に戻ってみると車は100台以上になっており、スキーヤーや登山者共に戻りは早い様な気がした。

所要時間 4時間半

所要時間 4時間半

 

 

 

コメント

金ちゃんラーメン 南陽店 2020.05.27

2020年05月27日 | 蕎麦・ラーメン

実に暫くぶりのラーメンネタ。ラーメン王国山形の中でも実家のある南陽市は人口当たりの軒数も多く、激戦区でしかもレベルが高いと言われている。超有名店となっている龍上海赤湯本店は根強い人気店だが、他にもモチモチした食感の中太麺の赤湯系ラーメン屋さんが存在し、伝統的な味を固く守り続けている老舗が多い。

実は市内の漆山に「金ちゃんラーメン本店」という店が有ったが、地元では龍上海を凌ぐ人気店だったが2年ほど前に閉店してしまった。同じ屋号で県内各地に数多くの店がチェーン展開しているが、各店によって味が異なるようだが本店を凌駕する店はなかった。

しかし、1年程前にかつての本店近くの宮内に新店舗が開店し、「本店直系の味」という事で多くのファンを集める人気店となっているので訪れてみた。場所は熊野大社へ通じる新町通りに面しており、改修された店舗は広く清潔感が有り駐車場も広い。

シンプルな中華そばが好みで大盛りを注文してみたが、透き通った黄金色をしたスープは洗練されて味わい深く、ツルツルしてモチモチした中太縮れ麺はスープが良く絡み合って食感が良く、味わいのあるチャーシュー・シナチクと共に独特の香油がうま味を醸し出している。

多くのお客さんは中華そばを注文しているが味噌ラーメンも人気が高く、龍上海よりも旨いという話もあるようなので次回は食したい。それにしてもこの味でこの値段とは安過ぎではないか?

か?

 

#金ちゃんラーメン南陽店 #赤湯ラーメン #龍上海

コメント

村山葉山 畑~山頂~南面滑降~畑 2020.04.12

2020年04月13日 | 山スキー

こんな時期だったら殆ど入山者はいないだろうと思ったら駐車場には既に6台の車が。山形・宮城ナンバーより首都圏や新潟方面の人が多い。登山者8人でボーダーが2人でスキー客はいない。
山頂を踏んで南面の沢を下ったら250m下った所で雪が切れ、その先はゴルジュぽい滝の様で水の流れる音がした。その下部は確認していないが今日は打ち止めとして登り返し、下が藪がらみの往路を下って畑に帰着。
何か肩身の狭い思いを引きずりながら、蕎麦屋&温泉もスルーしてそのまま自宅へ直行。

【関連サイト】 東北アルパインスキー日誌

 

 

コメント

今年の福寿草は元気爆発。2020.03.19

2020年03月20日 | 田舎の話


1か月ぶりで山形の実家に帰ったら田圃の土手には今まで見た事のない様な福寿草が狂い咲き。何時も時期だとこの地は積雪1.0m位のはずで3週間くらいは開花が早いだろう。
根に毒性が有ると言われる福寿草はイノシシも手が出ないようで足跡すらなかった。

【関連サイト】 東北アルパインスキー日誌

コメント

湯殿山 第1トンネル~湯殿山南面~第1トンネル

2020年03月15日 | 山スキー

当初は湯殿山の1周コースを目論んだが、到着してみると月山・湯殿方面は視界不良でぱっとせず、結局弱気になって第1トンネル駐車場に戻り湯殿山の南面に的を絞った。
2人の登山者が先行して後にはスキーヤー1名に登山者4名が続く。湯殿山の南西尾根界隈は登山者にも人気のあるコースの様だ。(山頂方面は2人)
昨日には仲間のメンバーが湯殿山1周をした模様で、薄っすら残ったトレースを追って行くと天候が回復した。ややこしい藪交じりの狭い尾根をスキーで越えて行くと、山頂方面には石跳川の南東尾根から上がって来た客さんで賑わっていた。
南面は昨年のこの時期に滑っているが、今日は硬いバーンの上に新雪が5cm位載っている感じで、スタートするとエッジが流されて意外と滑り難く、スピードが出過ぎてコントロールを失うとスピンアウトしそうだった。
下の樹林帯で休んでいると尾根上で有ったスノーモービル8台位の軍団が降りてきた。
志津の清水屋さんを中心に自主規制を敷いている様で、スキーヤー・ボーダー・登山者との共存に気を使っている様でした。

【天候】   曇りのち晴れ
【気温】   6.0℃
【積算距離】 15.9km
【所要時間】 6時間半

 

【関連サイト】 東北アルパインスキー日誌

 

 

コメント

湯殿山 1030m地点まで 2020.03.01

2020年03月01日 | 山スキー

今日は若芽平の予定だったが、今一つ天候がぱっとしない雰囲気なので消極的な理由で湯殿山へ。既に姥沢駐車場方面への除雪は進んでいるようで、かなり前倒しで姥沢の駐車場はオープンしそうな雰囲気。

先行して石跳川に入っている人は10人程度のようで、しんがりとなって後を追って行くと南東尾根で2人に追いつき、さらにトレースを進んで行くと1300m地点から降りてきた2人をすれちがう。気温は高めだが森林限界点から上部は視界はなく強風で、とても山頂を狙うモチベーションなど無く、すぐさま滑走の支度を整えて下降する。

しかし、気温1℃とやや高いので難儀な鬼モナカ雪の斜面が続き、今シーズンでは最悪の雪のコンディションでとてもスキーにはならず修行。流石に後続で後から上がって来るお客さんももなく、今日の湯殿山は盛り上がりに欠けた春スキーになりかけの中途半端な天候の1日だった。

【天候】 風雪

【気温】 1℃  

【所要時間】 3時間15分

 

【関連サイト】 東北アルパインスキー日誌

 

コメント

村山葉山 南面下降~北東面 2020.02.24

2020年02月24日 | 山スキー

先週の滑りが今一つ不満だったのでもう一度やって来たら先行者が1名のみで閑古鳥状態。
先行者の方にはオープンバーンで追いついてトップを交代し、その後は最後まで一人旅となる。今日は10cm程度の軽いラッセルであまり負担は感じず、気温が高めで風も無くシールも良く効いて登り易く、1040mピークまでは殆どノンストップで辿り着いた。
南面の東方向の尾根は傾斜も手頃でフラットバーンが連続し、快適なツリーランで降りて行くとつい飛ばし過ぎてしまい、下降点を見誤って50m程の登り返しの後沢底をまたいで927mピークに続く尾根を登り返す。
登り返し点には昨日に雪崩れたばかりと思えるデブリが堆積し、すっかり春スキーの様子で今日で山ノ内側の葉山も終了という事になりそうだった。

気温 0℃ 1040m地点
所要時間 6時間

【関連サイト】 東北アルパインスキー日誌

 

コメント

村山葉山 2020.02.11

2020年02月11日 | 山スキー

余り期待していなかった天候だが意外と気温が高く駐車場で0℃。何時もの常連組が見当たらないと思ったら、週2回ペースのAさんがいて遅れて後を追った。
先頭は馬力のあるパーティーが2人入った様だが、東斜面の急登では膝から腰に掛けての深い雪で、後続は立派な塹壕に沿って楽勝に上がれたので感謝。
尾根上は風雪が強く休憩なしで下降に取り掛かるが、深い雪と視界不良で段差が解り難く今一つのコンデイションだったが、今季初のディプパウダーは浮遊感も有り新鮮で楽しい。
後続は8人程上がって来て大入りの状況だが、今日は天候のせいにしてあとは大鳥居に一目散に下った。
もう1回まとまった雪が降ればブッシュも綺麗に隠れるが、この先の天気予報を見ると余り期待出来そうにない予感。あと1回は訪れる予定なので何とかならないのか・・・。

【関連サイト】 東北アルパインスキー日誌

 

コメント