TAG'S HOME THE BLOG

FC岐阜の話題を中心に気楽に綴ります。
WEBサイト TAG'S HOMEもよろしく。

徳島ヴォルティス戦に参戦する。

2012-11-05 21:12:36 | FC岐阜

11/4

 毎度おなじみの夜勤明けだ。FC岐阜のホーム最終戦。今年は3位から6位までのプレーオフがあるためシーズン終了が早い。来週のアウェー横浜FC戦を残してレギュラーシーズンも終わりを迎えようとしているここにきて久しぶりにメモリアルに来ることが出来た。思えばホーム開幕戦も夜勤明けだった。

 帰宅後、2時間ほど仮眠をとってDT50でメモリアルに向かう。前回、町田戦に来たときは「ぎふ中部未来博」の「メモリアル会場」だったわけだが今はそれに「岐阜清流国体のメモリアル会場」という意味もプラスされた。FC岐阜が結成当初未来の目標に掲げた国体もいつの間にか過去のものになっている。

 駐車場難民になることを恐れてDT50で会場に向かったわけだがはたしてサンサンデッキ上はものすごい人でごったがえしている。仲間はエディオンのブース前に集結して町田ゼルビアの試合に一喜一憂している。なんといってもJ2残留が掛かっている。その町田は意地を見せて勝ち点1を獲得した。

 さて徳島との試合は重苦しい雰囲気のなかで始まった。勝てないのなら引き分けもあり、負けは許されないという空気の中、右サイドの23橋本がかなりナーバスになっている。まずは守備から。その意識が勝ちすぎて最終ラインに吸収され岐阜は5バックのようだ。そこから何とか攻撃を組み立てようとする橋本はさながら「右サイドに張ったリベロ」のようでもある。対して徳島も岐阜のディフェンスを崩しているとはいいがたい。救いは観客が奏でるバルーンスティックの轟音だ。初めて岐阜の試合を観に来ている方も多いのだろう。岐阜サポのチャントにあわせて、岐阜サポのチャントがブレイクしたときにはかすかに聞こえる徳島サポのリズムにあわせてスティックをたたいている。またそれが会場全体のカオスっぷりを増幅させる。

 岐阜はけっしてリスクをおかさず、決定的なピンチも何とか凌いで0-0のスコアレスドロー。勝ち点1をもぎとった。11119人の大観衆を前にして精一杯の仕事をしたんだと思う。「これでいい、これでいい」と本当に納得して帰宅することができた。泣いても笑ってもあと1戦。悔いだけは残してはならない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

松本山雅戦に参戦する。

2012-05-14 14:22:25 | FC岐阜

 5/13

 FC岐阜セカンドの東海リーグ開幕試合、矢崎バレンテ戦から帰宅し、少しだけ自宅で休憩をとってからJRとバスでメモリアルへ向かう。穂積駅から電車に乗り込むとジュニア氏が座っていて手を振ってくれる。東海リーグのほかの試合などについてあーだこーだ話した後、岐阜バスの市内ループ線右回りで会場へ到着。なるほど、山雅サポの多いこと多いこと。まぁ19時開始だしなにかお腹に詰めておきたいし、眼前に広がるは天下の長良川グルメだし。ってことだろう。

 本来なら嫁と試合開始前に落ち合って一緒に観戦するつもりだったのだが少し遅れると連絡が入り先に入場するとアウェイゴール裏には山雅サポがたくさん陣取っている。「近場のアウェイ」ってことが大きいのだろう。キックオフ後しばらくしてやってきた嫁も「たくさん来てるねー」と驚いている。

 試合の内容は・・・散々いろいろなところで綴られているので今更そんなに書くこともないのだけれど前半一瞬の隙を突かれて失点してしまったあと、後半の立ち上がりに人数をかけて押し込んだところまではよかった。

 で、そこから先だな、というのがここのところのウチの課題なんだろう。とにかくバイタルエリアから先の攻撃がうまくいかない。山雅はゴール前を固めている。そこをどうするか?なんで固められてしまうのか?という部分に考えが及んでいない攻撃。「じゃぁどうするよ?」と突っ込まれると「回数を増やせば1度くらいは・・・」としか思いつかなかった。

 打開するにはアタマを使わないといけない・・・と締めくくると冒頭のジュニア氏と同じような結論になってしまって「あぁ、行き着く先は同じか」ということになる。ただ、ひょんなことで全てがうまくいくような気もしてならない。さて次節はどうか?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

横浜FC戦に参戦する。

2012-04-28 22:13:35 | FC岐阜

4/27

 夜勤明けの翌日は必ず休みだ。というわけでゴールデンウィークの連戦の最初の試合に参加することが出来た。第一節の鳥取戦以来1ヶ月半ぶり以上になる。この間FC岐阜は善戦はするものの勝利に見放され続けやっと2節前の北九州戦で今季初勝利をあげた。続く栃木戦でも追いつかれはしたものアウェイで貴重な勝ち点1をゲットしてきた。明らかに調子は上向いている。

 今日の相手は横浜FC。岐阜と同じく調子はイマイチで監督の解任劇を経てこちらも先日初勝利を上げた。ここまでのプロセスはほぼ互角。さてこの日はどうか?岐阜の今後を占う意味で重要な意味を持つ一戦になるはずだった。 

 結果は2-0で惨敗。序盤こそいい感じで攻め込んでいたのだがバイタルエリアから先のプレーがいかんせん精度に欠ける。これでは横浜からみて怖くないな・・・と思った30分過ぎに横浜の田原のヘディングで失点。絵に描いたような崩され方。これで岐阜のチグハグさに拍車がかかってしまった。やることなすことうまくいかない。結局後半も同じように田原にやられて終わってみれば2-0。納得の敗戦だった。

 ・・・とこう書いてしまっては身も蓋もないのだが、それでもなにか光明を見出すとするならば村上や野田は思い切りよくオーバーラップして攻撃に参加「しようと」していた。この点に尽きるか・・・

 もちろんちゃんと参加できていればまた違った結果になっていたかも知れないのだけど、僕には二人の動きが前の2節で得た手ごたえを踏まえてのものに見えて仕方がなかった。問題はこの試合を踏まえてはいなかったかもしれない、ということだろう。

 今の岐阜は間違いなく弱い。よい流れを掴みかけてもそれが長続きするとは限らない。だからこそ弱いのだが、二人のプレーは前2節で得たものをこの試合に還元しようとしているようにみえた。それがことごとくハマらなかっただけなんとも閉塞感の残る試合にはなってしまったがこの試合を教訓にしようという姿勢があれば岐阜の今後はまだまだ期待してもよいだろう。

 

 

 と、ちょっと苦しいエントリーになってしまった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ガイナーレ鳥取戦に参戦する。

2012-03-05 20:51:28 | FC岐阜

 3/4

 シーズン開幕を告げるガイナーレ鳥取との試合は15時から。一方夜勤明けの僕が帰宅したのが10時半ごろ。少しは寝ることができる。これは大切なことだ。ところが13時くらいにJRとバスを乗り継いで会場に行こうとして東海道線穂積駅に到着してみると改札前が大勢の乗客でごった返している。どうやら12時過ぎに木曽川駅付近で人身事故が発生し上下線とも運転を見合わせているらしい。

 実は先日のPSMのときも僕が帰宅した直後に事故が発生し運転を一時見合わせたため何人かの知り合いが帰宅する際に大変苦労したそうだ。

 今回は試合前ということで下手すると試合開始に間に合わない可能性がある。これはまずい。考えを巡らせる。眠気がとれないのでクルマは使いたくないし、DT50は現在冬眠中で自賠責切れ。まぁ、DT50にしたところで眠気の問題は付いて回る。

 どうしたものかと自販機で買ったカフェオレをすすりながら考えたが、大抵こんなときは大垣と岐阜の間だけでも、ということで立ち往生している電車を動かしたり臨時電車を仕立てたりするし、人身事故は多くの場合1時間半ほどで運転再開する。事故が発生したのは12時過ぎだ。というわけで万事了承した上で切符を買いホームに上がってみるとまさしくアナウンスが入り大垣発の電車が岐阜で運転を打ち切るという条件でやってきた。本来は豊橋行きだったらしい。

 僕は「来るバスに乗ればなんとかキックオフに間に合うだろう」というタイミングで岐阜駅に到着したが、ちょうどそのときTwitter上で知り合いのサポーターが同じく事故の煽りを受けている岐阜サポや鳥取サポを岐阜駅でピックアップし、クルマで会場の長良川競技場へ送り届けるべく努力を続けていた。たぶん鳥取サポの窮状はTwitterでたまたま知ったに違いない、面識もおそらくはないのだろう。

 すると、彼女のその努力に呼応したつるさんが岐阜駅に向かっているということがわかり僕はつるさんにピックアップしてもらうことになった。かくして夜勤明けで頭が回らなくなっていて正攻法で会場に向かおうとしていた僕は棚ボタで岐阜サポ有志の努力の恩恵に預かることになった。


 この話(僕のことではない)は試合後まもなくTwitter上で大々的に拡散されることになり、はからずも岐阜サポの株を上げることになった。あくまでTwitter上での話だが。それでも有志のみんなの思考の瞬発力と行動力は賞賛に値するし、それだけでも岐阜がJにいる価値があるというものだ。



 前置きのつもりが長くなってしまったので試合の内容は割愛するけど、会場内の鳥取側の通路で鳥取グッズの売店があるのに気づいて、試合後に失礼があってはいけないということで岐阜のマフラーをリュックにしまった上でタオマフを購入しようと行ってみた。すると売店は撤収間際だったのだが「岐阜から来たんですけど売ってもらえますか?」(これもあまりといえばあまりな前置きだな)の問いかけに快く応じていただきプラスチックの衣装ケースにしまいかけていた画像のタオマフを売ってくれた。購入後仲間に顛末を話すと彼らもわらわらと買いに走っていった。まさに商売は閉店間際、である。

 かくして2012シーズンが開幕した。やはり会場で観るというのは素晴らしい。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

PSM ジュビロ磐田戦に参戦する。

2012-02-25 18:00:26 | FC岐阜

2/25

 仕事は休みだ。というわけでジュビロ磐田とのPSMに出かけることにした。昨年7月の京都戦以来の長良川競技場だ。あの時も天気がイマイチだった。

 今回は屋台村が入場ゲートの外に並ぶ形となりそのため正面向かって右手のスロープに入場待ちの列が並ぶことになる。

 バルーンゲートがそれなりに使用感を伴っている。これが伊達に5年目を迎えたわけではないというひとつの証拠だ。歴史とはまさに積み重ねていくものなのだ。まぁこのゲートは5年目ではないけれど。

 さて、試合は主力級を欠くジュビロ磐田にウチが挑む構図。中盤は奮闘しているがゴール前の守備はまだまだ危なっかしいし、相手ゴール前の攻撃はどうにも人数が揃わない。それでもトータルでは「よく戦っている」と思うのは、やれJFLとの入れ替えだ、やれクラブライセンスだ、やれ大赤字だ、といった今のFC岐阜周辺のトピックに危機感を持ち真摯に取り組んでいることの現れだろう。

 試合は後半終了間際、セットプレーからの関田のヘッドで得た虎の子の1点を守りきって勝利。PSMでは初勝利だ。これは幸先がよい。試合後は選手がシーズン同様場内1周してくれたし幸せな空間がそこにあった。

 いよいよ来週岐阜にとって色々な意味で正念場になるシーズン開幕。少しでも都合をつけて会場へ行ってみようと思う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都サンガFC戦に参戦する。

2011-07-03 23:55:54 | FC岐阜

 7/3

 家の用事をいろいろとこなして出かけようとしたのが16時過ぎ。ところがここで自宅周辺は大雨に襲われる。「すぐにやみそう」という雰囲気があったので出発を遅らせ17時を少しまわった頃長良川陸上競技場に到着する。

 夏の恒例になったFC岐阜うちわをもらうと久しぶりにG-styleの先代の代表とバッタリ会い話が弾む。「弾む」とは言ってもなかなか勝てない今のチーム状況を踏まえては明るい話題もなかなか出てこない。出てこないが話は弾む。やはり試合会場とは素晴らしいものだ。

 今日の相手は京都サンガFC。J1経験も豊富な強豪だがJ2に落ちてきた今年は苦戦しているらしい。アウェイのゴール裏はたくさんの京都サポで埋まっている。

 岐阜の選手は試合前の円陣を解いたあと放射線状に自分のポジションにパッと散っていった。今日の試合にかける意気込みが伝わってくる。完全地デジ化が先か?岐阜の勝利が先か?

 試合開始後押し気味に進めていたのは京都だ。ウチの選手のプレスの意識がちと過剰に映る。早い話が危ないスペースが出来がちになる。先制点はエリア外からやけにあっさり決められてしまった。よく言う「シュートで終わろう」のシュートが入ってしまったかのようだった。

 2失点目も喫し「コレはきついなぁ」と思った。京都が明らかにペースを落としたからだ。加えてウチはなかなかサイドが使えない。そこそこボールが取れていてなおかつサイドが使えないのだから守るほうは楽だと思った。集中していればいい。

 皮肉なことに岐阜の1点目は競り合いのボールが左サイドに流れたところから決まった。前半37分。いいタイミングだ。ここから岐阜が少しずつ攻勢に転ずる。試合にはやはり「流れ」というものがある。

 後半開始、前半を踏まえて修正を効かせたのはウチだった。なんというかサイドも使えるし必要とあらば中央突破も仕掛けるし、そんなサッカーになっていた。一方京都は攻めるのか守るのかわからないような感じになっている。HTで替えたのはFWなのだから3点目をとりたいというのは明らかなんだろうけど。すると後半6分同点に。これで流れは完全にウチに来た。

 

 逆転のシーン。チャントを歌いながら僕はペナルティエリアで倒れたウチの選手(あれは誰だったんだろう?)に視線が釘付けになってしまい永芳が飛び込んできたところを観ていなかった。倒れた選手を中心にした視界の少し上をボールがゴールに吸い込まれていった、というのが僕が目撃した光景だ。直後の歓喜。「点取った」でも「追いついた」でもない「勝てるぞ、いや勝つぞ」と思わせてくれる本物の歓喜だった。アディショナルタイムはまだ少し残っているし「下駄を履くまでわからない」という格言はよく分かる。でも僕の周りのみんなは勝利を確信した。多分サポの多くはそうだろう。きっとサポの多くは長いお預けを食らって勝利への感覚が研ぎ澄まされたんじゃないかと思う。やっぱり勝利を信じて応援するってのはいいもんだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

湘南ベルマーレ戦に参戦する。

2011-06-05 02:10:00 | FC岐阜

 6/4

 ついにこの日がやって来た。

 うまく仕事を休みにすることができ、今シーズンの初観戦だ。おそらくJ2の公式戦では7ヶ月ぶりでバックスタンドへ行くのはそれこそ1年ぶりくらいである。昨シーズンはメドウのゴール裏のシーズンチケットを購入した。ゴール裏からいろんなものを観てみよう、ということだったのだけど事実いろんなものを観ることが出来た。

 今回はそれこそどこで観戦するか決めていなかったのだけど、嫁の職場の同僚が「是非サポーター(この場合は声だしサポのことと思われる)の近くで観戦したい」ということだったのでバックスタンドへ行くことにした、というか行くことになった。

 リュックには緑と黄のコンフィットTシャツを詰めたのだけどなんとなく着替える気になれずユニクロで処分特価¥580で購入したキースヘリングのイラスト入りのTシャツを着て着席した。

 後半からは嫁と嫁の同僚と3人で歌ってタオマフを振って応援したのだけど結果は残念ながら0-1で敗戦。それでもどうなることか?と思わずにはいられなかった前半からよく立て直したと思う。その上での敗戦だし単独最下位だ。これは甘受せざるをえない。

 そんなことより重要なのは、僕が久しぶりに「大声を出して応援した爽快感」を味わったことだ。どんな試合にも意義があるということだ。幸いにも嫁の同僚はまた来たいと言ってくれている。これも大きな収穫だろう。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

横断幕(バナー)作成&掲出および募金活動を実施いたします。

2011-03-18 14:00:00 | FC岐阜

本日(3/18)、クラブから3月19日に松本山雅及び東海学園大学との練習試合の開催が発表されました。標記活動について、若干変更させていただきます。

 東日本大震災支援活動として、横断幕作成・掲出および募金活動を下記のとおり実施したいと思います。これは、岐阜サポの「ドンくん」さんが企画した【チャリティーサポ☆サル〜頑張ろう!!NIPPON】に、ご厚意により連携させていただき、実施をさせていただくものです。
 なお、本体企画の【チャリティーサポ☆サル〜頑張ろう!!NIPPON】につきましては、既に予定定員を超える参加の申し込みがあったために受付を締め切っておりますが、見学や義援金につきましては、引き続き募集しているとのことです(詳しくはこちら: http://ameblo.jp/scratch21/entry-10830828836.html )。
 皆さんのご理解とご協力を、どうぞよろしくお願いいたします。

                                                              FC岐阜サポーター有志一同
                                                        (責任者:G-style代表・佐々木 拓)

                                          記

 日  時:3月19日(土) 13:00〜
 場  所:岐阜アリーナ(岐阜県岐阜市薮田南2丁目1番1号)
                                      (http://www.dolphin-group.co.jp/gifu-arena/index.html

 活動内容(予定):
  【変更点】横断幕作成は行いますが、私たちだけでも作成できるかと思います。
            文言はJFAからの呼びかけを受けて『We will never walk alone』に変更します。

         ※募金活動は、13:00から行います。

   13:30〜 フットサルイベント
                  ※この間、横断幕を乾燥させます。

      14:46  最初の地震発生時に合わせて黙祷の後、作成した横断幕を掲げ、
                その写真をHP等に各自でアップし、支援の気持ちを広く伝える。

         ※クラブを通じて、皆さんの気持ちを発信させていただきます。

【変更点】作成した横断幕は、長良川競技場に移動させ、練習試合終了後にサンサンデッキにて、再度掲出する予定です。

=============================
=============================
【呼びかけ】3/19寄せ書きゲーフラ作成&掲出活動を実施いたします。

クラブから、3月19日(土)12:00より、岐阜メモリアルセンター長良川競技場にて松本山雅及び東海学園大学との練習試合の開催が発表されました。
そこで下記のとおり、東日本大震災の支援行動の一環として、寄せ書きゲーフラの作成・掲出の活動を行いたいと思います。
 皆さんのご理解とご協力を、どうぞよろしくお願いいたします。

                                                              FC岐阜サポーター有志一同
                                                        (責任者:G-style代表・佐々木 拓)

                                          記

 日  時:3月19日(土) 10:00〜
 場  所:岐阜メモリアルセンター長良川競技場・サンサンデッキ
 活動内容(予定):
   10:00頃〜
     サンサンデッキにて、寄せ書きゲーフラへの呼びかけをさせていただきます。
     東日本大震災で被災された方々への、皆さんの暖かいメッセージをお寄せください。

  ※クラブが募金箱を設置する予定と伺っております。そちらへのご協力もよろしくお願いいたします。

   練習試合終了後
     作成した寄せ書きゲーフラ、および別途作成した横断幕をみんなで掲出し、
     その写真をHP等に各自でアップし、被災地の皆さんに支援の気持ちを伝える。

              ※作成した寄せ書きゲーフラ・横断幕は、今後の支援活動等でも掲出する予定です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【告知】1/30にサポーターズミーティングを開催します。【転載可】

2011-01-24 01:12:42 | FC岐阜
 今年もクラブとサポーターとの意見交換会、サポーターズミーティングを開催することに相成りました。

 回も重ねて少しずつFC岐阜なりのサポミになってきているのではないか?と思います。こう表現しては不謹慎かもしれませんが「気楽にクラブの人と意見交換をしてみる」ってことで十分意義はあるのでは?とも思います。ぜひご参加ください。

以下の文章とQRコードは転載可とします。告知にご協力お願いします。

以下告知文-------------------

1月17日(月)にチームも始動し、いよいよ我らがFC岐阜も2011年J2シーズンの開幕を迎えようとしています。
さて、今年もクラブ側とサポーターズミーティング(サポミ)の開催について協議をすすめてまいりましたが、以下の予定でサポミを開催したいと思います。
告知期間が短く大変恐縮ですが、FC岐阜サポーターのみなさんの参加を呼びかけさせていただきます。

◎日時:平成23年1月30日(日)18:00~21:00(開場17:30)
◎場所:ハートフルスクエアーG 大研修室
岐阜市橋本町1丁目10番地23(http://www.ip.mirai.ne.jp/~heartful/)
◎内容(予定):
1.監督交代の経緯について
2.クラブの強化方針や経営状況について
3.今シーズンのチーム方針について
4.改修された長良川競技場での開催・運営について
5.サポーター側からの意見や質疑応答
6.その他情報交換


◎クラブ側出席者(予定):今西和男社長、服部順一GM、木村孝洋監督

◎参加費:100円(お釣りのないようにご準備くださいませ。なお、発生した余剰金につきましては、「FC岐阜You&Me(夢)募金」に寄付させていただきます。)
◎参加資格:FC岐阜を応援する方でしたら基本的に参加は自由ですが、シーズン開幕前の非常に大切な時期にあたる事を考慮し、議事内容をブログ等で不特定多数の方に公開する事を制限させていただきます。
よって、情報漏洩を防止するため、参加者名簿(住所・氏名)を作成させていただきますので、あらかじめご了承くださいませ(参加者名簿は、サポミ参加者を把握するため以外には使用いたしません。)。
なお、議事内容につきましては、クラブ側と協議の上、G-styleブログ(http://green.ap.teacup.com/allgifu12/))で公開することを検討しております。



設営準備および受付時の混雑を回避するため、参加を希望される方は1月28日(金)までに次のアドレス(fcgifu12_gstyle-sapomi2011@yahoo.co.jp上記QRコード)まで、ご住所・お名前を書いていただいた上で送信していただきますと誠に幸いです。また、その際にはメールタイトルを【サポミ参加希望】としてくださいませ。なお、事前に参加希望を募集させていただきますが、当日参加されても構いません(その場合には、当日受付にて住所・氏名を参加者名簿に記入していただきます。)。
また、クラブに対する意見・質問がございましたら、事前にクラブに伝えておきたいと思いますので、参加希望メールにお書きくださいませ(なお、お名前をクラブ側に伝えることはいたしません)。
参加希望のメールをいただいた方には、受付完了メールを随時送らせていただきますので、ご確認ください。

残念ながらサポミに参加できない方につきましても、クラブに対する質問・意見やその他サポミの開催についてのご意見等についてもメールにてお受けさせていただきます。ですが、クラブへの質問等で、その趣旨が私たちで十分に理解できないものにつきましては対応できかねる場合がございますので、ご了承ください。
みなさんの参加をお待ちしています。

なお、この開催告知文書については転載自由とさせていただきます(改変は不可)。サポミ開催の周知について、みなさんのご協力をいただきますよう、併せてお願い申し上げます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『退団選手へのメッセージをゲーフラに書いて選手に届けよう!』

2010-11-27 03:51:35 | FC岐阜
11/26
契約満了選手のお知らせ

 二人の韓国人選手が退団することになった。朴俊慶といえば去年の水戸戦での2ゴールがなんと言っても印象に残っている。ゴール裏に来ていた家族の方と試合後握手したりもした。朴基棟には実はあまり印象が無いがピンバッジのガチャガチャと夢募金2010のオマケシールをコレクションしている。序盤の怪我が残念だったと思う。

 僕自身がソウルに旅行したりして韓国が少し身近に感じられるようになっただけに二人の退団は残念だ。二人の次のキャリアにおける成功を願わずにはいられない。


 今回も寄せ書きゲーフラを贈ろうということになった。以下告知です。この告知文は転載可とします。皆様の暖かいメッセージをお待ちしております。


以下転載--------------------------------

11/26 朴俊慶(パク ジュンキョン)選手と朴基棟(パク キドン)選手の退団がクラブから発表されました。
http://www.fc-gifu.com/news/post-760.html

これまでの両選手の活躍に感謝を表すため、今年も「寄せ書きゲーフラ」企画を実施したいと思います。

サポーター有志で、退団する選手の背番号と名前を書いたゲーフラを用意いたします。このゲーフラに、多くのサポーターの皆さんにメッセージを書いていただき、退団する選手に手渡したいと思います。

 日時と場所は以下の予定です。

 11月28日(日) 第37節 栃木SC戦(キックオフ13:00)
 10:00〜12:00頃まで  長良川球技メドウ メドウパーク(FC岐阜グッヅ売り場の東)

 公式練習時間中や試合中には適宜、このゲーフラを掲出し、試合終了後のサンクスパレードの際に、選手に手渡します。
 当日は、メッセージゲーフラの近くでサポーター有志が呼びかけを行いますので、それを目印にして、お気軽にご参加下さい。
 また、皆さんにメッセージを書いていただく場所は、雨などの都合で急遽変更する場合がありますのでご了承ください。
 皆様のご協力を、よろしくお願いいたします。

(ささたく)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

WEBサイト ”TAG'S HOME” もよろしく!

http://tagshome.web.fc2.com/