goo

全ちゃん四月号

宇治の帰り道、今の季節だから寄ってみたいお寺は、三室戸寺、明星寺三室戸寺、

少し山の方へ行けばたどり着きます。歩いて行くのは、少し疲れるかも?

そこは、西国三十三か所観音霊場めぐり第十番札所、三十三年に一度しか公開しないという秘仏中の秘仏、

金銅仏の千手観音菩薩像が[作者不詳}があります。

なんでも、その昔、宇治の山中の滝つぼの中から発見されたらしい・・・。

奈良時代、光仁天皇が宇治の離宮に来られた時のこと、

不思議な事に天皇自身が何かに導かれ、滝まで行って見つけられたらしいです。

この他にも、嵯峨の清凉寺の木造、釈迦如来立像にそっくりな如来様も居られ、

寺宝、阿弥陀三尊像も毎月17日だけ御姿を拝めるらしいです。

脇侍の観音・勢至両菩薩様は、三千院極楽往生院の脇侍と同じく、

正座なさっておられる珍しい仏様です。上手くお会いできればイイですね!

四季折々の草花、今なら、ツツジ、広い庭園にいっぱい咲いていますよ!

中でも凄いのは、まだまだ早いけど、紫陽花の花の数、

歩いていると埋もれそうになる感じわかるかな?全ちゃんもびっくりです。

その他、季節になると蓮の花、本堂の前に鉢植えではありますが満開のときは壮観です。

終わったけど桜も綺麗でしたよ。

それからそれから、誰だっけ?忘れたけど、横綱が奉納した牛の像があって、

牛の口の中に丸い石の玉が入っているのが、全ちゃんも不思議で仕方がないのだ。

どうしたら石の玉が入れられか?勿論取り出す事も不可能だよ!

ほんとに不思議???もし、行くことがあれば、ぜひご覧になって考えてみてね!


さてさて、今月のクイズです。

“直違橋通り”

なんて読むのかな?




答は、“すじかいばしとおり”です。

読めたかな?


では、またね!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする