ともやの映画大好きっ!

鑑賞した映画の感想やサウンドトラックなどの紹介、懸賞や日々の戯れ言などをのほほんと綴っていこうと思っています。

NINE

2010年02月21日 | 映画(な行)
(原題:NINE)
【2009年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★★☆)


1963年にアカデミー賞を受賞したフェデリコ・フェリーニ監督の「8 1/2」。
この作品の半歩進んだ解釈を加え、1982年にブロードウェイ・ミュージカルとして上演された作品を映画化。
ミュージカル版は同年のトニー賞5部門を受賞。

映画版は、
第14回サテライト賞、作品賞(ミュージカル/コメディ部門)・最優秀撮影賞(ディオン・ビーブ)受賞。
ワシントンDC映画批評家協会賞、美術賞(ジョン・マイヤー)受賞。
セントルイス映画批評家協会賞、音楽賞(モーリー・イェストン)・撮影賞(ディオン・ビーブ)受賞。
第82回アカデミー賞、助演女優賞(ペネロペ・クルス)・衣装デザイン賞(コリーン・アドウッド)・楽曲賞(「TAKE IT ALL」モーリー・イェストン)・美術賞(ジョン・マイヤー/ゴードン・シム)の4部門ノミネート。

新作映画の撮影を控えた映画監督が、構想に煮詰まり精神的に追いつめられていく中、彼を取り巻く女性たちと繰り広げる混乱と混沌の行方を、幻想的な歌と踊りで綴るミュージカル作品。

1964年のイタリア。世界的に有名な映画監督グイド・コンティーニ(ダニエル・デイ=ルイス)は、新作映画「イタリア」の撮影に取り掛かろうとしていた。しかし、撮影を10日後に控えているのに脚本は未完成で、グイドの頭の中には何のイメージも浮かばない状態。ここ最近ヒット作に恵まれていないグイドにとっては、ここが正念場。制作発表では記者たちを軽口でごまかしたものの、プレッシャーに耐えきれずその場から逃亡してしまう。海辺のホテルに身を隠したグイドは、妻のルイザ(マリオン・コティヤール)に連絡を取り、救いと慰めの言葉を求める。その後グイドは、愛人のカルラ(ペネロペ・クルス)に連絡を取り、自分の元に呼び寄せる。夫のいる身であるカルラとの逢瀬は、更なる罪悪感を生み出し、グイドは幻想世界への逃避を始める。愛に甘え、愛に溺れるグイドと、彼を愛する女たちのそれぞれの物語が語られていく。そしてグイドが最後に下した決断とは?



フェリーニ監督の「8 1/2」って、なんか小難しいイメージがあって、まだ観たことないんですよね。
ともやにはまだ早過ぎる…みたいな。
でも年齢を重ねた今ならば、楽しめそうな気がするww。
今度観てみるのだ♪

それにしても、ともやってミュージカル映画好きみたい♪
歌に踊り…楽しい要素がいっぱい詰まってるもんね。
思い返せば、映画の楽しさを教えてもらった作品といえば、「雨に唄えば」「ザッツ・エンターテイメント」「メリー・ポピンズ」「ウエストサイド物語」。
みんなミュージカル映画なんだよね。



イタリアの伊達男=ベニッシモと最高の美女たち=ベニッシマの物語。



スランプに陥った映画監督グイドを演じるのは、ダニエル・デイ=ルイス。
歌うは『GUIDO'S SONG』と『I CAN'T MAKE THIS MOVIE』。
オープニングのチネチッタ撮影所で展開する『OVERTURE DELLE DONNE』で、グイドの女性に対する姿勢が見事に表現されていますww。
愛すべきダメ男。

オリジナルのミュージカル版では、この役をラウル・ジュリアがやってたんですね。
「アダムス・ファミリー」のゴメス♪
「ストリートファイター」のベガ♪
しかも2003年のリバイバル上演では、アントニオ・バンデラスがグイドを演じていたとのこと。
わ~、ラウル・ジュリア版もアントニオ・バンデラス版も観てみたい~♪
輸入盤でもいいからDVD出てないのかしらん?



グイドの妻ルイザを演じるのは、マリオン・コティヤール。
歌うは『MY HUSBAND MAKES MOVIES』と『TAKE IT ALL』。
マリオン・コティヤールは、「パブリック・エネミーズ」でヒロインを演じていた女優さんですね。
未見であるんだけど「エディット・ピアフ~愛の讃歌~」で歌姫ピアフも演じてます。

かつて女優だったルイザに語りかけたグイドの言葉。
それは自分だけに贈られた言葉と思っていたルイザだが、同じ台詞を誰にでも言ってたことを知ったルイザの心境を歌った『TAKE IT ALL』(アカデミー賞・楽曲賞ノミネート)。
映画監督の夫を思いやる妻が見せる、ちょっとした反乱ですね♪
このシーンも格好良いわぁ。



夫を持つ身でありながら、グイドの愛人・カルラを演じるのがペネロペ・クルス。
歌うは『A CALL FROM THE VATICAN』。
もうなんて可愛らしいんでしょう、ペネロペ♪
セクシーでありながら、かわゆぃ♪



グイド作品で長きに渡って衣装デザインを担当し、良き理解者であるリリーを演じるのはジュディ・デンチ。
歌うは『FOLIES BERGERE』。
ジュディ・デンチといえば「007」シリーズのMのイメージが強いのだが、セクシーな衣装で歌と踊りを披露。
これがまた格好良くって、ジュディ・デンチのイメージが変わりました♪
すごいな!



映画のオリジナルキャラクター。
ファッション雑誌ヴォーグ誌の記者ステファニーを演じるのはケイト・ハドソン。
歌うは『CINEMA ITALIANO』。
何となくブリちゃんあたりのPVを思わせる格好良いシーン♪



グイド作品には欠かせない人気女優クラウディアを演じるのは、ニコール・キッドマン。
歌うは『UNUSUAL WAY』。
出番は少なめですが、キッドマンは「ムーラン・ルージュ」でミュージカル経験済みですからね~。



グイドの母親を演じるのは、ソフィア・ローレン。
歌うは『GUARDA LA LUNA』。
歌うというより、語りかけるような優しい楽曲。

もうなんでしょ、この存在感♪



幼い頃の9歳のグイドに、『愛について』『女を喜ばせること』『イタリア人らしい伊達男について』教えたのが、ファーギー演じる砂浜の娼婦・サラギーナ。
歌うは『BE ITALIAN』。
ブラック・アイド・ピーズのボーカルだけあって、その歌唱力はお墨付き。
赤と黒の衣装、砂を使った演出。
見応えのあるシーンです♪
カッコいい~ww。
ちなみにこの歌が一番脳内リフレインし易いです。

ラストシーンがたまらなくいいんです。
グイドを見守るそれぞれの想いの集結。
詳しくは書きませんが、ここが「8 1/2」から半歩進んだ場面なのかな…って思ってます。

監督・製作・振付はロブ・マーシャル。
全米興行成績:初登場20位→8位→9位→ランク外
全米興行収入:1400万ドル(1/5現在)

※「シカゴ」が全米興行収入1億7068万ドルを記録したことを考えると、コケちゃってる映画なんだろうけど、ともやはコレ好きですわん♪
第67回ゴールデングローブ賞では5部門、第15回放送映画批評家協会賞では10部門、第16回全米俳優組合員賞では2部門、英国アカデミー賞では1部門と、多数のノミネートされるも受賞はならず。
3月8日発表のアカデミー賞で、何かの賞が取れれば、まだランキングに変化があるかも?

2010年3月19日公開
公式HP:NINE


NINE Blu-ray

角川映画

このアイテムの詳細を見る


NINE スペシャル・エディション [DVD]

角川映画

このアイテムの詳細を見る


Nine(「NINE」輸入盤サントラ)

Geffen Records

このアイテムの詳細を見る


■ブロードウェイミュージカル版はこちら

Nine (New Broadway Cast Recording)(輸入盤サントラ)
Maury Yeston,Kevin Stites,Nine Pit Orchestra,Chita Rivera,Laura Benanti,Deidre Goodwin,Antonio Banderas,Jane Krakowski,Mary Stuart Masterson,Mary Beth Peil,Saundra Santiago,Myra Lucretia Taylor,William Ullrich
PS Classics

このアイテムの詳細を見る


■フェデリコ・フェリーニ監督の「8 1/2」。これを観ておくと、もっと楽しめる?

8 1/2 愛蔵版 [DVD]

IMAGICA TV

このアイテムの詳細を見る


8 1/2
サントラ,ニーノ・ロータ
キングレコード

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (18)   トラックバック (44)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マクドナルド ハッピーセット... | トップ | ともやの本棚2010年2月 »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは~☆彡 (ひろちゃん)
2010-02-23 23:00:48
ともやさん、お元気ですかあ?(*^_^*)
この映画予告編から観たくてたまりません!
いいなあ~~もうご覧になったんですね^^
ミュージカル苦手ですが(笑)これだけの
キャストはたまりません^^
アメリカでコケていたから、気になって
ましたが、ともやさん高評価なので(感想は
鑑賞前なのでさら~と読ませて頂きました)
ますます楽しみになってきましたあ\(^O^)/

ともやさん、バレンタインデーはまだご覧に
ならないの?前売り券早く使わないと~(笑)
 (ともや)
2010-02-24 16:56:04
こんにちは、ひろちゃんさん♪
ともやと一緒で、ロマンス苦手なひろちゃんでも楽しめると思いますよ~♪

>バレンタインデー
おととい観たんですけど、画像整理と見せ方に四苦八苦しております・笑。
ともやさん★ (mig)
2010-03-06 08:58:00
おはよぅ~
いまから札幌なので急いで記事upしたよぅ

ともやさんとこ相変わらず画像いっぱい!
あ、ナインの年って わたしも記事にしようとしてたから書いたけど
決してともやさんのパクリじゃないからネ(笑)

ペネ、めっちゃ可愛くてヤラレました~♪love♪
ペネロペ (ともや)
2010-03-06 09:52:59
こんにちは、migさん♪
もうペネロペの可愛らしさっていったら、何なんでしょうね~♪
LOVEにも程があります♪

あ、これから札幌?
もうアクティヴ過ぎますよ~。
気を付けて行ってきてくださいね。

>ナインの年
「銀河鉄道999」や「サイボーグ009」の新作が公開されれば、完璧なのにね~ww。
ありがとう! (latifa)
2010-03-07 15:53:17
>ファーギー演じる砂浜の娼婦・サラギーナ。
歌うは『BE ITALIAN』。
ブラック・アイド・ピーズのボーカルだけあって

し、しらなかった!!情報ありがとうございます(って、知らない私がとんでもないのか・・?)
ブラック~の歌や歌ってる処は何度も見たり聞いたりしてたのに、あの役を演じてるのがあの人だったとは今の今までしらんかったとです。

ともやさんは、かなりこの映画、楽しめたんですね。私は、内容的になんだかなあ・・って、いまひとつだったんです・・・。豪華なキャストは堪能しました^^
ペネロペのシーンだけは、同性ながらに、テンション上がりっぱなしでした☆
小悪魔 (ともや)
2010-03-07 21:03:13
こんばんは、latifaさん♪
それぞれの女性の心情を個々に見せているんで、統一感は無いんですけど、とにかく楽しんじゃいました♪

同性も魅了するなんて、ペネロペの小悪魔っぷりはどんだけなんでしょうね~♪
最高です (にゃむばなな)
2010-03-19 21:04:39
もうこの7人の女優たちのミュージカルシーンが最高です。
絶対あの撮影現場はいい匂いがしていたに違いないとまで思わせるこの豪華さ。
あぁ~たまらんねぇっす!
匂い (ともや)
2010-03-19 22:44:28
こんばんは、にゃむばななさん♪
>絶対あの撮影現場はいい匂いがしていたに違いないとまで思わせるこの豪華さ。
ひょっとしてにゃむばななさんは匂いフェチですか?wwww
あ~、でもいい匂いしてたんでしょうね~(笑)。
いやぁ (KLY)
2010-03-20 11:32:03
サントラいいっす!
聞きながら書いてます。^^
ストーリー的には唯一ルイザの心情だけが見所だと思いました。彼女だけがソロで2回歌ってるんだよね。最初は夫への励まし、後はともやさんの書いたとおり。
それにしてもファギーの「BE ITALIAN」は圧巻でしたねぇ。あれこそミュージカル!参ったですよ。
ストーリーはあくまで繋ぎであり、超豪華な俳優陣のオムニバスミュージカルとして観たほうがいいかなって思いました。いや、堪能した!
そうそう (miyu)
2010-03-20 13:25:15
あたしもあのラストはいいなと思いましたし、
あそこが「8 1/2」を確かに半歩進めた解釈だと
あたしも思ったんですよ。
観てないのに分かっちゃうなんて凄いっ!( ´艸`)
でも、それ関係なしに、あのシーンって良かったよね。
映画ゆえの (ともや)
2010-03-20 14:45:37
こんにちは、KLYさん♪
ファギーの「BE ITALIAN」は、映画だからできる演出で、ただただパワフルでしたね~。
ちょっと前にネットのニュースで、「杉本彩がファギーのミュージカルシーンを再現!」ってあって、写真を見たんですけど、『正直ショボ!』って思っちゃいましたもん(笑)。
本人を呼べないから別のタレントで盛り上げたい…っていうのは分かりますけど…。

サントラはいいですよね♪
やっぱ、ミュージカル作品の楽曲って、元気になれます♪
8 1/2 (ともや)
2010-03-20 15:02:42
こんにちは、miyuさん♪
元となる映画ではあのラストの解釈が無いってことは、どうしようもない男のままの映画なんですね、「8 1/2」ってww。
もう今のレンタル屋さんには、こういう昔の名作って置いてないんですよね。
なかなか観られない…。
テレビで放映もしてくれないだろうし…。

ちょっとトホホですわん。
Unknown (えふ)
2010-03-20 16:25:24
すみません~
私、うだつのあがらない女ったらしの監督のキャラが受け入れられませんでした(苦笑
感情移入 (ともや)
2010-03-20 19:17:08
こんばんは、えふさん♪
これ、感情移入いらないと思いますよ♪
ともやもグイドにはこれっぽっちも感情移入してないですからww。
どっちかというと、アレですかね。
女たちの生き様を楽しめ♪ …みたいな♪
またまた・・・ (ひろちゃん)
2010-03-21 22:27:10
お邪魔致します^^
豪華キャストと過度な期待をしたせいもあって
う~ん、普通でしたσ(^◇^;)
やはり、それほどミュージカルが好きではないからなのかも(^_^;)
つまらなくはなかったんですけどね(^_-)-☆

楽曲では、予告編を多く観て、耳に残っていたこともあって、ケイトの歌が、今もリフレイン
しています(笑)ともやさんは、ファーギーの歌なんだ(笑)強くなりなさいって言われたいのかな?(笑)
ファギー姉さん (ともや)
2010-03-22 00:16:02
こんばんは、ひろちゃんさん♪
豪華女優陣の歌と踊りを楽しむ。
この作品はこれに尽きます♪♪

ケイトとファギー姉さんの歌は、しばらく脳内リフレインしまくりですよねww。

>強くなりなさいって言われたいのかな?(笑)
ファギー姉さんは怖いから、いいです(笑)。
こんばんは~♪ (由香)
2010-03-23 00:08:35
お邪魔します♪

ともやさんも満足されたようですね~
私もかなり気に入りました!
ストーリーは弱かったけど(笑)、ダニエル・デイ=ルイスが上手いせいかそんなに気になりませんでした。まぁ~ちょっと眠気に襲われたところもあったのですが(笑)
ファーギーやケイト・ハドソンの歌のシーンが最高だったわ~YouTubeで何度も聴いてます(笑)
ミュージカル (ともや)
2010-03-23 18:10:55
こんばんは、由香さん♪
ともやもYouTubeで仕事中に聴いてます。
ペネロペのダンスはついつい見入っちゃいますけどね(笑)。

こういう観ていて楽しいミュージカルは大好きです♪

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

44 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
NINE / NINE (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click フェデリコ・フェリーニ監督作「8 1/2」(1963年)を原作とする、 ブロードウェイ・ミュージカル 「ナイン(Nine)」 (1982年初演)をさらに映画化{/ee_3/} ...
■映画『NINE』 (Viva La Vida!)
フェデリコ・フェリーニ監督が1963年に製作した映画『8 1/2』をミュージカルにして、物語を半歩前進させた映画『NINE』。 『シカゴ』のロブ・マーシャルが監督しています。 才能ある映画監督の“選ばれし者の恍惚と苦悩”を描いた作品とも言えますが、「妻も愛人もマ...
「NINE」期待したほどでは・・・ (ポコアポコヤ 映画倉庫)
内容があまり・・・つまらなかったです。 えっ?!これで終わっちゃうの??って一瞬焦りました・・・。3つ☆~3つ☆半(☆の殆どはペネロ...
『NINE』 (cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー)
この春話題のミュージカル映画『NINE』。 先日、PROUD×CSGyao PRESENTS の試写会でよみうりホールで少し早めに観賞することが出来ました。 あいにくの雨の日の試写会でしたが、客入りが悪いようで2階席はかなりガラガラの状態でした。 ミュージカル映画は敬遠される人...
[映画『NINE』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆何の予備知識もなく、何か絢爛豪華なイメージだったので、楽しみにして映画館に向かった。  粋なプレイボーイの映画監督の、女性遍歴と、現在の女性関係と映画監督としての行き詰まりの物語で、  はじまってすぐに、「ああ、これはフェリーニ監督の物語か・・・」と...
NINE (Akira's VOICE)
男は女性がいないと生きていけません!  
NINE (そーれりぽーと)
1月9日の記事で豪華すぎて楽しみって件を書いた『NINE』が公開されたので、早速観てきました。 ★★★ 豪華! →贅沢 →もったいない そんな感想で、尻下がりに盛り上がりに欠けたブツ切りミュージカル。 次々にゴージャスな大女優達が現れるオープニングの豪華この上...
『NINE』 (めでぃあみっくす)
シネマ・イタリアーノ!そう歌いながら、ずっとこの雰囲気に溺れていたいと思える映画でした。別にストーリーは特別面白いとかいう訳ではないのですが、あの7人の女優陣による、それぞれのミュージカルシーンがとにかくいい!個人的にはもっと見ていたくなるほどに、雰囲...
NINE (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。ロブ・マーシャル監督、ダニエル・デイ=ルイス、マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、ジュディ・デンチ、ケイト・ハドソン、ニコール・キッドマン、ソフィア・ローレン、ステイシー・ファーガソン(ファーギー)。フェデリコ・フェリーニのイタリア映...
「NINE 」見た♪ (★ Shaberiba )
豪華キャストが贈る大人の苦い愛の物語(ミュージカル)!!
豪華ミュージカル映画<NINE(ナイン)> (美味-BIMI-)
舞台はイタリア――。 天才映画監督のスランプ。 彼に夢中な女達。愛を選びきれない男。 彼が見つける9つめの愛とは? 世界は、男と女で出来ている。。。   見終わった後、踊りだしたくなる映画でした!   歌もまた、耳に残ります!とくに「CINEM...
NINE☆独り言 (黒猫のうたた寝)
フェディリコ・フェリーニの『8 1/2』は観ていない作品。その映画がベースとなってミュージカルになった『NINE』で、その映画化が本作だということです。結局、また映画に戻ったっていうことなのかな?(笑)新作の脚本が書けない著名な映画監督グイド。どうにかしようにも...
NINE (LOVE Cinemas 調布)
フェデリコ・フェリーニ監督の名作『8 1/2』を基にしたトニー賞受賞の同名ブロードウェイ・ミュージカルを映画化。監督は『シカゴ』のロブ・マーシャル。主演のダニエル・デイ=ルイスを始め、マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、ジュディ・デンチ、ニコール...
NINE (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『映画史上最もゴージャス&ファッショナブル!』  コチラの「NINE」は、フェデリコ・フェリーニ監督の「8 1/2」を半歩進んだ解釈に音楽とダンスを加えミュージカル化した舞台を「シカゴ」、「SAYURI」のロブ・マーシャル監督が映画化した3/19公開のミュージカル映...
NINE (悠雅的生活)
想像力は神の庭。
NINE (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました!世界は、男と女と愛でできている。
NINE (Diarydiary! )
《NINE 》 2009年 アメリカ映画 - 原題 - NINE 映画監督のグイ
「NINE」 遅すぎた成長 (はらやんの映画徒然草)
死んだジャンルと思われていたミュージカル映画を見事復活させ、活況にしたきっかけは
♪☆『NINE』☆♪ (~青いそよ風が吹く街角~)
2009年:アメリカ映画、ロブ・マーシャル監督、ダニエル・デイ=ルイス、マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、ジュディ・デンチ、ケイト・ハドソン、ニコール・キッドマン出演。
NINE / NINE (勝手に映画評)
第82回アカデミー賞4部門ノミネート(助演女優賞:ペネロペ・クルス、衣装デザイン賞、楽曲賞、美術賞)、第67回ゴールデングローブ賞5部門ノミネート(作品賞(ミュージカル/コメディ部門)、主演男優賞(ミュージカル/コメディ部門):ダニエル・デイ=ルイス、主演女優賞(...
『NINE』とは、8.5+0.5? (映画のブログ)
 1960年代、チネチッタ、モノクロ、映画監督を取り巻く美女たちとくれば、大傑作『8 1/2(はっか にぶんのいち)』だ。  『8 1/2』の題名は、フェ...
NINE/ナイン (いい加減社長の映画日記)
ミュージカルは、比較的苦手な分野ではあるのだけれど。 これだけ美女が集まれば、観ないわけにはいかんでしょ。 というわけで「NINE/ナイン」を、金曜日の夕方に鑑賞。「UCとしまえん」は、金曜日の夕方にしては多いような。 「NINE/ナイン」は、大きめのスクリーン...
★「NINE」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
オスカーなどの賞レースではぱっとしなかったみたいですが、 ひらりん的にはニコちゃん・ペネちゃんの初共演作ってことで、 久しぶりに週末のナイトショウに足を運びました。
「NINE」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                                     「NINE」 ユナイテッドシネマ豊島園にて。 監督・ロブ・マーシャル フェデリコ・フェリーニ自らが監督した自伝的映画「81/2」の、ブロードウェイ・ミュージカル版を、「シカゴ」のロブ・マ...
NINE(2009) (銅版画制作の日々)
 世界は、男と女と愛でできている。 MOVX京都にて鑑賞。贅沢な作品ですよね。これだけ凄いキャストを揃えた映画はなかなか観ることはないでしょうね。目移りするくらい素敵な女優陣に囲まれた監督グイド役にはあのダニエル・デイ=ルイス。そういえば、2007年の「ゼ...
NINE (★YUKAの気ままな有閑日記★)
そろそろ春休み~観たい映画がテンコ盛りまずはコチラから・・・【story】イタリア、ローマにある映画スタジオで映画監督グイド・コンティーニ(ダニエル・デイ=ルイス)は頭を抱えている。撮影開始も間近だというのに、脚本は白紙のままなのだ。苦しみの果てに、彼は自分...
シネマ・イタリアーノ~『NINE』 (真紅のthinkingdays)
  NINE  1965年、ローマ。チネチッタ撮影所では、マエストロと呼ばれる映画監督グイ ド(ダニエル・デイ=ルイス)が、新作映画『ITARIA...
NINE (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
ミュージカル映画界にまた新たな歴史が刻まれます。トニー賞5部門受賞のブロードウェイの名作舞台を、オスカー・キャスト&スタッフが完全映画化。 映像ならではの目もくらむエンターテーンメント! 物語:1964年のイタリア。世界的な映画監督グイド・コンティーニ...
NINE (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[ミュージカル映画] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:大吉 2010年21本目です。 【あらすじ】 1964年、イタリア。 最新作「ITALIA」の脚本がなかなか書けず、苦悩する映画監督のグイド・コンティーニ(ダニエル・デイ=ルイ...
『NINE』 @TOHOシネマズ六本木ヒルズ (映画な日々。読書な日々。)
1964年のイタリア。スランプ中の映画監督、グイド・コンティーニにとって、妻のルイザだけが心のよりどころだった。ところが、妻以外にも愛人カルラや主演女優のクローディアなど美しい女たちに囲まれているグイドは、愛とプレッシャーとのはざまで幻想の世界へと陥ってい...
映画「NINE」 (Andre's Review)
NINE アメリカ 2009 10年3月公開 劇場鑑賞 このミュージカルが2003年にリバイバル上演されてトニー賞などで話題になっていたときからちょっと気になっていたのですが、映画化されると聞いてとーっても楽しみにしていた作品です。監督ロブ・マーシャルだし。 ロブ・...
NINE (Movies 1-800)
Nine (2009年) 監督:ロブ・マーシャル 出演:ダニエル・デイ・ルイス、ペネロペ・クルス、マリオン・コティヤール、ジュディ・デンチ フェデリコ・フェリーニ監督の63年作イタリア映画「8 1/2」を元に作られた大ヒット・ブロードウェイ・ミュージカル「NINE」の映画化...
「NINE」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 1982年にトニー賞を受賞した大ヒットミュージカルを、「シカゴ」のロブ・マーシャル監督が映画化。 ちなみにそのミュージカル、1963年に制作されたフェデリコ・フェリーニ監督の自伝的映画「81/2」が元になっているそうな。マメ知識な。 主演のダニエル・デ....
NINE (ゴリラも寄り道)
<<ストーリー>>1964年のイタリア。スランプ中の映画監督、グイド・コンティーニ(ダニエル・デイ=ルイス)にとって、妻のルイザ(マリオ...
『NINE』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「NINE」□監督 ロブ・マーシャル □脚本 アンソニー・ミンゲラ □キャスト ダニエル・デイ=ルイス、マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、ジュディ・デンチ、ケイト・ハドソン、ニコール・キッドマン、ソフィア・ロー...
【NINE】 (日々のつぶやき)
監督:ロブ・マーシャル 出演:ダニエル・デイ=ルイス、ペネロペ・クルス、マリオン・コティヤール、ニコール・キッドマン、ジュディ・デンチ  世界は、男と女と愛で できている。 「映画監督のグイドはスランプ中。脚本が全く書けず、主演女優しか決まっていな
タイトルデザイン_15・NINE/ナイン・Fugitive Studios (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています。フェデリコ・フェリーニ監督による自伝的映画「8 1/2」の舞台ミュージカル「NINE/ナイン」をロブ・マーシャル監督がアカデミー賞を受賞した「シカゴ」に続いてミュージカル映画化
NINE (cinemaholic な毎日☆★)
今日は『NINE』について この映画については事前に内容をあまり知らなかったのですが、ニコール・キッドマンにペネロペ・クルスにファーギーに…と女優陣がかなり豪華ということで、絶対観たい!!と思っていたのでした 大好きな映画、『シカゴ』のロブ・マーシャルの作...
NINE★★★★+劇場44本目:ファビュラ... (kaoritalyたる所以)
4/10に観に行った映画は、豪華キャストで話題のミュージカルです映画監督グイドを演じるダニエル・ディ・ルイスが、まぁ情けない役なんですがカッコイイというか、ほっとけない...
NINE ナイン (いつか深夜特急に乗って)
製作年:2009年 製作国:アメリカ 監 督:ロブ・マーシャ
NINE (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:NINE 制作:2009年・アメリカ 監督:ロブ・マーシャル 出演:ダニエル・デイ=ルイス、マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、ジュディ・デンチ、ケイト・ハドソン、ニコール・キッドマン、ソフィア・ローレン、ファーギーほか あらすじ...
Blu-ray「Nine」 高級アイスを一度溶かし再氷結させたような代物。今年のワースト決定(笑) (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
フェリーニの映画「8 1/2」を、ミュージカル化。 そしてこれを今回は映画化。 一言でこの映画を例えると..... 「高級アイスを一度溶かし、再び氷結させたような代物」 調和がとれた成分の旨味が全て一度破壊され、「形」だけで再合成させ、元の良さが全て破壊されている...
NINE (小部屋日記)
NINE(2009/アメリカ・イタリア)【Blu-ray】 監督:ロブ・マーシャル 出演;ダニエル・デイ=ルイス/マリオン・コティヤール/ペネロペ・クルス/ジュディ・デンチ/ニコール・キッドマン/ケイト・ハドソン/ソフィア・ローレン/ステイシー・ファーガソン 世界は、...
「NINE」 (シネマ・ワンダーランド)
イタリアの巨匠、フェデリコ・フェリーニ(1920-1993年)監督作品「8 1/2」基にしたブロードウェイ・ミュージカルを豪華な役者陣を起用して映画化した「NINE」(原題=NINE、2009年、米、118分、アンソニー・ミンゲラ脚本)。この映画は世界的...