趣味の小部屋 (AudiFill公式ブログ)

桧スピーカー工房「オーディフィル(AudiFill)」の公式ブログ。 (管理人:カノン5D)

フルレンジスピーカーの長所と短所

2018年07月07日 08時22分55秒 | AudiFill 情報
ところにより強い雨が降っていますね。 週末はオーディオでゆっくり過ごすのも良さそうです。 さて、今日は 「フルレンジスピーカーの長所と短所」というお題で、お伝えしようと思います。 市販のスピーカーの多くは、2way以上の構成、 つまり「ウーハー」と「ツイーター」による2wayスピーカーが大半を占めています。 その一方で、オーディフィルのスピーカーは、 現在は「フルレンジ」方式のみとなっていま . . . 本文を読む
コメント

オーディオみじんこ「PR-83Sol」展示、アナログオーディオフェア&OTOTEN2018

2018年06月23日 08時46分38秒 | AudiFill 情報
梅雨本番という天気ですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。 6/8からスタートしていた「オーディオみじんこ」での展示も、 本日までとなっています。 期間中、多くの方に聴いて頂きまして、 とても嬉しく思っております。 小型モデルの「PR-10」の展示は、まだまだ続きますので、 今後とも宜しくお願いします! https://mijinko.jp/ 春はオーディオショウも目白押 . . . 本文を読む
コメント

6/8~6/23 PR-83Sol 期間限定展示@オーディオみじんこ

2018年06月04日 20時49分50秒 | AudiFill 情報
今日は、イベント情報のお知らせです。 2018年6月8日(金)~23日(土)の期間で、 秋葉原のショップ「オーディオみじんこ」にて、 オーディフィル「PR-83Sol」の展示を行います。 「PR-83Sol」は、桧スピーカーの中堅モデルです。 弟モデルの「PR-10」は、以前からオーディオみじんこさんの店頭で展示をしていましたが、 今回は、より大型の「PR-83Sol」も聴いていただ . . . 本文を読む
コメント

オーディオみじんこ 「ちりめんRCAケーブル」試聴記

2018年05月25日 21時56分13秒 | オーディオ
前回の更新から、1か月近く経ってしまいましたが、 今度の話題も、「オーディオみじんこ」関係でお届けします! 本日の主役は...こちら! 「ちりめんRCAケーブル」です。 ケーブルに造詣が深い、代表の荒川氏のハンドメイドケーブルです。 「ちりめん」というのは、絹織物のことで、 ケーブルの被覆を、柔軟性に富んだ素材のみで仕上げることで、開放感のあるヌケの良い音を狙ったとのこと。 デザイン的 . . . 本文を読む
コメント

オーディオみじんこ 電源ケーブル「AM-AC03 “Helix”」試聴記

2018年04月30日 11時03分12秒 | オーディオ
装いを一新した「趣味の小部屋」ですが、 今日は電源ケーブルの試聴記を書こうと思います。 今回の主役はこちら。 秋葉原に2018年1月にオープンしたショップ「オーディオみじんこ」の、 オリジナル電源ケーブル「AM-AC03 “Helix”」です。 長年、電源ケーブルなどアクセサリーの研究を続けてきた、 代表の荒川氏のハンドメイドケーブルです。 <製品詳細ページはこちら> 今回の試聴で . . . 本文を読む
コメント (1)

インシュレーター製作記 3

2018年04月20日 21時27分47秒 | オーディオ
インシュレーターの試作もひと段落したところで、 ケーブルの試聴記でも...と思っていましたが、 まだまだインシュレーターの話が続きます!(でも今回が最後。) 今までちょっと疲れるような話が続いていましたので、 今日は気の向くままに書いてみます。 インシュレーターを作るなかで、数えきれないほど試聴を繰り返したのですが、 改めて「やっぱり音は変わる」という事に感心してしまいました。 . . . 本文を読む
コメント

インシュレーター製作記 2

2018年04月14日 17時14分15秒 | AudiFill 情報
今日は、インシュレーター開発のお話しです。 前回、様々な積層構造を試しましたが、今回は、その応用編です。 そもそも、ここでの「インシュレーター」とは何を目指すのか。 日記「新・硬貨インシュレーターの実力(2)」で説明したように、 インシュレーターといっても、その効能・目的は様々です。 「桧スピーカー工房」のオーディフィルが インシュレーターを作るにあたって、一番気にしているのは、 . . . 本文を読む
コメント (2)

オーディフィル 2周年/B級品の放出/アニソン試聴会のお知らせ

2018年04月01日 11時10分19秒 | AudiFill 情報
さて、新年度を迎えた今日は、 オーディフィル 2周年の記念日です♪ 2016年4月からスタートしたオーディフィルですが、 無事に2周年を迎えることができました。 これからも、桧スピーカーの良さを伝えていくべく、 活動を続けていこうと思っています。 そして、2周年ということで、 今まで眠っていた「B級品」を放出しようと思います。 FostexのFE83-Solを搭載した桧スピーカー . . . 本文を読む
コメント

インシュレーター製作記 1

2018年03月25日 10時31分31秒 | AudiFill 情報
「硬貨インシュレーター」の連載も一段落したところで、 もっと上を目指す、オリジナルインシュレーターを製作してみようと思います。 硬貨の中でも「5円玉」は、 真鍮素材の密度(8.5g/cm3)やその響きゆえに、 単体で使用しても、なかなか良いインシュレーターとなってくれました。 (5円玉の共振音特性) さらに、銅箔をサンドイッチすることで、 より癖のないインシュレーターを作ることができていま . . . 本文を読む
コメント (2)

新・硬貨インシュレーターの実力(5)

2018年03月11日 10時17分18秒 | オーディオ
硬貨インシュレーターの新章も、いよいよ第五回。 硬貨だけでなく、素材の複合化でさらなる高音質を狙っていこうと思います! さて、前回の試聴では「1円」「5円」「10円」が、それぞれ良い音を聴かせてくれました。 「1円」はアルミ。 「5円」は真鍮(黄銅)。 「10円」は銅。 それぞれ、代表的な金属素材なので分かりやすいですね。 どれも良さがある一方で、素材固有の癖も散見されました。 そこで . . . 本文を読む
コメント

新・硬貨インシュレーターの実力(4)

2018年03月03日 08時58分45秒 | オーディオ
硬貨インシュレーターの新シリーズも、いよいよ第4弾。 実際に試聴しての、感想を書いていこうと思います♪ 今回の試聴で使うのは、定番のメインシステム。 スピーカーは「PR-83Sol」と、(写真には載せていないですが)市販のブックシェルフ型の二台で確認しました。 硬貨インシュレーターは、スタンドとスピーカーの間に挟んでテストしました。 インシュレーターを並べて、、、 ほいっ とな。 . . . 本文を読む
コメント

新・硬貨インシュレーターの実力(3)

2018年02月18日 14時35分28秒 | AudiFill 情報
連載でお伝えしている硬貨インシュレーターシリーズ。 第3回となる今回は、1円~500円を使用した実験をお伝えします! ------------------------------ 第2回では、インシュレーターの効果として、 必ずしも「制振」だけでなく、より調和のとれた振動を作り出す「整振」もあることを説明しましたね。 硬貨インシュレーターも、いわば「金属の円盤」であることに過ぎないので、 この . . . 本文を読む
コメント

新・硬貨インシュレーターの実力(2)

2018年02月11日 07時30分59秒 | オーディオ
さて、前回から連載している「新・硬貨インシュレーターの実力」では、 インシュレーターとは?効果・意味とは?という基本的なところから話をしてきました。 今回も、インシュレーターの効能について、書いていこうと思います。 ---------------------------------- そもそも、インシュレーターという言葉自体は、 英語の「insulation」、つまり「隔離、絶縁、遮断」とい . . . 本文を読む
コメント (2)

新・硬貨インシュレーターの実力(1)

2018年02月04日 11時58分37秒 | オーディオ
今日は、硬貨インシュレーターシリーズの新章として、 「新・硬貨インシュレーターの実力」の第一弾をお送りします。 そもそも、硬貨インシュレーターというのは、 身近にある「10円玉」「5円玉」「1円玉」をインシュレーターとして使用すると、 けっこう良い結果がでるよ。 という話でして、 2011年に日記を書いて以来、多くの方に読んで頂いています。 「硬貨インシュレーターの実力!(2011年04月 . . . 本文を読む
コメント

桧スピーカーで聴く、バイオリンの優秀録音

2018年01月26日 21時04分33秒 | AudiFill 情報
今日は、「桧スピーカーで聴く、~」と題して、 オーディオソースの紹介をしてみようと思います! 今回のお題は「バイオリン」。 中高域の表情が魅力的な楽器ですが、 いざ「バイオリンを聴こう」と思い立っても、何を聴けばいいやら迷ってしまうほどメジャーな楽器でもありますね。 まあ、私もクラシックはそれほど詳しくないのですが、(ヲイ 手元にある愛聴盤の中から、イイ感じの録音のものをピックアップしてみ . . . 本文を読む
コメント