goo

地獄地蔵 三条寺町上がる東側、矢田寺内

別名、生身地蔵、奈良時代末期、満慶上人という人が、
世の多くの人たちの苦しみを身代わりをしている坊さんを見て、
その坊さんの生き写しを刻み地蔵として祭った。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 足抜け地蔵 ...   
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。