yoosanよしなしごとを綴る

つれづれなるままにパソコンに向かいて旅日記・斜読・よしなしごとを綴る

ロマネスクからゴシック、ロマネスクにバロック、時代に応じて変化〜進化

2016年10月13日 | 旅行

昨日12日からレーゲンスブルク連泊。

駅にも街の中心にも近い。いろいろ事情があってジュニアスイートの角部屋。窓が多く眺めもいいが、ラジエーターを全開にしても夜は冷える。いいい部屋だからぜいたくはいえないね。

聖エメラム教会は12世紀改修でロマネスク様のつくりだが、17世紀に内装をバロック様式で改装。ロマネスクにバロックの組み合わせは珍しい。

大聖堂は、ロマネスクの教会堂を取り壊し、ゴシックで壮大な構えで建て替えられた。地下にロマネスクの痕跡が残っている。ステンドグラスは当時のつくりで、大戦時ははずして保存したそうだ。

祭壇は東、西入口で、もう西構えは見られない。

時代に応じてスタイルが進化?するということだ。

ツアーも今日が見学最終日。今晩はミュンヘンに泊まり、明日は帰国便。マニアックな旅も終わる。いずれ

考えを整理し、紀行文としてまとめたい。

 

 

 

 

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フルダでロトンダ様式の祭壇... | トップ | 東ドイツロマネスク最終日の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。