あた子の柿畑日記

田舎での日々の生活と趣味のレザークラフトについて

野菜畑で

2017-02-22 22:51:35 | 野菜・果物・料理など
 ぶじこが野菜の収穫に行くというので、ついていきました。
 わたしのお役目は、腕白怪獣のおもり。しかし、その必要もなかったようで、孫たちは、広々とした畑で嬉々としてお手伝いに励んでおりました。

 「うんとこしょ、どっこいしょ」とかぶ大根をひき
 変な大根に大喜び



 大きな大根をえっさえっさと運びます。



 この大根、トラオの足の長さほどもあって、さすがにこれはずるずるとひっぱっておりましたた。

 キャベツも一つ一つ抱えて運び出しました。このキャベツ、よく見ると



 ぎざぎざに切り裂かれたよう。

 おまけに汚いし



 なぜかみかんの皮?
 
 そこでやっと気づきました。
 普段人気のないこの畑は、鳥たちの天国になっているのだと。
 ブロッコリーの葉っぱもこのとおり



 冬は虫が少ないから野菜がきれいに育つと思っていたのですが、思わぬ敵がいました。

 隣は広々としたケール畑です。ケールはとある青汁製造会社が有機栽培で育てています。長年放置された畑は、農薬や化学肥料が抜けて、有機栽培には都合がいいのだと聞いたことがあります。

 このケールもこのとおり



 鳥にもうちの野菜やケールが安全だとわかるのでしょう。

 ところで、ケールって葉っぱを一枚一枚もぎ取って収穫するって知ってました?



 わたしはつい最近まで知りませんでした。 こうやって下の方から大きくなった葉を欠いていき、春になるとトピアリー仕立ての木のような姿になります。

 ターサイはほとんど収穫してしまったようです。きれいなフリルの中から花が覗いています。どんな花かな? わたしはまだ見たことがありません。

  

 美味しい冬野菜に花が咲いてしまうのは残念ですが、春が来るのは楽しみです。
 そうそう、今朝初めてウグイスが鳴きました。

 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

網敷神社の梅

2017-02-19 19:50:05 | 植物
 日曜日、雲一つない快晴です。風もなくぽかぽか陽気です。新聞に、志島ヶ原の梅が見頃、という記事が載りました。これは父を連れて出かけねばなりますまい。
 木曜日に実家に連れて行ったばかりなのに、何ヶ月かぶりのおでかけだと喜んでいます。

 父を連れて梅を見る場所はここしかありません。駐車場が広く、梅林が平坦地で、車を降りたらすぐ見られる場所。



 今治市の桜井にある網敷神社の梅林です。 

 神社の近くは人がいっぱい、車もいっぱいでした。でも梅林近くの駐車場にはまだ空きがありました。
 見頃とは言うもののまだつぼみの多い木もあって、あとちょっとという感じがしました。
毎年、このアングルで写真を撮っているような気がするけど

 

 すこしばかり迫力に欠けるような・・・・

 よく咲いているのは紅梅で、薄いピンクも濃い赤もどちらもきれい。






 白梅はまだつぼみが多かったですが、見頃のもありました。



 ここの白梅だけはどれも満開


 若い木は同じ種類を何本か固めて植えているらしく、白も赤も一斉に咲いていてきれいでした。

 白い花も清楚で好きです。
 
 



 満身創痍といった風情の老木が心に残りました。



 幹は裂け、残っている枝もわずか
 
 でも、残った枝には花がついています。命つきるまで懸命にー


 がんばって来年も咲いてほしいですね。

 
 網敷神社のある志島ヶ原の海岸は松林もすばらしく、堂々とした風格の松がたくさんあります。



 その松林の中に神社もあって、なかなか興味深いのですが、父の体力が持ちませんのでさっさと帰ることにしました。
 父曰く
「花は同じじゃが、行くたびに違うけんのう。」
 つまり、毎年同じ場所で花を見ても、その様子は見る度に違う。と言うことらしいです。
 そうそう、だから同じ場所に行っても楽しめるのよね。 
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

同じ型紙で

2017-02-15 20:16:57 | レザークラフト
 月に1回、気の置けない友人3人とレザークラフトを楽しんでいます。
 そもそもの始まりは、そのうちの一人が古い布製のショルダーバッグを持ってきたことから。

 もうくたびれてしまったんだけど、とても使いやすいから同じ形のバッグを革で作りたいと。型紙は元のバッグのサイズを測り、彼女が自分で作りました。銀色の柔らかい革があるから、それにで作りたいと言います。
 で、私も一緒に作ってみることにしました。

 はい、出来上がり

 

 って、魔法使いみたいですけど、実際は時間がかかっているんですよ。
 左が私、右が友人のです。同じ型紙を使ったように見えます?

 まずは友人のから



 元のバッグには革のポケットがついていました。その部分はゴードの革に電気ペンで模様を描き、アクリルカラーで染めました。模様は私が持っている図案集から。
 シルバーを混ぜて光沢のある仕上がりにしています。革製だけど軽くて使い勝手がいいそうで、写真を撮らせてもらったときにははやくたびれ気味

 わたしのは



 手抜きしました。
 ポケット部分はオーストリッチの端革を縫い合わせたもの。何年か前東京の革屋さんで買っていたもの。やっと日の目を見ました。
 模様を入れる手間は省いたけど、ポケットは縦ポケットをつけてますよ。



 このポケットをつけるのに少々苦戦しまして、なぜか表が少し大きくなりました。なのであちこちつじつま合わせをして、結果予定より大きくなりました。二つのバッグが大きさが違うのはこういうわけです。ただ、だれもつじつま合わせには気づかず、わざとこういうデザインにしたかと思ったそうです。

 裏側は



 表にファスナーポケットがあるので、裏はマグネットで留めるオープンポケット。これが旅先では便利なのです。観光施設でもらうパンフレットを突っ込んだり、ガイドブックを取り出したり、町歩きの時でもハンカチやティッシュはここに入れておくとさっと取り出せます。

 二つのバッグのできばえにほかの二人が触発されました。



 私が使った革の残りと牛革のポケット。模様は先の彼女と同じデザイン集からとっていますがまたまた違った印象です。

 残る一人はまだ制作中。これまたがらっと違った雰囲気になるでしょう。できあがるのが楽しみ。
 同じ型紙なのに革の素材と模様とで全く違って見える、この楽しさにはまりましてもう一つ作ってみました。



 ポケットは、ヌメ革にカービングして黒一色で染め、金のアクリルカラーを塗り込んであります。模様は私がデザインしたもの。
 ヌメは硬いのでファスナーポケットにせず上から出し入れできるオープンポケットです。その代わり、裏にファスナーポケットをつけています。



 いやあ、おもしろい。こんなにいろいろ作れるとは。そして私のデザインしたバラの模様も、色のつけ方を変えたらそれこそ何十通りものバッグができそう。
 そんなことを考えていた頃、義妹から、海外旅行に持って行くのでこのバッグを作ってほしいとリクエストされました。ただし、ミラーレスの一眼をバッグに入れたいとのことで、幅と底のサイズを1センチほど大きくしましたけど。 それと、旅先で2通りの使い方ができると便利かなと思ってツーウェイ仕様にしました。
 だけど、残念! 出発ぎりぎりにできあがったので写真を撮るのを忘れていました。とっても重宝したとのことです。よかった。
  
 まだまだ続きます。
 最初に作った友人が、今度は昔作ったポーチを使って同じバッグを作りたいそうで、できあがったのがこれ



 バッグのかぶせにポーチを使ってあります。 これ、とっても使いやすそう。ふたが深いので、がばっとものを入れてがばっと取り出せます。こうなると同じ型紙とはとても思えません。
 彼女は今三つ目を制作中。昔作ったバケツ型のバッグにカビがはえたので、きれいなところだけをポケットに使うそうです。おもしろいポケットになりそうですよ。
 
 そしてわたしもエンジの革でもう一個作ろうかなあと思案中。
 
 
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

才色兼備の野菜たち

2017-02-12 23:43:18 | 野菜・果物・料理など
 野菜作りに熱心なぶじおくんがいつも戸口に野菜を置いていってくれます。それが美味しくて、見た目もきれいなの。女性で言えば才色兼備
 たとえば


 ターサイです。フリルいっぱいのスカートを広げたようでおおきさはバスケットボールくらい。とってもきれいです。さっと炒めて使えるので私のお気に入り。ちょっと苦みがあるけれど、ソーセージやベーコンや、ちくわやかまぼこ、どんな食材とも合います。


 珍しく台所まで持ってきてぽんとそこらに起きました。



 こんな時は、何か質問があるか、自慢したいか。名前は聞かなくてもわかります。今年は日に当てず大事に大事に育てたらしいです。



 中から出てきたのは真っ白なカリフラワー。ふわふわのアイスクリームみたいでこれもほんとにきれい。会心のできだったようです。かじってみるとほんのり甘みがあります。
 
 とにかく今年の野菜は甘い。大根も、かぶも、キャベツもほうれんそうも。育てた本人が
 「どうしてでしょうね?」
 と首をかしげています。確かによい肥料を使ってはいるらしいのですが。

 ほうれんそう。


 寒さで葉が縮んでいますが、こういうのがあまくておいしいんだと、何かの番組で知りました。あまり手を加えずにおひたしにしましょう。



 この赤い根元の部分が特に甘いのです。でもわたしは子どもの頃からこの固いところが嫌いで、できるだけ避けてきたのですが、あまりにも甘いので、食べやすく薄切りにして全部食べました。

 大根も蕪も傷がなくて真っ白。
 大根は甘くて辛みがないから、おろし大根のからいのが好きな人には物足りないかもしれませんが、わたしは大好き。
 
 きのこと納豆のみぞれあえを作りました。



 あれ?わたしきのこを煮るのにみりんを使ったかな?思わず煮汁を確かめてみたほどです。それくらい大根が甘かったのです。

 かぶのクリーム煮もいろいろ野菜を煮込んだミネストローネも、砂糖を入れたように甘い。かぶぎらいのぶじこがかぶを食べるようになりました。知り合いにお裾分けしたら、ウマオと同い年の女の子が「かぶがおいしかった」と何度もいうんだそうです。

 これもかぶです。


 細長くて上の方がちょっと紫がかったきれいなかぶ。今ピクルスにしています。
 ただ、酢の物にしてとても美味しかったので、次はスープにしてみたら、苦かった・・・生食用のかぶだったのかも。ふつうのかぶよりもしゃりしゃりとした歯ごたえがあります。

 ブロッコリーもきれいですよ。たまにはこんなのもありますが。


 ああ、もったいない。花を咲かせちゃった。 今が最盛期らしく毎日毎日くれるので食べきれません。知り合いの料理屋の女将にあげたら、「茎の方が甘いんぞね。」とおっしゃる。それは知っていましたが、茎は皮を剥かないと固いので敬遠してました。が、いい方法を見つけました。それは
 
 丸ごと茹でる
 それから小房にわけて、残った大きい茎の皮を剥くのが一番手っ取り早いです。

 例外的に見かけの悪い野菜もありますけどね。
 キャベツはなぜか葉っぱが割れて、ロールキャベツがつくれません。でも、炒めてポン酢をかけたのがわたしのお気に入り&お得意料理(料理とも言えないほど手抜きだけど)
この間ぶじこがお好み焼きを持ってきてくれたのですが、それがいつもと違って甘かったので、砂糖を入れたのかと聞きましたら、いつもの作り方だと言います。甘いのはキャベツのせいではなかろうかと。
 白菜は、穴だらけで(虫食いの)外の葉っぱを捨てて使っていますが、なかに深~い穴が一つ二つあって、それは要注意なんです。穴を探っていくとヨトウムシが丸まっているので。
いえいえこんなことでびくびくしていては美味しい野菜は食べられません。虫食い=無農薬ってことですから。これは蒸してポン酢をかけるだけ。ポン酢、大活躍です。

 そうそう、忘れるところでした。
 高菜もいっぱいできたんだそうです。わたしは湯がいて炒め煮にするのが好きですが、ぶじおくん、消費に困って漬け物にしました。これがまた、いい出来で・・・・



 分けてもらったのをちびりちびりと食べています。これ、みじん切りにしてチャーハンにするとおいしいんですよ。

 というわけでことし我が家は野菜中心生活。美味しい野菜はあまり手を加えなくても十分美味しいから調理の時短にもなるし、砂糖の消費量がうんと減って経済的。
 ただ・・・
 外食すると野菜が美味しく思えないんですよ。せっかくお金払って食べてるのに。
 
  

 
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

森の交流センターで

2017-02-08 17:53:11 | お出かけ
 年末の入院以来ずっと車いすだった父。なんと元通り歩けるようになりました。退院して1ヶ月足らず、デイサービスでのリハビリのおかげです。よかったよかった、これでお茶を飲みにも、食事にも連れ出せます。
 さっそく弟夫婦と食事に出かけました。それが、先日のでっかいじゃこてん。そして食事の後、東温市にある愛媛県森の交流センターに行くことにしました。そろそろ梅が咲いているんではなかろうか、ということで。これが1月29日のことです。
 弟はまだじゃろと疑っていましたが、わたしは、こちらの梅畑で南高梅が咲いているのを知っていましたから、きっと咲いているだろうなと思いました。

 
 ぽつぽつと咲いておりました。車いすを貸してもらえるので、遠くまで歩けない父も散策を楽しめました。

 

 

 
 ハウスの横には大きな白梅の木があって、ここはたくさん咲いていましたが・・・



 ほかの木は小さくて、満開になっても貧相かな? 梅だけを見るならほかにもよいところがありますね。交流センターのねうちは、こうした園芸用の樹木だけでなく庭木には使われない多様な木が、それもかなり大きい木が自然の姿のまま残されているということだったのですが・・・


 敷地の一部に県警機動隊の庁舎が建てられることになり、たくさんの木が切られてしまいました。一部は移植されてはいましたが、


 



 あのたくさんの椿がこんなに少なくなってしまっただけでももったいないとわたしは思いました。
 弟は
「ここを桜と梅と椿だけにしてしまうのか。」と怒っています。
 義妹は
「署名運動でも何でも、もっと強く反対すればよかった。」と悔やんでいます。
 貴重な木がたくさんあったんだそうです。
 関心のないものにとってはどうでもよいことなのかもしれません。予算やその他やむを得ない選択だったのかもしれません。

 でもこんな様子を見ると

 
 なんだか切なくなってしまいますね。何十年もかけて育った木は、たとえ新たに植えたとしても一朝一夕には戻らないのです。
 
 明るく開けた場所にこんなところがあって


 このタンポポのようなものなんでしょう。


 つわぶきの綿毛のようですね。そばに冬イチゴの葉も見えます。立ち枯れのざっそうやアケビの絡んだ木。ここだけが荒れ地の様子をとどめています。そうそう、こういう雰囲気もこの交流センターのよいところかも。

 名前のわからない鳥の鳴き声が盛んに聞こえて
 枯れ葉の上を、我々には目もくれずえさを探している鳥もいます。

 「シロハラ」かな?

 田舎は自然に恵まれているというものの、子どもにとっても安全で明るい森が残されているところはそうそうありません。だから私たちはちょくちょく来ていました。トラオが赤ちゃんの時からお花見はここだったんですよ。
 かえすがえすも残念ですね。
 
 そうそう、入り口の木蓮の木はそのまま残されていました。3月になったらまた来てみましょう。
  
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加