goo

全ちやんの巳年新年一口メモ

ヘビと云えば何か凄く印象が悪いと思う方が多いが、

昔から白蛇等縁起が良いと思われ神として崇められております。

そのなかでも全ちゃんは宇賀神将が一番好きですね~。

頭が何か中国の偉い立派な髭をたくわえた老人の様なお顔で体は蛇です。

人頭蛇体といわれる神様で、開運、商売繁盛、芸事上達等、色々御利益があるそうです。

宇賀神は宇治平等院等の観光される折にも立ち寄れる所、三室戸寺に居られます。

もう一か所、伏見まで戻り坂本竜馬でお馴染の寺田屋の近くにある長建寺にも

おられますが、この宇賀柛は秀吉により伏見城に安置されていたと伝えがあるそうです。

本尊は、弁財天で秘仏となっておりますが、

お正月お目見えできるかも?その前に御鎮座されております。又

長建寺には珍しいお守りがありますが、古銭みたいな感じで絵柄が凄い。

近くには、お酒の月桂冠で馴染の大蔵酒造記念館がありお酒好きの方はどうぞ。

入場料は要りますが、お酒が頂けますので何か得した感じ~。

その他ヘビにまつわる社寺少しご案内~。


(宇賀神将)


昔ばなし 鞍馬寺{鞍馬の大蛇}


千年以上前の昔のお話、東寺に峰延上人という偉い坊さんが毎日修行しておりましたが、

ある日洛北の空に異常を感じて、北の山の方へ行くと鞍馬寺へ着いたそうな。

そのまま鞍馬寺で修行したそうな。

ある日突然大蛇が現れ上人を飲み込もうとしたそうな。

流石修行を積んだ上人、驚きもせず大蛇に仏の教えを説くがまた襲いかかられたので仕方なく、

神術をもちいて大蛇を倒してしまったそうな。

しかし、あまりにも大蛇が大きく一人ではどうする事もできず、

村人等の力を借りて大蛇を三つに切断したそうな。

その後しばらくして又別の大蛇が出てきて上人を飲み込もうとしてきたが、

上人慌てず又、大蛇に仏の教えを説くと、

この大蛇素直に上人の教えを聞いてな、自分が悪かったといってな、

償いに鞍馬寺の閼伽の水をずっと絶やさないと約束したそうな。

今でも閼伽の水は本殿の奥で湧いてるそうな。

大蛇にみたてた竹伐りの会式が毎年6月20日に行われておるのは、

この出来事に由来するらしい。
コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 冬の京都観光... 節分と梅の香... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (ねこねこ)
2013-01-18 17:37:19
いつも読んでます!
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。