あた子の柿畑日記

田舎での日々の生活と趣味のレザークラフトについて

心に残る土曜日 2

2017-03-26 22:14:08 | くらし
 前回涙が出そうになったと書きましたが、そのわけは、つい2週間前に母を思い出させる行事があったばかりだったからです。それも土曜日でした。

 松山市にあるキリスト教系の病院ベテル病院。ここには老人のお世話ホームとホスピスとが併設されています。そこで2015年8月から12月までに亡くなった方の召天者追悼記念式が行われ、私と義妹とで参加しました。

 

 駐車場からは母のいた病室が見えました。山の斜面に建てられたこの病院は自然豊かで、山の緑とともにウグイスの声がひびていましたっけ。

 梅が咲いていました。

 こんなさりげないことが母の喜びたっだなあ、この梅を見たら「春が来た」とどんなにか喜んだでしょうに。

 式は病院内にあるチャペルで行われました。母は毎週かかさずここに通って牧師さんのお話を聞いていたそうです。よっぽど心に響いたのでしょう。亡くなる直前に「キリスト教に改宗してよかろか?」と聞いてきたほどです。だからわたしもにわか教徒になって祈り、賛美歌を歌いました。その賛美歌を知っていたのも我ながらすごいと思いましたが。
 看護師長さんが亡くなった方々の名前を呼ばれました。8月だけで50人は越えたでしょうか。そして名前を呼ぶ途中でついに声を詰まらせてしまいました。こんなにもたくさんの人々を見送って・・・過酷なお仕事だと思いました。

 指揮は30分ほどで終わり会場を代えて懇親会が開かれました。席はいくつかに分かれており、私たちはわけのわからないまま指定された席に着きました。
 テーブルには小さな花とお菓子の包み

 

 そして6人の見知らぬもの同士。
 一つイスが空いていましたがだれもくるふうではありません。ほかのテーブルには病院の医師や看護師さんたちが同席して懇談しているというのに。それでもだれともなく身の上話や病院での暮らしを話し出し、共感し合っていたときのこと、あいたイスに「おくれてすみません」と座った人がいて驚きました。
 それは母を担当してくれた看護師さんだったのです。聞けば今日はお休みだったのにこの会に来てくれたのだとか。

 そう、座席が決められていたのは、患者を直接担当した医師や看護師とお話ができるようにと言う配慮だったのです。

 いろいろ思い出をたどっていくと、この病院のスタンスが浮かんできます。つい先日愛媛新聞に「100ミリリットルの点滴」という記事が載りました。そのお話をされたのがこの病院の院長先生だとか。
患者にも家族にも優しい配慮をーそれが病院全体に行き渡っているように思います。記事についてはりんごさんが上手にまとめておられますのでこちらをごらんください。
 ここでは、亡くなる直前まで生きた人間としての母の思いを大切にしてもらったなあと思います。母は昏睡状態に陥る寸前まで自力でトイレに行ったそうです。(もちろん看護師さんの助けを借り手ですが)
 毎週火曜日はチャペルでのお話、各週水曜日に開かれるミニコンサート。毎週木曜日はボランティアの皆さんのお世話でお茶会。どの行事も母は欠かさず出席し、楽しんでいました。お茶会では牧師さんが患者さん同士の、母の作った押し花の作品なども紹介してくれました。その合間にベッドでのリハビリや手芸、陶芸などできることには積極的に参加し、散歩したいと言えば歩けなくてもベランダの花を見につれて行ってくれました。聞くところによると、ベッドのままでも散歩してくれるとか。
 
 そして母を担当したこの看護師さんは、母が亡くなるその日にも私服で駆けつけてくれました。最後のお別れを言いに。こんな優しい人に母はお世話されていたのです。そしてそのことが残されたものの心を軽くしてくれました。多分、参加された人みんなそれを感じたのではないでしょうか。

 いろいろな感動をもらった土曜日。3月最後の土曜日は、トラオの卒園式でした。わたしはウマオとお留守番。聞くところによると、みんな立派だったそうです。園長先生は一人一人の良いところを言って証書をわたしてくれたそうです。卒園アルバムは一人一人違っていて、自分の描いた絵が表紙になっているんだとか。小さな保育園でどの子もみんな大切に育ててもらいました。やんちゃではあるけどいじわるではない、けんかはするけど冷たくはない、そんなよい関係を築いて1年生になります。ばあちゃんのおいわいは



 寿司ケーキです。味はいまいちだったけど、見た目はばっちりね。
 

 
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

心に残る土曜日 1

2017-03-25 22:12:28 | 少年少女合唱団
 今年の2月3月は、日曜日よりも土曜日の方が心に残ることが多かったです。
 
 まずは合唱団の子どもたちと坊ちゃん劇場のミュージカルを見に行きました。

 

※坊ちゃん劇場 地域への貢献と地域からの文化の発信をめざして、秋田県のわらび座と愛媛県のビージョイグループとが共同出資して建てた常設劇場。年間を通じて同じ演目が上演されている。

 ロビーのモニュメント



 子どもたちに本物のミュージカルに触れさせたい、そんな思いから企画したことです。
 今年の出し物は「52DAYS」漱石、子規生誕150年にちなみ、松山中学に英語教師として赴任した夏目漱石と、その頃すでに結核を病んでいた正岡子規とが松山市の愚陀佛庵で同居生活を送った52日間を描いたものです。



 たった52日の何でもない日々がドラマになり得るのか、見るまではかなり懐疑的でした。もしかしたら子どもたちは飽き飽きするかもしれない、そんな不安もありました。
 が、心配は無用でした。 経済的には安定しながらも神経質で自己の生き方に思い悩む漱石と、近代俳句の礎を固めつつも密かに死の恐怖と向かい合っている子規と、二人の友情と希望を明るく描いて、子どもにも楽しめるものでした。
 劇中ベゴニア婦人を演じた佐伯静香さんは西条市出身。観劇の子どもの中には彼女の出身小学校の後輩もいます。その縁で、終演後、出演者と一緒に写真を撮ってくれました。小さな劇場の、出演者の汗までも見える客席で、出演者との交流もできて本当によかった。役者さんたちの生き生きとした表情、切れのあるダンス、日頃いくら「いい顔で」とか「楽しく」とか言っても固さのとれなかった子どもたちが、3月のプチコンサートでは生き生きとした表情で歌ってくれました。「百聞は一見にしかず」です。

 そのプチコンサートは3月11日
 入団して2ヶ月ほどの子どもたちも11曲を歌いきりました。子どもの能力ってすばらしい。折しもこの日は3.11の大震災の日。「一緒に歌いませんか」との呼びかけに、観客席から福寿草合唱団のみなさんが飛び入りで参加してくださり、「花は咲く」を鎮魂の思いを込めて歌いました。



 また、招待した保育所の園児たちも一緒に歌ってくれました。



 なにもかもが心温まるよい演奏会でしたが、特筆すべきはゲストのお二人の演奏です。音楽療法士をされているお二人、普段は患者さんを歌で癒やすため病室でささやくように歌っているとか。澄み切った心にしみいるような歌声と、お話に会場は静まりかえりました。
 

  
 患者さんたちからいただいたたくさんの言葉をスクリーンに映しながら「ほしめぐりのうた」をうたってくれました。
 
 音楽は心を癒やしてくれる 音楽を聞いていると痛みを忘れる 音楽で心が優しくなれる・・・・
 
 お二人は、私たちが知らなかった音楽の世界を教えてくれました。なかでも末期癌の患者さんが「ほしめぐりのうた」を聞いて、「前に聞いてもう一度聞きたくてたまらなかった歌に出会うことができた。」と心から喜んでくれた話には、不覚にも涙がこぼれそうになりました。亡くなった母も病院でのコンサートを楽しみにして、一度も欠かすことなく聞きに行っていましたから。
 こうして小さなホール満員の観客を迎えて今年の合唱活動は終わりました。
 
 その後、転校していく団員、高校卒業とともに卒団を迎えた団員とお別れをしました。
 
 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ほうしこ

2017-03-22 20:45:12 | 植物
 もう死語になってしまったかな? 子どもの頃、祖母も母もつくしのことを「ほうしこ」と呼んでいました。なぜつくし(土筆)がほうしこなのか。ツクシはスギナの胞子茎なんだそうですが、それと関係あるのかな? だとしたら、方言にしてはえらい科学的ではありませんか。

 実家の横の畑につくしがいっぱい生えるんだと、母が生前喜んでいました。母はツクシが大好きでしたから。採っても採ってもまだ採りたくて、夜は父と二人でせっせと袴をとって、茹でて冷凍して・・・その塊をいくつかもらって料理するのが毎年の春の行事みたいなものでした。
 
 母亡き今、ツクシはますます増えて



 母が見たら狂喜したでしょうに。



 すくも(籾殻)の周りだけ生えているようですが、後日行ってみたらすくもの中からなが~いつくしが顔を出していました。

 両手に持てるだけ摘んで帰って料理しました。面倒な袴取りは、
 「袴だけちぎったらええ」という弟の提案で


 はい、ちぎりました。ずぼら万歳です。食べるのに何の支障もありませんでした。袴のところだけつまんでちぎっていくと、包丁で切らなくても短くなってしまいます。くるくると回しながら取っていくよりは早いですね。ただ・・・・爪の中が真っ黒に。歯ブラシでこすっても2,3日のきませんでした。
 それと、袴と袴との間が詰んでいるものは、ちぎるとみじん切りみたいに短くなりますので、これはいつものように袴だけを取り除かなければなりません。そんなこんなで、これだけの袴をとるのに



 テレビを2時間くらい見続けました。ヒーターをつけて20度以上ある部屋の中でツクシがあっという間に開いて



 全体がか緑っぽくなってきました。 胞子が出始めたのです。これ、採ってきたとき頭は、鱗のような部分がしっかり閉じて固かったんですよ。やがてボールの縁に



 ふわふわの綿のように集まってきました。すごい。これがほうしこと言われるゆえんかも。でも、何度も書きますが、昔から言われているにしては科学的すぎやしませんか?
 
 さて、ちぎったツクシはさっと湯がいて出汁とみりんと醤油と砂糖少々で味付けして、半分はツクシご飯にし、



 半分はたまごとじにしました。



 にんじんと椎茸をかさ増しに入れるのが我が家流。
 つくしごはんはぶじこの家にも持って行きましたが、孫たちも喜んで食べたそうです。これでツクシは終わりにします。わたしは冷凍してまで食べなくてもいいです。だって、やっぱり袴をとるのがめんどうなんだもの。

おまけの画像

 すごいですよ。何に見えますか。

 畑全体がベージュ色。今頃こういう色が見えたら、ツクシですね。



 採る人が少なくなったためか、あちこちで群生が見られます。ここは前々から多い場所ではあったのですが、1年で爆発したみたい。
 立錐の余地がないとはこういうことかしら

 これが全部ほうしをまき散らすんですからね、何もしないと爆発するのはあたりまえ。 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

さくら さくら

2017-03-19 22:11:47 | 植物
 伊予路は本格的な春を迎えます。



 あちこちでサクラが咲いています。といってもソメイヨシノではなくて早咲きのサクラ

 緋寒桜 かな? もっと濃いピンクなんだけど、車窓から撮りましたので条件が悪かったです。


 これも車窓から


 これはねえ、満開の時はすばらしくきれいなんですけど、ほんの2,3日遅かったです。
 


 桜三里のこちら側、湯谷口温泉への入り口に1本だけあります。それが、2,3年前に温泉の看板を建て替えまして。サクラの木のど真ん前に。まるでサクラの木がマスクをしたみたいなんですよ。かろうじて横からみられますが、正面から見るより小さく見えるのです。


 今はさくらんぼの花が満開です。ヒガンザクラよりも白っぽいのでわかります。たくさんのおうちがさくらんぼを植えていることがよくわかります。
 我が家のさくらんぼも満開。




 3月は父と私とウマオの誕生月。お食事会で出た天ぷらにもさくらんぼの花が添えてありました。ふと思いついて黒いお膳の上に乗せて撮ってみたら

 

 なんだかいい雰囲気。花が開きすぎるので冷蔵庫で保存してたんですって。そんなことしなくてもうちにいっぱいあったのに。

 ところで、先週、市内の鉄工所のツバキカンザクラを見てきました。先代の社長さんが桜が好きで植えられたそうです。見頃になると工場の駐車場を開放してくれます。父と見に行ったときはあちこちのデイサービスの車が来ていました。そのときはカメラを持っていなかったので2日後もう一度行きました。

 ウマオが、かあかの仕事を邪魔してしょうがないので「さくら見に行こう。」と誘ったら「いやだ。」
「コンビニでおやつ買ってサクラのところで食べよう。」
と言ったら即
「行く!」  
  
 近くのコンビニでイチゴパフェを買いました。この前、イチゴパフェがなんたるかを知らなかったウマオは、アイスを買ってしまい、にいにが食べているイチゴパフェがほしくてたまらなかったんだそうです。今回は迷わずイチゴパフェをチョイス。

 二人が食べている間にその辺のサクラを撮影。



 一枝一枝びっしりと花がついて重たそうでしょう。





 花はずっと奥まで続いています。



 奥には芝生が広がっています。

 ようやく食べたパフェがおいしくて


 にいにと一緒に走れるようになったのがうれしくて
 芝生の上で転げ回るのが楽しくて

 

 ウマオはあらん限りの声で雄叫びを上げています。
 少しは花も見たのかしらね。
 そういえば父も、花より団子じゃ、ジュースが飲みたいと言いました。まったくうちの男どもは・・・ 
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

花巡りの旅 番外編

2017-03-14 21:31:41 | 旅行
 今回の旅は、野球の打席にたとえるなら、一打席目単発1塁打、二打席目空振り三振、三打席目ファウルで粘ってなんとか塁に出た、ってとこでしょうか。でも、友人たちとの草野球なら負けてもまた楽し。試合の後の一杯も楽しみですしね。

 房総半島、伊豆半島ぐるっと回って海の幸山の幸もたくさんいただきました。
成田山新勝寺では自由食だったので簡単におそばを。やっぱり関東に来たらうどんではなくてそばでしょう。わたし、そばの味はあまりよくわからないのですけれど。

 富浦のホテルでの夕食はバイキングでした。できるだけその土地ならではの料理をチョイスしました。
 ピーナッツ豆腐


 三種類の魚。手前からアジといわしとなんとか。鰯の胡麻和えがめずらしかったです。
 手前は黒大豆豆腐。黒大豆って枝豆で食べてもこくがあっておいしいですよね。



 あとは・・・写してない
 海のそばにあるホテルなんだけど残念ながら海側の部屋ではありませんでした。でも、とても広くて快適。


 
 部屋のお風呂も広々でしたが、大浴場に入りました。
 シャンプーや石けん、化粧水などもいろいろな種類が備えてあってどれを使おうか迷ったほどです。

 2日目のお昼は、大島温泉ホテルで期間限定の「島っこ膳」

 

 食器が全部(茶碗も含めて)プラスチックだったのがちょっとね~ まあ、お弁当と思えばいいのでしょうが。量的にもお膳と言うよりはお弁当ですね。

 手前右は金目鯛の煮付け、左は薩摩揚げのようなものとアシタバの胡麻和えとアシタバの佃煮だったかな? アシタバは島内にいっぱい生えているそうで、お菓子などにも加工されてお土産に売られていました。

 2日目の夜は伊豆白浜温泉。ここは設備はふつうだったけど



 お部屋はオーシャンビュー。プール付き。私には関係ないけど。
 驚いたことに、朝からサーフィンする人が何人もいました。
 砂浜に何か柵のようなものが規則正しく並べられています。夕食の時ホテルのスタッフさんに聞いてみたら、冬の間砂埃がひどいので砂よけに並べているそうです。夏が来たら撤去するそうです。

 食事は広いステージとスクリーンのある食堂で。
 

 スクリーンには周辺の観光地を空から撮った映像が流されていて、これがとても興味深かったです。食事が終わってもずっと座って見ていました。

 そして、お給仕をしてくれるホテルのスタッフがみんな感じがよかったです。プロのおもてなしでした。

 金目鯛の煮付け
 

 おいしいけど・・・瀬戸の小魚にはかなわないと思います(身びいきです)

 するが鍋・・・だったと思う



 にんじんの上にお茶の葉、大根の上には桜エビが乗っていました。郷土食豊かな鍋でした。

 何とかうどんのサラダ仕立て。



 黒いうどんが珍しいですね。でも、う~ん、うどんはやはり出汁で食べたい。

 あと3品、いくつかある料理の中から自分でチョイスできました。 さざえとかおすしとか。

 最終日の昼はまたまたバイキングです。サラダの種類が豊富でおもしろかったです。たけのこのサラダとか。バイキングって、いろいろな料理がたくさん並んでてテンション上がりますよね。自分の好きなものを好きなだけ取って食べられるから(でも、やっぱり食べ過ぎ)いいのだけど、懐石料理のように丁寧に調理されて見た目にも美しい料理とはちょっと違いますね。ちょっと飽きてきたので写真は無し。

 食べ物がまずかったというわけではありません。珍しいものもたくさん食べたし。でも、添乗員さんがしみじみ言われたように、
 「みなさんは、美味しい物がいっぱいあるところから来てらっしゃいますものねえ。」
 美味しい瀬戸内海の魚と、豊富な果物、道前平野の肥沃な土地で育った野菜。自分たちは恵まれているんだなあと、郷土のよさを再認識したのです。

 富士山に別れを告げてバスは一気に山を下り、横浜の中華街の緑の屋根を横目に見て、東京まで帰ってきました。林立するビルの間に上下左右に交差するハイウエイ。そして羽田空港の広いこと。空港の中で歩数計は1万歩を越えました。

 田舎者の私たちは松山空港についてその狭さにほっとしたのでした。



 
 
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加