東北アルパインスキー日誌 ブログ

東北南部の山での山スキー、山歩き、山釣りなどと共に、田舎暮らしなどの話を交えながら綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

本家 山形冷やしラーメン

2009年07月26日 | 蕎麦・ラーメン
            

今日の午前中は気温31.0℃での下刈り作業だったが、いきなりの炎天下では脱水気味でくたびれ、午後からは扇風機を廻したまま伸びてしまった。まだ体が慣れていないのか日頃の不摂生か、体からエネルギーが抜けてゆく様でこれも体力の低下か?

そこで、こんな時にと思って帰りに立ち寄ったのが山形の「鬼からしラーメン本店」。めったに立ち寄らない店だが、濃厚なスープとからし味噌の味わいは好みだ。ただ、一度調子に乗って辛口を頼んでとんでもない目に会っており、今日は新メニューの冷しラーメン狙いで訪れてみた。

頼んだのはしょうゆ味のラーメンだったが、厚いチャシューの塊となぜかハンバーグが載り、刻んだネギとキュウリの下にはボイルしたキャベツが隠れ、どんぶりの下からはスライスした生姜が出てきた。麺は意外にも細いストレートで、実に具沢山で栄養バランスの良い雰囲気。表面に油が浮かんでいるがスープ共にあっさりしており、くたびれた胃袋でも抵抗無く入る。魚系とがら系をミックスしたような味ですが、冷しラーメンにはこれに生姜が加わって複雑な味わいになり、自分では結構お気に入りです。

それと不思議なのは載っている厚いチャーシュー(角煮?)で、冷たいスープでどうして柔らかくで脂身がとろけるようになっているのか?好き嫌いの出るラーメンでしょうが、オリジナリティは高く座布団3枚としよう。

値段は醤油ラーメンが¥780 味噌ラーメンが¥870と高いが、ここまで完成させるとなるとかなりの手間とノウハウが必要なはず。オリジナリティは無いが物まね上手の仙台のラーメン屋さんだが、果たして同じものが作れるか疑問の所。だいぶ前に山形の元祖冷しラーメン屋を訪れたが、載っている氷がスープを薄めてしまってがっかりした事があるが、このラーメンなら完成度は高く納得出る味と思います。山形の冷しラーメンも着実に進化している兆しが・・・。
今度は本命の味噌味狙いで訪れてみます。
コメント