ともやの映画大好きっ!

鑑賞した映画の感想やサウンドトラックなどの紹介、懸賞や日々の戯れ言などをのほほんと綴っていこうと思っています。

1408号室

2008年10月12日 | 映画(あ行)
(原題:1408)
【2007年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★☆☆)


第21回東京国際映画祭特別招待作品。
スティーブン・キングの短編小説「一四0八号室」を原作にしたスリラー映画。

幽霊ホテルや心霊スポットなど呪われた場所を取材し、執筆して生計を立てているオカルト作家のマイク・エンズリン(ジョン・キューザック)。ある日、エンズリンの元に1枚の葉書が届けられる。そこには『Don't Enter 1408(1408号室に入っては行けない)』と書かれていた。興味を惹かれたマイクは、ロサンゼルスからニューヨークにあるドルフィンホテルに向かう。エンズリンは取材のため1408号室に泊まろうとするが、支配人のジェラルド・オリン(サミュエル・L・ジャクソン)は頑にそれを拒否する。このホテルが創業してから今までに56人の人間が1408号室で自殺している事、自殺以外でも22人が不審な死を迎えている事…などを説明するが、幽霊など全く信じていないエンズリンはこれをホテルの客寄せの手段だと疑わない。根負けしたオリンはエンズリンを1408号室に案内する。その部屋でエンズリンが体験した事とは…。



これってキング原作映画史上最高のオープニング記録を打ち立てたんですってね。
「グリーンマイル」や「ミスト」を軽く抜いちゃったらしい。

ちょっと前に日本人の及川中監督するハリウッド映画「1303号室」(原題:APARTMENT 1303)を観ましたが、真逆のアプローチですね。
ホラーというよりはスリラー。
原作を読んでいないので何とも言えませんが、オチがだいぶ違うのかな?



1912年10月に開業したドルフィンホテル。
以後、95年の歴史の中で、1408号室に宿泊した56人すべてが死亡。
7人が投身自殺。
5人が首つり自殺。
4人が薬物自殺。
3人が切断死。
2人が窒息死…。
この部屋に入って1時間以上持ちこたえた人間はいないという曰く付きの部屋。

窓枠が自然に降りて閉まってしまう。
使ったハズのトイレットペーパーがキチンと元に戻っている。
こんな現象は序の口レベル。
突然カーペンターズの『愛のプレリュード』が流れ、デジタル時計が60からのカウントダウンを始める。

ある程度ホラーを見慣れているともやですが、予測もつかない展開にかなりドキドキしました。
わお、こんなドキドキを味わうのは久しぶり~♪
ただ中盤あたりからドキドキ感は薄れ、どんなオチにするんだろう? とそればかり気になり始めました。
個人的にはあのオチはちょっと物足りないかな?

ちょっとネタバレね。
特に説明はないのだが、この部屋は泊まった人間の弱点(弱い部分)を投影させ、狂気に導いて行くようだ。
エンズリン自身も幼い娘ケーティ(ジャスミン・ジェシカ・アンソニー)を病気で亡くし、そこから立ち直れない弱さを持っていた。
何故エンズリンだけが、部屋に打ち勝ち、生還できたのか?
(死んだ娘が力を貸してくれた…というわけでもない)
いっそ「シャイニング」のように、部屋が見せる狂気に取り込まれて死んでしまうバッドエンディングの方がしっくり来たかな?

監督はミカエル・ハフストローム。
この監督の「ポゼッション」って、ともや観てるわん。
スウェーデン製のホラーって初めて…って観たけど、なかなか面白かったのを覚えてます。

1408 - Official Trailer



2008年11月22日公開


1408号室(Blu-ray)

東宝

このアイテムの詳細を見る


1408号室 [DVD]

東宝

このアイテムの詳細を見る


1408(「1408号室」輸入盤サントラ)
Anthony Pleeth,Gabriel Yared,Jeff Atmajian,Rolf Wilson
Varese Sarabande

このアイテムの詳細を見る


幸運の25セント硬貨(「一四0八号室」収録)
スティーヴン キング
新潮社

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (22)   トラックバック (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アンダーカヴァー | トップ | 空を漂うもの »
最近の画像もっと見る

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは☆ (dai)
2008-10-12 14:07:47
>いっそ「シャイニング」のように、部屋が見せる狂気に取り込まれて死んでしまうバッドエンディングの方がしっくり来たかな?

『ミスト』もそうですが、そういう展開に持っていくのもありですよね。DVDの特典映像辺りで違った展開があるといいですね☆
エンディング (ともや)
2008-10-13 00:56:25
こんばんは、daiさん♪
資料を見ると監督はエンディングが決まらないまま撮影していたみたいですね。
最終的に数種類のエンディングを用意して、テスト試写でこのエンディングに決定したみたい。
ひょっとしたらDVDではその数種類のエンディングが観られるかも?
Unknown (mig)
2008-10-22 15:26:03
ともやさん★
こんにちは。
試写でエンディングを決定?
そうなんだ~。

ともやさんはこの映画フツウでした?

確かにラストは普通だったけど納得。
わたしはホントは助からないって方が好みなんだけど
楽しめたので高評価♪
もう一度観たいなぁ^^
(・ω・;)(;・ω・) (ともや@モバイル)
2008-10-22 21:16:53
こんばんは、migさん♪
オチはともかく、結構ドキドキさせてもらったので、良かったですわん。
キング作品は好き好っきです~o(^-^)o
Unknown (にゃむばなな)
2008-11-23 22:15:54
『シャイニング』と比べると、ちょっと物足りなかったですね。
でも『シャイニング』ってスタンリー・キューブリックが自らのイメージで映像化したために、スティーブン・キングが激怒したことでも有名なことを考えると、あの作品だけは特別視したほうがいいんですかね?
シャイニング (ともや)
2008-11-23 22:30:25
こんばんは、にゃむばななさん♪
「シャイニング」はキューブリック版の方が怖くて好きなんですが、その後に作られた3時間のTVドラマ版も原作に忠実に描かれていて結構好きです。
(動物の形に刈り込まれた樹木が動き出すシーンもちゃんとあるんです)
割と初期のキング作品は全部読んでるんだけど、最近はなかなか読書に時間が割けなくて、厳しいですわん。
面白かった! (リーセ)
2008-11-24 05:19:15
久しぶりに映画館でホラー映画を見ました。結構スリリングで面白かったったです。一つ疑問が?エンディングで主役の人が意味深な笑みで終わったのがなんか引っ掛かります。何か知ってる人、教えて下さい。
ラスト (ともや)
2008-11-24 12:10:19
こんにちは、リーセさん!
>主役の人が意味深な笑み
その辺はそれぞれが解釈して楽しんで…ってことなんでしょうね~!
ラストに関しては監督も四苦八苦していたみたいですからね~。
あたしは (miyu)
2008-11-24 17:13:47
ホラー映画が苦手でともやさんほど多分観てない
ジャンルなのですが、やっぱり結構楽しく観れました。
でも、やっぱりこうゆう映画って途中から
オチをどうするのかが気になっちゃいますよね~( ´艸`)
開かずの部屋 (ともや)
2008-11-24 18:35:48
こんばんは、miyuさん♪
このホテルの部屋程ではないんでしょうけど、日本にもこういう曰く付きで使われていない部屋がいっぱいあるんでしょうね。
そんな事を考えただけで…ブルブル。
こんばんは~^^・ (由香)
2008-11-26 22:58:25
お邪魔します♪
『キング原作映画史上最高のオープニング記録を打ち立てた』
そうだったんですか?!
ふ~~~ん、そんなに話題になった作品だったのかぁ~
私は原作を知っていたせいか、イマイチ恐怖感がありませんでした(汗)
と言っても、映画は原作を大分膨らませていたので「そこまでやるの?!」って演出にドキドキはしましたが。
原作は凄く短いお話なんです。娘の存在もないし、部屋があんなになったりしません。ついでに窓の外を歩いたりもないし、、、
だから映画の方が派手で面白かったかも!
キング作品 (ともや)
2008-11-27 18:29:54
こんばんは、由香さん♪
原作はかなりシンプルなんですね。
クーンツ派に趣旨替えしてから、キング作品をあまり読まなくなったんです。
でも最近クーンツの新作も少なくなってきたし、キングの作品もちろちろ読むようにしようかな?
この映画のオチ。 (アッシー映画男)
2008-11-28 00:41:32
初めてコメントさせていただきます、昨晩、出張先の鹿児島のシネコンでこの映画を観ました。
レイトショーで観客たったの4名だったせいか、怖かったです(原作は読んでいません)。
この映画のオチですが、含みのもたせ方が気に入っているのですが、ワタクシの理解が間違っているのかな?と不安もあります。
完全ネタバレで恐縮ですが「果たして主人公マイクはあの部屋を出ているのか?」という謎を残していますよね。一度、ヌカ喜びさせられた彼ですが、部屋の中での体験(娘の声)をきっかけに、またあの世界に引き戻される--その無間地獄の怖さが、ラストの肝だったように思いました。
話は変わりますが、ジョン・キューザックの「アイデンティティ」というホラーが大好きで(これもラストのひねりが利い怪作)、「1408号室」で、久しぶりにホラーな(?)ジョン君を拝見できたのが嬉しかったです。「やられっぷり」が見事で、まことにうれしくなりました。
アイデンティティ (ともや)
2008-11-28 11:28:11
こんにちは、アッシー映画男さん!
「アイデンティティ」はともやも大好きな作品です。
これもジョン・キューザックですもんね。
ある程度展開は読めつつも、持って行き方が上手いな~、伏線の貼り方がいいな~、ミスリードを誘うよね、うんうん、って観てました。
何年かに1回は見直したくなる作品ですわん。
衝撃 (swallow tail)
2008-12-04 09:12:43
ともやさん、こんにちは。

これって・・・『ミスト』のオープニング記録も抜いちゃってるんですか??
それは内容よりも衝撃的です。
なんてったって『ミスト』はスワロの中では
今年のベストに食い込むくらいの秀作でしたから。

こちらもキングらしくてなかなか良い出来だとは思いますが・・・
佳作、くらいですよね・・・(苦)
ミスト (ともや)
2008-12-04 13:58:52
こんにちは、swallow tailさん!
「ミスト」、まだ観てないんですよ。
面白そうなんで、必ず観ると思うんですけど。
キング作品の映像化は、そんなにハズれが無いですからね~。
 (とらねこ)
2008-12-16 21:33:36
こんばんは、ともやさん♪
そうですね、面白かったけど、だんだん失速感はあったかな。
ま、後半部分は、映画的につけたした部分だから、仕方がないかな?と思ったりするんですけどね。
でも、後半部分の内容、同じでもいいんだけど、やっぱりもうちょっとコンパクトにまとめた方が良かったようにも思います。
でも、結構楽しめたし、良かったです♪
ツッコミ (ともや)
2008-12-16 21:54:03
こんばんは、とらねこさん♪
こういう映画って、真相が分かってきて『あっ、そうなんだ~』って失速するのと、『おっ、どうなるどうなる?』ってワクワクするのと2種類しか無いですよね。
途中絵から海水が溢れ出したり、部屋が凍り付く場面にいたっては『ジュマンジかよ!』とか思っちゃいましたもん。
前半のビビリが台無し~。
ま、面白かったんですけど、もったいなかったですね~。
別エンディング (ウニ)
2008-12-18 13:26:19
オーストラリアでDVDを鑑賞しましたが、
上記内容とはまた別の(バッド)エンディングでした。
複数エンディングがあったんですね。
良いエンディングも観てみたいです。
なんと! (ともや)
2008-12-19 04:48:49
こんばんは、ウニさん!
別のエンディングですって~?
よく上映する国によってバージョンが違うという話は聞いたことがありますが…むむむ…ですね。
DVD発売の時には、特典映像で収録されるのかな?
おそらく... (nike)
2010-05-08 00:13:47
思うに、主役の意味深な笑みは、
実は主役の姿をしてはいるものの、別人(人?)
ということではないでしょうか。パソコンで主役になりすまし
奥さんを部屋へ呼び込もうとしていた者では。
いろいろな解釈 (ともや)
2010-05-08 01:21:42
こんばんは、nikeさん!
ふむふむ。
こうやっていろいろとその後を想像できる映画って、実は楽しいですよね。
(そういうのが嫌いな人もいるだろうけど)
別人格が取り憑いているとなると、また別な物語が生まれてきそうで、楽しくなってきます♪

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

20 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
1408号室 (Memoirs_of_dai)
ONE ROOM 【Story】 呪われた場所を取材し、執筆することで生計を立てている作家マイク(ジョン・キューザック)は、ある朝海岸でドルフィン...
1408号室/1408 (我想一個人映画美的女人blog)
2007年全米公開、この映画、 スティーヴン・キング原作の映画化史上、No1ヒット!なんだって{/atten/} キング原作は衝撃的な結末が賛否巻き起こした『ミスト』が今年公開されたばかり。(mig今年のベスト上位に入る(予定)) でもこちらは何故かなかなか日本での公開...
1408号室 (だらだら無気力ブログ)
スティーヴン・キングの同名小説を映画化。 宿泊した者は必ず死亡するという呪われた部屋の謎を解こうとその部屋に 宿泊した男に降りかかる恐怖を描く。超常現象を信じない作家のマイク・エンズリンは幽霊が出たり、怪奇現象が 起きるホテル等を訪ねては、その体験を本...
『1408号室』 (めでぃあみっくす)
スティーブン・キング原作の映画化という一抹の不安はあれど、ジョン・キューザックが選んだ脚本ということで見てみましたが、いい意味での悪い意味でもいや~な映画でした。『ミスト』のようにクリーチャーが出てくる映画ではないのですが、ホラー映画としては十分面白い...
1408号室 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『この部屋はあなたのココロを破壊する』  コチラの「1408号室」は、宿泊した56人全員が死亡したチェックアウト不能の「1408号室」を舞台に繰り広げられる、11/22公開となったノンストップ・パニック・スリラーなのですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪主演は、ジ...
1408号室 (小部屋日記)
1408(2007/アメリカ)【劇場公開】 監督:ミカエル・ハフストローム 出演:ジョン・キューザック/サミュエル・L・ジャクソン/メアリー・マコーマック/トニー・シャルーブ この部屋はあなたのココロを破壊する 1+4+0+8=13 原作はスティーヴン・キングの同名短編...
劇場鑑賞「1408号室」 (日々“是”精進!)
幸運の25セント硬貨「1408号室」を鑑賞してきましたスティーブン・キングの短編小説を原作にしたミステリー・ホラー。過去に次々と死者を出し、宿泊することを禁じられている高級ホテルの一室に足を踏み入れた作家が、不可解なな現象に襲われていく。現実と虚構との境...
1408号室 (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。スティーヴン・キング原作、ミカエル・ハフストローム監督、ジョン・キューザック、サミュエル・L・ジャクソン、メアリー・マコーマック、トニー・シャルーブ。ニューヨークのドルフィンホテル(Dolphin Hotel)は1910年代創業だが、1408号室は宿泊者は2度と出...
1408号室 (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  その部屋に入れば最後、脱出不能の死と恐怖  
1408号室 (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2007年/アメリカ 監督:ミカエル・ハフストローム 出演:ジョン・キューザック    サミュエル・L・ジャクソン    メアリー・マコーマック    トニー・シャルーブ
おじさんシネマ(1408号室) (おじさん(Age.52)日記By宙虫)
スティーブン・キング原作のホラー映画。 最近、なぜだかホラーにひかれて観に行ってしまう。 というか、水曜日の夜ってどこか中途半端。 じゃ、映画でも行こうかと妻を誘って夜出かけた。 ま、ホラーだし。 それも良くある密室ものだし。 何か新しいだましやびっく...
1408号室 ★★★☆☆ (TRIVIAL JUNK Blog)
邪悪「泊めるなよ!絶対泊めるなよ!」 <公式サイト> スティーブン・キングの同名の短編小説を映画化。 キング映画と言えば当たり外れが激しい、っつーか8割以上ハズレじゃねぇかボケ!という切ない状況がありますが、これはそもそも彼の小説が映像化に不向きなせい...
師走突入~~♪ (♪男性派遣社員の独り言♪)
今日から12月{%びっくり2webry%}が始まります。 というわけで、久々に「映画の日」を楽しんできます。 映画館で見るのは約2週間ぶりだけど、 なかなか毎月1日に映画を見るというのは 仕事などのスケジュールを調整するのが大変{%泣くwebry%} でも生活圏内にでき...
1408号室 - 1408 - (個人的評価:★★) (尼崎OSよ永遠なれ)
1408号室を観てきました。 「ミスト」でスティーブンキング原作物の面白さを改めて認識しましたが、本作は「密室版シャイニング」のよう...
164●『1408号室』 (レザボアCATs)
←このチラシにある、「S・キング映画史上No.1ヒット」。この煽り文句、大丈夫なんでしょうか。。。こんなこと言ったらみんな、期待しちゃうじゃんか、と、キングのファンとしては青くなりながら、でもやっぱり期待に胸を膨らませながら見に行って来た・・・!
1408号室◆ジョン・キューザックがホラーに挑む! (銅版画制作の日々)
 この謎を知り、生きて帰れる者はいるのか? 京都での上映はないと半ば諦めていた「1408号室」が何と!京都みなみ会館での上映が実現されました。2月7日、早速鑑賞!原作はあのホラーの巨匠、スティーヴン・キングの短編小説「一四〇八号室」(新潮文庫刊)「幸運...
1408号室 (映画君の毎日)
1408号室 ¥2,952 スティーヴン・キング原作のサスペンススリラー。宿泊した56人の客全員が1時間以内に死亡するというホテルの一室「1408号室」。オカルト作家のマイク・エンズリンは、真相を探るべく宿泊するのだが…。 (「キネマ旬報社」データベースより) 最...
「1408号室」(1408) (シネマ・ワンダーランド)
米国人気モダン・ホラー作家、スティーヴン・キングの短編小説(「幸運の25セント硬貨」新潮文庫所収)を映画化したホラー・パニック・ムービー「1408号室」(2007年、米、ミカエル・ハフストローム監督作品、104分)。この映画は、幽霊や超常現象を一切信じ...
1408号室 (mama)
1408 2007年:アメリカ 原作:スティーヴン・キング 監督:ミカエル・ハフストーム 出演:ジョン・キューザック、サミュエル・L・ジャクソン、ジャスミン・ジェシカ・アンソニー、メアリー・マコーマック、トニー・シャルーブ 超常現象を一切信じないオカルト作...
映画『1408号室』を観て (KINTYRE’SDIARY)
92.1408号室■原題:1408■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:104分■字幕:栗原とみ子■鑑賞日:11月22日、渋谷東急(渋谷)スタッフ・キャスト(役名)□監督:ミ...