TAG'S HOME THE BLOG

FC岐阜の話題を中心に気楽に綴ります。
WEBサイト TAG'S HOMEもよろしく。

続・ソウルに行ってみる。

2010-10-28 12:01:35 | 旅行記
10/25

 2軒目の免税店は大きなホテルと一体になっていた。ここではほとんど何も買わず屋上に出てみることにする。屋上にはコーヒーショップがあったのでテイクアウトで買って外に出てみると結婚式もできるようなしゃれたガーデンになっていた。日本でもよくテレビで見る韓流スターのパネルが飾ってあった。嫁が写真にとってほしいというので何枚か写真に撮ってみると・・・

この写真は裏焼きか!?とも思ったがよくよく考えてみるとこの俳優さんが構えているカメラで鏡に映った自分を撮った、ということなのだろう。かわいそうにわれらがCanonのロゴがさかさまである。さすがに後処理でボカしてあったようだが・・・日本ならもっと配慮するかもしれない。

 その後ガイドさんに連れられて食堂へ。日本でもよくある団体客専用の食堂だろう。岐阜でも羽島のスタミナタローでご飯を食べていると観光バスで乗り付けた中国人観光客がなだれ込んでくることがあるがあんな感じだ。
無料のオプショナルツアーでコレだけのビビンバが食べられればまぁ文句はない。ちょっと見た目は貧相だったがなかなかおいしかった。それに付け合せのキムチやナムルが食べ放題で食べつくすとすぐにおかわりを盛り付けてくれるので十分腹は満たせた。

 3件目はロッテ免税店。到着したところでこのオプショナルツアーは解散。ガイドさんに地下鉄の乗り場の位置だけ確認してお別れする。日本語が堪能で大変楽しい人だった。

 買い物を終えて地下鉄を乗り継ぎホテルに戻る。市内の見所もクルマの中から見ることができたしひとまず休憩。明日の帰国に備えてカバンにお土産の仮収納をしてみたが問題ない。夕方はちがうところへ行ってみようということでカンナム地区へ行ってみた。辛い食べ物はもういい、という嫁のリクエストに応えてガイドブックを探すと比較的近くに広島出身のオーナーが経営するお好み焼き屋さんがあるというのでそこで夕食を食べることにした。

ソースもオタフクだし日本で食べるお好み焼きと同じだった。もうすこし焼きそばにコシがあるということなしだったが・・・

 そんなわけで2泊3日ではあるが実質1日ちょっとの韓国初体験もおしまい。翌日は朝早く迎えの車がやってきてお昼には離陸。14:00すぎに帰ってきた。

 ビデオカメラを持って行ったのだがほとんど撮影できずじまい。それでも1分少しにまとめることができた。


まあ、個人の旅行記なんてコレくらい短くまとめるほうがよいだろう。要所ではほとんどカメラを回していないが・・・

 今回の旅行ではサッカーのネタにはほとんど触れることができなかった。ホテルの部屋で観たテレビのニュースでセルティックでプレーするキ・ソンヨンの映像が流れたのと、コンビニの窓ガラスのポスターにサッカー選手が登場していて背景にイングランドの旗が揺れているのを見た程度だ。プレミアリーグの選手なのだろうか?パク・チソンではなかった。

 反日だの嫌韓だのネット上ではなにかとそりの合わない両国だが行ってみてしまえば面白いところだ。街中にあれだけ日本語が氾濫していれば韓国の人たちも日本を意識しないわけにはいかないだろう。

 地下鉄の車内でのことが興味深くて若い人たちは頑なに優先席には座ろうとしない。老人が乗り込んでくると我先に席を譲ろうとする。すばらしいマナーだと思いきや、電波のつながるところでは大声で携帯で話している。日本だと携帯通話は控えるというマナーがあるし車内でも呼びかけているが、あそこまで徹底して席を譲るという感覚はない。だからといって互いの文化の違いを蔑んだりせずに違いを理解する、という態度が重要なのだろうな、と感じた。機会を設けてぜひもう一度行ってみたいと考えている。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ソウルに行ってみる。

2010-10-28 06:06:57 | 旅行記
10/24

 セントレアから15時過ぎの大韓航空機でお隣の国、韓国のソウルに向かう。初めての韓国訪問だ。日曜日なので出発する旅行客も少ない。なるほどツアー代金も幾分安かった。実際に飛んでいたのは1時間30分ほどで、飛行機が上昇を終えて水平飛行になったなと思ったらすぐに機内食のお寿司が出てきて食べ終わったと思ったらCAのお姉さまがたが免税品を売りに来てひと段落したと思ったらもう着陸、という具合である。

 到着後少しだけ円をウォンに両替してガイドさんにホテルまで送ってもらう。小型の観光バスだったが客は僕たちを含めて3組6名だった。

 ホテルにチェックインしたあと早速外出してみる。繁華街の明洞からは地下鉄で30分くらい。あたりはすっかり暗くなっていたので少々不安ではあったが切符の自動販売機にはちゃんと日本語表示があり不自由は無かった。

 明洞はものすごい繁華街だがここでも日本語が氾濫している。最低限の地図かガイドブックがあれば迷うようなことはない。それにいたるところに両替所がある。以前妹が旅行での際立ち寄ったというお店で焼肉を食べたあと再び地下鉄でソウル駅へ向かう。ソウル駅に併設されたロッテマートという大きなスーパーで現地の食品をお土産として購入し再び地下鉄を乗り継いでホテルへ戻り初日が終了。

 二日目はオプショナルツアーの免税店めぐりに参加した。日本でツアーの予約をしたときはなにぶんはじめての韓国旅行でどうなるか見当もつかなかったので手配してもらったが初日に動き回った感覚ではその必要もなかったかな?と正直思った。しかし送迎つきで便利なことはこの上ない。まぁ、ここでの主役はどちらかと言えば嫁のほうで僕は圧倒されてしまったわけだが、一軒目の免税品店の向かいに日本語でまんじゅうと書かれた屋台を発見したので早速購入してみる。

画像の餃子のようなものが6個入って3000ウォンだ。これはどうやら事前にガイドブックで読んだマンドゥというものに違いない。となると「まんじゅう」の上に書かれているハングル文字は「マンドゥ」と読むに違いない。「6個のうちの半分をキムチ入りマンドゥにするか?」と韓国語で聞かれたようだったが、「キムチはいらない」と日本語で話しながら首を横に振ったらあっさり通じた。

 それにしても日本語が氾濫している。名古屋の大須の繁華街で結構色々なところに中国語が書かれているようなものだろうか?

 少し長くなったようなので続きは後日。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京ディズニーシーに出かける。

2010-08-28 18:16:45 | 旅行記
そのジェフ千葉戦に劇的勝利をおさめた 8/22深夜。

 仲間への挨拶もソコソコに会場を離れ帰路につく。途中ガソリンスタンドに立ち寄り燃料を満タンにする。家では嫁が準備を万端にしていてあとは僕がシャワーを浴びて涼んで着替えればいつでも出発できるようになっている。東京ディズニーシーへ行くのだ。東名をひたすら東へ向かう。途中日本平PAで失意の千葉サポさんがタオマフを顔にかけて仮眠をしているのに出くわしたりする。あるいは車中泊か?

 何せ僕は疲れている。いけるところまで僕が運転してその後は満を持して道中助手席で寝ていた嫁の運転で朝5時頃には駐車場に並ぶことができた。

 齢41にして初めてのTDRだ。4年前カリフォルニアのディズニーランドへは新婚旅行でいった。東京にはホント縁がなかった。何度か行こうという話はあった。そのたびそのたびにうまくいかなかった。何故かということはどうでもいい、昔のハナシだ。

 中で何があったかは割愛するがこの日もとても暑かった。くじけそうにはなったけどなんとか開門から21時前くらいまで楽しむことができた。「子供たちに夢を!」を地でいっている。まぁ、夢を「売っている」わけだが、それはわがFC岐阜だって同じことだ。

 お土産をいくらか買って都内のホテルで宿泊。疲労困憊でお風呂に入った後崩れるように寝てしまった。翌日ゆっくり帰ってきた。土地勘などまるでないのだが遠くに建設中の東京スカイツリーが見えたので近づいて記念撮影。建設途中なので後々レアな写真になるだろう。この際あえて「おのぼりさん」の汚名を着ようと思った。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

思い立って瀬戸大橋を渡る。

2009-10-14 20:00:00 | 旅行記
10/11 天皇杯2回戦突破の余韻も覚めやらぬ我が家。

連休最後の10/12をどう過ごすか?ということになり、
嫁のたっての希望で香川県へさぬきうどんを食べに行くことにする。
まさに衝動的企画だ。休日高速¥1000のなせる業か。
実際には瀬戸大橋を渡ると別料金らしいが・・・

イメージとしては10/11の夜に出発し、どこかで車中泊をして
10/12の午前中にいろんなところでさぬきうどんを食べ歩き、
お昼ごろ帰路につく、というもの。

早速ネットや知人の力を借り情報収集。これが甘いと
前回の喜多方ラーメンの時のように苦労する。

20:30頃出発しひたすら西へ。ちなみに車中泊をしたのは山陽道吉備SA。
これはFC岐阜の今西社長が教授を勤める吉備国際大学のお膝元に違いない。


結局予定通りことが運び、10/11の午前中だけで4軒回ることが出来、
19:00頃帰宅することが出来た。

最初のお店にはカマタマーレ讃岐のポスターが貼ってあったのだが
写真を撮り損ねたのが心残り。となればもう一度行くしかあるまい(笑)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

続・シルバーウィークということで旅に出る。

2009-09-22 17:48:29 | 旅行記
9/22 深夜、会津若松方面への旅行から帰宅した。

当地会津若松を離れる際に食したのが画像のソースカツ丼。
ホテルにあったパンフレットを頼りに人気店を探して
番番というお店へ。14:00頃に行ったのに行列で20分くらい待った。

岐阜に住んでいて「ソースカツ丼」といえば長野県駒ヶ根を思い出すが
こちらのソースカツ丼もなかなかおいしい。
「ソースに漬け込んでます!」という感じは会津若松のほうが上か?

というわけで無事帰宅することが出来てよかった。
自宅からニュースを観ながらこのエントリーを書いているが
高速道路はいたるところで30km以上の渋滞らしい。
シルバーウィーク&休日高速¥1000恐るべし、である。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シルバーウィークということで旅に出る。

2009-09-20 22:35:22 | 旅行記
9/20

前日深夜に岐阜を出発。早朝に猪苗代に到着する。

猪苗代湖で遊覧船に乗り、
一路南下し塔のへつりという絶景を眺め、
ついでに高所恐怖症にもかかわらずつり橋を渡り、
会津若松に引き返して鶴ヶ城を見物して、
白虎隊で有名な飯盛山へ行き・・・
~ここまでは主に嫁のリクエストだったので・・・~

いよいよ僕的メインイベント、喜多方で本場の喜多方ラーメンを堪能することにする。
麺がなくなると閉店する店が多いし、そもそも19時とか20時閉店の店ばかりなので
予習しておいた名店にはいけなったが、喜多方駅前の大黒天というお店に
滑り込みチャーシュー麺を大盛りでいただく。
太ちぢれ麺にあっさりしたスープ、そして塩味とうまみのバランスが独特な
チャーシューの組み合わせが素晴らしくおいしい。

それで今こうして東横インの一室の一室からこのエントリーを書いている。

それにしてもパワフルな一日だった(笑)もうクタクタだ。
ちなみに本日ご当地で行われた天皇杯1回戦では福島代表の
福島ユナイテッドFCが見事勝利したらしい。おめでとうございます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

WEBサイト ”TAG'S HOME” もよろしく!

http://tagshome.web.fc2.com/