体脂肪マン的個人日記

体脂肪マンこと私の日記

今、読んでいる本

2007-08-31 00:05:56 | Book & Magazine
先週末に図書館から借りてきた本はこれ

本当はこれが借りたかったんだけれど、無かったので同じ作者のもので気をひいたのを借りてきました。

気をひいた理由は数学者が出てくるから。
先日読んだ本に引き続き、数学者が主人公。

もうほとんど終わりに差しかかっているのだが、ここからさらにあっと驚かせてくれるのか、やっぱりなって感じなのかはこれからわかります。

そう、今から続きを読んで、すっきりしてから寝ます。




コメント

いよいよ残すはあと1日

2007-08-30 23:54:04 | Weblog
明日で部門消滅。

・・・。

コメント

今朝の朝刊

2007-08-29 06:21:57 | Weblog
スポーツ欄の下の方に小さな見出しを見つけた。

ラグビー大畑現役続行

それは本当に小さな見出しだったけれど、どんな大見出しの記事より目を引いたし、何よりうれしかった。

記事中に、今回のW杯に35歳で出場している選手についてコメントしていた。
次回W杯の出場権が獲得できれば、その時大畑は35歳。

現段階では現役続行を決意してくれただけでうれしい。
今回はゆっくり治療して、再び日本の翼として桜を纏ってほしい。


全力で応援します。
コメント

五A (5つのA)

2007-08-26 19:59:33 | Book & Magazine
・アタマニクルナ
・アワテルナ
・アセルナ
・アキラメルナ
・アテニスルナ


現在の上司が昼礼で紹介していた本に載っていた言葉です。

軽いタッチの読み物ですが、僕が忘れていたことが書かれています。
コメント

この試練を乗り越えて!

2007-08-26 18:13:27 | Weblog
昼過ぎに外出しようとしていた時の事。

「World in Union」の着メロが鳴る。

おっ、協会からか・・・。
さては、今朝のポルトガルとの練習試合の結果だな。
どれどれ・・・。
朝早く起きてWEBを見たけど、どこにも結果が載ってへんかったからなぁ。


メールを開く。

まずスコアの報告

おっ、勝ってるやん。
前後半トライ1つづつか・・・。



続いてJKのコメント。

>「今まで見たことのない最悪の試合でした。
>大畑を失ってしまったこと、安藤がケガをしてしまったことはチームにとって大きな損失です。


おいおい、大畑を失ったってどういう事だよ。
もしかして、W杯絶望の怪我か?


続いて箕内キャプテンのコメント。

「特に大畑に関しては、ここまでつらいリハビリを頑張ってこなして戻ってきただけに、何て声をかけていいかわかりません。非常に残念です。」


おいおい、何があったんだよ。

急いで携帯でニュースの検索。
Yahoo!で、「大畑、アキレス腱断裂!」

マジかよ・・・。
しばし呆然と立ちつくす俺。



W杯での復活劇を思いっきり期待していただけに、ショックは大きい。

もちろん大畑本人のショックは計り知れないと思うが、どっかの板で書かれているように「引退」なんて考えてないよね?

この試練から這い上がって来てよ。
やっぱり大畑はスゴイって思わせてよ。
そして、インタビューの時に
「やっぱり大畑大介はスゴイでしょ?格が違うでしょ?役者でしょ?」
って涼しい顔で答えてよ。

リハビリの辛さを知っている人は「ご苦労さん。お疲れさん。」って言うんだろうけど・・・。


だけど、僕は大畑が14番を背負ってピッチを駆け抜けるところを、もう一度みたい!。

コメント

引き継ぐ立場と引き継がれる立場

2007-08-21 23:36:49 | Weblog
今回の組織変更でまた引き継がれる立場になった。
また、引き継がれる立場になって確信したことがある。

引き継ぎを行う人のテンションの違い。
これまで自分がやってきたことを余すところ無く伝えようと言う気持ちの伝わる人と無い人。
どちらかにはっきりと分かれますな。
面白いくらいに分かれます。

まぁ、これまで一緒に働いてきたなかで、こういう場合にこの人はどっちに転ぶ人かどうかっていう勘は当たってるもんです。
予想以上にひどいというのもありますが・・・。

引き継げる期間はあと8日です。

また明日も「始発」です。
コメント

ついに出ました。

2007-08-20 23:39:48 | Photo
昨年あたりから出る出ると言われたこいつが今日発表です。
強烈なスペックをひっさげての登場に、心が躍ります。
まぁ、スペックが写真を撮るんじゃないのであんまし関係ないですが・・・。

あまりに暑くて頭が湧いていたので、今日、会社の帰りに予約してきました。
(なんてことあるわけ無いでしょう。)
コメント

W杯前哨戦 vsイタリア

2007-08-19 09:37:09 | Rugby
深夜の生放送を見れなかったので、朝からビデオで見ていた。

ラインアウトからのモールとインターセプトからのトライの2本のトライだけ。

クリスチャン、今村と繋いで大きくゲインを切ったのもあったが、今のバックスの攻撃には期待ができない。
バックスに球がまわっても、ゲインが切れる気がしないんだよねぇ。
スペクタクルを感じない。

W杯本戦前で、とっておきのスペシャルプレーを温存しているんだと期待したいが、どうなんだろうね。


コメント

7月のランキング確定

2007-08-18 23:53:51 | Health


2ヶ月連続2ケタ順位達成。

だけど今月はあんまり歩いてないんだよなぁ。
コメント

Fermat's last theorem

2007-08-18 23:45:15 | Book & Magazine
先日から読んでいた本を今日、会社へ行く途中に読み終わる。

なかなか面白く読めたが、先日このブログに書いてから読み進むのが遅くなったのは、盆休みで本を読む時間がなかったことと「楕円曲線」だとか「モジュラー」だとか、頭の中が「?・?・?」ってなる言葉が沢山出てきたから。

読み終わって思ったことは、本当にフェルマーは証明できていたのか?ってこと。
仮に余白が沢山あって、フェルマーが証明を書いていたとしても、不完全な証明だったんじゃないかなぁ。
コメント

時間がない

2007-08-18 23:14:15 | Weblog
8月いっぱいで色々な仕事を引き継がないといけないのだけど、引き継ぎだけやってれば良いわけでもないんで結構ハード。
不要物の廃棄という肉体労働から、分析結果の検討という知的な仕事まで、盛り沢山なわけです。
今日も草津あたりから意識が遠のきそのまま爆睡。
高槻で乗り越さなかったのが不思議。
コメント (2)

ピースサインについて

2007-08-16 17:13:38 | Weblog
気になったので、調べてみた。

私と同じように思っている人達が質問していた。

そこにはこんな答が・・・

>私は、なぜピースサインするのか解りません。
>みんな同じバイク乗りだからって、仲間である!! とは思えません。
>ピースサインを送ってくれた人には軽く頭くらいは下げますが、、、、
>心の内では、あんた誰? ってな感じです。
>独りでバイクに乗っているときは、誰とも関わりたくないのです。。。。
>嫌なヤツだと思われるかも知れませんが、私は独りになりたくて
>バイクに乗るようになりました。。。ちゃんとバイク仲間もいますよ。
>ただ、知らない人に仲間意識をもたれるのが、嫌いなだけなのです。



これとは別にこんな答えも・・・。

>岐阜のライダーです!
>山間部を走っていたりするときにピースしますよ~!
>ちゃんと帰ってきます。
>でも街のりと変わらない格好でのっているひとや若い人
>(自分も若いはずだが・・・)にはなかなか伝わらないようです。
>知らない人が多いんだろうなぁ・・・
>でもツーリング仕様の人は大抵返してくれますよ!
>ピースサインはこれからも健在であって欲しいですね^^




で、この手の質問をしている人は、たいてい昔にバイクに乗っていた人。

同年代じゃないないかなぁっと思いながら、質問と回答を見ていた。
コメント

最近のライダーは?

2007-08-16 16:53:44 | Weblog
先日、遠出したときに思ったこと。

ツーリング中の数台のバイクの後ろをついて山道を走っていた。

道中、何台かバイクとすれ違ったのだが、バイク乗りの人達がピースサインを出さない。

ツーリング中のピースサインってもうやってないのかなぁ?なんて思って後ろを走ってた。

僕がバイクに乗っていた20年近く前にはやってたんだけどなぁ・・・。
すれ違う時間はほんの一瞬っだったけど、ピースサインにいろんな思い乗せてたんだけどなぁ。
コメント

セレナの燃費

2007-08-15 19:48:35 | Car
昨日のHAWAIと今日の甲子園。
なんと給油無しでこなしています。



今まで、20年近く車に乗っていますが無給油でトリップメータが600kmを超えたのを見たことがない。
ちょっとビックリした。
(これまでの3台のスカイラインの燃費とエンジンの回し過ぎが悪いという話もあるが・・・。)

HAWAIに行く時に、中国道のアップダウンと人形峠越え、さらにダブルでエアコンをかけているので、もっと平坦な道でエアコンのいらないシーズンなら700kmいけるんだろうか?


コメント

熱血注入完了

2007-08-15 19:31:42 | Baseball


応援していた学校は、負けちゃったんだけど帰り道で良いものを見た。

試合が終わり、レフト側スタンドから球場外に出て駐車場へ向かおうとしている時。
3塁側アルプススタンドの門から神村学園の応援団の生徒が出てきていた。
応援団用の観光バスへ戻る途中だったんだろうなぁ。

泣きはらして目を真っ赤にしている子もいれば、携帯で電話しながらあっけらかんとしている人もいる。

その応援団の列に向かって、一人のおっちゃんが声をかけている。

「おつかれさん。」
「残念やったなぁ。」
「よう頑張ったなぁ。」
「暑かったやろ?」
「気ぃつけて帰りや。」

応援団が通り過ぎるまでずっと声をかけていたあの人はどういう人なんやろう?
(浦和レッズのジャージを着てたので学校関係者ではないはず。)
声をかけてもらった生徒がぺこっとお辞儀をしたり、帽子を取って挨拶をしている。


スタンドは暑くてたまらんかったけど最後まで試合を見ていて良かった。
最後まで見てへんかったらこの光景は見れんかったもん。

帰りの阪神高速で海老江から阿波座までえらく渋滞していても、ゆったりした気分でいられたのはこのせいかもしれない。

コメント