寺さんの【伝えたい話・残したい話】

新聞記事、出来事などから伝えたい話、残したい話を綴っていきます。
(過去掲載分は「付録」の「話・話」を開いて下さい)

(第2467話)シンデレラ?は

2017年07月01日 | 出来事

 “ある日、家に帰ろうと夫婦でJRの電車に乗り、駅におりたときのことである。ドドドドーと、ものすごい勢いでホームの階段を駆けあがってきた若い女性がいた。なんとか彼女は電車に乗れたのだが、ふと見ると、黒いハイヒールの片方がホームの上にコロリンと転がっていた。シンデレラのガラスの靴ではないけれど。
 夫はとっさに目の前のヒールをつかみ、しまりかけた電車のドアの30センチくらいしかないすき間から、ポーンと靴を投げ込んだ。と、ハイヒールは見事に電車の床に着地した。ああ、夫はなんて器用(貧乏)な男。お嬢さん、駆け込み乗車はあかんよぉ。気ぃつけて行きやぁ。私は心のなかで叫んでいた。
 ほかの乗客の目もあり、彼女はさぞ恥ずかしかったことだろう。彼女は車内で泣き笑いみたいな表情を浮かべて、何度も何度も私たちのほうに向かって頭を下げていた。いつもおもしろいことを言う夫だが、靴がうまく入ってよかったとほっとした様子で無言。動き始めた電車に私も手を振った。”(6月15日付け朝日新聞)

 大阪市の主婦・吉田さん(69)の投稿文です。電車に「駆け込まないで下さい」と放送でいつも呼びかけられているのであるが、駆け込む人は度々である。本数が少なければ気持ちも解るが、でも危険なので止めねばならぬことである。このお嬢さんのようなことも生じるのである。吉田さんのご主人は見事な対応であったが、なかなかそうはいかない。片足のないハイヒールでどこまで行くのであろうか。その恥ずかしさを思ったら、もう2度してならぬことである。シンデレラは落としたハイヒールによって幸運が舞い込むが、そんなことは現実社会ではまずあることではない。
 女の人は大変だと思う。ハイヒールでなくても、歩くのに不適な履き物を履いている人が多い。あれで速く歩いたり、階段の上り下りは全く気を使うだろう。失敗も生じるというものだ。もう少し歩きやすいもので歩いたらと思うのは、男の余分な意見であろうか。服装についてもしかりである。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« (第2466話) 記念切符 | トップ | (第2468話) 高齢者訪ねて »

コメントを投稿

出来事」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。