goo

御辰稲荷(おたついなり)丸田町熊野東200m北側

福石の伝説、真黒の石を持って幸運を祈願する風習。
「京の風流キツネは碁の好きな宗旦キツネと
琴の上手なお辰キツネ」商売芸能の神様
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

宗旦稲荷(そうたん)(相国寺内)

宗旦とは利休の孫。利休の死後、彼のわび茶を推進
千家を再興した茶人。白きつねが宗旦に化けて、
御点前、茶会を開いた伝説。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

那須与市の墓(即成院内)

源平屋島の合戦で、平家方の扇の的を見事射ち落とし
両軍から「アッパレなもののふよ」と喝采を浴びた
話はあまりにも有名です。お墓は涌涌寺の塔頭即成院内
にあって大きなカサをつけた巨大な茶壷型です。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする