あた子の柿畑日記

田舎での日々の生活と趣味のレザークラフトについて

野生化

2017-06-23 23:41:50 | 植物
 そろそろ花も終わって目立たなくなりましたが、ひところあちこちに見られた黄色い花。



 特定外来生物に指定されて栽培を禁止されているオオキンケイギクです。


 重信川の土手はこんなになっています。



 この花、繁殖力が旺盛で、在来種の草花の存在をおびやかしているんだとか。以前、重信川下流では駆除も行われたようですが、上流のこのあたりは野放しね。そして、栽培禁止になっているにもかかわらずますます増えているような気がします。



 確かに、きれい。だけど放って置いたら景色が変わってしまうでしょうね。
 

 最近、園芸植物の野生化が問題になっているそうです。ムスカリなんかも場所によっては野生化して咲いているらしいです。たしかに、我が家でも、植えたはずのない場所に咲いていたりして。

 そういえば・・・・ちょっと気にかけて回りの景色を見ていると



 これ、道ばたのコンクリートとアスファルトのつなぎ目にずらっと生えていたんですけど、多分この花の種。



 この花、ムシトリナデシコっていうのかな? ここだけではなく、水のない河原一面に生えているんですよ。いっとき河原がピンクになっていたんですけど。

 それから



 ホテイアオイです。いずれこの池全面が薄紫に覆われるでしょう。花自体はとてもきれいで好きです。



 ただ、これも繁殖力が強くて、あちこちで困りものになっているようです。とにかく園芸植物を安易に捨てないことですよね。自分の家で愛でるだけにしておきたいものです。そうでなくても、自然に野生化するということもあるのですから。

 とある空き地で見つけた、ペチュニア


 あらあ~、どうしてこんなところに?と思ったら、近くのおうちの庭に見事に咲いておりました。



 それからこれは、田んぼの持ち主が人為的に植えたものでしょうか? とあるおうちでは、庭一面にこれが咲いていましたから、もとは園芸植物だったのでしょう。



 これもかなり向こうまで広がっています。よくみるとかわいい花。



 土手などがただの草原では気に入らなくて、花で飾りたいという人もいるようなのです。

 数年前、新聞の投書欄に「土手や空き地に草が生い茂っているのは見苦しい。ガザニアを植える運動を広めてはどうか。」という意見が載ったことがありました。どこもかしこも外来種の園芸植物で覆ってしまうって・・・・
 土手は特に要注意。なぜなら川に落ちた種が水に流れてどんどん広がっていくからです。そしてあっという間に強い植物に征服されてしまいます。コスモスなんかもう市民権を得てますね。昔はいい風情だなあと思っていましたが、川のそばがコスモスだらけになっていくのを見ると、はたしてこれでいいのか、と思ってしまいます。菜の花しかり。子どもの頃川の土手で見つけたねじ花やかわらなでしこも今はどこへ行ったやら。
 ともあれ、自分が育てている園芸植物は野生化しないように気をつけようと思います。 
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

巣立ち

2017-06-14 13:13:40 | 生き物
 去年、納屋の前の水たまりの土をとって巣作りをしていたツバメ。今年もほかのツバメたちに遅れてやってきました。

 
 
 頻繁に車が出入りするため、埋めても埋めてもできる水たまり。空が晴れても水たまりは残っています。わたしがそばでカメラを構えていても気にするふうでもなく....
 
 

 去年の巣に手を入れ始めました。やっぱり去年は見切り発車だったのね。



 新しく泥を積んだのがわかりますか? 向こう側も直しています。

 

 これを撮影したのは5月16日。それから15,6日たって、
 納屋の軒下にツバメが集まっているなあと思ったら、



 とまった様子が何となくあぶなっつかしくて、どれか一羽が動くたびにほかのツバメがおっとっと



 ああ、巣立ちしたんだなあとわかりました。
 まだまだ幼いツバメの雛



 仕草も愛らしいです。





 もう、巣は空かな?
 いや、もう一羽いました。


 ときおり親鳥がやってきて、誘うようなそぶりを見せます。兄弟のとまっているのを見て、飛んでみたいようですが、なかなか決心がつかないらしいです。

 がんばれ!

 私の観察はここまで。数時間後には巣はからっぽになっていました。2,3日家の周りで飛び回っていた板ツバメたちはやがてすっかり姿を消しました。夏の間に体を鍛えて、秋には遠い旅に出るんでしょうね。

 同じ頃、とある場所で植え込みにたたずんでいる雛を発見。夕方なので誰にも見つからなかったのでしょうが、けっこう人通りの多い場所なんです。

 私に見られたとわかって急いで逃げようとしました。

 

 ムクドリの雛かな? 体はムクドリよりも大きそうですが。



 心配いらないよ、捕まえたりしないから。
 地面に降りている雛の近くには親鳥がいるんですよね。そしてえさを運んでいるそうです。かわいそうだからと保護したりするのは良くないんだとなにかで読んだことがあります。
 写真だけ撮らせてもらって、さっさとその場を離れました。
 ネコに捕まらないように上手に隠れてね。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

テントウムシ

2017-06-06 23:28:36 | 生き物
 ほんとに偶然なんですが、ちょこっと外へ出て何気なく見たセイタカアワダチソウの上ですごいもの見つけました。



 ナナホシテントウムシ。いや、これだけだと珍しくも何ともないんですけど
同じセイタカアワダチソウの別の葉に

 

 フタホシテントウ? ナミテントウ?ちょっと自信がないので名前を特定することはやめておきますが、さらにさらに

 

 なんと3種類のテントウムシがいたんですよ。

  それだけではありません。



 このあわあわの中に何かが動いている。

 そして下の方には



 脱皮しかけのさなぎ!それも2匹も。

 これが、コンデジではなかなかピントが合いませんで、四苦八苦している内に先ほどのあわあわが消えかけて、何かが姿を現しそうになりました。



 残念ながらゆっくり観察する時間がありませんでした。

 3種類のテントウムシとさなぎ・成虫と2種類の生態。まさにテントウムシの見本市。これが1本の草の上で同時に見られるなんて、すごいと思いません? 近くを見れば幼虫もいっぱいいましたけど、残念ながらこの草の上にはいませんでした。

 ところで、子どもの頃、草についた泡の中には蛍の幼虫がいると誰かに教えられずっと信じていましたが、もちろん乾いた草むらに蛍がいるはずがありません。おとなになってから、この泡の中にはテントウムシの幼虫がいると思い込んでいたのですが、これもちがうらしい。泡とテントウムシとは別物らしいです。なので1本の草の上に2種類の昆虫がいて・・・・いや、テントウムシがいるところ、アブラムシ有り。つまり3種類の昆虫がいたということになります。

 草むらの中からこれだけのものを見つけた私の目もなかなか 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2017-05-31 23:44:23 | 生き物
 5月最終日になってしまいました。今月はまだ3回しか更新してない

 今年ほどよく雉を目撃した年はありません。おそらく我が家の目と鼻の先に住んでいると思われます。朝、なにやら変な鳴き声がすると思って寝室のカーテンを開けたら、目の前にメスの雉が。少し前方にはオスが。またあるときは趣味のミニハウスの外でケーンと鳴いてびっくり。ハウスのビニールを隔ててはいますが、私との距離は2メートル。と、至近距離に出没することが再三です。

 道路を横切っているのを見つけたことも何回もあります。写真を撮るチャンスはこのとき!
 雉は非常に敏感な鳥で、ちょっとでも人の気配を感じるととっとと逃げてしまいますが、なぜか車の音には無防備なんです。

 記事を見つけたら。カメラの電源を入れて低速で近づきます。ほら!雉は車の真横



 手前のグレーのラインが道ですからね、ノートリミングでこの大きさです。ただ、警戒はしている様子。歩きながらあたりに注意を払っているようです。

 

 そして草むらまで来ると



 ケーン、ケーン
 (一般的にはこう鳴くといわれますが、私の耳には「きーき、きーき」と聞こえます)

 するとどこからかメスが走り出てついていきます。これが「安全だよ」という合図なのでしょうか。

 しかし、この日は後ろ姿しか撮れませんでしたので、4月に撮った写真をどうぞ。



 きれいな羽でしょう? こんなきれいな鳥が身近にいるというだけでうれしくなりますが、こんなに遠慮なく人家に近づくということは、このあたりがどんどんさびしくなって人の気配が薄れてきているということなのでしょうか。





 大急ぎでオスの後をついていくメス。2羽いたかな?



 こちらは本当に地味で目立ちません。 もうオスを頼り切って行動しているという感じ。

 雉は瑞祥と言われます。こんなにたびたび見るということは、何かいいことが・・・・しかし今わたしはめちゃくちゃ大変なんですけど。
 いやこれから先、いいことがある予定です。落ち着いたらまた顛末をお知らせしますね。

 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

椎の木

2017-05-18 00:19:07 | 植物
 2週間もご無沙汰してしまいました。4月下旬からなんだかんだと忙しく、西へ東へと走り回っておりましたが、行く道々の新緑のきれいだったこと。

 
 

 緑にもこんなにたくさんの色があるのだと毎年感動させられます。
 そして未だに正体のわからない白い花。

 

 が、それもつかの間。緑はあっという間に色濃くなり、 山々に今までとは違った黄金色のような黄緑(変な表現だけど)が目立つようになりました。



 シイの花ですね。

 それが今年はやけに目立つなあと思いました。何十年かの間にずいぶん増えたのではないでしょうか。






 もう一つ、神社仏閣にはシイの木が多いと。
 たとえば、これは松山市久米にある日尾八幡神社ですが



 初めて車を降りて裏に回ってみました。



 この一角など


 シイの大木でほかの木が見えません。 

 いつかの新聞記事で、秋の大銀杏の木は、寺の目印になっていると読んだことがありますが、春のシイの木もそこに寺や神社があることをアピールするには十分な目立ちようです。案外そのために植えたのかも。いざというときの食料にもなるし。(あくまで個人の推測です)
 ドライブしながら気をつけてみれば、シイの木の固まっているところには必ずと言っていいほど、木にうもれるようにしてお寺や神社がありました。

 母が生きていた頃、母と一緒にシイの木を探し回ったことがありました。母はシイの実が大好物で、晩年は懐かしさも相まってシイの実を探し求めていました。でも、秋になってカシの木やナラの木等の中からシイの木を見つけるのはなかなか難しく、ましてやちょうど実の落ちた頃に出くわすことは滅多にありませんでした。
 今となっては「なあんだ」という気持ちですが、お寺か神社に行けば良かったのです。そういえば京都に紅葉見物にいったときもお寺でシイの木を見つけ紅葉そっちのけで拾っていたことを思い出します。そして最終的に母が見つけた秘密の場所も神社の杜でした。
 
 もっと早くに気づけば良かった。多分日尾八幡神社に連なるこの山(岡)なんかシイの木だらけでしょ。秋になったら実は取り放題だと思います。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加